ラツィオvsトリノは2日に予定通り開催! コロナ蔓延トリノは渡航認められず不戦敗濃厚に

2021.03.03 00:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2日に開催予定のセリエA第25節、ラツィオvsトリノがラツィオの不戦勝となる可能性が浮上している。イタリア『ANSA通信』など複数メディアが伝えている。現在、トリノではクラブ内で新型コロナウイルスのクラスターが発生しており、すでに8名の選手に陽性判定が出ている。これを受けて、前節のサッスオーロ戦は開催延期となっていた。


現在、トレーニングをまともに行うことができていないこともあり、トリノはレガ・セリエAに対してラツィオ戦の開催延期を要請していたが、レガ・セリエAはこの要請を拒否し、予定通り2日に試合を開催する決定を下した模様だ。

しかし、トリノが本拠地を置くピエモンテ州ではイギリス由来の変異株の感染流行が大きな問題となっており、地元保健当局はトリノの他州への移動を許可しておらず、試合当日にも関わらず、試合会場であるローマへの渡航ができてない状況だ。

そのため、今回の一戦は昨年10月4日にユベントスの本拠地アリアンツ・スタジアムで開催予定だったセリエA第3節、ユベントスvsナポリの一戦と同様の形で、ひとまずラツィオの不戦勝(3-0)という形で処理される可能性が高まっている。

そのため、ラツィオは試合開始1時間前にトリノ戦のスタメンを発表し、選手たちを乗せたチームバスを規定通りの時間にスタジアム入りさせ、形式上試合を戦う準備を取ることになる模様。そして、開始予定時刻から45分後に主審が試合の中止を宣言し、規定にのとってラツィオの不戦勝が宣言される見込みだ。

ただ、前述のユベントスとナポリのケースでは、最終的にイタリア・オリンピック委員会(CONI)スポーツ保証委員会に控訴したナポリの訴えが認められて裁定が覆り、再試合を行うことになっている。
関連ニュース
thumb

低調ローマが残留争うトリノに今季初の連勝献上…次節アタランタ戦控える中で痛恨敗戦…《セリエA》

セリエA第31節、トリノvsローマが18日にスタディオ・グランデ・トリノで行われ、ホームのトリノが3-1で逆転勝利した。 前節、ボローニャ相手のウノゼロの勝利で4戦ぶりの白星を手にした7位のローマ(勝ち点54)が降格圏手前の17位トリノ(勝ち点27)を相手に連勝を目指した一戦。 ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)のアヤックス戦を1-1のドローで終え、2戦合計3-2で準決勝進出を決めたフォンセカ率いるチームは、その試合からイバニェス、クリスタンテ、ヴェレトゥを除く先発7人を変更。ファシオやレイノルズという控え選手が起用されたほか、前線はペドロ、マジョラル、カルレス・ペレスのスペイン人トリデンテとなった。 試合は開始早々に動く。3分、ボックス手前中央でルーズボールに反応したヴェレトゥが引っかけて出した縦パスをペドロがワンタッチで裏へ流すと、これに反応したマジョラルが冷静にGKとの一対一を制す。当初、オフサイドの旗が上がったが、VARのレビューの結果、オンサイドでのゴールが認められた。 マジョラルの2試合連続ゴールによって敵地で最高の入りとなったローマだが、ここから相手に一方的に押し込まれるサンドバック状態に追い込まれる。サナブリアとベロッティの2トップを捕まえきれずに起点を作られると、過密日程の影響か、球際の強度、セカンドボールへの反応のいずれの局面でも劣り、相手のピッチをワイドに使った鋭い攻めに晒される。 ベロッティやサナブリアに加え、ルキッチやヴェルディと相手の2列目の選手も自由にしてしまい、再三の決定的なシュートを浴び続けるが、GKミランテの再三のビッグセーブによって辛くも失点を免れる。 前半30分を過ぎると、相手の攻め疲れや大味なプレーが目立ち始めたことで、ペドロを起点とした高速カウンターが幾度か発動するが、マンドラゴラの決死のシュートブロックやGKミリンコビッチ=サビッチの好守に阻まれ、2点目を奪い切ることができない。 劣勢も何とか1点リードで試合を折り返したローマはペドロを下げてムヒタリアンをハーフタイム明けに投入。50分にはヴェレトゥのFKをイバニェスがヘディングで合わせて最初の決定機を作ると、53分にもカルレス・ペレスの仕掛けから相手ゴールを脅かした。 これで流れを引き戻したかに思われたローマだったが、57分には左サイドに抜け出したアンサルディが右足に持ち替えて上げた完璧なクロスを古巣対戦のサナブリアに見事なヘディングで合せられて同点に追いつかれた。 この失点によってトリノの勢いが増す中で再び守勢を強いられたローマは、後半半ばに逆転まで持っていかれた。71分、マンドラゴラのスルーパスに反応したベロッティにDFファシオが振り切られてシュートまで持ち込まれると、これはGKミランテがビッグセーブで阻むも、直前に投入されたばかりのザザにこぼれ球を難なく流し込まれた。 逆転でのトップ4フィニッシュに向けて勝ち点逸は許されないローマは、直後に切り札のジェコやカルスドルプ、パストーレと攻撃的なカードを投入。だが、86分には後半途中投入のディアワラがザザへのファウルで2枚目のカードをもらい、痛恨の退場となった。 その後、パワープレーからクリスタンテにチャンスが転がり込むもシュートを枠に飛ばせずに絶好の同点機を逃すと、試合終了間際の92分にはビルドアップの場面でファシオがベロッティにボールをあっさりと奪われる信じがたいミスからプレゼントパスをリンコンに流し込まれ、万事休す。 残留争い中のトリノに今季初の連勝をプレゼントしたローマは、次節にアタランタとの直接対決を控える中での痛恨の敗戦によってトップ4フィニッシュの可能性が風前の灯となった。 2021.04.19 03:07 Mon
twitterfacebook
thumb

ダービー引き分けのユベントス「今の我々は一瞬たりとも気を抜くことはできない」

ユベントスのアンドレア・ピルロ監督が、引き分けに終わったトリノダービーを振り返った。『フットボールイタリア』が伝えている。 ユベントスは3日、セリエA第29節でトリノと対戦。27分に先制したが前半の内に1点を返されると、さらに後半立ち上がりに逆転ゴールを奪われてしまう。終盤にFWクリスティアーノ・ロナウドのゴールで1点返すが、試合は2-2のドローに終わった。 試合後、ピルロ監督は「リードするまでは良かったが、似たようなミスで失点してしまった」とコメント。トリノのような引いて守るチームに対して、周りから攻める方法を試していたようだ。 「クロスに対して、ボックス内に多くの選手がいることが重要なのだ。2点目の後、我々はゲームを軌道に戻し、クリスティアーノによってチャンスを演出した。アタッキングサードではスペースがないため、ボールをすばやく動かすことができないのは当然のことだ」 「選手、コーチ、審判の誰であれミスはする。我々は集中力を切らさず、気を抜かず、自分が置かれている状況を理解しなければならない。代表招集後は鋭さが欠けてしまうこともあるが、今の我々は一瞬たりとも気を抜くことはできない」 7日にはセリエA第3節のナポリ戦が控えるユベントス。同試合は10月4日に行われる予定だったが、ナポリ側でコロナクラスターが発生したため、今まで順延されてきた。 ピルロ監督は、今後さらに戦術を落とし込んでいくと話したうえで、現状のチームは予測可能なサッカーをしていると、なかなか勝ち点が得られない理由を説明した。 「今シーズンはこれまでのところ多くのポイントを落としているので、当然もっとうまくやらなければなならない」 「我々は、ポジショニングや動きなど、多くのサッカーの原則に取り組む。特に深く防御するチームに対して、ライン間のより多くの動きを見つける必要がある」 「今の我々は横パスを多用しすぎており、それが相手にとって予測可能なものとしているのだ」 2021.04.05 18:08 Mon
twitterfacebook
thumb

トリノ・ダービー引き分けのユベントス、CL圏外の5位へ転落《セリエA》

ユベントスは3日、セリエA第29節でトリノとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 前節ベネヴェントに不覚を取ってスクデット戦線から脱落した3位ユベントス(勝ち点55)は10連覇が厳しくなった中、ボヌッチがコロナ陽性により欠場となった他、コロナ禍においてパーティーを開いてしまったディバラ、マッケニー、アルトゥールが招集外となった。 残留圏内ぎりぎりに位置する17位トリノ(勝ち点23)とのダービーマッチ。C・ロナウドとモラタの2トップで臨んだユベントスが立ち上がりから圧力をかけると、13分に先制した。 モラタとのパス交換でボックス左に侵入したキエーザがGKの股間を抜くシュートでネットを揺らした。 失点を受けて前がかるトリノに対し、ユベントスは27分に同点とされる。アンサルディの強烈なシュートをGKシュチェスニーが弾いたルーズボールをサナブリアに頭で押し込まれた。 前半半ば以降もユベントスがボールを持つ展開となったものの、目立ったチャンスを作れず1-1で後半へ折り返した。 すると迎えた後半開始1分、ユベントスは逆転される。クルゼフスキのバックパスがサナブリアに渡り、ボックス左からそのままシュートを決められた。 攻めあぐねるユベントスは70分にようやくC・ロナウドのヘディングシュートでゴールに迫るも、枠を捉えきれない。 それでも79分、FKの流れからC・ロナウドがヘッドで押し込むと、一度はオフサイドと判定されたものの、VARの末にゴールが認められた。 追い付いたユベントスは83分にベンタンクールのミドルシュートが右ポストに直撃するなど逆転に迫ったが、2-2のままタイムアップ。 当該対決で敗れているナポリに勝ち点で並ばれ、CL圏外の5位に転落している。そのナポリとは4日後、セリエA第3節延期分を戦う。 2021.04.04 03:04 Sun
twitterfacebook
thumb

トリノ・ダービーへの意気込み語るブレメル「ユーベは不調だから勝利のチャンス」

トリノのブラジル人DFグレイソン・ブレメルがユベントスとのダービーマッチに向けた意気込みを語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 トリノはセリエA27試合を消化して暫定17位に低迷。成績不振を理由に今シーズンから就任したマルコ・ジャンパオロ前監督を1月に解任し、ダビデ・ニコラ氏を後任に据えた。それでもチーム状態はなかなか上がらず、現在も降格圏との勝ち点差はわずか「1」と、危機的な状況に立たされている。 こうした中、トリノは3日に行われるセリエA第29節でユベントスと対戦。トリノ・ダービーでは厳しい試合が予想されているが、ユベントスもスクデット獲得争いから後退しつつあり、アンドレア・ピルロ監督に解任の噂が囁かれるなど万全の状態ではない。 イタリア『La Repubblica』のインタビューに応じたブレメルも現在のユベントスには付け入る隙があるとコメント。インタビューでは同時にチームが残留争いに巻き込まれてしまった原因についても語っている。 「ユーベは不調に陥っており、僕らにとっては良いチャンスになるね。ダビデ・ニコラは素晴らしいモチベーターであり、僕たちを奮い立たせてくれている。そして、選手たちも落ち着き集中してピッチに立つ必要があるとわかっているよ」 「チームには素晴らしい選手が揃っているが、ここまではピッチ上でのパフォーマンスや結果にそれが反映されていない。新監督の下、まったく異なるプレースタイルでシーズンをスタートしたことや、シーズン前の準備がほとんどできていなかったことが苦戦の要因だったと思う」 「トリノにモチベーションがあるかどうか、わざわざ誰かに尋ねる必要はないよ。もし降格となれば、僕たち全員のキャリアにとって汚点となるのは間違いないからね」 また、ブレメルはリバプールが自身の獲得を狙っているという噂についても言及。そのような事実はないときっぱり否定した。 「皆が移籍の話をしているのに、僕は何も知らないんだから面白いね。プレシーズンの親善試合後、ユルゲン・クロップが個人的に僕を祝福しに来たという報道も都市伝説だよ」 2021.04.02 11:38 Fri
twitterfacebook
thumb

吉田途中出場のサンプドリアがカンドレーバ弾で6試合ぶりの白星!《セリエA》

吉田麻也の所属するサンプドリアは21日、セリエA第28節でトリノと対戦し1-0で勝利した。吉田は73分からプレーした。 5試合勝利のない11位サンプドリア(勝ち点32)が、17位に沈むトリノ(勝ち点23)をホームに迎えた一戦。サンプドリアの吉田は2試合ぶりのベンチスタートとなった。 試合が動いたのは25分、左サイドを突破したアウジェッロの折り返しをボックス手前のガッビアディーニがワンタッチではたくと、ボックス右でフリーのカンドレーバが冷静に流し込み、サンプドリアが先制した。 先手を取ったサンプドリアは、35分にもヤンクトの左クロスをファーサイドで受けたクアリアレッラが決定機を迎えたが、シュートはGKシリグの好セーブに阻まれた。 迎えた後半、1点を追うトリノは59分にヴォイヴォダとサナブリアを下げてヴェルディとザザを投入。対するサンプドリアは、67分にガッビアディーニを下げてケイタを投入。さらに73分にピッチに頭を強く打ちつけたトネッリに代えて吉田がピッチに入った。 すると、サンプドリアは78分にピンチ。右クロスのこぼれ球をボックス左で拾ったザザからの滞空時間が長いクロスに反応したベロッティがヘディングシュートで合わせたが、これはコリーのブロックで難を逃れた。 その後も互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、結局最後までスコアは動かず。カンドレーバのゴールが決勝点となり、サンプドリアが6試合ぶりの白星を飾った。 2021.03.22 01:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly