バルセロナ、今夏フリーとなるベルナト獲得を考慮か

2021.02.20 18:50 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナが、パリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン代表DFフアン・ベルナト(27)の獲得を考慮しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。バルセロナでは長きにわたってDFジョルディ・アルバが左サイドバックに君臨し、今シーズンもここまでケガや出場停止を除けばほぼ全ての試合に出場している。だが、そんなスペイン代表DFも来月には32歳を迎え、そろそろ後釜の準備も考えなければならないところ。


2019年夏にベティスから獲得したDFジュニオール・フィルポはまだ荒削りで大きな戦力になりきれていない。そこで候補に上がっているのが、今夏にPSGとの契約満了を迎えるベルナトだ。

バレンシアの下部組織出身のベルナトは2018年夏にバイエルンからPSGに加入し、公式戦通算76試合で6ゴール10アシストを記録している。昨シーズンはチームのチャンピオンズリーグ決勝進出にも貢献し、脂が乗っている年齢だ。

現在は昨年9月に負った左ヒザの前十字じん帯断裂の大ケガで長期離脱を余儀なくされており、少なくとも3月中旬まで復帰の見通しは立っていない。そのため、PSGも契約延長に踏み切れずにいるようで、フリーでの退団も視野に入れているという。

情報によれば、バルセロナは今後数週間のうちに交渉に入ると言われており、昨今の経済ひっ迫を考えると、スペイン人ということもあり良い人材となりそうだ。もし移籍が実現すれば、ベルナトにとっては7年ぶりの母国復帰となる。
関連ニュース
thumb

コパ・デル・レイ決勝で2ゴールのメッシ、13シーズン連続30ゴール超えの偉業!

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがまたひとつ快挙を成し遂げた。 17日にコパ・デル・レイ決勝のビルバオ戦に臨んだバルセロナ。前半は0-0で折り返したものの、後半から攻撃が機能。60分にFWアントワーヌ・グリーズマンが均衡を破ると、その3分後にはMFフレンキー・デ・ヨングが追加点。 そして、ここからはキャプテン・メッシの独擅場となる。68分、右サイドでボールを持ったメッシがデ・ヨングとの2度のパス交換でボックス右へ侵入。最後はカットインから得意のコントロールショットを流し込んでチームの勝利を決定づけると、72分にはDFジョルディ・アルバのクロスを頭で合わせて2点目。これで4-0としたバルセロナが、3シーズンぶり31度目の優勝を果たした。 その一方で、メッシは今季のゴール数を「31」に伸ばし、13シーズン連続で30ゴール到達という新たな偉業を成し遂げた。2008-09シーズンから続くこの記録。その中で最多得点は2011-12シーズンに挙げた脅威の73ゴールだ。 ジョゼップ・グアルディオラ監督のラストシーズンとなったこの年は、ラ・リーガでは勝ち点100を積み上げたレアル・マドリーの後塵を拝し2位、チャンピオンズリーグではベスト4という結果で、獲得したタイトルはコパ・デル・レイとスーペルコパのみだったものの、リーグでは50ゴール、CLでは14ゴールを挙げて、それぞれ得点王に輝いている。 なお、今季ここまでの31ゴールは昨季と同じ数字。CLも敗退となった中で残る試合はリーグ戦の8試合のみだが、どこまで伸ばすことができるだろうか。 2021.04.18 15:50 Sun
twitterfacebook
thumb

「不思議なゴールだ」コパ・デル・レイでメッシが決めた衝撃的なゴールにOBも唖然、イングランド代表MFも称賛

コパ・デル・レイを制したバルセロナ。その試合で決めたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのゴールに称賛が集まっている。 バルセロナは17日に行われたコパ・デル・レイ決勝のアスレティック・ビルバオに挑み、4-0で勝利。後半に4ゴールを奪い切り、3季ぶり31度目のコパ・デル・レイ優勝を果たした。 ロナルド・クーマン監督を迎えた今シーズンのバルセロナ。しかし、シーズン前にメッシの退団騒動もあり不穏な空気が流れたまま開幕。するとチャンピオンズリーグではラウンド16でパリ・サンジェルマンを相手に2戦合計2-5で敗れて敗退。ラ・リーガでは、ライバルのレアル・マドリーとの“エル・クラシコ”で連敗を喫するなどし、現在は優勝の可能性を残しながらも3位に位置している状況だった。 クーマン監督に初タイトルをもたらせたメッシ。この決勝では2ゴールの活躍を見せたが、2点目のゴールが話題となった。 それは0-2で迎えた後半、自陣右サイドでボールを持ったメッシがそのままドリブルで持ち出し右サイドを駆け上がる。相手が2人で寄せにくると、近くにいたオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングにパス。するとデ・ヨングはダイレクトで走り続けるメッシへパス。そのメッシもダイレクトでデ・ヨングへ戻すと、相手との一対一でボールをキープしたデ・ヨングがスルーパスを送る。 これをランニングを続けたメッシがボックス内右で受けると、対峙したDFを軽いタッチでかわし、持ち出してシュート。このシュートはゴール左のコースを狙った優しいグラウンダーのシュートで、GKはまったく動けなかった。 このゴールには、クラブOBでもある元イングランド代表FWのギャリー・リネカー氏も「おぉ。またしても、比類なきリオネル・メッシが決めた不思議なゴールだ」と言葉に表せない称賛の言葉を送れば、ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライスは「メッシのこのゴールは本当に素晴らしい」とツイート。称賛の言葉を送った。 <span class="paragraph-title">【動画】メッシの衝撃的なゴールを含めたバルサの4発!(メッシのゴールは0:35〜)</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJpZFBjWUVIcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.18 12:45 Sun
twitterfacebook
thumb

クーマン、バルサ指揮官としての初タイトルに満足 「素晴らしい気持ち」

バルセロナのロナルド・クーマン監督が待望のタイトルに歓喜した。スペイン『マルカ』が報じている。 バルセロナは17日に行われたコパ・デル・レイ決勝のアスレティック・ビルバオに挑み、4-0で勝利。後半に4ゴールを奪い切り、3季ぶり31度目のコパ・デル・レイ優勝を果たした。 昨夏の指揮官就任から記念すべき初タイトルを獲得したクーマン監督は試合後、喜びの思いを口にした。 「素晴らしい気持ちだね。ここに辿り着くまで大変だったし、時間もかかった。我々は幸せであり、今季は少なくとも1つのタイトルを獲得するに値する。クラブはそれに相応しい。変化の年にあたる今季に獲得した非常に大きなタイトルだ」 また、この決勝戦で2ゴールを挙げ、今季が契約最終年の去就に注目を集めるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシにも言及した。 「彼の将来がどうなるかなんてわからない。この試合が彼のラストにならないのを祈る。誰もが彼に残留してほしいと思っている」 エースの残留を願ったオランダ人指揮官は佳境のラ・リーガ覇権争いに向けても決意を新たにしている。 「バルセロナは私のクラブだ。家なのだ。就任初日から大変だったが、シーズン最後の試合までリーガ優勝のために戦う」 2021.04.18 11:15 Sun
twitterfacebook
thumb

キャプテンとして初タイトルのメッシ「すごく特別なコパに」

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがキャプテンとして初のタイトルに歓喜した。 バルセロナは17日に行われたコパ・デル・レイ決勝のアスレティック・ビルバオに挑み、4-0で勝利。後半に4ゴールを奪い切り、3季ぶり31度目のコパ・デル・レイ優勝を果たした。 この決勝戦にフル出場して2ゴールを挙げ、ロナルド・クーマン体制に初タイトルをもたらしたメッシ。個人としてもMVPに輝いた決勝戦後、クラブ公式チャンネルで喜びを露わにした。 「このクラブのキャプテンであるのはすごく特別なこと。このカップを掲げることができ、僕にとってもすごく特別なコパになったよ」 また、「彼らは前半にたくさん動かされ、後半に落ちていった」と試合を振り返ると、無観客開催について「ファンと祝えないのは残念。それが今の状況だ。辛いけどね」と憂いた。 そんなメッシを擁するバルセロナは今後、ラ・リーガ優勝が大きな目標に。リーグ戦での歩みも振り返り、優勝争いに絡む状況を喜び、右肩上がりのチーム状態を主張している。 「僕らはシーズンの前半戦に苦しみ、簡単にポイントを落としてしまった。それから強さを取り戻して、争いに加わることができたよ。この前のクラシコは良い結果にならなかったけどね」 <span class="paragraph-title">【動画】キャプテン・メッシ、歓喜のトロフィーリフト!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ6Qko5REY1TyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.18 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシ2発にデ・ヨング1G2Aのバルサが3季ぶり31度目の優勝、ビルバオは無念の決勝連敗《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ決勝、アスレティック・ビルバオvsバルセロナが17日に行われ、0-4でバルセロナが勝利した。 準決勝でレバンテを退けたビルバオと、セビージャを退けたバルセロナによる決勝。 2週間前に行われたレアル・ソシエダとの昨季決勝に敗れたビルバオは、フラットな[4-4-2]を採用。イニャキ・ウィリアムズとラウール・ガルシアの2トップで臨んだ。 一方、3季ぶりの優勝を目指すバルセロナは[3-5-2]で臨み、負傷明けのピケが3バックの中央に入り、メッシとグリーズマンが2トップを形成した。 立ち上がりからバルセロナが圧力をかける展開となると、5分に決定機。浮き球パスに抜け出したメッシの落としから、F・デ・ヨングが左ポスト直撃のシュートを浴びせた。 その後も押し込み続けたバルセロナは21分にメッシがボックス内から右足で枠内シュートを記録。前半半ば以降も同様の構図で試合が進んだが、自陣で身体を張るビルバオ相手に決定機を生み出すには至らずゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、コンディション不良のムニアインに代えてレクエを投入したビルバオに対し、バルセロナは開始3分にビッグチャンス。メッシのスルーパスでボックス右に抜け出したデストが折り返し、グリーズマンがプッシュ。だが、GKウナイ・シモンの残した足に止められてしまった。 さらに52分、CKの流れからブスケッツにビッグチャンスが訪れるも、ルーズボールを押し込みにかかったシュートは再びGKウナイ・シモンの好守に阻まれた。 それでも60分、バルセロナが均衡を破る。メッシのパスを右サイド高い位置で受けたF・デ・ヨングがクロスを入れ、グリーズマンが合わせた。 そして63分、バルセロナが一気に突き放す。左サイドのジョルディ・アルバのアーリークロスをF・デ・ヨングがダイビングヘッドで押し込んだ。 さらに5分後、バルセロナに決定的な3点目が生まれる。F・デ・ヨングとのパス交換でボックス右に侵入したメッシがDF2人をカットインでかわしてゴール左へシュートを流し込んだ。 止まらないバルセロナは72分、グリーズマンのスルーパスで左サイドのスペースを突いたジョルディ・アルバがクロスを送ると、ゴール前のメッシが合わせて4点目を奪った。 後半の4発で圧勝としたバルセロナが3季ぶり31度目のコパ・デル・レイ優勝を果たしている。一方、敗れたビルバオは無念の決勝2連敗でタイトル獲得とはならなかった。 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】バルセロナが4発快勝!コパ・デル・レイを制す!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJpZFBjWUVIcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.18 06:22 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly