こんな動き見たことない…!稀代のファンタジスタ、ロナウジーニョが決めた天才的発想とテクニック【スーパーゴール図鑑/バルセロナ編】

2021.02.28 18:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
【得点者プロフィール】
ロナウジーニョ(当時23歳)
国籍:ブラジル
所属:バルセロナ
ポジション:FW
身長:181cm母国クラブを経て、パリ・サンジェルマン(PSG)に加入し、一躍世界にその名を轟かせたロナウジーニョ氏。2003年夏にバルセロナに移籍すると、“銀河系軍団”の異名を取ったレアル・マドリーの陰に隠れ、低迷していたバルセロナを再び欧州の頂点まで導く活躍を見せた。


【試合詳細】
日程:2004年2月8日
大会:ラ・リーガ第23節
対戦相手:オサスナ
時間:後半32分(1-1)

◆ロナウジーニョが決めた圧巻のテクニカルボレー

1-1と同点で迎えた77分、バルセロナがコーナーキックを得ると、こぼれ球を詰めた味方のシュートミスがゴール前にいたロナウジーニョに入る。ゴールに背を向け、DF2人に挟まれた状態でボールを持ったロナウジーニョだが、ファーストタッチでボールを浮かせると反転しながら空中に浮いたボールをボレーシュート。GKやDFに反応する隙を与える事無くシュートをゴール左に決めてしまった。

圧巻の勝ち越しゴールを決めたロナウジーニョ。試合は2-1としたバルセロナがこのまま勝利している。
関連ニュース
thumb

契約最終年のメッシ、バルサと交渉開始? 父親が現地入り

バルセロナとの契約問題が注目され続けるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)だが、数日のうちに新たな動きがあるかもしれない。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によれば、メッシの父親であり、代理人としても交渉の窓口も担うホルヘ・メッシ氏が18日にバルセロナ入りしたようだ。 ホルヘ氏とバルセロナは今後、面談を予定。バルセロナは今回の面談がエースの契約更新に向けた出発点になることを期待しているという。 しかし、面談の日程は現時点で決まっておらず、ホルヘ氏も個人的な用事を済ませるためにすぐさまイタリアに向かう見込みとみられる。 昨夏にバルセロナから移籍を志願したが、法外な契約解除金もネックとなり、最終的に残留したメッシ。今季もエースたる所以を示すが、契約は今季が最終年だ。 先日にコパ・デル・レイを制して、キャプテンとして初のトロフィーリフトを経験したメッシ。バルセロナ会長はエース残留に今も自信をのぞかせているが、果たして。 2021.04.19 13:05 Mon
twitterfacebook
thumb

コパ・デル・レイ決勝で2ゴールのメッシ、13シーズン連続30ゴール超えの偉業!

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがまたひとつ快挙を成し遂げた。 17日にコパ・デル・レイ決勝のビルバオ戦に臨んだバルセロナ。前半は0-0で折り返したものの、後半から攻撃が機能。60分にFWアントワーヌ・グリーズマンが均衡を破ると、その3分後にはMFフレンキー・デ・ヨングが追加点。 そして、ここからはキャプテン・メッシの独擅場となる。68分、右サイドでボールを持ったメッシがデ・ヨングとの2度のパス交換でボックス右へ侵入。最後はカットインから得意のコントロールショットを流し込んでチームの勝利を決定づけると、72分にはDFジョルディ・アルバのクロスを頭で合わせて2点目。これで4-0としたバルセロナが、3シーズンぶり31度目の優勝を果たした。 その一方で、メッシは今季のゴール数を「31」に伸ばし、13シーズン連続で30ゴール到達という新たな偉業を成し遂げた。2008-09シーズンから続くこの記録。その中で最多得点は2011-12シーズンに挙げた脅威の73ゴールだ。 ジョゼップ・グアルディオラ監督のラストシーズンとなったこの年は、ラ・リーガでは勝ち点100を積み上げたレアル・マドリーの後塵を拝し2位、チャンピオンズリーグではベスト4という結果で、獲得したタイトルはコパ・デル・レイとスーペルコパのみだったものの、リーグでは50ゴール、CLでは14ゴールを挙げて、それぞれ得点王に輝いている。 なお、今季ここまでの31ゴールは昨季と同じ数字。CLも敗退となった中で残る試合はリーグ戦の8試合のみだが、どこまで伸ばすことができるだろうか。 2021.04.18 15:50 Sun
twitterfacebook
thumb

「不思議なゴールだ」コパ・デル・レイでメッシが決めた衝撃的なゴールにOBも唖然、イングランド代表MFも称賛

コパ・デル・レイを制したバルセロナ。その試合で決めたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのゴールに称賛が集まっている。 バルセロナは17日に行われたコパ・デル・レイ決勝のアスレティック・ビルバオに挑み、4-0で勝利。後半に4ゴールを奪い切り、3季ぶり31度目のコパ・デル・レイ優勝を果たした。 ロナルド・クーマン監督を迎えた今シーズンのバルセロナ。しかし、シーズン前にメッシの退団騒動もあり不穏な空気が流れたまま開幕。するとチャンピオンズリーグではラウンド16でパリ・サンジェルマンを相手に2戦合計2-5で敗れて敗退。ラ・リーガでは、ライバルのレアル・マドリーとの“エル・クラシコ”で連敗を喫するなどし、現在は優勝の可能性を残しながらも3位に位置している状況だった。 クーマン監督に初タイトルをもたらせたメッシ。この決勝では2ゴールの活躍を見せたが、2点目のゴールが話題となった。 それは0-2で迎えた後半、自陣右サイドでボールを持ったメッシがそのままドリブルで持ち出し右サイドを駆け上がる。相手が2人で寄せにくると、近くにいたオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングにパス。するとデ・ヨングはダイレクトで走り続けるメッシへパス。そのメッシもダイレクトでデ・ヨングへ戻すと、相手との一対一でボールをキープしたデ・ヨングがスルーパスを送る。 これをランニングを続けたメッシがボックス内右で受けると、対峙したDFを軽いタッチでかわし、持ち出してシュート。このシュートはゴール左のコースを狙った優しいグラウンダーのシュートで、GKはまったく動けなかった。 このゴールには、クラブOBでもある元イングランド代表FWのギャリー・リネカー氏も「おぉ。またしても、比類なきリオネル・メッシが決めた不思議なゴールだ」と言葉に表せない称賛の言葉を送れば、ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライスは「メッシのこのゴールは本当に素晴らしい」とツイート。称賛の言葉を送った。 <span class="paragraph-title">【動画】メッシの衝撃的なゴールを含めたバルサの4発!(メッシのゴールは0:35〜)</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJpZFBjWUVIcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.18 12:45 Sun
twitterfacebook
thumb

クーマン、バルサ指揮官としての初タイトルに満足 「素晴らしい気持ち」

バルセロナのロナルド・クーマン監督が待望のタイトルに歓喜した。スペイン『マルカ』が報じている。 バルセロナは17日に行われたコパ・デル・レイ決勝のアスレティック・ビルバオに挑み、4-0で勝利。後半に4ゴールを奪い切り、3季ぶり31度目のコパ・デル・レイ優勝を果たした。 昨夏の指揮官就任から記念すべき初タイトルを獲得したクーマン監督は試合後、喜びの思いを口にした。 「素晴らしい気持ちだね。ここに辿り着くまで大変だったし、時間もかかった。我々は幸せであり、今季は少なくとも1つのタイトルを獲得するに値する。クラブはそれに相応しい。変化の年にあたる今季に獲得した非常に大きなタイトルだ」 また、この決勝戦で2ゴールを挙げ、今季が契約最終年の去就に注目を集めるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシにも言及した。 「彼の将来がどうなるかなんてわからない。この試合が彼のラストにならないのを祈る。誰もが彼に残留してほしいと思っている」 エースの残留を願ったオランダ人指揮官は佳境のラ・リーガ覇権争いに向けても決意を新たにしている。 「バルセロナは私のクラブだ。家なのだ。就任初日から大変だったが、シーズン最後の試合までリーガ優勝のために戦う」 2021.04.18 11:15 Sun
twitterfacebook
thumb

キャプテンとして初タイトルのメッシ「すごく特別なコパに」

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがキャプテンとして初のタイトルに歓喜した。 バルセロナは17日に行われたコパ・デル・レイ決勝のアスレティック・ビルバオに挑み、4-0で勝利。後半に4ゴールを奪い切り、3季ぶり31度目のコパ・デル・レイ優勝を果たした。 この決勝戦にフル出場して2ゴールを挙げ、ロナルド・クーマン体制に初タイトルをもたらしたメッシ。個人としてもMVPに輝いた決勝戦後、クラブ公式チャンネルで喜びを露わにした。 「このクラブのキャプテンであるのはすごく特別なこと。このカップを掲げることができ、僕にとってもすごく特別なコパになったよ」 また、「彼らは前半にたくさん動かされ、後半に落ちていった」と試合を振り返ると、無観客開催について「ファンと祝えないのは残念。それが今の状況だ。辛いけどね」と憂いた。 そんなメッシを擁するバルセロナは今後、ラ・リーガ優勝が大きな目標に。リーグ戦での歩みも振り返り、優勝争いに絡む状況を喜び、右肩上がりのチーム状態を主張している。 「僕らはシーズンの前半戦に苦しみ、簡単にポイントを落としてしまった。それから強さを取り戻して、争いに加わることができたよ。この前のクラシコは良い結果にならなかったけどね」 <span class="paragraph-title">【動画】キャプテン・メッシ、歓喜のトロフィーリフト!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ6Qko5REY1TyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.18 10:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly