パシャリッチのドッピエッタで快勝のアタランタ、レアル・マドリー戦に弾み《セリエA》

2021.03.13 06:37 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アタランタは12日、セリエA第27節でスペツィアをホームに迎え、3-1で快勝した。

前節インテルに惜敗した5位アタランタ(勝ち点49)は、4日後にレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグを控える中、最前線にムリエル、2シャドーにイリチッチとパシャリッチを据えた。

15位スペツィア(勝ち点26)に対し、 開始5分にFKからパシャリッチのヘディングシュートが右ポストに直撃する決定機を演出したアタランタだったが、徐々に攻めあぐねてしまう。

互角の攻防となっていった中、33分にはピンチ。スルーパスでボックス右に侵入されてリッチに枠内シュートを打たれたが、GKスポルティエッロが凌いだ。

ハーフタイムにかけても攻めあぐねていたアタランタだったが迎えた後半、54分に先制する。トロイのパスを受けたイリチッチがボックス右深くまで侵入。マイナスに折り返し、ボックス中央で受けたパシャリッチが冷静にゴールへ蹴り込んだ。

さらに1分後、アタランタが一気に突き放す。ボックス手前左からムリエルが見事なコントロールシュートをゴール右に決めた。

そして73分、アタランタが勝負を決定付ける。サパタのパスをボックス中央で受けたパシャリッチがGKとの一対一を制した。

その後、1失点を喫したアタランタだったが、3-1で快勝。レアル・マドリー戦に弾みを付けている。


関連ニュース
thumb

イリチッチ&ロメロの去就語るアタランタ指揮官「移籍の要求を尊重したい」

アタランタのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督が2選手の去就について語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 昨シーズンを3位で終え、チャンピオンズリーグ(CL)も控える新シーズンへの準備を進めるアタランタ。しかし、今夏も複数選手に移籍の噂があり、すでにイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニ(26)がレンタルという形でトッテナムに移籍した。 その他、スロベニア代表MFヨシプ・イリチッチ(33)にはミラン移籍の噂が、アルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)にはトッテナムの移籍の噂があり、チームは難しい状況にある。 先週末のプレシーズンマッチ後に記者会見を行ったガスペリーニ監督は殺到した選手の去就に対する質問に対応。イリチッチについては本人が退団希望を明確にしていることもあり、意思を尊重したいと語った。 「我々はイリチッチがどうなるか見ることになる。昨シーズンの終わりに、彼は新しい経験を試みたいという願望を表明した。彼はトレーニングでしっかりやっており、文句を言うこともなかった。ただ、定期的にプレーできるクラブを見つける準備をしているんだ」 「私は彼の移籍の要求を尊重したい。移籍市場はまだ1カ月残っている。彼は移籍の準備を整えているが、現時点で特別な動きはないよ」 また、ガスペリーニ監督はロメロについても言及。クラブの交渉次第と語りつつ、仮に移籍となった場合でも代わりの補強は必要ないと断言した。 「ロメロは月曜日に休暇から戻ってくるから、まだ会っていないんだ。彼の立場がどうなるかについては見ていきたい。今は2つのクラブの間で交渉が進行中だ。もし彼が去った場合、評価がどうなるかについてもチェックしていきたいね」 「ロメロの代わりがロメロでないのであれば、我々はこのままのスカッドでも問題ない」 2021.08.02 15:39 Mon
twitterfacebook
thumb

ロメロのスパーズ行き迫る! アタランタと移籍金で合意か?

アタランタのアルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)のトッテナム移籍に関して大きな進展が見られたようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏やアルゼンチン『TyCSports』など複数メディアが報じている。 現在、トッテナムは昨シーズンのセリエA最優秀DFの獲得にトッププライオリティーを置いており、ここ数日間に渡ってアタランタとのクラブ間の交渉を進めている。 ただ、先月30日に行われた直接交渉では、ロメロの放出に前向きではないアタランタの高額な要求額に対して、トッテナムが現時点で応じず、交渉は低調に終わった。 しかし、ロメロ獲得にこだわるトッテナムは最新の交渉でアタランタの要求額に近い5000万ユーロ(約65億円)+ボーナス500ユーロ(約6億5000万円)のオファーを掲示。これをアタランタが受け入れる見込みとなったようだ。 なお、ノースロンドン行きを熱望しているロメロに関してアタランタを率いるジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督は直近の公式会見の場で、「個人的にはプレーヤーの決定が彼の将来を理解するために重要であると思っている。 次に、クラブ間の交渉がどのように発展するかを見極める必要がある」とコメント。ロメロの希望を尊重しつつ、適切なオファーが届いた場合、売却を容認するとの考えを明らかにしている。 前述の報道通り、ロメロのトッテナム移籍が実現した場合、アタランタはその移籍金を元手にユベントス退団を望むトルコ代表DFメリフ・デミラル(23)の獲得に動く構えだ。 2021.08.01 14:53 Sun
twitterfacebook
thumb

アタランタがヴェローナの逸材CBロヴァート獲得! スパーズ行き望むロメロ後釜に?

アタランタは31日、エラス・ヴェローナからU-21イタリア代表DFマッテオ・ロヴァート(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年となるが、1年間の延長オプションが付随している。 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、移籍金は800万ユーロ+ボーナス300万ユーロの総額1100万ユーロ(約14億3000万円)となるようだ。 パドヴァの下部組織出身のロヴァートはジェノアのプリマヴェーラでのプレーを経てセリエCのパドヴァでプロキャリアをスタート。その後、2020年1月にヴェローナに引き抜かれると、同年7月のアタランタ戦でセリエAデビューを飾った。 昨シーズンはアルバニア代表DFマラシュ・クンブラ(ローマ)、コソボ代表DFアミル・ラフマニ(ナポリ)と2人の主力の移籍によって出場機会を掴むと、セリエA24試合に出場。 高い戦術眼を生かしたカバーリングセンス、ラインコントロールを軸に地対空安定した対人対応、的確な配球と、総合力の高いセンターバックとして評価を高めていた。 なお、昨シーズンまでヴェローナを率いていたイバン・ユリッチ前監督はアタランタを率いるジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の愛弟子として知られており、両指揮官の志向するスタイルは非常に近い。 そのため、ロヴァートのアタランタへの順応は非常にスムーズに進むはずだ。 なお、ロヴァートの獲得を受け、トッテナム行きを熱望するアルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)の交渉に動きが出てくるかもしれない…。 2021.07.31 20:28 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ロメロ獲得交渉停滞も冨安獲得に進展

アルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)に関するトッテナムとアタランタの交渉は難航しているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が報じている。 現在、トッテナムは昨シーズンのセリエA最優秀DFの獲得にトッププライオリティーを置いており、5000万ユーロ(約65億円)に近い金額のオファーを準備している。 すでにロメロに関してはノースロンドン行きを熱望しており、個人間の交渉に大きな弊害はない。 そういった中、両クラブは30日に改めて直接交渉を行ったが、ロメロの放出に前向きではないアタランタの高額な要求額に対して、トッテナムは現時点で応じず、交渉はうまく進まなかったようだ。 その一方で、トッテナムがロメロと共に獲得を狙っている日本代表DF冨安健洋(22)の交渉に関しては大きな進展があるようだ。 イタリア『カルチョメルカート』が報じるところによれば、トッテナムはボローニャに対して、これまでの条件から増額した2000万ユーロ(約26億円)+各種インセンティブというオファーを掲示。移籍金の支払い方法など細かい条件は詰め切れていないものの、クラブ間で合意に至る可能性が高まっているという。 なお、冨安に関してはトッテナム行きを希望していると見られており、東京オリンピック終了後に個人間、クラブ間の交渉に大きな進展が予想される。 2021.07.31 13:57 Sat
twitterfacebook
thumb

アタランタDFルッジェーリ、サレルニターナへ買取OP付きレンタル

セリエAに昇格するサレルニターナは27日、アタランタのU-20イタリア代表DFマッテオ・ルッジェーリ(19)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 アタランタの下部組織出身である左ウイングバックを主戦場とするルッジェーリは、昨年11月にトップチームデビュー。昨季はセリエA6試合、チャンピオンズリーグ2試合に出場していた。 アタランタでは同日、ドイツ代表DFロビン・ゴセンズの控えとしてパルマからDFジュゼッペ・ペッツェッラ(23)をレンタルで獲得していた。 2021.07.28 07:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly