衝撃ブレ球ミドル!ミランの長谷川唯がセリエAデビュー戦で決めてチームは大勝!

2021.03.02 19:48 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランへと加入したなでしこジャパンのMF長谷川唯が衝撃のゴールを見せた。ミランは2月28日、セリエAでピンク・スポルトと対戦。長谷川は加入後初となるリーグ戦デビューを飾った。


この試合でミラン初先発を遂げた長谷川は、0-2とリードして迎えた31分に度肝を抜くシュートを見せる。

ボックス手前左でFKを得たミランは、長谷川がキッカーに。壁の上を越えたシュートは、無回転のブレ球でゴール左に突き刺さる衝撃のゴールとなった。

さらに0-4で迎えた60分には、左サイドからのグラウンダーのクロスに対しニアサイドに走り込むと、相手GKの裏をかく浮き球のシュート。これが決まり、0-5に。結局、試合は1-6でミランが大勝を収めていた。

現在2位のミランは、首位のユベントスと勝ち点差3の状況。長谷川の活躍で逆転優勝を果たせるか注目だ。


◆長谷川唯が決めた衝撃ブレ球FK(1:27〜)
関連ニュース
thumb

「インテルはもはやESLに関心はない」情報筋語る…ミランも辞退間近

18日にヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)構想が明るみとなってサッカー界に激震が走ってわずか2日、メガクラブの会長やオーナーたちによる夢は早くも崩れ落ちようとしている。 12クラブが一斉に参加を表明したことで、それまで噂程度だったものが現実味を帯び始めたESL構想。しかし、選手やOB、サポーターから大きな反感を買うと、12クラブの半数を占めていたプレミアリーグの6クラブがすぐに手のひらを翻し、20日に次々と辞退することを発表していった。 わずか48時間で脆くも亀裂が走ったESL構想。プレミアリーグのクラブに続いて、今度はセリエAのクラブも脱退に迫っているようだ。 イタリア『ANSA通信』によると、プレミアリーグが離脱した今、ESLにこれまでの魅力は失われているという。インテルに近い情報筋は「現状では、スーパーリーグプロジェクトはもはやインテルにとって関心のあるものとは見なされていない」と語る。 さらに、『アスレティック』によると、ミランもまたESL構想からの脱退を進めているようで、ユベントス、インテル、ミランのイタリア勢の中では最も早く抜けると見られている。 こうなると、残りは計画を主導したフロレンティーノ・ペレス氏が会長を務めるレアル・マドリーを始めとしたバルセロナやアトレティコ・マドリーのスペイン勢と、ユベントスの4クラブのみとなるが、スペイン方面では、ぺレス氏はまだESLの実現を諦めていないと主張するメディアもある。 2021.04.21 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

来季は40歳になるイブラヒモビッチ、間も無くミランと契約延長へ

ミランとスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(39)の契約延長が大詰めを迎えているようだ。 39歳になってもその得点力は衰えていないイブラヒモビッチ。今シーズンもセリエAでここまで17試合に出場し15ゴール2アシストを記録している。 また、3月には2016年のユーロ以来となるスウェーデン代表復帰を果たすと、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選ではジョージア代表戦、コソボ代表戦で1アシストずつを記録するなど、国際舞台でもしっかりと結果を残していた。 ミランとの契約が今シーズン終了までとなっているイブラヒモビッチだが、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、予てから報じられている通り、1年間の契約延長を行うとのこと。大詰めを迎えるようだ。 報道によれば、イブラヒモビッチは20日か21日のセリエA第32節サッスオーロ戦後に契約延長が発表されるとのこと。650万ユーロ(約8億5000万円)相当の契約を結ぶようだ。 来シーズン開幕後には40歳を迎えるイブラヒモビッチ。果たして、どんな結果を残すだろうか。 2021.04.20 18:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「GKはいらない」ミランCBコンビの連続“ゴールライン上クリア”に称賛「集中力がすごい」

ミランのセンターバックコンビが“鉄壁”の守りを見せた。 ミランは18日、セリエA第31節でジェノアとホームで対戦。大エースのFWズラタン・イブラヒモビッチを出場停止で欠いたものの、2-1と1点リードで試合終盤を迎える。 終盤にかけてジェノアに攻め込まれたミランは、GKジャンルイジ・ドンナルンマを中心とした守備でゴールを守るものの、86分には最大のピンチを迎える。ジェノアFWゴラン・パンデフが絶妙なトラップからボックス左に侵入し、ふんわりとしてクロスをゴール前に供給する。 このボールに対応したドンナルンマとDFフィカヨ・トモリが被ってしまい、守護神が転倒した状態で、こぼれたボールを相手DFアンドレア・マジエッロにシュートされる。しかしここはDFシモン・ケアーが右足でブロック。さらにそのこぼれ球を相手MFヴァロン・ベーラミにダイレクトで狙われるも、今度はトモリが左足でブロックし、ギリギリのところでCKに難を逃れた。 同点弾を決めきれなかったジェノアの選手たちは呆然だったが、この大ピンチを『ESPN』が「ケアーとトモリがいるとき、GKはいらない」と題して紹介。各国のファンから「(トモリを)チェルシーに連れ戻したい」「(パオロ・)マルディーニも誇っている」「集中力がすごい」と、センターバック2人を称える声が相次いだ。 寸前のところでピンチを防いだミランはそのまま2-1で勝利。ホームで5試合ぶりの白星を飾り、リーグ2位を死守している。 <span class="paragraph-title">【動画】ミランCBコンビの連続“ゴールライン上クリア”</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Who needs a goalkeeper when you have Kjær &amp; Tomori <a href="https://t.co/FAHtSQIPDe">pic.twitter.com/FAHtSQIPDe</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1383770567749169154?ref_src=twsrc%5Etfw">April 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.19 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン指揮官ピオリ、ジェノア戦勝利も…スクデット争いは「すでに手放してしまった」

ミランのステファノ・ピオリ監督がジェノア戦を振り返った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ミランは18日に行われたセリエA第31節でジェノアと対戦。前節のパルマ戦で一発退場のFWズラタン・イブラヒモビッチを出場停止で欠くなかの一戦だったが、1-1の68分に左CKからオウンゴールが生まれ、2-1で勝利した。 ホーム戦5試合ぶりの白星を手にしたミラン。ピオリ監督は試合後、『DAZN』のインタビューで大きな勝利だとしつつ、内容に対する不満を口にした。 「難しい試合が続くことは承知しているが、今回もそのひとつだった。多くのチャンスを無駄にしてしまった。ハーフタイムまでに勝負を決められれば、少なくとも後半の苦しみは少なかったと思う。しかし、これは重要な勝利だ」 また、勝ち点差「9」で追う首位インテルとのスクデット争いについては「ここ3、4試合の結果によって、我々はすでにスクデットを手放してしまったと考えている。インテルはあまりにも多くの試合に勝ち、挑戦するにはあまりにも先を行っている」と語ったが、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて意気込んだ。 「ミランがCLに再び出場するのは並外れて素晴らしいことだ。ある統計によると、私たちはヨーロッパのトップリーグで最も平均年齢が若いチームのひとつだという。他のほとんどのチームはトップ10にも入っていないのに対し、我々はセリエAのような非常に難しいリーグで2位につけている」 「サッスオーロ、アタランタ、ラツィオと非常に厳しい相手との試合が控えている。戦い続けなければならない」 2021.04.19 17:03 Mon
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチ欠場のミラン、レビッチのゴールとOGでジェノアを下し、ホーム5試合ぶり白星《セリエA》

ミランは18日、セリエA第31節でジェノアと対戦し、ホームで2-1で勝利した。 前節のパルマ戦を3-1で制し、ここ3試合は2勝1分けと好調のミラン。しかし、首位のインテルとは11ポイント差で逆転スクデットは現実的な目標ではなくなった。 それでも2位死守のため白星が求められる今節、パルマ戦で一発退場となったイブラヒモビッチを欠く中、ラファエル・レオンがリーグ戦4試合ぶりに先発に起用された。 試合は13分にミランが先制する。ボックス手前右で得たFKのシーン。シュートが壁に当たって高く跳ね上がったところ、カルルと相手の競り合いからこぼれたボールにレビッチが反応。ボックス手前左から左足を振り抜いたシュートがゴール右に突き刺さった。 幸先よく先制点を奪ったミランは19分にも決定機。チャルハノールからパスを受けたラファエル・レオンがボックス右からシュートに持ち込んだが、足を滑らせコースを狙うことができなかった。 その後も攻勢だったミランだが37分、ジェノアに右CKからデストロにヘディングシュートを決められ、前半のワンチャンスをモノにされてしまった。 後半もミランのペースで進むものの、バイタルエリアを固めるジェノア守備陣を前にシュートで終われない展開が続く。50分過ぎにラファエル・レオンが味方のパスでボックス右に侵入するものの、スライディングタックルに捕まりシュートを打てず。55分にはチャルハノールがマイナスの折り返しに合わせるが、シュートは枠を捉えられなかった。 続く62分のCKのシーンでもケアーのヘディングシュートが枠を外れたミランは、63分に一挙3人替え。サーレマーケルズ、カルル、ラファエル・レオンを下げて、ディアス、ダロト、マンジュキッチを投入。マンジュキッチは2月の第22節スペツィア戦以来の出場となる。 するとミランは68分に左CKを獲得。チャルハノールがインスイングのクロスを入れると、ニアに飛び込んだマンジュキッチがブラインドとなったか、ゴール前にいたスカマッカに当たってオウンゴールに。 この後、終盤にかけてはジェノアに攻め込まれたミランだったが、GKドンナルンマを中心とした守備でゴールを死守。86分には立て続けに枠内シュートを浴びたが、ゴールライン上でDFが連続でブロックし、ホームで5試合ぶりの勝利を収めた。 2021.04.18 21:37 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly