采配的中の新生・清水が10分間で3ゴール! 鹿島に先制許すも新助っ人FWチアゴ・サンタナの初弾などで逆転勝利【明治安田J1第1節】

2021.02.27 16:57 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
27日、2021明治安田生命J1リーグ開幕節の鹿島アントラーズvs清水エスパルスが県立カシマサッカースタジアムで行われ、1-3で清水が勝利を収めた。昨シーズンから率いるアントニオ・カルロス・ザーゴ監督が率いる継続路線の鹿島と、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を新たに迎え、多くの選手を獲得した清水の一戦となった。


クラブ創設30周年を迎えるホームの鹿島は、新加入のブラジル人2人がチームに合流できておらず。開幕戦のスタメンにはGKに沖悠哉、最終ラインは右からDF小泉慶、DF犬飼智也、DF町田浩樹、DF永戸勝也が並ぶ。中盤にはボランチにMF三竿健斗とMF永木亮太、右サイドにMFファン・アラーノ、左にMF土居聖真が入り、2トップにFW上田綺世、FWエヴェラウドが並んだ。

対する清水は、スタメンのうち7名が新加入選手となり、心機一転のスタートに。GKは日本代表の権田修一、最終ラインは右からDF原輝綺、DFヴァウド、DF木義宜、DF片山瑛一が並ぶ。ボランチにはMF中村慶太、MF竹内涼が入り、右にMF中山克広、左にFWカルリーニョス・ジュニオを起用。下がり気味のFWにディサロ燦シルヴァーノ、トップにFWチアゴ・サンタナが入った。

立ち上がりからペースを握ったのは鹿島。しっかりとパスをつなぎ、清水陣内へと攻め込む。

清水はロティーナ監督のスタイルである後方からのビルドアップでパスを繋ぐが、鹿島は前線からのプレスを掛けて上手くボールを繋がせない。

清水は24分、再三右サイドを仕掛けていた中山からのクロスを、ニアサイドでチアゴ・サンタナが合わせるが、これはオフサイドの判定となった。

30分にファン・アラーノがボックス手前からクロス。これに対してエヴェラウドがボックス内でヘッド。鋭いシュートが飛ぶがGK権田が素晴らしい反応でセーブ。こぼれ球を土居がボックス内でシュートするが、鈴木が詰めるとこれは左ポストを叩いて得点とはならない。

さらにその流れから繋ぐと、三竿がミドルシュート。DFがブロックすると、最後は犬飼が右足を振り抜くも、シュートはわずかに枠の左に外れる。

ゴールレスで終えた前半。後半に入ってからもペースは鹿島が握る。すると54分、左サイドからのグラウンダーのクロスをヴァウドがクリア。しかし、これが小さくなると、ボックス内で土居がシュート。しかし、これはクロスバーに直撃し、またしてもゴールとはならない。

62分には鹿島がチャンス。永木が縦パスを奪い取ると、そのまま中央へパス。バイタルエリアでパスを受けた上田がミドルシュートを放つが、GK権田がしっかりとキャッチする。

清水は下がったポジションでプレーを続けていたディサロに代えて後藤優介を投入。さらに中村に代えて河井陽介を投入して流れを変えに行く。

それでも先制したのは、ペースを握っていた鹿島だった。70分、左CKからのクロスをエヴェラウドがヘッド。これがクロスバーにあたり跳ね返ると、最後は途中出場の荒木がダイレクトボレーで蹴り込み、鹿島が先制に成功する。

先制に成功した鹿島だったが、清水がすぐに追いつく。78分、左サイドに抜け出た河井が左サイドからマイナスのクロス。これを中山がシュートもミートせず。それでも、ボックス内でチアゴ・サンタナがキープすると、振り向きざまにシュート。これが決まり、清水が同点に追いつく。

追いつかれた鹿島は永木を下げて古巣対決となる白崎凌兵を投入しゴールを目指す。しかし、スコアを動かしたのは清水だった。

83分、ボックス右でボールを持ったカルリーニョス・ジュニオがクロス。これに対しニアでチアゴ・サンタナがマークを引っ張ると、その後ろにお飛び込んだ後藤がダイビングヘッド。これが決まり、清水が逆転に成功する。

逆転を許した鹿島は87分に自陣のCKのタイミングで3枚替え。永戸、小泉、土居を下げ、松村優太、広瀬陸斗、遠藤康を投入する。しかし、このCKで失点を喫する。

右CKから河井がクロス。これに対してニアに飛び込んだ原がヒールでコースを変えようとするも空振り。しかし、上田に当たってコースが変わると、そのままゴールに決まり、清水がリードを2点に広げる。

その後も鹿島がゴールを目指すが、清水が守りきり試合終了。鹿島がペースを握った試合は、清水が10分間で3ゴールを奪い1-3で逆転勝利を収めた。

鹿島アントラーズ 1-3 清水エスパルス
【鹿島】
荒木遼太郎(後30)
【清水】
チアゴ・サンタナ(後33)
後藤優介(後38)
オウンゴール(後43)
関連ニュース
thumb

クラスター発生の柏、6人目の選手が陽性判定…ルヴァンカップの湘南戦はオンサイト検査を実施して開催

柏レイソルは21日、新たにトップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、すでに陽性判定を受けている5名を除く選手とスタッフが20日にPCR検査を受けたとのこと。その中で、選手1名が陽性判定を受けたとのことだ。 当該選手はこれまでの検査ではすべて陰性判定を受けていたとのことだ。発熱の症状はなかったが、20日の夜から倦怠感があったとのことだ。 21日は自宅待機となっていたが、喉に違和感があったとのこと。そして、陽性判定を受けた。 なお、20日に陽性判定となった1名を含めて、チーム内には濃厚接触者がいないことが確認されている。 また、21日に予定されているYBCルヴァンカップの湘南ベルマーレ戦は開催。キックオフ3時間前に「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応オンサイト検査」を実施し、陰性を得た選手のみが試合にエントリーされる。 2021.04.21 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

柏、判定保留の選手1名も新型コロナ陽性判定でクラスターに…活動は継続

柏レイソルは20日、19日に行ったPCR検査の結果、選手1名が陽性判定となったことを発表した。 柏では、13日にトップチーム4選手新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査で陽性判定。15日に、当該4選手を除く選手とスタッフ55名がJリーグによる公式PCR検査を実施。54名が陰性となったものの、1名が判定保留。16日の再検査でも判定が保留となっていた。 その1名が19日に検査を受け、陽性が確定。本人に発熱や体調不良の症状はないとのことだ。 なお、濃厚接触者については引き続き調査中。陽性判定者が5名となったため、クラスターとなったが、保健所の調査の結果、トップチームを含むクラブの活動は継続可能と判断されたとのことだ。 また21日には、YBCルヴァンカップで湘南ベルマーレと対戦。試合当日のキックオフ3時間前に「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応オンサイト検査」を実施するとのことだ。 なお、これまで定めていたエントリー可能な要件に加え、オンサイト検査で陰性を得た選手・スタッフのみ、当日の試合にエントリー可能となる。 柏は昨シーズンもクラブ内でクラスターが発生しており、今シーズンも同様のケースが生まれてしまった。 2021.04.20 16:10 Tue
twitterfacebook
thumb

柏のFW細谷真大がプロA契約に変更「現状に何も満足できていない」

柏レイソルは20日、FW細谷真大(19)がプロA契約に変更となったことを発表した。 細谷は柏の下部組織出身で、U-15から所属。2019年に2種登録されると、2020年にトップチームに昇格していた。 2種登録時代に明治安田生命J2リーグでデビューを果たすと、2020シーズンに明治安田生命J1デビュー。今シーズンは出場機会を得ており、ここまでJ1で5試合、YBCルヴァンカップで1試合に出場していた。 細谷は、3日に行われた明治安田J1第7節の横浜FC戦で契約変更に必要な450分の出場を達成していた。 細谷はクラブを通じてコメントしている。 「A契約になることができ、素直に嬉しく思います。現状に何も満足できていないので、より一層責任と覚悟を持ち、日々精進してまいります。引き続き熱い応援よろしくお願いします」 2021.04.20 15:38 Tue
twitterfacebook
thumb

今季で契約満了のレアンドロ・ダミアン、古巣が興味も本人は川崎F残留を希望と代理人が語る

今シーズンも明治安田生命J1リーグで首位を快走し、連覇に向けて好スタートを切っている川崎フロンターレ。そのチームを牽引する元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアン(31)だが、川崎Fでのプレーを続けたいと考えているようだ。 レアンドロ・ダミアンは、2019年2月にサントスから川崎Fへと加入。1年目はチームにあまりフィットできずに居たが、2020シーズンは明治安田J1で34試合に出場し13ゴール6アシストを記録。チームのリーグ優勝に大きく貢献した。 そして迎えた3年目の今シーズン、チームの副キャプテンに就任したレアンドロ・ダミアンは、最前線からのプレスなど守備面でもチームに貢献。ここまで11試合に出場し7ゴール6アシストと、攻撃面でも素晴らしい数字を残している。 そのレアンドロ・ダミアンは、川崎Fとの契約が今シーズン終了までとなっている中、古巣でもあるインテルナシオナウがJリーグでの活躍を見て、チームの補強候補に挙げていた。 しかし、ブラジル『Revista Colorada』によると、レアンドロ・ダミアンは、ブラジルに戻る気がなく、川崎Fでのプレーを続けたいと考えているようだ。 レアンドロ・ダミアンの代理人であるヴィニシウス・プラテス氏は「いいえ」とブラジルに戻ることを否定し、「優先事項はここで契約を延長することだ」と語っている。 レアンドロ・ダミアンには中東からのオファーもあるようだが、日本でのプレーに充実感を感じている様子。プレー振りを見ても、その意欲は感じられるだけに、契約延長は既定路線といえるだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】レアンドロ・ダミアンが決めた技ありロングシュート!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=16xid56vho1sy1fs7rj2e32lp6" async></script> 2021.04.20 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

今季未勝利の仙台、イサック・クエンカが退団…スペインで右ヒザの治療に専念

ベガルタ仙台は20日、スペイン人MFイサック・クエンカ(29)の退団を発表した。 クエンカは、バルセロナの下部組織出身で、サバデルやアヤックス、デポルティボ・ラ・コルーニャ、ブルサスポル、グラナダ、ハポエル・ベエルシェバなどでプレー。2019年にサガン鳥栖へと加入した。 鳥栖では、明治安田J1で29試合に出場し6得点を記録。YBCルヴァンカップでも3試合に出場していたが1年で退団。2020シーズンに仙台へと完全移籍した。 仙台では開幕前に右ヒザ半月板損傷の重傷を負い手術。それでも明治安田J1で15試合に出場していた。 今シーズンはフル稼働が期待された中、右ヒザの状態が思わしくなく、ここまでプレーして居なかった。 クラブは右ヒザのケガについて慎重に協議を重ねたものの、クエンカがスペインで治療に専念することを決めたため、退団すると発表した。 クエンカはクラブを通じてコメントしている。 「最高のレベルのプレーを示すことができなかったことをお詫びしたいと思います。これからベガルタ仙台が繫栄し、J1に残り(仙台の)町の人たちが幸せになることを望んでいます」 2021.04.20 14:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly