モイーズが対モウリーニョ初白星のハマーズが連勝で4位浮上! スパーズは猛攻実らず、ダービー惜敗で連敗…《プレミアリーグ》

2021.02.21 23:10 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第25節、ウェストハムvsトッテナムが21日にオリンピック・スタジアムで行われ、ホームのウェストハムが2-1で勝利した。
 
5位のウェストハム(勝ち点42)と、9位のトッテナム(勝ち点36)による今季2度目のロンドン・ダービー。
 
前節、マンチェスター・シティに0-3で完敗したトッテナムだが、ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)では一部主力を温存した中、ヴォルフスベルガーに4-1のスコアで先勝。公式戦連敗をストップし、良い形でダービーを迎えた。そして、シティ戦からは負傷明けのレギロンがベン・デイビスに代わって左サイドバックに入った以外、同じメンバーを起用した。
 
前回対戦は3-3の壮絶な打ち合いとなったダービーは今回も早い時間帯にスコアが動く。5分、ホームのウェストハムが右サイド深くで繋ぎボーエンが左足インスウィングでゴールに向かうクロスを入れると、これに反応したアントニオのワンタッチシュートはGKロリスの好守に遭うも、こぼれ球を再びアントニオがタップインした。
 
以降はボールを握って相手を押し込むトッテナムと、ボールを持たせて相手を自陣に引き込んでカウンター、相手の背後をロングボールで狙うウェストハムと互いに明確なプランを持ってダービーらしい白熱の攻防を見せる両者。
 
先制点を奪って勢いに乗るホームチームはショートカウンターからリンガード、背後への飛び出しから裏を取ったボーエンと決定機を作り出すが、フィニッシュがうまくいかない。対するトッテナムは13分、ラメラが相手DF2枚の寄せをモノともしない見事な持ち上がりからボックス手前右のケインにラストパスを通すが、相手DFの寄せが気になったか、右足のシュートは枠を捉え切れない。
 
前半半ばを過ぎてもウェストハムのコンパクトなブロック、前線からの献身的なプレスバックに手を焼くトッテナム。38分にはクレスウェルの左CKからドーソンに強烈なヘディングシュートを枠に飛ばされるが、ここはGKロリスのビッグセーブで凌ぐ。その後、前半終了間際にラメラ、ケインと際どい枠内シュートで相手ゴールに迫ったが、前半をビハインドのまま終えた。
 
迎えた後半、トッテナムはタンガンガとラメラを下げてドハーティとベイルを同時投入し、前半機能しなかった右サイドにテコ入れを図る。だが、立ち上がりの47分にはその右サイドをウェストハムの連携に崩され、フォルナルスとのパス交換でボックス左に抜け出したリンガードにゴール右隅へシュートを突き刺された。当初、フォルナルスの抜け出しがオフサイドと判断されたが、VARのレビューの結果ゴールが認められた。
 
前半に続き後半も早い時間帯にゴールを奪われたトッテナムはここから前がかってゴールを目指す。ELでも機能したドハーティとベイルの右サイドを起点に良い形を作り出すと、64分には右CKの場面でベイルが左足インスウィングでニアに入れたクロスをルーカス・モウラが頭で合わせ、ニア上の完璧なコースに決めた。
 
ようやく反撃の狼煙を上げるゴールを奪ったトッテナムは畳みかける攻めでホームチームを押し込んで次々に決定機を作り出す。だが、73分のケインのミドルシュートはわずかに枠の左に外れ、79分にはボックス右へ抜け出したケインの高速クロスにデレ・アリが飛び込むが、直前でDFのカバーに遭う。さらに、このこぼれを回収したケインからのマイナスのパスをベイルが抑えの利いた左足のボレーで合わせるが、惜しくもクロスバーを叩いた。
 
その後、完全に逃げ切り態勢に入ったウェストハムに対して、77分にレギロンを下げてデレ・アリを投入したトッテナムは攻撃的な[3-4-3]の布陣でゴールをこじ開けにいく。守勢が続き疲労が見える相手を押し切りそうな雰囲気を見せたが、92分にゴール前の混戦からソン・フンミンのクリアをブロックしたボールが枠の右隅へ飛ぶが、これが右ポストを叩くなど、ツキに恵まれず。
 
そして、試合はこのままタイムアップを迎え、モイーズ監督が対モウリーニョ初白星を挙げて連勝のウェストハムが4位に浮上。一方、猛攻実らず敗れたトッテナムは厳しいリーグ連敗となった。

関連ニュース
thumb

好調ハマーズに苦戦も最強CBコンビが攻守に躍動! シティが驚異の公式戦20連勝《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第26節、マンチェスター・シティvsウェストハムが27日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが2-1で勝利した。 前節、アーセナルに競り勝ってプレミアリーグ13連勝となったた首位のシティ(勝ち点59)は、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)でもボルシアMGに2-0の快勝を収めて公式戦19連勝を達成。 留まるところを知らない絶好調のチームは、前節トッテナムを破って4位に浮上した難敵ウェストハム(勝ち点45)とのホームゲームに臨んだ。過密日程を考慮して守護神エデルソン、ウォーカー、ルベン・ジアス、ギュンドアンを除く先発7人を変更。ストーンズ、デ・ブライネらが起用されたほか、3トップはマフレズ、フェラン・トーレスと共に、アグエロが昨年10月下旬以来のスタメンを飾った。 アウェイのウェストハムが変則的な[5-4-1]の守備的な布陣を採用したことで、ホームのシティが立ち上がりから圧倒的にボールを握って押し込んでいく。 ただ、相手のコンパクトな陣形、ビルドアップの起点となるフェルナンジーニョをリンガードにマンマークで監視されるなど、なかなかパスワークでリズムを掴めず。逆に、19分には自陣深くまで運ばれてリンガードの連続シュートを浴びる場面も。 前半半ばを過ぎても決定機はおろかシュートすら打てない状況が続いたが、最初の決定機をゴールに結びつける。30分、相手陣内右サイドでマフレズが得たFKをキッカケに続けてセットプレーの機会が訪れた中、二次攻撃でウォーカーから右サイドでフィードを受けたデ・ブライネが利き足とは逆の左足で絶妙なクロスを供給すると、ゴール前に攻め残っていた2人のセンターバックの内の1人であったルベン・ジアスが強烈なヘディングシュートを叩き込んだ。 デ・ブライネの復活を告げる見事なおぜん立てからルベン・ジアスにプレミアリーグ初ゴールが生まれたシティは、ここからようやく試合の主導権を掌握。相手の守備に対して施した立ち位置の調整が機能し、より相手を動かすパスワークを見せ始める。 一方、ビハインドに加えて流れも渡したウェストハムだったが、上位に食い込んでいる所以を首位チーム相手に見せる。 徐々に前からの圧力を強めてより高い位置でボールを奪い返し始めると、39分には右サイド深くでフォルナルスが入れた折り返しをアントニオがワンタッチで合わせて左ポスト直撃の惜しいシュートを放つと、43分には相手陣内中央での連動したプレスからショートカウンターを発動。ボックス右でコウファルが折り返したボールをリンガードがダイレクトで合わすと、これをファーに詰めたアントニオがうまくコースを変えて押し込んだ。 1-1のイーブンで折り返した試合は、追いついた勢いに乗るアウェイチームがやや優勢な入りを見せる。アントニオやリンガードに縦パスが収まる場面が増え、より押し込む場面を作り出す。 対して連戦の疲労を感じさせられる場面が目立つシティは58分にカウンターから左サイドで仕掛けたデ・ブライネから際どい折り返しがゴール前に出るが、飛び込んだアグエロにはわずかに合わない。 より流れを変えたいホームチームは60分を過ぎてアグエロ、フェラン・トーレスを下げてガブリエウ・ジェズス、フォーデンと主力を続けてピッチに送り出す。すると、この交代によって流れを引き寄せると、待望の勝ち越しゴールが生まれる。 68分、右CKの二次攻撃からクリアボールをデ・ブライネ、ジンチェンコと経由して右サイド深くのマフレズにボールが渡る。ここで鋭い仕掛けを見せたマフレズがゴール右でマイナスに折り返したボールをストーンズが右足のワンタッチでゴール左隅へ流し込んだ。 ストーンズの値千金のゴールでリードを手にしたシティは、ここからゲームコントロール優先の戦い方にシフト。バランスを維持しながら相手陣内でボールを動かして相手に攻撃の機会を与えない。 一方、追いつきたいウェストハムは84分、アントニオとベン・ジョンソンを下げてベンラーマ、ボーエンの同時投入でより前がかった戦い方を見せる。 その後、ギュンドアンを下げてロドリを投入して逃げ切り態勢に入ったシティは、試合終了間際の94分にウェストハムのセットプレーの二次攻撃からピンチを招く。だが、リンガードからの正確なクロスに合せたディオプのヘディングシュートはわずかに枠の右に外れた。 そして、苦しみながらも公式戦連勝をけん引する最強センターバックコンビの攻守に渡る活躍が光ったシティが好調ハマーズを2-1で撃破。プレミアリーグで14連勝、公式戦で20連勝を達成した。 さらに、グアルディオラ監督は監督キャリア通算500勝とシティでの通算200勝目を挙げている。 2021.02.27 23:32 Sat
twitterfacebook
thumb

ハマーズで大活躍のリンガード、現在の充実を強調「フットボールを本当に楽しんでいる」

ウェストハムのイングランド代表MFジェシー・リンガードが、新天地で掴んだ手応えについて語っている。クラブ公式サイトが伝えた。 マンチェスター・ユナイテッドのアカデミー育ちであるリンガードは、2015年にトップチーム定着を果たすと、そこから公式戦210試合出場33ゴール20アシストを記録してきた。しかし、安定したパフォーマンスの発揮に苦しむと、徐々に出場機会は減少。今シーズンは構想外に近い扱いとなっていた。 出場機会を求めていたリンガードは、今冬の移籍市場で現在プレミアリーグ4位と絶好調のウェストハムにレンタルで加入。すると水を得た魚のように復活を果たし、ここまで4試合3ゴール1アシストの好成績を残している。 リンガードも新たなクラブでの活躍に手応えを掴んでおり、毎試合プレーすることの幸せを語った。 「自分が今、フットボールを本当に楽しんでいるのは明らかだ。チームにはしっかり馴染むことができたと思う。チームメイトも、僕のプレーをよく理解してくれているよ」 「僕は週に一度フットボールをプレーするため、ここにやって来たんだ。フットボールをプレーすることは僕を幸せにしてくれる。そして日曜日のトッテナム戦のようなプレーができれば、これに勝る幸せはないよ」 「僕にとって一貫性を持つことは重要なんだ。以前は、試合で一貫性を示すのに苦戦していた。でも、今では一貫性と集中力を維持して、試合に臨める年齢になってきたと思うよ」 また、リンガードは現在好調を維持するチームについても言及。勝者のメンタリティを獲得しつつあると語り、全員が勝利に向け集中していると強調した。 「僕はユナイテッドという、多くのトロフィーを獲得したチームを見てきた。だから、勝者のメンタリティがチームにどれだけ影響を与えるか知っている。僕はただ自分の経験を持ち込み、チームのため良い仕事をして、どれだけ順位を上げられるかを見てみたいんだ」 「今のところ、僕たちは非常に自信を持っている。どんな形であれ、毎試合勝ち点3を獲得することに完全に集中しているんだ」 2021.02.26 17:58 Fri
twitterfacebook
thumb

4位浮上のハマーズ支える絶好調リンガード「クラブにとって最高のシーズンの1つ」

ウェストハムのイングランド代表MFジェシー・リンガードがチームの好調を喜んでいる。クラブ公式サイトが伝えた。 リンガードは21日に行われたプレミアリーグ第15節のトッテナム戦に先発出場。今年1月にマンチェスター・ユナイテッドからレンタルで加入して以来、印象的な活躍を見せるイングランド代表MFはこの日も1ゴールをマークして、2-1の勝利に貢献している。 これで、リンガードは公式戦4試合3ゴール1アシストの活躍。試合後のインタビューに応じた同選手はチームが優れたパフォーマンスで勝利し、リーグ4位に浮上したことを喜んでいる。 「素晴らしい勝利だ。最初から集中力があり、重要だった先制点の奪取にも成功した。早い段階でゴールを決めたこともあり、落ち着いてプレーできたよ」 「スパーズは良いチームであり、その後は厳しい試合になるだろうとわかっていた。それでも、僕たちは中盤でコンパクトさを保ち、チャンスがあればゴールを奪おうという姿勢を見せていたと思う」 「判定やVARのチェックは常にあり、ゴールセレブレーションを続けられない場合もある。でも僕たちは忍耐強く待ち、ゴールは認められるはずだと前向きになり続ける必要があったんだ」 また、リンガードはチームが非常に良いシーズンを過ごしていることに言及。ファンがスタジアムにいないことを残念がりつつ、これからも現在の調子を維持したいと意気込んだ。 「明らかに今は、ウェストハムにとって最高のシーズンの1つになっている。今日のような試合に勝つためのチームの集中力とメンタリティは凄まじいものだ。僕はここで、その助けになれていると思う」 「ファンがいたら、今日はスタジアムが揺れていただろうね。でも、彼らの家からの応援は感じられるし、今日の勝利がファンにとってどれほど意味があるか知っている。彼らが今日の試合を楽しんでくれていたら良いな」 「選手全員が、チーム全体が自信を持っており、経営陣もそうだ。集中力と高い意識を維持して、(次節の)マンチェスター・シティ戦に臨みたい。そうすれば、僕たちは自信を持って試合に入れるはずだ」 2021.02.22 16:47 Mon
twitterfacebook
thumb

ダービー勝利に貢献!“顔面血まみれ”をものともしない気迫に称賛集まる「アイアンマンだ」

ウェストハムのチェコ代表MFトマシュ・スーチェクの気迫に注目が集まっている。 ウェストハムは21日にホームでトッテナムと対戦。今季2度目のロンドン・ダービーに臨んだ。 5分にFWマイケル・アントニオのゴールで幸先良く先制するも、16分に訪れたトッテナムのCKでスパーズDFダビンソン・サンチェスと競り合ったスーチェクは左眉の上をカットしてしまい、流血する。しかし、プレーが続くと、スーチェクは流血をものともせずディフェンスを続けていた。 その後、スーチェクは治療した後、再びピッチに戻りそのまま試合終了までプレーした。 カットした直後のスーチェクは、顔面の左側が血に覆われるほど出血していたが、プレーを止めずに守り切った気迫には、コメンテーターを務める元イングランド代表MFジェイミー・オハラ氏も「頭をぶつけた直後に立ち上がってシュートをブロックするスーチェクは、私がサッカー選手に見たいものすべてだ」と絶賛した。 また、ウェストハムの公式ツイッターも「アイアンマン」とアメコミヒーローに例えつつ、造船会社の社員で創設され、「ハマーズ」「アイアンズ」の愛称で知られるチームの一員にふさわしいことを示している。 <div id="cws_ad">◆顔面の左半分が血に覆われ痛々しい姿に…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Tomas Soucek covered in blood after gruesome head clash with Davinson Sanchez <a href="https://twitter.com/hashtag/WHUTOT?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WHUTOT</a> <a href="https://t.co/lBl5U9HPZf">https://t.co/lBl5U9HPZf</a> <a href="https://t.co/XY2uuX8OLR">pic.twitter.com/XY2uuX8OLR</a></p>&mdash; The Sun Football (@TheSunFootball) <a href="https://twitter.com/TheSunFootball/status/1363553020403933184?ref_src=twsrc%5Etfw">February 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.22 12:32 Mon
twitterfacebook
thumb

トップ4間近のハマーズ、モイーズ監督もチーム称賛 「今の順位を楽しんでいる」

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督がチームの快勝を称えている。クラブ公式サイトが伝えた。 ウェストハムは15日に行われたプレミアリーグ第24節でシェフィールド・ユナイテッドと対戦。前半にPKで先制すると、後半にも順調に追加点を重ね、3-0のスコアで勝利した。 これでリーグ戦3試合負けなしとして、リバプールをかわして5位に浮上したウェストハム。チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位入りが目前に迫るモイーズ監督もチームのパフォーマンスを称え、負傷者がいてもうまくカバーができていると誇った。 「シェフィールドは良いプレーをしていたが、選手たちが今夜もプロとして素晴らしい仕事をしてくれた。彼らに何度かチャンスを作られていたが、我々の守備はよく機能しており、チャンスをものにできたと思う」 「マイケル・アントニオは我々にとって本当に重要な存在だ。しかし、今夜はジャロッド・ボーエンがトップの位置でよくプレーした。それに、ジェシー・リンガード、マヌエル・ランシーニ、サイード・ベンラーマがサポートを行い、相手に別のアプローチで問題を引き起こしてくれていたと思う」 「最も喜ばしいのは交代で入った選手も含め、全員が大きな変化をもたらしていることだ。ベンチから出てきた選手の活躍で試合に勝ったり、結果を出したりすることはよくある。今日もベン・ジョンソンやイサ・ディオプがチームに戻ってきて、良い仕事をしてくれた」 また、モイーズ監督は現在の自分たちの順位について言及。チームは現状を楽しんでいると語りつつ、まだ成長ができるはずだと意気込んでいる。 「ずっと残留について考えていたが、通常であれば勝ち点40あれば安全だろう。もちろん、ずいぶん前からより上の目標を考えていたが、調子に乗ってはいけない。我々は現在進行形のチームであり、成長を目指している。将来的に、リーグのトップで定期的に良いチームが披露できるよう、良い基盤を整えようとしているんだ」 「今の順位を楽しまない理由はない。そして、我々は今夜よりもっとうまくプレーできるだろう。まだチームのバランスを保つよう、努力している段階だ。もっと多くを見せられるはずであり、選手にも改善を続けてほしい。とはいえ、我々はきちんと仕事をしているよ」 2021.02.16 11:21 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly