仙台が新たなFW獲得か? サントスのフェリペ・カルドーソに1億円オファーと現地報道

2021.03.19 11:26 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベガルタ仙台が、新たなブラジル人ストライカーの獲得に動いているようだ。ブラジル『Meu Peixao』が報じた。報道によると、仙台が獲得を目指しているとされるのはサントスに所属するFWフェリペ・カルドーソ(22)とのことだ。

今週の初めに交渉がスタートし、報道によると仙台は550万レアル(約1億700万円)を提示し、契約期間は1年契約とのことだ。


このオファーに対して、選手本人は条件面に関心を示しているとのこと。サントスも乗り気であるが、サントスが必要とした時にフェリペ・カルドーソを復帰させられること、さらに1年の間に良い条件のオファーが来たら選手を売却するという条項を盛り込みたいと考えているようだ。

フェリペ・カルドーソは、2019年1月にポンチ・プレッタからサントスへと完全移籍。2019年7月からはセアラー、2020年1月からはフルミネンセへとレンタル移籍していた。

また、これまでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは42試合に出場し5ゴール1アシストを記録している。

サントスのアリエル・オラン監督はオファー内容を検討している一方で、代理人は交渉を早く進めたいと考えているとのこと。Jリーグの選手登録期限は4月2日までとなっており、あと2週間しかない状況だ。
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:仙台vs福岡】王者相手に善戦の仙台、福岡は初の5連勝へ

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2021年5月15日(土) 14:00キックオフ ベガルタ仙台(19位/7pt) vs アビスパ福岡(6位/22pt) [ユアテックスタジアム仙台] 前節は土壇場で貴重な勝ち点「1」を獲得した仙台と4連勝中の福岡の一戦。 互いに勝利が欲しい中、中盤の攻防がカギに。 ◆王者に善戦、ホーム連勝へ【ベガルタ仙台】 前節はアウェイで首位の川崎フロンターレと対戦した仙台。戦前の予想では川崎Fが優勢であるとの見方が強かったなか、土壇場にマルティノスがミドルシュートを突き刺し、勝ち点1をもぎ取った。 今季わずか1勝、降格圏に沈む仙台にとっては貴重な勝ち点1となり、2度追いけたことはチームとしても自信になったと言えるだろう。 さらに、過密日程を考慮し、先発8名を変更するターンオーバーを敷いており、4名が初先発を果たした中でのドローとなっていた。 王者との手応えがある一方で、チームとしてはこの試合に出なかった選手たちの奮起にも期待したいところ。これまで試合に出ていたメンバーが、王者と引き分けた次のゲームで何を見せるのか。ホームでの連勝を目指し、チームとして浮上のキッカケとなるのかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:真瀬拓海、吉野恭平、平岡康裕、石原崇兆 MF:加藤千尋、上原力也、松下佳貴、関口訓充 FW:赤崎秀平、西村拓真 監督:手倉森誠 ◆堅守を見せて新記録の5連勝へ【アビスパ福岡】 前節はホームに柏レイソルを迎えての一戦で、1-0と勝利。志知孝明の加入後初ゴールで勝利を収めた。 ここまで6勝4分け4敗の6位。クラブ新記録のJ1での4連勝と状態は良い。これまで昇格した年に即降格していたチームからすれば、これ以上ない出来といっても良いだろう。 昨シーズンから続けているコレクティブなサッカーはJ1でもしっかり通用しており、強度と守備の堅さを維持したまま、ゴールを奪えていることが勝利に繋がっている。 4連勝中の失点はわずかに「2」。堅守で勝ち点を積み上げている中で、ボールを握って試合を進める仙台をどう封じるのか。クラブ新記録のJ1での5連勝を目指す。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:村上昌謙 DF:エミル・サロモンソン、奈良竜樹、ドウグラス・グローリ、志知孝明 MF:ジョルディ・クルークス、前寛之、重廣卓也、金森健志 FW:ブルーノ・メンデス、渡大生 監督:長谷部茂利 2021.05.15 09:35 Sat
twitterfacebook
thumb

三笘神話は「15」でストップ、マルティノスの起死回生弾で仙台が土壇場ドロー! 川崎FはJ1記録の21戦無敗【明治安田J1第20節】

12日、明治安田生命J1リーグ第20節の川崎フロンターレvsベガルタ仙台が等々力陸上競技場で行われ、2-2の引き分けに終わった。 ここまで開幕から15試合連続無敗の川崎F。首位を快走している状況だ。対する仙台はここまでわずかに1勝。19位と降格圏で苦しんでいる。 第2節で両者はすでに対戦しており、仙台での試合は1-5で川崎Fが圧勝していた。 川崎Fは前節のガンバ大阪戦から6名を変更。GKチョン・ソンリョン、ジェジエウ、ジョアン・シミッチ、家長昭博、レアンドロ・ダミアン、長谷川竜也が外れ、丹野研太、谷口彰悟、登里享平、小林悠、知念慶、三笘薫が入った。負傷明けの小林が先発に復帰、知念は今季2試合目の先発となった。 対する仙台は前節の浦和レッズ戦から8名を変更。GKヤクブ・スウォビィク、蜂須賀孝治、加藤千尋のみが続けて起用。フォギーニョ、照山颯人、中原彰吾、佐々木匠が初先発となった。 先手を奪われたくない仙台だったが、川崎Fがあっさりとゴールを奪ってしまう。3分、左サイドを登里がドリブルで突破。深さを取るとボックス内左からクロス。これを小林がヘディングで合わせ、川崎Fが早々に試合を動かすこととなる。 あっという間に先制した川崎Fは、その後も攻め立てる。三笘、小林、知念と前線3人がゴールに迫る。7分には車屋が遠目から引くシュート。これを知念が触ってコースが変わったが、GKヤクブ・スウォビィクがなんとか書き出す。8分には左サイドで三笘がドリブルを仕掛けて突破。ボックス内左からグラウンダーのクロスを送ると知念に合わず。それでも右サイドを上がった山根がシュートを放つがブロックされる。 仙台はなかなかチャンスを作れず。それでもCKからシュート。15分には中原が左CKからクロスを送ると、サインプレー。フリーの照山がヘディングで合わせるが、これは枠を越えていく。 川崎Fは16分にビッグチャンス。田中が鋭いパスを送ると、小林がスルー。裏で受けた山根がダイレクトでクロスを送るが、これはDFにクリアされ知念に合わない。 30分にも川崎Fがチャンス。谷口が一本のパスで右サイドの山根へ通すと、山根は素早くクロス。これに対して知念がヘディングで合わせにいくが、わずかに届かず。こぼれ球を三笘が拾いシュートを放つも、ブロックされた。 開始早々に先制を許した仙台だが、その後も押し込まれる中でしっかりと守る展開に。前半は1失点で抑えて後半に入る。 仙台はハーフタイムでこの試合が初先発だったフォギーニョ、前半終盤に足を痛めた蜂須賀を下げ、氣田亮真、シマオ・マテ投入する。 後半も川崎Fがボールを握る展開が続く中、61分に川崎Fがチャンス。ボックス右から小林がクロスを上げると、滞空時間の長いジャンプから知念がヘッド。しかし、これはシュートに力なくGKがセーブする。 なかなか追加点を奪えない川崎Fは知念と脇坂を下げて、家長昭博と塚川孝輝を投入。塚川が 72分、三笘からのパスを旗手がスルーすると小林がダイレクトでパス。これを旗手がボックス内で受けると、角度のないところからシュート。一瞬のプレーでシュートまで持って行ったが、枠を外れる。 なかなか得点が奪えなかった川崎Fだが、仙台が一瞬の隙を突く。GKからのロングボールを皆川が競り合うと落としたボールを氣田が広いドリブル開始。4人に囲まれながらもそのまま前進しボックス内からシュート。これはGK丹野がセーブするも、こぼれ球を中原が落ち着いて蹴り込み、仙台が同点に追いつく。 追いつかれた川崎Fは小林と田中を下げて、レアンドロ・ダミアンと遠野大弥を投入。勝利を目指して攻撃のカードを切る。 すると83分、登里が中に入りボールを持つとスルーパス。これに対して遠野が反応して受けようとするが、わずかに届かず。しかし、左から走り込んだ三笘がこれを受けると、GKとの一対一を冷静に沈め、川崎Fが勝ち越しに成功する。 勝ち越された仙台だったが88分にビッグチャンス。右CKからアピアタウィア久が競り勝つと混戦に。家長とGK丹野が接触しこぼれたボールを赤﨑がプッシュ。しかし、GK丹野が右足でなんとか反応し、ゴールを許さない。 アディショナルタイム3分には、川崎Fのカウンターから遠野が右に展開。ここで待っていたレアンドロ・ダミアンが早いタイミングでクロス。これに三笘が飛び込むが、わずかに合わない。 このまま川崎Fが勝利するかと思われたが、後半アディショナルタイム5分にドラマが。照山のパスを受けたマルティノスが、遠目から左足一閃。ブロックが間に合わないと、そのままネットに突き刺さり、仙台が再び同点に追いつく。 その後、川崎Fはパワープレーに出るがゴールは奪えず。仙台が追いつき、2-2の引き分けに終わった。なお、三笘がゴールを決めた試合は15連勝だった川崎Fだが、連勝がストップ。それでも大宮アルディージャが持つJ1の連続無敗記録の「21」に並んだ。 川崎フロンターレ 2-2 ベガルタ仙台 【川崎F】 小林悠(前3) 三笘薫(後38) 【仙台】 中原彰吾(後29) マルティノス(後50) 2021.05.12 21:03 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第20節:川崎Fvs仙台】首位の川崎FはJ1記録の21戦無敗にあと「1」、仙台はどう立ち向かう

【明治安田生命J1リーグ第20節】 2021年5月12日(水) 19:00キックオフ 川崎フロンターレ(1位/41pt) vs ベガルタ仙台(19位/6pt) [等々力陸上競技場] 開幕から15戦無敗の川崎Fが降格圏の19位に沈む仙台を迎えての一戦。 第2節での対戦では1-5でアウェイの川崎Fが圧勝。その川崎FはJ1記録の21戦無敗にあと1つで並ぶ。 ◆J1記録まであと1つ、おごりなく勝利を【川崎フロンターレ】 前節はアウェイでのガンバ大阪戦。試合はG大阪の集中した守備に苦しむ中、レアンドロ・ダミアン、三笘薫のゴールで0-2と勝利を収めた。 盤石の状態でシーズンの折り返しが近づいている川崎F。今節はホームに仙台を迎えての対戦となる。 両者の順位、チーム状況を見れば川崎Fが勝利することは想像に難くない。一方で、仙台は攻撃力が自慢の横浜F・マリノスをホームで完封するなど、守備の硬さを見せる試合もあるだけに、油断は禁物だ。 見かけ上は独走状態に見える川崎Fだが、3試合消化が少ない横浜FMが勝ち点差14の3位にいるため、横浜FMが未消化の3試合を3勝したと仮定すれば勝ち点差は「5」。直接対決が最終節に組まれおり、まだまだ分からない状況だ。 川崎Fの鬼木達監督や選手たちもおごりはなく、一戦一戦を勝利していく姿勢を崩さない。そこが川崎Fの強さであり、しっかりとミッションをこなしている状況だ。 現在連勝は「3」。開幕からの無敗は「15」となった。昨シーズンからの連続無敗試合は「20」となり、今節の結果次第で大宮アルディージャが記録した「21」の無敗記録並ぶこととなる。下位相手にどのような結果を残すのか。首位の攻撃力にも注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平 MF:遠野大弥、田中碧、脇坂泰斗 FW:小林悠、知念慶、三笘薫 監督:鬼木達 ◆徐々に整理された守備、王者に挑む【ベガルタ仙台】 前節はアウェイで浦和レッズと対戦。0-2で敗れることとなった。 結果だけを見れば前進していない仙台だが、内容は大きく異なる。前々節の柏レイソル戦は1-0で今季初勝利、浦和戦も前半は激しいプレスをかけてチャンスを作ったが、後半に力の差を見せつけられてしまった。 今の仙台にとって川崎Fとの試合は非常に結果を残すのが難しいことは明らか。第2節で5失点を喫した相手であり、良いイメージもないだろう。しかし、ここにきて兆しが見えている守備陣がどこまで奮闘できるのか。中2日での連戦となるが、力を示したいところだ。 まずは相手の力の押されることなく、しっかりとアクションを起こして守備ができるかどうか。受けに身になってしまうといずれゴールは生まれる展開は想像できるだけに、しっかりと中盤の攻防で勝利し、効率的にゴールを奪って勝ち点を積み上げたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:真瀬拓海、吉野恭平、平岡康裕、石原崇兆 MF:マルティノス、上原力也、フォギーニョ、関口訓充 FW:赤崎秀平、西村拓真 監督:手倉森誠 2021.05.12 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

仙台がルーキーMF加藤千尋とプロA契約を締結「ここからが新たなスタート」

ベガルタ仙台は7日、ルーキーのMF加藤千尋(22)がプロA契約に変更となったことを発表した。 加藤は流通経済大学付属柏高校から流通経済大学 へと進学。2020年には特別指定選手として仙台でプレーすると、今シーズンから正式に入団した。 今シーズンはYBCルヴァンカップの横浜F・マリノス戦でデビューを果たすと、明治安田生命J1リーグでも第2節の川崎フロンターレ戦でデビュー。その後は出場機会を増やしていった。 4月21日のルヴァンカップ第3節のサンフレッチェ広島戦ではプロ初ゴールを記録すると、同24日の明治安田J1の第11節、北海道コンサドーレ札幌戦でJ1初ゴールも記録。その試合で、プロA契約に必要な450分間の出場時間を超えた。 加藤はクラブを通じてコメントしている。 「プロA契約を締結できたことをうれしく思います。ここからが新たなスタートなので、現状に満足することなく、より一層プロサッカー選手としての自覚、責任を持ち、チームに欠かせない存在に成長できるようにがんばります。引き続き応援よろしくお願いいたします」 2021.05.07 18:20 Fri
twitterfacebook
thumb

518日ぶりに仙台がホーム白星! 3連勝中の柏を下し今季リーグ戦初勝利【明治安田J1第12節】

1日、明治安田生命J1リーグ第12節のベガルタ仙台vs柏レイソルがユアテックスタジアム仙台で行われ、1-0で仙台が勝利した。 ここまでリーグ戦未勝利で降格圏に沈む仙台と、リーグ戦3連勝で降格圏から一気に脱出した柏の一戦。 仙台は前節からスタメンを1名変更。マルティノスに代えて、関口訓充を起用した。 対する柏もスタメンを1名変更。上島拓巳に代えて、大南拓磨を起用。またベンチには新外国人3名が名を連ねた。 状況は違えど、互いに勝利が欲しい一戦。立ち上がりはアウェイの柏がペースをつかむ。 13分、左サイドからの古賀のクロスを右サイドで受けた北爪がダイレクトで折り返すと、最後は呉屋がボックス中央でバイシクルシュートを放つが、枠を外れていく。 さらに15分、ボックス右で縦パスを受けた江坂がボールをキープすると、アンダーラップをした北爪にパス。そのままボックス内右からシュートを放つも、GKヤクブ・スウォビィクがセーブする。 柏はこの流れでCKを得るが、その前に赤﨑がピッチ内に倒れ込み試合が中断。担架が運び込まれるも、なかなか動かすことができず、赤﨑は目を瞑ったまま倒れ込む時間が続く。 仙台はアクシデントにより赤﨑に代えて、氣田亮真を投入する。すると仙台は27分、ボックス手前で加藤が粘ると、このボールを受けた氣田が右足でシュート。しかし、これは枠を大きく外してしまう。 柏は43分にチャンス。カウンターから右サイドでボールを持った江坂がグラウンダーのクロス。ニアサイドに呉屋が飛び込むが、吉野が対応してゴールを許さない。 アグレッシブな戦いを見せる柏に対し、仙台も積極的な入るを見せる。 50分、相手のクリアボールを拾うと、遠目から上原がミドルシュート。これは枠を捉えるが、GKキム・スンギュがセーブする。 仙台は61分にもチャンス。左CKからクロスをボックス中央で加藤がヘッド。これはDFに当たってゴールとはならない。 スコアが動かない両チームは選手交代。仙台は関口と加藤を下げてフォギーニョと蜂須賀孝治を投入。柏は椎橋と呉屋を下げて、ドッジとヘドロ・ハウルを投入し、流れを掴みに行く。 するとこの交代策が当たったのは仙台。68分、左サイドからのクロスに対してボックス中央に西村と真瀬が飛び込むもわずかに合わず。それでも逆サイドに流れたボールを蜂須賀が拾うと、左足でクロス。これに西村がダイビングヘッドで叩き込み、仙台がついに先制点を奪う。 初勝利に向けて守る仙台と、4連勝に向けて逆転したい攻める柏の構図となると、終盤は柏が圧倒的に押し込む展開に。70分には神谷に代えてアンジェロッティ、75分には仲間に代えてイッペイ・シノヅカを起用し、攻勢をかける。 それでも粘り強く守る仙台の前にネットを揺らせず。後半アディショナルタイムには、ボックス右でペドロ・ハウルがボールを持つと、鋭いグラウンダーのクロス。これに飛び込んだ北爪が合わせてゴールに流し込むだけだったが、これもブロックされ試合終了。仙台が実に518日ぶりにホームで白星を挙げ、今シーズンのリーグ戦初勝利を飾った。 ベガルタ仙台 1-0 柏レイソル 【仙台】 西村拓真(後23) <span class="paragraph-title">【動画】西村拓真弾で仙台が待望の今季リーグ戦初白星</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=13ic40if1jl9y1779qxgjfckjw" async></script> 2021.05.01 16:28 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly