ワンダーゴールでレアルを粉砕!デル・ピエロが完璧なコースに決めた美しいロングシュート/2008-09【スーパーゴール図鑑/ユベントス編】

2021.03.04 12:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
【得点者プロフィール】
アレッサンドロ・デル・ピエロ(当時33歳)
国籍:イタリア
所属:ユベントス
ポジション:FW
身長:173cmデル・ピエロ氏は、現役時代ユベントスの背番号「10」として長らく活躍し、公式戦通算706試合で290ゴール69アシストを記録。この数字はユベントスの中でどちらも歴代最多であり、名実ともにクラブの象徴的存在としてクラブを支えたレジェンドだ。


【試合詳細】
日程:2008年10月21日
大会:チャンピオンズリーグ グループステージ
対戦相手:レアル・マドリー
時間:前半5分(0-0)

◆デル・ピエロが完璧なロングシュートでマドリーを粉砕

ホームにマドリーを迎えて行われたこの試合では、開始早々にデル・ピエロが魅せる。

0-0で迎えた5分、DFから前線への楔のパスを受けたデル・ピエロはこれをダイレクトで最前線のFWアマウリにフリック。そのままスペースへ走り込み、キレイなワンツーを決めると、そのままボックスのかなり手前から豪快なロングシュートを放つ。スピード、コースともにパーフェクトなボールに、名GKイケル・カシージャスもほとんど反応できずに、素晴らしい先制ゴールとなった。

試合はデル・ピエロのゴールで先制したユベントスが2-1で勝利し、スター軍団が集まるマドリーを撃破。勝ち点3を手にしている。

関連ニュース
thumb

立て続けに9クラブが撤退…ユベントスがESL構想に敗北宣言「当初考えられた形で完成する可能性はほとんどない」

ユベントスは21日、ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)構想に関して声明を発表。「断念せざるを得ないと」との見解を示した。 欧州サッカー連盟(UEFA)のチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に対抗するものとして、計画されたESL。18日に参戦合意の12クラブが明らかになり、今後も新たに3クラブが常任クラブに加わった上で、成績に応じて5クラブを追加した20チーム制の大会になるとされていた。 しかし、UEFAをはじめ、国際サッカー連盟(FIFA)や各クラブの監督、選手、そしてファン・サポーターから想像以上の反発が出ることに。各クラブのサポーターは、「チームが死んだ」としてスタジアムにバナーを掲げるなど、悲しみに溢れた2日間となった。 20日には、参加を表明していたプレミアリーグの6クラブが揃って撤退することを発表。しかし、スペイン、イタリアの6クラブは静観していたが、21日にアトレティコ・マドリーとインテル、ミランが撤退を発表していた。 ユベントスは、撤退を発表したクラブはまだ手続きを終えていないとしながらも、当初考えていた形では進められないと、敗北宣言をした。 「ユベントス・フットボールクラブはが2021年4月19日に発表したスーパーリーグ創設プロジェクトと、その後の公開討論会に関するプレスリリースに関連し、いくつかのクラブがこのプロジェクトから離脱することを要請し、意図していることを認識しています」 「クラブ間の合意によって想定されている必要な手続きは、まだ完了していません」 「これに関連し、ユベントスはプロジェクトのスポーツ的、商業的、法律的な面での妥当性を確信している一方で、現在当初考えられた形で完成する可能性はほとんどないと考えています」 「ユベントスは、クラブとサッカー界全体のために、長期的な価値を築いていくことに尽力します」 2021.04.21 21:11 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントスのアニェッリ会長、ESLの素晴らしさを信じるも「どうやらそうではなかった」

ユベントスのアンドレア・アニェッリ会長が、ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)について、難しいという見解を表明した。イギリス『BBC』が伝えた。 欧州サッカー連盟(UEFA)のチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に対抗するものとして、計画されたESL。18日に参戦合意の12クラブが明らかになり、今後も新たに3クラブが常任クラブに加わった上で、成績に応じて5クラブを追加した20チーム制の大会になるとされていた。 しかし、UEFAをはじめ、国際サッカー連盟(FIFA)や各クラブの監督、選手、そしてファン・サポーターから想像以上の反発が出ることに。各クラブのサポーターは、「チームが死んだ」としてスタジアムにバナーを掲げるなど、悲しみに溢れた2日間となった。 そんな中、20日にプレミアリーグの6クラブが撤退を発表。さらに、21日にはアトレティコ・マドリーとインテルも撤退を表明し、残すは4クラブとなっていた。 思わぬ反発、そして過半数のクラブの撤退となった中、アニェッリ監督は、プロジェクトを進めることが困難だと語ったようだ。 「正直に言うと、どうやらそうではなかったようだ」 「私は、あのプロジェクトの素晴らしさ、ピラミッドを発展させる価値、世界最高のリーグの創造に確信を持っていた」 「ただ、どうやらそうではなかった。プロジェクトは今は稼働しているとは思わない」 2021.04.21 19:55 Wed
twitterfacebook
thumb

新型コロナに感染したユベントスのFWベルナルデスキが復帰

ユベントスは20日、イタリア代表FWフェデリコ・ベルナルデスキが隔離から復帰することを発表した。 ユベントスでは、4月に入り、トルコ代表DFメリフ・デミラル、イタリア代表DFレオナルド・ボヌッチら新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者が急増。その中で、ベルナルデスキも6日に陽性判定が下されていた。 ベルナルデスキも参加したイタリア代表チーム内でクラスターが発生しており、3月の代表活動で感染したとみられていた。 クラブの発表によると、ベルナルデスキはプロトコルに従い隔離措置を取っていたが、2度にわたるPCR検査で陰性を示したとのことだ。 これにより、回復したとみなされ、隔離生活が終了に。21日のトレーニングからチームに合流するとのことだ。 2021.04.21 14:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ウッドワードCEOが辞任へ…ESL構想消滅危機でアニェッリ&ペレス両会長もドミノ式に?

マンチェスター・ユナイテッドで副会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるエド・ウッドワード氏が辞任を申し入れたことが判明した。イギリス『Talksport』など複数メディアが報じている。 現時点でユナイテッドは各メディアからの問い合わせにノーコメントを貫いているが、18日の創設発表からわずか数日でプロジェクト消滅の危機を迎えているヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)に関連した事情による辞任となった模様だ。 一部ではESL参戦に関して選手間での緊急ミーティングを開いたキャプテンのDFハリー・マグワイアら主力選手との衝突も、辞任の一因となったと報じられている。 なお、ウッドワード氏は即時辞任ではなく2021年末までの任期を全うする予定だという。 ウッドワード氏は、2005年にアメリカの実業家グレイザー・ファミリーが歴史的なクラブ買収を行った際にアドバイザーを務めた関係でユナイテッドでのキャリアをスタート。2013年からはCEOに就任し、ここ数年では経営面に加えて、クラブの補強部門の実権も握っていた。 なお、欧州サッカー連盟(UEFA)のチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に対抗するものとして、計画されたESL。18日に参戦合意の12クラブが明らかになり、今後も新たに3クラブが常任クラブに加わった上で、成績に応じて5クラブを追加した20チーム制の大会になる構想も伝えられていた。 しかし、UEFAと国際サッカー連盟(FIFA)、各国のサッカー協会、各国リーグの反発に加え、世論や自クラブからの猛反発により、チェルシーやマンチェスター・シティ、バルセロナ、アトレティコ・マドリーなどのクラブが相次いで参戦撤回に翻意したと言われており、このままプロジェクト消滅が決定的となっている。 これを受けてウッドワード氏に続き、ESLの副会長を務めるユベントスのアンドレア・アニェッリ会長にもクラブ会長辞任の報道が出ており、今回のプロジェクトの首謀者の一人でもあるレアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長に関してもドミノ式に辞任に追い込まれる可能性が浮上している。 2021.04.21 04:51 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントス、キエーザ欠場もC・ロナウドが復帰

ユベントスを率いるアンドレア・ピルロ監督は20日、明日行われるセリエA第32節パルマ戦に向けて前日会見を行った。 熾烈なチャンピオンズリーグ出場権争いを戦っている4位ユベントスは、降格圏の19位に位置するパルマ戦に向けてポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが復帰する。 屈筋を痛めて前節アタランタ戦を欠場していたC・ロナウドだが、ピルロ監督によればパルマ戦出場が可能とのことだ。 一方、アタランタ戦でハムストリングを痛めて途中交代となったイタリア代表FWフェデリコ・キエーザに関しては欠場が決まっている。 5位ナポリに2ポイント差とされているユベントスとしてはパルマ戦は必勝が求められる状況となっている。 2021.04.21 00:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly