これぞ“神”対応? 通行止めに巻き込まれたイブラヒモビッチがヒッチハイク! ミラニスタのバイクに2人乗り

2021.03.05 14:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
やはり自身を“神”と称する男は、ピッチ外でも次元が違うようだ。ミランに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチだが、想定外のピンチを思わぬ方法で切り抜けた。


イブラヒモビッチは、イタリアのサンレモで行われているポピュラー音楽の音楽祭である「サンレモ音楽祭2021」で、ゲスト出演していた。

この音楽祭は1955年よりイタリア『Rai 1』で全国的に放送されている人気のイベント。1週間にわたって行われる。

しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響もあり試合が過密日程になっていることから、イブラヒモビッチはイベント期間中に試合が組まれており、3日のウディネーゼ戦に参加するために一度イベントを離れていた。

ウディネーゼ戦ではメンバー外となったイブラヒモビッチだが、翌日にはチームメイトとトレーニングを実施。その後、サンレモに向けて車で出発していた。

しかし、イブラヒモビッチの前に立ちはだかったのは交通事故による道路の封鎖だった。

これでは音楽祭に間に合わない状況となったイブラヒモビッチだが、無事に会場に到着。その際に明かした移動手段が流石だった。

「車の中で3時間座っていたが、俺は運転手に降りなければならないと言った。俺は通りすがりのバイカーを止めて、サンレモに連れて行ってくれないかと尋ねたんだ」

「幸いなことに、彼はミラニスタだった。彼は俺をバイクで60km運んでくれ、俺は到着した。本当に寒かったよ。高速道路に降り立ったのは初めてだった」

イブラヒモビッチはヘルメットをかぶった姿でバイクの後部に乗り、トンネルを走り抜ける動画を共有。機転を利かせたこともさすがだが、そうまでしてイベントに間に合おうとしたところが“神”対応と言えるだろう。

関連ニュース
thumb

「GKはいらない」ミランCBコンビの連続“ゴールライン上クリア”に称賛「集中力がすごい」

ミランのセンターバックコンビが“鉄壁”の守りを見せた。 ミランは18日、セリエA第31節でジェノアとホームで対戦。大エースのFWズラタン・イブラヒモビッチを出場停止で欠いたものの、2-1と1点リードで試合終盤を迎える。 終盤にかけてジェノアに攻め込まれたミランは、GKジャンルイジ・ドンナルンマを中心とした守備でゴールを守るものの、86分には最大のピンチを迎える。ジェノアFWゴラン・パンデフが絶妙なトラップからボックス左に侵入し、ふんわりとしてクロスをゴール前に供給する。 このボールに対応したドンナルンマとDFフィカヨ・トモリが被ってしまい、守護神が転倒した状態で、こぼれたボールを相手DFアンドレア・マジエッロにシュートされる。しかしここはDFシモン・ケアーが右足でブロック。さらにそのこぼれ球を相手MFヴァロン・ベーラミにダイレクトで狙われるも、今度はトモリが左足でブロックし、ギリギリのところでCKに難を逃れた。 同点弾を決めきれなかったジェノアの選手たちは呆然だったが、この大ピンチを『ESPN』が「ケアーとトモリがいるとき、GKはいらない」と題して紹介。各国のファンから「(トモリを)チェルシーに連れ戻したい」「(パオロ・)マルディーニも誇っている」「集中力がすごい」と、センターバック2人を称える声が相次いだ。 寸前のところでピンチを防いだミランはそのまま2-1で勝利。ホームで5試合ぶりの白星を飾り、リーグ2位を死守している。 <span class="paragraph-title">【動画】ミランCBコンビの連続“ゴールライン上クリア”</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Who needs a goalkeeper when you have Kjær &amp; Tomori <a href="https://t.co/FAHtSQIPDe">pic.twitter.com/FAHtSQIPDe</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1383770567749169154?ref_src=twsrc%5Etfw">April 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.19 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン指揮官ピオリ、ジェノア戦勝利も…スクデット争いは「すでに手放してしまった」

ミランのステファノ・ピオリ監督がジェノア戦を振り返った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ミランは18日に行われたセリエA第31節でジェノアと対戦。前節のパルマ戦で一発退場のFWズラタン・イブラヒモビッチを出場停止で欠くなかの一戦だったが、1-1の68分に左CKからオウンゴールが生まれ、2-1で勝利した。 ホーム戦5試合ぶりの白星を手にしたミラン。ピオリ監督は試合後、『DAZN』のインタビューで大きな勝利だとしつつ、内容に対する不満を口にした。 「難しい試合が続くことは承知しているが、今回もそのひとつだった。多くのチャンスを無駄にしてしまった。ハーフタイムまでに勝負を決められれば、少なくとも後半の苦しみは少なかったと思う。しかし、これは重要な勝利だ」 また、勝ち点差「9」で追う首位インテルとのスクデット争いについては「ここ3、4試合の結果によって、我々はすでにスクデットを手放してしまったと考えている。インテルはあまりにも多くの試合に勝ち、挑戦するにはあまりにも先を行っている」と語ったが、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて意気込んだ。 「ミランがCLに再び出場するのは並外れて素晴らしいことだ。ある統計によると、私たちはヨーロッパのトップリーグで最も平均年齢が若いチームのひとつだという。他のほとんどのチームはトップ10にも入っていないのに対し、我々はセリエAのような非常に難しいリーグで2位につけている」 「サッスオーロ、アタランタ、ラツィオと非常に厳しい相手との試合が控えている。戦い続けなければならない」 2021.04.19 17:03 Mon
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチ欠場のミラン、レビッチのゴールとOGでジェノアを下し、ホーム5試合ぶり白星《セリエA》

ミランは18日、セリエA第31節でジェノアと対戦し、ホームで2-1で勝利した。 前節のパルマ戦を3-1で制し、ここ3試合は2勝1分けと好調のミラン。しかし、首位のインテルとは11ポイント差で逆転スクデットは現実的な目標ではなくなった。 それでも2位死守のため白星が求められる今節、パルマ戦で一発退場となったイブラヒモビッチを欠く中、ラファエル・レオンがリーグ戦4試合ぶりに先発に起用された。 試合は13分にミランが先制する。ボックス手前右で得たFKのシーン。シュートが壁に当たって高く跳ね上がったところ、カルルと相手の競り合いからこぼれたボールにレビッチが反応。ボックス手前左から左足を振り抜いたシュートがゴール右に突き刺さった。 幸先よく先制点を奪ったミランは19分にも決定機。チャルハノールからパスを受けたラファエル・レオンがボックス右からシュートに持ち込んだが、足を滑らせコースを狙うことができなかった。 その後も攻勢だったミランだが37分、ジェノアに右CKからデストロにヘディングシュートを決められ、前半のワンチャンスをモノにされてしまった。 後半もミランのペースで進むものの、バイタルエリアを固めるジェノア守備陣を前にシュートで終われない展開が続く。50分過ぎにラファエル・レオンが味方のパスでボックス右に侵入するものの、スライディングタックルに捕まりシュートを打てず。55分にはチャルハノールがマイナスの折り返しに合わせるが、シュートは枠を捉えられなかった。 続く62分のCKのシーンでもケアーのヘディングシュートが枠を外れたミランは、63分に一挙3人替え。サーレマーケルズ、カルル、ラファエル・レオンを下げて、ディアス、ダロト、マンジュキッチを投入。マンジュキッチは2月の第22節スペツィア戦以来の出場となる。 するとミランは68分に左CKを獲得。チャルハノールがインスイングのクロスを入れると、ニアに飛び込んだマンジュキッチがブラインドとなったか、ゴール前にいたスカマッカに当たってオウンゴールに。 この後、終盤にかけてはジェノアに攻め込まれたミランだったが、GKドンナルンマを中心とした守備でゴールを死守。86分には立て続けに枠内シュートを浴びたが、ゴールライン上でDFが連続でブロックし、ホームで5試合ぶりの勝利を収めた。 2021.04.18 21:37 Sun
twitterfacebook
thumb

今季限りで契約満了のデパイ、ミランが獲得を目指す?

ミランがリヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(27)の獲得を目指しているようだ。イタリア『コリエレ・デッラ・セーラ』が報じた。 新シーズンに向けて新たなストライカーの獲得を目指しているミラン。スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチとの契約延長は行われる見通しだが、新たな選手の獲得を目指している。 ジェノアのFWジャンルカ・スカマッカ、トリノのFWアンドレア・ベロッティ、フィオレンティーナのFWドゥシャン・ヴラホビッチ、PSVのFWドニエル・マレンなどが候補として挙がっている中、デパイの獲得も目指しているようだ。 デパイは、昨夏の移籍市場でオランダ代表の指揮官でもあったロナルド・クーマン監督率いるバルセロナへの移籍が取り沙汰されたが、最終的にはリヨンに残留。今シーズン限りで契約が満了を迎えることもあり、多くのクラブが興味を持っている1人だ。 『コリエレ・デッラ・セーラ』によれば、ミランの首脳陣は理想的な補強選手として長い間デパイを追いかけていたとのこと。バルセロナとユベントスがライバルとなるとのことだ。 これまでPSVやマンチェスター・ユナイテッドでプレーしたデパイは、2017年1月にリヨンへと完全移籍。これまで公式戦172試合に出場し72ゴール52アシストを記録している。 今シーズンもリーグ・アンで32試合に出場し16ゴール9アシストを記録。果たして、来季はどこのユニフォームを着ているだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】デパイがリヨンで見せたハットトリック集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ0bVc0S2Y0NCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.18 21:12 Sun
twitterfacebook
thumb

ミラン加入も負傷で戦列を離れていたマンジュキッチ、3月分の給料返上

ミランの元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチが、3月分の給料を返上したようだ。イタリア『ANSA』が報じている。 アル・ドッゥハイルを退団後、1月にミランに加入したマンジュキッチだったが、足の筋肉を痛めて2月下旬から4月の頭まで欠場が続いていた。 『ANSA』によればマンジュキッチは負傷によりチームに貢献できなかったため、給料の返上を申し出たとのことだ。ミランはこのマンジュキッチの申し出を受け、その給料を慈善団体に寄付することを明かしている。 ミランは公式サイトにて「マンジュキッチの倫理観やプロ意識、ミランへのリスペクトを示すものだ。クラブとしては経済的に脆弱な状況にある若者を支援するため寄付することにした」と声明を発表している。 2021.04.17 00:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly