好調ハマーズに苦戦も最強CBコンビが攻守に躍動! シティが驚異の公式戦20連勝《プレミアリーグ》

2021.02.27 23:32 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第26節、マンチェスター・シティvsウェストハムが27日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが2-1で勝利した。前節、アーセナルに競り勝ってプレミアリーグ13連勝となったた首位のシティ(勝ち点59)は、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)でもボルシアMGに2-0の快勝を収めて公式戦19連勝を達成。


留まるところを知らない絶好調のチームは、前節トッテナムを破って4位に浮上した難敵ウェストハム(勝ち点45)とのホームゲームに臨んだ。過密日程を考慮して守護神エデルソン、ウォーカー、ルベン・ジアス、ギュンドアンを除く先発7人を変更。ストーンズ、デ・ブライネらが起用されたほか、3トップはマフレズ、フェラン・トーレスと共に、アグエロが昨年10月下旬以来のスタメンを飾った。

アウェイのウェストハムが変則的な[5-4-1]の守備的な布陣を採用したことで、ホームのシティが立ち上がりから圧倒的にボールを握って押し込んでいく。

ただ、相手のコンパクトな陣形、ビルドアップの起点となるフェルナンジーニョをリンガードにマンマークで監視されるなど、なかなかパスワークでリズムを掴めず。逆に、19分には自陣深くまで運ばれてリンガードの連続シュートを浴びる場面も。

前半半ばを過ぎても決定機はおろかシュートすら打てない状況が続いたが、最初の決定機をゴールに結びつける。30分、相手陣内右サイドでマフレズが得たFKをキッカケに続けてセットプレーの機会が訪れた中、二次攻撃でウォーカーから右サイドでフィードを受けたデ・ブライネが利き足とは逆の左足で絶妙なクロスを供給すると、ゴール前に攻め残っていた2人のセンターバックの内の1人であったルベン・ジアスが強烈なヘディングシュートを叩き込んだ。

デ・ブライネの復活を告げる見事なおぜん立てからルベン・ジアスにプレミアリーグ初ゴールが生まれたシティは、ここからようやく試合の主導権を掌握。相手の守備に対して施した立ち位置の調整が機能し、より相手を動かすパスワークを見せ始める。

一方、ビハインドに加えて流れも渡したウェストハムだったが、上位に食い込んでいる所以を首位チーム相手に見せる。

徐々に前からの圧力を強めてより高い位置でボールを奪い返し始めると、39分には右サイド深くでフォルナルスが入れた折り返しをアントニオがワンタッチで合わせて左ポスト直撃の惜しいシュートを放つと、43分には相手陣内中央での連動したプレスからショートカウンターを発動。ボックス右でコウファルが折り返したボールをリンガードがダイレクトで合わすと、これをファーに詰めたアントニオがうまくコースを変えて押し込んだ。

1-1のイーブンで折り返した試合は、追いついた勢いに乗るアウェイチームがやや優勢な入りを見せる。アントニオやリンガードに縦パスが収まる場面が増え、より押し込む場面を作り出す。

対して連戦の疲労を感じさせられる場面が目立つシティは58分にカウンターから左サイドで仕掛けたデ・ブライネから際どい折り返しがゴール前に出るが、飛び込んだアグエロにはわずかに合わない。

より流れを変えたいホームチームは60分を過ぎてアグエロ、フェラン・トーレスを下げてガブリエウ・ジェズス、フォーデンと主力を続けてピッチに送り出す。すると、この交代によって流れを引き寄せると、待望の勝ち越しゴールが生まれる。

68分、右CKの二次攻撃からクリアボールをデ・ブライネ、ジンチェンコと経由して右サイド深くのマフレズにボールが渡る。ここで鋭い仕掛けを見せたマフレズがゴール右でマイナスに折り返したボールをストーンズが右足のワンタッチでゴール左隅へ流し込んだ。

ストーンズの値千金のゴールでリードを手にしたシティは、ここからゲームコントロール優先の戦い方にシフト。バランスを維持しながら相手陣内でボールを動かして相手に攻撃の機会を与えない。

一方、追いつきたいウェストハムは84分、アントニオとベン・ジョンソンを下げてベンラーマ、ボーエンの同時投入でより前がかった戦い方を見せる。

その後、ギュンドアンを下げてロドリを投入して逃げ切り態勢に入ったシティは、試合終了間際の94分にウェストハムのセットプレーの二次攻撃からピンチを招く。だが、リンガードからの正確なクロスに合せたディオプのヘディングシュートはわずかに枠の右に外れた。

そして、苦しみながらも公式戦連勝をけん引する最強センターバックコンビの攻守に渡る活躍が光ったシティが好調ハマーズを2-1で撃破。プレミアリーグで14連勝、公式戦で20連勝を達成した。

さらに、グアルディオラ監督は監督キャリア通算500勝とシティでの通算200勝目を挙げている。
関連ニュース
thumb

FA杯準決勝でチェルシーと対戦するシティ、指揮官「前回対戦がターニングポイントだった」

FAカップ準決勝のチェルシー戦が控えるマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、前回対戦がターニングポイントだったと語っている。クラブ公式サイトが試合前のコメントを伝えた。 2シーズンぶりのプレミアリーグ優勝へ邁進するシティ。直近のリーズ・ユナイテッド戦は敗戦を喫したものの、2位のマンチェスター・ユナイテッドとは11ポイント差をつけており、チャンピオンズリーグではドルトムントを退け準決勝へ進出。現状で四冠の可能性を残している。 その一つであるFAカップでは17日に準決勝でチェルシーと対戦する。1月3日に行われたプレミアリーグ第17節での一戦は、前半だけで3点を奪ったシティが快勝を収めたが、グアルディオラ監督はその試合がターニングポイントだったと語った。 「(3月10日の)サウサンプトン戦は2番目に重要な試合だったが、スタンフォード・ブリッジでは負傷者と新型コロナウィルスの影響で14人の選手しかいない中、我々に自信を与えてくれた瞬間だった」 「それは我々がこの位置にいるための、今シーズンの早い段階での重要な3つの瞬間のひとつだった。だが、チェルシー戦の勝利は特に我々はできると思わせてくれるものだったよ」 「私はアカデミーの選手に大きな信頼を寄せている。バルセロナ時代もそうだったようにね。だからトップチームの選手が14人だけでも、私に恐れはなかった」 だが、当時と現在のチェルシーは大きく異なるチームとなっており、1月末の就任からリーグ戦でわずか1敗に抑えているトーマス・トゥヘル監督をスペイン人指揮官は称賛している。 「明日、我々はヨーロッパで最高のチームの1つと対戦する。トーマス・トゥヘルは現在、最高の監督の一人であり、あのチームはタレントが豊富に揃っている」 「彼らは全てをコントロールする。彼らはあらゆるものを持っている。結果を得るために最高のプレーをしてくるだろう。これは我々にとって挑戦となる」 2021.04.17 14:43 Sat
twitterfacebook
thumb

CLベスト4進出を決めたシティ、ギュンドアンは“鬼門”突破に喜び 「特別なことだ」

マンチェスター・シティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンがチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出を喜んだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 シティは14日、CL準々決勝2ndレグでドルトムントと対戦。先制こそ許したが、MFケビン・デ・ブライネ、MFフィル・フォーデンのゴールで逆転勝利すると、2戦合計4-2で6シーズンぶりのベスト4進出を果たした。 ギュンドアンは試合後、「この勝利の意味は大きい。ここ数年、僕らは今日達成したことを成し遂げるために、とても苦労してきた。いつも準々決勝で負けていたんだ」とコメント。昨季まで3シーズン連続ベスト8敗退の過去を振り返り、その上で重要な勝利になったと話した。 また、「この勝利は僕たちがずっと望んでいたことであり、ここ数年ですでに達成できていた可能性もあった。だからこそ、準決勝に進出できたことは特別なことなんだ」とも語ったギュンドアン。久々のベスト4進出に、喜びを噛み締めた。 “鬼門”となっていた準々決勝を見事に勝ち抜いたシティ。チームを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督も「準々決勝で3度敗退したことを忘れてはいけない」と話しており、この試合に向けて、シティには並々ならぬ想いがあったようだ。 2021.04.16 11:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ注目のロカテッリが今夏のステップアップ示唆!

サッスオーロに所属するイタリア代表MFマヌエル・ロカテッリ(23)が今夏のステップアップを示唆している。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ミランのプリマヴェーラ出身のロカテッリは、2016年にトップチームデビュー。同年にはユベントス相手に鮮烈なゴールを挙げて一気に注目を集めるも、2018年にサッスオーロへ買い取り義務付きのレンタルで加わることになった。 そのサッスオーロではポゼッションスタイルを志向するロベルト・デ・ゼルビ監督の下、中盤の底を主戦場に卓越した戦術眼とキック精度、テクニックを武器にセリエA屈指のレジスタに成長。昨年にデビューを飾ったイタリア代表においても主力として起用されており、更なる飛躍が期待されている。 そのロカテッリに対してはユベントスを中心にセリエAの強豪クラブ、マンチェスター・シティといった国外の強豪クラブからの関心も伝えられており、今夏のタイミングでの移籍が有力視されている。 そして、ロカテッリも自身の成長を実感しており、ビッグクラブでプレーする準備が整っていると感じているようだ。 「今シーズンがここでの最後の年になるのか、自分の将来がどうなるのかは現時点ではわからないよ」 「そのチャンスが訪れた場合、僕らは一緒に状況を評価することになるだろうね」 また、新天地に関しては国外リーグ挑戦を含めてすべての可能性を除外するつもりはないという。 「海外でプレーすることは僕にとって選択肢の一つであり、今のところ何も除外していないよ」 「(多くのクラブからの関心は)僕の仕事の一部であり、自分のレベルが上がったことを意味していると思う」 「そういった評価やビッグクラブからの関心は、僕のモチベーションを高め、自分が正しい道を歩んでいることを理解させてくれるものなんだ」 2021.04.16 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

CLベスト4進出後のフォーデンのツイッターが物議…ムバッペに対し「準備はいいかい?」と投稿も削除された理由とは

マンチェスター・シティのイングランド代表MFフィル・フォーデンのSNSの投稿が大きな波紋を呼んだ。 シティは14日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでドルトムントと対戦。1stレグを2-1で先勝していたシティだったが、アウェイゲームとなった2ndレグではジュード・ベリンガムにゴールを許し、2戦合計2-2となりアウェイゴール差でリードを与えていた。 それでも、リヤド・マフレズのPKで勝ち越すと、フォーデンのゴールでダメ押し。そのまま1-2で勝利し、2戦合計4-2でシティがベスト4進出を決めた。 この試合でも重要なゴールを奪い、チームを助けたフォーデンだが、試合後のツイートが大きな波紋を呼んだ。シティの準決勝の相手は、昨シーズンのファイナリストであり、王者のバイエルンを準々決勝で敗ったパリ・サンジェルマン。フォーデンは自身のツイッターでフランス代表FWキリアン・ムバッペのアカウント宛に「準備はいいかい」と投稿していた。 このツイートには多くのいいねやリツイートが集まったが、数時間後に削除されることに。どうやらこれは、フォーデンがツイートしたものではなかったようだ。 これは最近話題に上がっていた選手のSNSを管理している会社によって行われたものとのこと。選手本人が投稿しなかったが、アカウントを管理している会社が行なったため、見る側からすればフォーデンが投稿したと思っても仕方ない。しかし、この投稿をフォーデンの周りの人間が問題視し、最終的に削除に至ったとのことだ。 選手のSNS投稿の件については、元イングランド代表DFで解説者のギャリー・ネビル氏が以前指摘。本人が本当にやっているのか?と苦言を呈していたが、今回の件にもしっかりと反応した。 ネビル氏は自身のツイッターで、「数週間前、私はソーシャルディアの会社がアカウントを運営している選手について言及した。選手たちは自分でアカウント運用すべきだ!独立した考えと信憑性が危機に瀕している。それは君たちの声であり、他の誰の声でもない」とツイート。選手たちが自分のアカウントで他人に発言させるべきではないと見解を示した。 <span class="paragraph-title">【写真】フォーデンの削除されたツイートと、ネビル氏のありがたいお言葉</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">I mentioned on here a few weeks ago about players having their accounts run by social media companies. Lads run your own accounts! Your independent thought and authenticity is at stake . It’s your voice , not anyone else’s. Morning by the way . Go and attack the hell out of it <a href="https://t.co/M997r8kbWa">pic.twitter.com/M997r8kbWa</a></p>&mdash; Gary Neville (@GNev2) <a href="https://twitter.com/GNev2/status/1382544781692317699?ref_src=twsrc%5Etfw">April 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.15 21:25 Thu
twitterfacebook
thumb

CL準決勝の試合日程が決定! マドリーvsチェルシーが初戦

チャンピオンズリーグ(CL)の準決勝の試合日程が確定した。 13日、14日にかけて行われたCL準々決勝の2ndレグ。この結果、パリ・サンジェルマン(PSG)、チェルシー、レアル・マドリー、マンチェスター・シティの4クラブの勝ち上がりが決定した。 すでに組み合わせ抽選は行われており、レアル・マドリーvsチェルシー、PSGvsマンチェスター・シティのカードは決定していたが、日程とキックオフ時間も確定した。 準決勝で最初に試合が行われるのはレアル・マドリーvsチェルシー。4月27日にマドリーのホームであるアルフレッド・ディ・ステファノで28時にキックオフを迎える。翌28日にはPSGvsマンチェスター・シティの一戦がPSGのホームであるパルク・デ・プランスで行われ、同じく28時にキックオフとなる。 2ndレグは5月4日にマンチェスター・シティvsPSGがシティ・オブ・マンチェスター・スタジアムで行われ、5日にチェルシーvsレアル・マドリーがスタンフォード・ブリッジで行われる。なお、こちらもキックオフはともに28時となる。 決勝はトルコのイスタンブールで開催。果たして、決勝に駒を進めるのはどのクラブなのか注目だ。 ◆チャンピオンズリーグ準決勝 【1stレグ】 ▽4月27日(火) 《28:00》 レアル・マドリー vs チェルシー ▽4月28日(水) 《28:00》 パリ・サンジェルマン vs マンチェスター・シティ 【2ndレグ】 ▽5月4日(火) 《28:00》 マンチェスター・シティ vs パリ・サンジェルマン ▽5月5日(水) 《28:00》 チェルシー vs レアル・マドリー 2021.04.15 19:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly