王者バイエルンが敵地で余裕の4発、ラツィオは軽率ミス響く《CL》

2021.02.24 06:52 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのラツィオvsバイエルンが23日に行われ、1-4でバイエルンが圧勝した。今季12シーズンぶりにCL出場を果たしたラツィオは、ドルトムントが同居したグループを2位で通過。そのラツィオはセリエAでは前々節インテル戦こそ敗れたものの、ここ8試合で7勝と絶好調の中でバイエルン戦を迎えた。


一方、昨季王者バイエルンはアトレティコ・マドリーが同居したグループを5勝1分けの戦績で余裕の首位通過。ただ、クラブ・ワールドカップ遠征があった上、コロナ感染や負傷で離脱者が増え、直近のフランクフルト戦では1-2と敗戦。チーム状態が下降気味の中でラツィオ戦を迎えた。

一進一退の攻防で立ち上がった中、開始9分にバイエルンがラツィオのミスを突いて先制する。ムサッキオのバックパスミスをカットしたレヴァンドフスキがGKレイナとの一対一を制した。

先制後、バイエルンの攻勢が強まると、24分に加点した。ゴレツカのパスを受けたペナルティアーク中央のミュージアラが右足を一閃。正確なミドルシュートがゴール左に決まった。

2点を追う展開となったラツィオは1失点目に絡んだムサッキオを下げてルリッチを左サイドに投入。マルシッチが左センターバックに回った。

36分にGKレイナのキックミスからレヴァンドフスキが3点目に迫ったバイエルンが主導権を握る中、42分に3つ目のアウェイゴールを獲得する。パトリックからボールを奪ったコマンが独走。GKレイナを強襲するシュートを放ち、ルーズボールをサネが押し込んだ。

迎えた後半開始2分、バイエルンが4点目を奪う。カウンターからサネがスピードでパトリックを振り切り、ボックス左からクロス。アチェルビのオウンゴールを誘った。

絶望的なラツィオは2分後、ルイス・アルベルトのお膳立てからコレアがドリブルシュートを決めて1点を返す。

息を吹き返しかけたラツィオに対し、バイエルンは病み上がりのゴレツカに代えてハビ・マルティネスを投入。さらにコマンに代えてリュカを左サイドバックに投入し、A・デイビスを1列前に配置する守備重視の布陣にシフトした。

終盤にかけてはバイエルンが試合をクローズし、4-1のまま圧勝。3週間後にホームで行われる2ndレグに向けて大きなアドバンテージを得ている。
関連ニュース
thumb

攻撃陣躍動のナポリがCL出場権争うラツィオに5発圧勝《セリエA》

セリエA第32節、ナポリvsラツィオが22日に行われ、5-2でナポリが圧勝した。 前節インテルに引き分けた5位ナポリ(勝ち点60)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ユベントスを2ポイント差で追う中、メルテンスを最前線に、2列目に右からポリターノ、ジエリンスキ、インシーニェと並べた。 一方、前節ベネヴェントにインモービレのトリプレッタなどで5-3と打ち勝った6位ラツィオ(勝ち点58)は勝利すればナポリを上回って5位に浮上できる中、インモービレとコレアの2トップで臨んだ。 試合は開始4分に動く。CKの流れでマノラスに対し、ミリンコビッチ=サビッチが足を高く上げてクリアにかかるとスパイクが顔面に入り、VARの末にナポリにPKが与えられた。これをキッカーのインシーニェが決めてナポリが先制した。 さらに12分、ナポリが一気に突き放す。ボックス右でメルテンスのパスを受けたポリターノがカットインからゴール右隅にシュートを蹴り込んだ。 早々に2点をリードしたナポリは前がかるラツィオに対し、いなしつつ試合をコントロール。ラツィオに何もさせず前半を2点リードしたまま終えた。 迎えた後半、53分にナポリが決定的な3点目を奪う。インシーニェがボックス手前左、得意の45度の位置からゴール右へコントロールシュートを決めた。 そして65分にはジエリンスキの右クロスをペナルティアーク中央のメルテンスがダイレクトで蹴り込んで4-0としたナポリはその後、インモービレとミリンコビッチ=サビッチにゴールを許すも、途中出場のオシムヘンがダメ押しの5点目を決めて圧勝。 CL出場権を争うラツィオを粉砕し、上位陣を追走している。 2021.04.23 05:46 Fri
twitterfacebook
thumb

インザーギ兄弟対決第2ラウンドは弟シモーネに軍配、ラツィオが打ち合い制す《セリエA》

ラツィオは18日、セリエA第31節でベネヴェントをホームに迎え、5-3で勝利した。 前節ヴェローナ戦を後半追加タイムの劇的弾で辛勝した6位ラツィオ(勝ち点55/1試合未消化)は、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位アタランタを6ポイント差で追う中、インモービレとコレアの2トップで臨んだ。 コロナ感染のため指揮を執れなかった弟シモーネ率いるラツィオと、兄フィリッポ率いる16位ベネヴェント(勝ち点30)の兄弟対決。 試合は開始4分、ファレスの折り返しにインモービレが頭で合わせたシュートが右ポストに直撃したラツィオは10分、コレアのワンタッチスルーパスに抜け出したインモービレがGKとの一対一を制した。ゴール直後はオフサイドを取られたものの、VARの末にオンサイドと判定されゴールが認められた。 先制したラツィオはさらに20分、ミリンコビッチ=サビッチの縦パスを受けたインモービレがボックス中央からシュートを決めきり、リードを広げる。 止まらないラツィオは37分、カウンターの流れからインモービレのスルーパスを受けたコレアがGKと一対一に。GKに倒されてPKを獲得し、このPKをコレア自ら決めて3-0とした。 前半終了間際の45分、サウにミドルシュートを決められたもののラツィオが3-1で前半を終えた。 迎えた後半開始3分、インモービレのスルーパスを受けたコレアがボックス左ゴールライン際からクロスボールを入れると、GKの足に当たったボールがゴールに吸い込まれ4点目を挙げた。 余裕の展開としたラツィオだったが55分、インモービレがPKを失敗すると、雲行きが怪しくなっていく。 63分、PKで2失点目を喫すると、66分にはCKからラパドゥーラにゴールを決められかけるも、VARの末にファウルがあったとしてノーゴールとなり助かった。 しかし終盤の85分、再びCKからグリクのヘディングシュートでゴールを決められ、1点差とされてしまう。それでも追加タイムにインモービレがハットトリックとなるダメ押しの5点目を決めてラツィオが打ち合いを制して勝利。 アタランタに敗れた4位ユベントスとの勝ち点差を4に縮めている。 2021.04.19 00:16 Mon
twitterfacebook
thumb

ミリンコビッチ=サビッチの劇的弾でヴェローナを下したラツィオが4連勝!《セリエA》

ラツィオは11日、セリエA第30節でヴェローナと対戦し1-0で勝利した。 リーグ戦3連勝中の6位ラツィオ(勝ち点52)が、8位ヴェローナ(勝ち点41)のホームに乗り込んだ一戦。 シモーネ・インザーギ監督が新型コロナウイルスに感染し隔離中のラツィオは、前節のスペツィア戦から先発を4人変更。コレアやアンドレアス・ペレイラらに代えてカイセドやルイス・アルベルトらが先発で起用された。 ヴェローナのユリッチ監督も1試合のベンチ入り禁止処分を受けており、両チームの指揮官が不在の中始まった一戦は、開始早々にラツィオがゴールに迫る。4分、ファレスの左クロスをL・アルベルトがフリックしたボールをファーサイドのミリンコビッチ=サビッチが右足ボレーで合わせたが、これは枠の右に外れた。 その後は一進一退の展開が続いたが、ラツィオは22分にチャンス。相手GKのロングキックを中盤のルーカス・レイバが弾き返すと、前線のカイセドが頭で繋ぎ、最後はインモービレがボックス右手前からシュート。しかし、このシュートは左ポストに弾かれた。 先制のチャンスを逃したラツィオは35分にピンチ。ディマルコのスルーパスでボックス左深くまで侵入したラゾビッチにシュートを許したが、これはわずかに右に逸れ、難を逃れた。 ゴールレスで迎えた後半、ラツィオは開始早々にゴールネットを揺らす。47分、敵陣でパスを受けたカイセドが強引なドリブルでボックス右から侵入すると、ニアサイドへ冷静にシュートを流し込んだ。しかし、VARのレビューの結果、ドリブルで持ち上がった際にマークについたマニャーニの顔にカイセドの腕を当たっており、ファウルの判定でゴールは取り消しとなった。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続いたが、後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。ラツィオは92分、左サイドでパスを受けたラドゥがアーリークロスを上げると、ボックス中央に走り込んだミリンコビッチ=サビッチのヘディングシュートがゴール右に吸い込まれた。 結局、これが決勝点となりラツィオが1-0で勝利。劇的勝利のラツィオはリーグ4連勝で上位を追走している。 2021.04.12 00:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ラツィオのスタッフ1名が新型コロナ感染、妻のSNSでインザーギ監督だと判明

ラツィオは8日、スタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性反応を示したことを発表した。 クラブの声明によると、当該スタッフの家族の数人が受けた私的な検査の結果、陽性反応が出たとのことだ。なお、すでに隔離措置など必要な対応を行っているという。 クラブからはそのスタッフについては明かされていなかったが、どうやら感染したのはシモーネ・インザーギ監督だったようだ。 インザーギ監督の妻であるガイア・ルカリエッロさんが、自身のインスタグラムを更新。ストーリーズで家族全員が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したと明かした。 「みなさんこんにちは。残念なことに、自宅でPCR検査を行った結果、家族全員が新型コロナウイルスの陽性を示したことをおしらせします」 「私たちは元気ですが、プロトコルに従って隔離しています」 ラツィオは現在ヨーロッパリーグ出場圏内の6位に位置。チャンピオンズリーグ出場権も狙える中でしばらく監督が不在となるがどう影響するだろうか。 2021.04.08 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

ラツィオ中盤の要、ルイス・アルベルトがトレーニング中に負傷…再検査へ

ヨーロッパの出場権を争うラツィオに痛手だ。元スペイン代表MFルイス・アルベルトが、トレーニング中に負傷したようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じた。 ルイス・アルベルトは、今シーズンもラツィオの中盤に君臨。ここまでセリエAで24試合に出場し8ゴールを記録している。 しかし、『カルチョ・メルカート』によると、ルイス・アルベルトは3月31日のトレーニングで負傷したとのこと。ヒザを打撲したとみられたが、右足首もその際に痛めていたようだ。 1日には検査のためクリニックを訪れ、1時間以上滞在。足首の捻挫と診断されたという。 インターナショナル・マッチウィークが終わ理、リーグ戦が再開する中、3日に行われるセリエA第29節のスペツィア戦は欠場する見込みとのことだ。 なお、『カルチョ・メルカート』によると数日中に再び検査を受ける予定とのこと。クラブからは離脱期間などはまだ発表されていない。 ラツィオは第28節終了時点で1試合消化がなく勝ち点49の7位に位置。チャンピオンズリーグ出場圏内の4位アタランタとは勝ち点差6、ヨーロッパリーグ出場圏内の6位ローマとは勝ち点差1となっており、残り試合でシビアな戦いが待っている。 ルイス・アルベルトが長期離脱となれば大きな痛手となるが、ラツィアーレとしては軽傷であることを願うばかりだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】検査を終えて病院を出るルイス・アルベルト</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Lazio?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Lazio</a>, esami in Paideia per <a href="https://twitter.com/hashtag/LuisAlberto?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LuisAlberto</a> dopo l’infortunio: è distorsione alla caviglia FOTO<a href="https://t.co/6x4Sfjppas">https://t.co/6x4Sfjppas</a> <a href="https://t.co/Tb4MPyYG0v">pic.twitter.com/Tb4MPyYG0v</a></p>&mdash; calciomercato.com (@cmdotcom) <a href="https://twitter.com/cmdotcom/status/1377693287293849604?ref_src=twsrc%5Etfw">April 1, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.02 10:32 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly