名古屋との補償金問題に揺れるジョーとコリンチャンス、裁判は来年まで実施されない可能性?

2021.03.12 15:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
移籍問題による補償金の支払いが命じられている元ブラジル代表FWジョーとコリンチャンスだが、その結末は来年まで待つことになるようだ。ブラジル『グローボ』が伝えた。

2018年に名古屋グランパスへと加入したジョーは、加入1年目から活躍し、明治安田J1で24ゴールを挙げ、得点王とベストイレブンを受賞。しかし、2年目は思うような活躍ができず6ゴールにとどまっていた。

そのジョーは2020シーズンはケガの影響もあり出遅れると、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断期間中にコリンチャンスへと移籍。しかし、名古屋は退団の際に契約問題についてFIFAの選手やチーム間係争などを取り扱う紛争解決室に委ねると、コリンチャンスとジョーが340万ドル(約3億6000万円)を支払う裁定が出ていた。

この決定に対してジョーとコリンチャンスは支払う気がないことを主張。スポーツ仲裁裁判所(CAS)へと控訴しているが、判決が出る時期がかなり先となり、今年の終わりか来年の初めに裁判になるようだ。

ジョーの弁護士は、今回の裁定を覆せると信じており、CASでは新たな証人を迎えるつもりがあるとのこと。コリンチャンスもジョーの契約終了を求めたのが名古屋だとし、支払う義務がないと考えているようだ。

コリンチャンスに加入したジョーは、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで30試合に出場し6ゴール1アシストを記録していた。


関連ニュース
thumb

【Jリーグ出場停止情報】ともに一発退場の札幌DF福森晃斗と名古屋DFチアゴが出場停止に

Jリーグは26日、最新の出場停止選手情報を更新した。 25日にJ1第15節、J2第18節、そしてJ3の1試合が行われたJリーグ。J1では、柏レイソル戦で相手選手のふくらはぎに足裏でタックルを見舞い一発退場となった福森晃斗(北海道コンサドーレ札幌)や、アビスパ福岡戦でハイボールに競り合った際に、足裏を相手選手のヒザ付近に当ててしまったチアゴ(名古屋グランパス)が、1試合停止となった。 また、21日のアビスパ福岡戦で相手選手に唾吐き行為を行ったアンデルソン・ロペス(横浜F・マリノス)には6試合の出場停止処分が下っており、25日に行われた京都サンガF.C.戦で1試合分消化し、残り5試合となっている。 J2では、徳島ヴォルティス戦で2度の警告で退場となった野澤陸(ヴァンフォーレ甲府)と、累積警告の楠本卓海(水戸ホーリーホック)が、それぞれ1試合出場停止となる。 【明治安田生命J1リーグ】 DF福森晃斗(北海道コンサドーレ札幌) 第16節 vsヴィッセル神戸(5/29) 今回の停止:1試合停止 DFチアゴ(名古屋グランパス) 第16節 vsサンフレッチェ広島(5/28) 今回の停止:1試合停止 FWアンデルソン・ロペス(横浜F・マリノス) 第16節 vsジュビロ磐田(5/29) 今回の停止:6試合停止(2/6) 第17節 vsガンバ大阪(6/18) 今回の停止:6試合停止(3/6) 第18節 vs柏レイソル(6/25) 今回の停止:6試合停止(4/6) 第19節 vs清水エスパルス(7/2) 今回の停止:6試合停止(5/6) 第20節 vsサンフレッチェ広島(7/6) 今回の停止:6試合停止(6/6) 【明治安田生命J2リーグ】 DF野澤陸(ヴァンフォーレ甲府) 第19節 vsロアッソ熊本(5/28) 今回の停止:1試合停止 DF楠本卓海(水戸ホーリーホック) 第19節 vsジェフユナイテッド千葉(5/29) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 MF鈴木拳士郎(アスルクラロ沼津) 第10節 vs藤枝MYFC(5/29) 今回の停止:1試合停止 2022.05.26 22:10 Thu
twitterfacebook
thumb

名古屋のMF甲田英將が左ヒザ外側半月板損傷で手術…全治3カ月の見込み

名古屋グランパスは26日、MF甲田英將の負傷と手術の実施を報告した。 甲田は18日に行われたYBCルヴァンカップのグループステージ最終節の徳島ヴォルティス戦で負傷。先発出場したが、64分に交代していた。 検査の結果、左ヒザ外側半月板損傷と診断。24日に手術を行い、全治は約3カ月とのことだ。 甲田は今シーズンの明治安田生命J1リーグで4試合、ルヴァンカップでは5試合に出場。徳島戦が今季2回目の先発出場となっていた。 2022.05.26 17:17 Thu
twitterfacebook
thumb

10人名古屋が福岡から逃げ切り勝利、今季初の3連勝飾る【明治安田J1第15節】

明治安田生命J1リーグ第15節、名古屋グランパスvsアビスパ福岡が25日に豊田スタジアムで行われ、1-0でホームの名古屋が勝利した 前節は清水エスパルスを相手にアウェイで2-1と勝ち切った13位の名古屋。試合終了間際に劇的な勝ち越しゴールを決めた相馬が、2試合ぶりの先発入りを果たしている。 対する10位福岡は前節、横浜F・マリノスをホームに迎え、1-0の完封勝利。今季2度目の連勝を狙う今節は、7試合ぶりの先発となった金森が左サイドハーフの位置に入った。 立ち上がりは両チームともに攻めあぐね、チャンスを作れず。それでもホームの名古屋は13分、相馬のパスをボックス手前左で受けた仙頭が右足を振り抜きチャンスを演出。シュートは枠の左に外れた。 静かな展開が続く中、名古屋が意外な形で先制する。15分、敵陣右サイド深くで獲得したFKの場面でキッカーのマテウスが低い弾道のクロスを供給すると、ゴール前にポジショニングしていた中谷に当たって、ゴール左に決まった。 先制を許した福岡は19分、自陣からのロングボールにボックス手前中央でルキアンが競り合い、敵陣中央にこぼれたところを、前が拾って右足のミドルシュート。しかし、これは枠の上に外れる。 その後は、両チームともに思うようにボールを前線へ運べず。すると、41分には展開を揺るがす大きな場面が生まれる。自陣中央での競り合いで、名古屋のチアゴが空中のボールに対して足裏を見せてチャレンジ。これが相手選手のヒザ付近に当たり、VARの結果、退場処分を下された。 前半のうちに数的優位となり、なんとしても追いつきたい福岡。試合を折り返した50分には、左サイドのコンビネーションから攻撃を展開し、前の縦パスを受けた北島がボックス手前から右足を振り抜くが、相手DFのブロックに遭い、ゴールとはならない。 さらに、アウェイチームは65分にもシュートチャンスを作る。敵陣右サイド浅い位置でボールを受けたジョルディ・クルークスがドリブルで深くまで侵入し、クロスを供給。中央の山岸が頭で合わせるも、シュートは枠の左に大きく逸れる。 後半に入ってからは防戦一方となっている10人の名古屋。しかし、81分にセットプレーからゴールに迫る。左CKの場面でキッカーの相馬がゴール前に鋭いクロスを入れると、これに中谷が頭で合わせたが、惜しくも枠の右に外れる。 その後も攻めるアウェイチームに対して守るホームチームという構図で試合は進行。しかし、終盤に福岡が決定機を作る。89分、左サイドの巧みなパスワークから、ボックス手前左でボールを受けた前がアーリークロスを供給。ゴール前の空中戦で強さ見せたフアンマがこれに頭で合わせ、ゴールネットを揺らすも、オフサイドの判定でノーゴールとなってしまう。 試合は結局1-0のままタイムアップを迎え、先制した名古屋が10人になりながらも、逃げ切り勝ち。今季初の3連勝を飾った。 名古屋グランパス 1-0 アビスパ福岡 【名古屋グランパス】 中谷進ノ介(前15) 2022.05.25 22:25 Wed
twitterfacebook
thumb

「アルバムは恥ずかしいからって掲載NGでした」名古屋FW相馬の妻・森山るりさんが結婚1周年でウェディングショットを披露!

名古屋グランパスに所属するFW相馬勇紀(25)の妻であるフリーアナウンサーの森山るりさん(30)が、結婚記念日を報告した。 2人は2021年5月に入籍。今年4月には第1子となる男の子が誕生したことを発表していたが、この度結婚1年記念日を迎えたようだ。 森山さんが25日に自身のインスタグラムを更新し、2人のウェディングショットとともに「結婚して今日で1年。あっという間のような長かったような。これからも沢山笑って楽しく過ごそうね」と夫へのメッセージを贈った。 幸せそうな表情で目を合わせる2人だが、実際には他にもいい写真があったようで、森山さんはハッシュタグで「#結婚記念日#手作りアルバムもくれたけど#恥ずかしいからって掲載NGでした」と伝えている。 21日に行われた明治安田生命J1リーグ第14節の清水エスパルス戦で、後半アディショナルタイムに劇的な決勝弾をマークし、今季初ゴールを記録。さらなる活躍に期待がかかる。 <span class="paragraph-title">【写真】相馬勇紀と森山るりさんのウェディングショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cd942QKp-c4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cd942QKp-c4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cd942QKp-c4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">森山るり(@ruri_moriyama_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.25 21:45 Wed
twitterfacebook
thumb

J1第14節のベストゴールは名古屋FW相馬勇紀の劇的決勝ミドル弾に決定

Jリーグは24日、明治安田生命J1第14節のTOP5ゴールを発表した。 21日から22日にかけて行われた第14節。全20得点の中から、5位には名古屋グランパスのFW酒井宣福のヘディング、4位には北海道コンサドーレ札幌のMF深井一希のボレー、3位には京都サンガF.C.のMF武富孝介の反転シュート、2位にはサンフレッチェ広島のFW満田誠の一撃が選ばれている。 そして、栄えある1位に輝いたのは名古屋のFW相馬勇紀のミドルシュートだ。 清水エスパルスとのアウェイゲームに臨んだ名古屋は先制しながらも追い付かれ、守勢の中で試合終盤を迎えたが、後半のアディショナルタイムに相馬が大きな仕事をやってのけた。 94分、左サイドを起点にして中盤の相馬へボールが渡ると、前を向いた相馬は前方へスペースがあること確認してドリブルを開始する。相手も寄せてこず、ノンプレッシャーの状態でゴール正面やや左から右足を強振すると、低く鋭いミドルシュートは左のポストに当たってゴールへ吸い込まれた。 目の覚めるような劇的な一撃が決勝点となり、名古屋が2-1で勝利。試合後には自身の今季初ゴールを振り返った相馬自身も驚いた様子を見せていた。また、今節から使用されたボール、カタール・ワールドカップ(W杯)の公式試合球である「アル・リフラ(AL RIHLA)」についての手ごたえ(足ごたえ?)も口にしていた。 「すごかったですね。本当に良いシュートが入ったと思います(笑)。ボールが今回から新しく変わって、昨日にシュート練習をしたときも、芯に当たればけっこうボールが伸びるなっていう印象があって。健太さん(長谷川 健太監督)からも、試合前に「雨の状況もあるし、伸びるから低いシュートを打ったら入ると思う」みたいな話をされていたので、そのとおりに2つの要因が重なったかなと思います」 <span class="paragraph-title">【動画】後半ATの勝ち越し弾!! 相馬の地を這うミドルシュート</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Vbpo6dlntZM";var video_start = 278;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.25 20:05 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly