デンベレ&メッシ弾のバルセロナが完勝でセビージャの連勝を「6」でストップ! 逆転目指すコパでのリターンマッチに弾み《ラ・リーガ》

2021.02.28 02:16 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第25節、セビージャvsバルセロナが27日にサンチェス・ピスフアンで行われ、アウェイのバルセロナが0-2で勝利した。来週ミッドウィークにコパ・デル・レイ準決勝の2ndレグを控える4位のセビージャ(勝ち点48)と、3位のバルセロナ(勝ち点50)による上位対決。

セビージャは前節、オサスナとのアウェイゲームを2-0で快勝し、ラ・リーガ6連勝を達成。直近のチャンピオンズリーグ(CL)のドルトムント戦で喫した久々の敗戦を見事に払拭した。バルセロナとの連戦に向けてはオサスナ戦から先発3人を変更。レキクとオリベル・トーレス、スソに代わってエスクデロ、パプ・ゴメス、ラキティッチが起用された。


対するバルセロナは先週末のカディス戦を1-1のドローで終えることになり、ラ・リーガでの連勝が7試合でストップ。CLのパリ・サンジェルマン戦での大敗を引きずる結果となった。それでも、ミッドウィークに行われた第1節延期分ではエルチェ相手に3-0の快勝。直近2試合の体たらくから何とか立て直してきた。そのエルチェ戦からは先発4人を変更。ユムティティ、ピャニッチ、ブラースヴァイト、トリンコンに代えてラングレ、デスト、ブスケッツ、デンベレを起用。さらに、メッシとデンベレを最前線に配した[3-5-2]へ並びを変更した。

左サイドのジョルディ・アルバの立ち位置の変化によって守備時4バック、攻撃時に3バックの形を取る変則的な並びで臨んだバルセロナに対して、セビージャは相手の出方を窺いながら後ろに重心を置いた[4-5-1]のコンパクトな陣形で受けに回る入りを見せた。

序盤からボールを握って相手陣内でのプレー時間を増やしていくバルセロナだが、中央をきっちりと締めるセビージャの堅守を前になかなか危険な位置にボールを入れることができない。それでも、22分にはペドリとフレンキー・デ・ヨングのコンビネーションで中央を破り、デンベレに縦パスが入ると、そのままボックス内まで運んだデンベレが切り返しでDFを外して左足のシュートを枠に飛ばす。だが、両チームを通じてのファーストシュートはややパワー不足でGKブヌに難なくキャッチされた。

このファーストシュートをキッカケにパスワークにリズムが生まれ始めたホームチームは、相手の一瞬の隙を突いてゴールをこじ開ける。29分、自陣中央でルーズボールを回収したブスケッツからメッシに縦パスが入ると、メッシはすかさずハイラインの背後を狙うデンベレへ絶妙なスルーパスを通す。そのままボックス内まで持ち込んだデンベレが冷静にGKブヌの股間を抜くシュートを流し込み、ラ・リーガ5試合連続クリーンシート中だったアウェイチームの堅守を破った。

一方、守勢が続いた中で耐え切れずに失点を喫したセビージャは立ち上がりから攻撃が全く機能しないこともあり、ムニルを右サイド、パプ・ゴメスを左サイドに入れ替えるなど、少しずつ戦い方に変更を加えながら流れを好転させようと腐心。だが、攻守の切り替えが徹底されているバルセロナの強度の高い守備に苦戦を強いられ、決定機はおろかシュート0に抑え込まれて前半を終えることになった。

迎えた後半、先に動いたのはビハインドを追うセビージャ。ジエゴ・カルロスに代えてレキク、パプ・ゴメスとムニルの両翼を下げてエン=ネシリとスソを投入する3枚替えを敢行。

この交代でフェルナンドを最終ラインに下げてルーク・デ・ヨングとエン=ネシリを最前線に並べた[3-5-2]へ変更した。すると51分、この交代によって前半は攻撃面で全く見せ場がなかった右サイドのヘスス・ナバスがボックス手前右から左足を振ってチーム最初のシュートを放った。

一方、相手の戦い方の変化によって入りこそバタついたバルセロナだが、すぐに主導権を奪い返すと、続けて決定機を作り出し2点目に迫る。まずは59分、F・デ・ヨングのボックス手前中央での粘りからメッシ、ペドリを経由したボールがボックス左に走り込んだアルバに繋がる。ここでアルバの丁寧な折り返しをファーで受けたデンベレのシュートのこぼれ球をデストが右足で狙うが、惜しくもクロスバーを叩く。

その直後の60分には左サイドでフェルナンドと完璧に入れ替わったデンベレがボックス内まで持ち込んでDFとGKを引き付けて、後方から走り込んできたメッシに丁寧に落とすが、メッシの左足のシュートは大きく枠の上に外れた。

後半も徐々に流れが悪くなってきたセビージャは63分、ラキティッチとL・デ・ヨングを下げてオスカル、オリベルを同時投入。対してバルセロナは67分にピケを下げて負傷明けのアラウホ、71分には筋肉系を痛めたと思われるペドリに代えてイライクスをピッチへ送り込んだ。

バルセロナペースで試合が進んでいく中、80分にはボックス内でボールを収めたエン=ネシリが巧みな左足の反転シュートをゴール右下隅に流し込むが、ここは反転の際にボールを手でコントロールしたとの判定でゴールは認められず。

その後、バルセロナは途中投入のアラウホが以前に痛めていた左足首のケガを再発させたか、プレー続行不可能となり、82分にデンベレと共にピッチを後にし、ユムティティとブラースヴァイトが投入される。

続けざまのアクシデントによって嫌な流れが漂い始めるが、頼れるエースがチームを勝利に導く2点目を奪い切る。85分、相手陣内左サイドでボールを持ったメッシがイライクスとのパス交換でボックス左に抜け出す。ここで一瞬の切り返しでDFフェルナンドを抜き去ると、ゴール至近距離で放ったチップキックはGKブヌに触られるも、こぼれ球を右足で押し込んでラ・リーガ6試合連発となる今季19点目とした。

これで勝利を決定づけたアウェイチームは冷静に相手の反撃を撥ね返し続け、敵地で2-0の完勝。今季3度目の対戦でようやくセビージャから勝利を挙げたバルセロナは、逆転を狙うコパ準決勝のリターンマッチに向けて弾みを付けた。

一方、良いところを出せずに完敗のセビージャは5試合連続クリーンシートと共に連勝が6試合でストップした。
関連ニュース
thumb

アグエロがバルサと交渉? スペイン人記者が明かす「誰もが望んでいる」

今シーズン限りでマンチェスター・シティを退団することが決定しているアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(32)だが、バルセロナ加入が近づいているようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 アグエロは2011年7月にアトレティコ・マドリーからシティへと完全移籍で加入。10シーズンを過ごした今夏、契約満了を受けて退団することが決定している。 この10シーズンで、公式戦通算388試合に出場し258ゴール74アシストを記録しているアグエロ。盟友であるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシも在籍するバルセロナが、当初から興味を示していた。 そんな中、『BBC』でスペイン人ジャーナリストのギジェム・バラゲ氏がコメント。アグエロとバルセロナはすでに話し合いを行っていると語った。 「まだ完了はしていないが、誰もがそれが実現することを望んでいる。クラブとアグエロ陣営は話し合いを行っている」 「コストを削減する必要があることは理解しており、4つの独立した監査を行い、どれぐらいの資金があるかを確認している。つまり、メッシにどのような契約条件を与えるかを考えている」 「しかし、そのような背景がある中で、移籍市場でのチャンスを探している。アグエロはフリーで、マルティン・ブラースヴァイトを改善できるだろう。多くの選手を売る必要もあり、そうしようとしているが、その場合はアグエロ加入の確実性があることを意味している」 アグエロを獲得できれば、前線の選手を売却することができるバルセロナ。一方で、昨夏も騒動になった大エースのメッシとの契約延長も行う必要があり、今夏の移籍市場での動きは難しい立場にある。 それでも、アグエロを獲得することでメッシをチームに留まらせる可能性は上がり、戦力としても、メッシの退団抑止にも効果を持つアグエロの獲得は願ったり叶ったりだろう。 「メッシからの要求ではないが、彼らがやろうとしていることは、メッシを説得する方法の1つであることは確かだ」 「しかし、ドルトムントのアーリング・ハーランドに示した興味は一歩下がっている。外部から資金が調達できるのであれば、復活させたいようだ」 2021.05.14 10:02 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、セルジ・ロベルトが右腿負傷で離脱…

バルセロナは12日、スペイン代表DFセルジ・ロベルトの負傷を報告した。 セルジ・ロベルトは、11日にシウダ・デ・バレンシアで行われたラ・リーガ第36節のレバンテ戦(3-3のドロー)に、ウルグアイ代表DFロナルド・アラウホとの交代で後半頭から出場。しかし、試合終盤の85分に右足を痛めてスペイン人MFリキ・プッチとの交代でピッチを後にしていた。 そして、バルセロナは試合翌日に行われた精密検査の結果、同選手が右足大腿直筋の腱に不快感を訴えていることを明かした。 現時点で離脱期間は明かされていないが、今シーズンの残り2試合での復帰は絶望的な模様だ。 なお、来月にはスペイン代表としてユーロ2020本大会を控えるセルジ・ロベルトだが、今回のケガによってメンバー入りが危ぶまれるところだ。 2021.05.13 01:11 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、大器ニコ・ゴンサレスと新契約締結! 父は“スーペル・デポル”のフラン

バルセロナは12日、バルセロナBに所属するU-19スペイン代表MFニコ・ゴンサレス(19)と2024年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。契約解除金は5億ユーロ(約661億円)に設定されている。 デポルティボ一筋のキャリアを歩み“スーペル・デポル”の一員として知られる元スペイン代表MFフラン・ゴンサレス氏を父親に持つニコ・ゴンサレスは、バルセロナのマシアで将来を嘱望される188cmの大型ピボーテだ。 11歳のときにモンタニェロスからマシア入りを果たしたニコ・ゴンサレスは、2018-19シーズンに17歳でバルセロナBデビュー。今シーズンはバルセロナBの主力として23試合に出場。偉大なる先達であるセルヒオ・ブスケッツを彷彿とさせる戦術眼と、両足から繰り出される高精度のパスを特長とする大器は、過去にマンチェスター・ユナイテッドからの関心も伝えられていた。 なお、クラブ内において“ブスケッツの後釜”と目される逸材に関しては、トップチームを率いるロナルド・クーマン監督も注目しており、定期的にトップチームのトレーニングに招集している。 <span class="paragraph-title">【動画】逸材のプレー動画をチェック</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Nico González renews until 2024<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/MadeInLaMasia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MadeInLaMasia</a> <a href="https://twitter.com/FCBarcelonaB?ref_src=twsrc%5Etfw">@FCBarcelonaB</a> <a href="https://t.co/g7C7EpOxWP">pic.twitter.com/g7C7EpOxWP</a></p>&mdash; FC Barcelona (@FCBarcelona) <a href="https://twitter.com/FCBarcelona/status/1392498317771382792?ref_src=twsrc%5Etfw">May 12, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.05.13 00:43 Thu
twitterfacebook
thumb

まさかのドローで遠のくタイトル…クーマン監督も結果に落胆「まさか引き分けになるとは…」

バルセロナのロナルド・クーマン監督が、痛恨のドローを嘆いた。スペイン『アス』が伝えている。 バルセロナは11日に行われたラ・リーガ第36節で、レバンテと対戦。既に自力優勝は消滅しているものの、リーグタイトルのため勝利が必須な一戦は、前半だけで2点を先取する展開に。しかし、後半守備が崩れて3失点を喫すると3-3のドローに終わった。 この結果、バルセロナは1試合少ない首位アトレティコ・マドリーを追い抜くことはできず、逆転優勝に向けて痛恨のドローとなっている。 試合後のインタビューに応じたクーマン監督は、後半崩れた守備に落胆。ラ・リーガのタイトル獲得は極めて難しくなったと認めた。 「説明するのはとても難しい。前半はインテンシティがあり、ペースも良かったと思う。後半に入ってボールを失うことが多くなり、インテンシティも低下して相手に何度も脅かされた。相手をゲームに入らせてしまっては、流れを変えるのは難しい。レバンテはうまくやったね。私からそれ以外の説明はない」 「ハーフタイムには守備面での改善と、インテンシティの維持について話していた。今は他に何ができたか自問自答している。我々は今傷ついているよ。試合は2-0の状況であり、そこからまさか引き分けになるとは思わなかった」 「ラ・リーガはより複雑になっているが、常に他チームの結果に依存する状態だ。我々は最後の3試合に勝ったうえで、希望を持たなければならない状況だった。そして、今はとても複雑になっている」 また、クーマン監督は自身に向けられる疑念についても言及。自分自身もこの結果には失望しているとしつつ、受け入れるのが難しいとも語った。 「監督は常に疑われるものであり、疑問があることはよく理解している。最終的な結果には失望しており、何が起こったのか自問している最中だ。今日の引き分けについて受け入れなければならないが、これは非常に大変だね」 2021.05.12 12:34 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナがユベントス退団発表のGKブッフォンと接触?

ユベントスからの退団を発表した元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(43)だが、バルセロナが獲得に動く可能性があるようだ。 今シーズンは熾烈な優勝争いを繰り広げているラ・リーガを戦っているバルセロナ。すでに、来シーズンに向けた移籍市場の噂が多く浮上している。 ここまで浮上している名前は、マンチェスター・シティのスペイン代表DFエリック・ガルシアや今季限りでシティを退団するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ、リヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイなど。クラブとの関係や、ロナルド・クーマン監督との関係がある選手が多い。 そんな中、ブッフォンにも接触しているとフランス『Foot Mercato』が報じている。 バルセロナのジョアン・ラポルタ会長が獲得を望んでいるとされており、最初のコンタクトを行なったとのこと。現在はドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンが守護神を務めているが、第2GKのネトは退団する可能性が報じられている。 ブッフォンは「プレーをやめるのか、プレーを続けるモチベーションを高めるように見つけたり、または別の人生を経験するのか、それを考慮に入れるつもりだ」とコメントしており、引退の可能性を示唆した一方で、新たな挑戦にも意欲を示している。 カンテラ出身のGKイニャキ・ペーニャやGKアルナウ・テナスらも控えている状況であるが、ブッフォンの経験を生かすために短期的な契約を結ぶことは理にかなっているとも思われるが、果たしてどのような結末を迎えるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】ブッフォンがユベントスで見せた神業セーブ集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJSbEwxeEhHdSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.05.12 11:05 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly