奥川がブンデス初弾、堂安が先制弾のビーレフェルトが強豪レバークーゼンを撃破で残留圏浮上《ブンデスリーガ》

2021.03.14 23:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビーレフェルトは14日、ブンデスリーガ第25節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。ビーレフェルトのMF堂安律は88分まで、MF奥川雅也は81分までプレーしている。前節ブレーメン戦を0-2で敗れた16位ビーレフェルト(勝ち点19)は堂安と奥川が初めて揃って先発となった。

ケガ人続出の5位レバークーゼン(勝ち点40)に対し、ビーレフェルトはフラットな[4-4-2]で臨み、堂安が前節に続き2トップの一角で、奥川は左MFでスタートとなった。


立ち上がりから押し込まれる入りとなったビーレフェルトだったが、17分に先制する。決めたのは堂安。ゲバウアーがボックス右でスルーパスを受けてクロスを送ると、堂安がスライディングシュートで押し込んだ。

堂安の今季4ゴール目でビーレフェルトが先制したものの守勢の展開が続く中、37分には奥川が右クロスに頭で合わせてシュートをマーク。

直後にグレイに決定的なボレーシュートを許したが、守護神のオルテガがビッグセーブで凌ぎ、前半を1点リードしたまま終えた。

迎えた後半開始5分、堂安がFKのルーズボールをボレーで狙いGKを強襲したビーレフェルトは57分にリードを広げる。決めたのはブンデス初ゴールとなる奥川。

相手CKを跳ね返した流れからロングカウンターに転じると、ルコキが粘って折り返したボールをボックス中央で拾った奥川がGKと一対一に。これを確実に制した。

堂安と奥川の揃い踏み弾で2-0としたビーレフェルトはその後もレバークーゼンの攻撃を受け止めていくと、71分には堂安がカットインシュートでGKを強襲。

81分には奥川がお役御免となった中、ビーレフェルトは85分に失点したものの、2-1で逃げ切り。堂安と奥川の活躍で強豪レバークーゼンを撃破し、8試合ぶりの白星として残留圏内の15位に浮上している。
関連ニュース
thumb

堂安&奥川先発のビーレフェルト、守護神オルテガ活躍で引き分け自動残留圏内浮上《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは15日、ブンデスリーガ第33節でホッフェンハイムをホームに迎え、1-1で引き分けた。ビーレフェルトのMF堂安律は89分までプレーし、MF奥川雅也は79分までプレーしている。 前節ヘルタ・ベルリンとの残留争いをゴールレスで引き分けたビーレフェルト(勝ち点31)は残留プレーオフに回らなければならない16位に位置する中、堂安と奥川が揃って先発となった。 11位ホッフェンハイム(勝ち点39)に対し、[4-3-3]で臨んだビーレフェルトは堂安が3トップの右で、奥川が右インサイドMFの位置でスタートした中、開始5分に失点する。CKをはね返された流れからカウンターを受け、最後はクラマリッチにゴールを許した。 さらに14分にもピンチを迎えたが、ここは守護神のGKオルテガが好守で阻止。その後も押し込まれる時間が続いていたものの、23分に追いつく。奥川がボックス手前左で得たFKをボグルサマーが直接沈めた。 ハーフタイムにかけても押し込まれる展開となったビーレフェルトは39分にピンチを迎えるもボックス右からスコフに打たれた決定的なシュートは枠を外れて助かり、前半を1-1で終えた。 迎えた後半はビーレフェルトがゴールに迫る展開で立ち上がったが、開始3分の相手のバックパスミスをカットしたホグルサマーのシュートはGKベントケの好守に阻止される。 さらに64分、クロスのヘディングシュートが枠に飛んだが、ここもGKベントケのファインセーブに阻まれた。 すると75分には大ピンチを迎えるも、クラマリッチのダイビングヘッドでのシュートをGKオルテガが左手一本で弾き出すビッグセーブで凌ぐ。 そのまま引き分けに持ち込んだビーレフェルトがブレーメンをかわし、自動残留圏内の15位に浮上した。 2021.05.16 00:43 Sun
twitterfacebook
thumb

堂安&奥川先発のビーレフェルト、ヘルタとの残留争いは痛み分け《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは9日、ブンデスリーガ第32節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 ビーレフェルトのMF堂安律は84分まで、MF奥川雅也は74分までプレーしている。 勝ち点30で並ぶ16位ビーレフェルトと15位ヘルタ・ベルリンの残留争い。 前節ボルシアMG相手に成す術なく0-5の惨敗を喫した15位ビーレフェルト(勝ち点30)は、得失点差でヘルタを下回る中、堂安と奥川が引き続き先発となった。 堂安が[4-3-3]の右ウイングで、奥川がトップ下でスタートしたビーレフェルトは守勢の入りとなると、8分にミッテルシュタットのミドルシュートでゴールを脅かされるも、GKオルテガが好守で凌ぐ。 すると10分、ビーレフェルトはCKからニルソンのヘディングシュートでゴールに迫れば、プリートルやホグルサマーがミドルシュートで牽制していく。 カウンターで揺さぶっていたビーレフェルトだったが34分にピンチ。単騎突破を許したコルドバに左ポスト直撃のシュートを打たれた。 ゴールレスで迎えた後半、ビーレフェルトは55分に堂安の左CKからピーペルのヘディングシュートでGKを強襲するも、前半同様に守勢を強いられる展開となる。 それでも、ディルロスンのミドルシュート以外に脅威となる攻め手を与えなかったヘルタ相手にゴールレスで90分を終了。 勝ち点1を積み上げ、自動降格圏の17位ケルンとの勝ち点差を2に広げたが、残留プレーオフに回らなければならない16位のままとなっている。 2021.05.10 03:14 Mon
twitterfacebook
thumb

ブンデス昇格・降格プレーオフの日程が決定! 日本人対決の可能性も…

ドイツサッカーリーグ機構(DFL)は2日、今季行われるブンデス昇格・降格プレーオフの日程が決定したことを発表した。 ブンデス昇格・降格プレーオフでは、ブンデスリーガ16位のクラブとブンデス2部で3位のクラブと対戦する。DFLの発表によれば、第1戦が5月26日(水)に行われ、第2戦は同29日(土)に開催されるとのことだ。 なお、延期試合を除いて残り3節となっているブンデスリーガでは、現在ケルンが16位となっているが、FW大迫勇也の所属する14位ブレーメン、MF堂安律とMF奥川雅也の所属する15位ビーレフェルトとの勝ち点差は「1」、3試合未消化の17位ヘルタ・ベルリンも勝ち点差「3」で追走するなど、残留争いは大混戦となっている。 一方、ブンデス2部ではハンブルガーSVが3位に位置しているが、MF宮市亮の所属する7位ザンクト・パウリまでは勝ち点差が「5」となっており、昇格争いも混戦となっている。 2021.05.03 08:00 Mon
twitterfacebook
thumb

堂安&奥川先発のビーレフェルト、ボルシアMGに5失点大敗《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは25日、ブンデスリーガ第31節でボルシアMGとのアウェイ戦に臨み、0-5で大敗した。ビーレフェルトのMF堂安律はフル出場し、MF奥川雅也は前半のみの出場となっている。 前節シャルケとの残留争いを制した15位ビーレフェルト(勝ち点30)は、堂安と奥川が引き続き揃って先発となった。 ヨーロッパリーグ出場権を争う7位ボルシアMG(勝ち点43)に対し、[4-3-3]を継続したビーレフェルトは堂安が3トップの右、奥川が右インサイドMFでスタートとなった。 そのビーレフェルトは開始6分に先制される。右サイドを上がったライナーのクロスをエンボロにダイレクトで合わせられた。続く8分にもエンボロのヘディングシュートでGKオルテガが強襲されると、15分に加点される。左サイドからのヴォルフのクロスをテュラムに合わせられた。 さらに17分、ボックス内でのゲバウアーのハンドを取られてPKを献上。このPKをベンセバイニに決められ、あっという間に0-3とされてしまった 0-3で迎えた後半、奥川を下げたビーレフェルトは53分にマイアーのコントロールシュートでゴールに迫るも、GKゾンマーの好守に阻まれる。 しかし、劣勢が続いたビーレフェルトは69分に4失点目を喫する。ザカリアとのワンツーでボックス内への侵入を許したエンボロにドッペルパックを決められた。 結局、試合終盤にプレアにもゴールを許したビーレフェルトは0-5で大敗。残留プレーオフに回らなければならない16位ケルンとの勝ち点差が1に縮まっている。 2021.04.26 02:57 Mon
twitterfacebook
thumb

堂安&奥川先発のビーレフェルトに敗れた名門シャルケ、30年ぶりクラブ史上4度目の降格《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは20日、ブンデスリーガ第30節でシャルケをホームに迎え、1-0で勝利した。ビーレフェルトのMF堂安律とMF奥川雅也は85分までプレーしている。 前節アウグスブルク戦を引き分け、自動残留圏内の15位に浮上した15位ビーレフェルト(勝ち点27)は、堂安と奥川が揃って先発。[4-3-3]で臨み、堂安は3トップの右、奥川は右インサイドMFでスタートした。 勝利を逃した時点で30年ぶりの降格が決まる最下位シャルケ(勝ち点13)に対し、押し込む展開としたビーレフェルトは9分、プリートルのミドルシュートがGKを強襲する。 さらに13分、ホグルザマーのヘッドでの落としに反応したボックス中央の堂安が右足ボレーで狙ったが、DFにブロックされる。 続く18分にも堂安がボックス中央からシュートに持ち込んだビーレフェルトが流れを引き寄せる中、35分にはルーズボールをボックス内のホグルザマーが押し込みにかかる決定機が訪れたが、GKフェールマンの好守に阻止され、前半をゴールレスで終えた。 それでも迎えた後半、開始5分にビーレフェルトが押し切る。高い位置でボールを奪った流れからクロスがボックス手前中央から左足を一閃。強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。 先制したビーレフェルトが主導権を握る中、71分にチアウが2枚目のイエローカードを貰ったシャルケは10人となる。 そして数的優位となったビーレフェルトは78分、ボックス内ぎりぎりの位置で堂安がコラシナツにファウルを受けると、VARの末にPK判定となった。しかし、キッカーを務めたクロスはシュートをGKフェールマンに止められてしまう。 それでも終盤にかけてもシャルケの反撃を許さなかったビーレフェルトが逃げ切り。残留に向け、大きな勝ち点3を得ている。一方、敗れたシャルケは30年ぶり4度目の降格となっている。 2021.04.21 05:37 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly