2019年のACL王者のアル・アハリ、ルチェスク監督と契約解除

2021.02.16 11:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウジアラビアのアル・ヒラルは、ルーマニア人監督のラズバン・ルチェスク監督(51)との契約を解除したことを発表した。

ルチェスク監督は、母国のラピド・ブカレストやバラソフの他、ルーマニア代表でも指揮を執った経験があり、カタールのアル・ジャイシュやギリシャのシュコダ・クサンティ、PAOKテッサロニキでも指揮を執っていた。

2019年7月にアル・ヒラルの監督に就任すると、同年のACLチャンピオンズリーグ(ACL)では決勝で浦和レッズを下して優勝。また、サウジアラビアリーグでも優勝を遂げると、サウジ・キングカップも連覇していた。

クラブは「取締役会はルーマニアのラズバン・ルチェスク監督と双方合意の下で契約を終了することを決定した。クラブでのキャリアにおけるラズバンとそのアシスタントチームの努力に感謝の意を表します」とルチェスク監督の貢献に感謝の意を示した。

なお、ルチェスク監督の代役としては暫定的にU-19のロジェリオ・ミカーレ監督が務めることとなる。

今シーズンのアル・ヒラルは、サウジ・プロフェッショナルリーグで現在3位。2021シーズンのACLでは、アル・アハリ(UAE)、アルマリク(ウズベキスタン)、プレーオフAの勝者と対戦する。

関連ニュース
thumb

ビッグクラブ関心のMFサンガレがPSVと契約延長!

PSVは7日、コートジボワール代表MFイブラヒム・サンガレ(24)との契約を2027年6月30日まで延長したことを発表した。 2020年9月にトゥールーズからPSVに加入したサンガレは、攻守に高いプレー強度を求めるロジャー・シュミット前監督の信頼を獲得し、中盤のレギュラーに定着。ここまで公式戦89試合に出場している。 191cmの守備的MFは、豊富な運動量とフィジカルの強さを武器にボール奪取能力、フィルター能力が非常に高くリーグ屈指のホールディングMFとしての評価を確立。さらに、攻撃面においても高精度のパスで繋ぐ役をこなしつつ、積極的にボックス付近まで攻め上がるダイナミズムやミドルシュートもレパートリーに持っている。 今夏の移籍市場ではマンチェスター・ユナイテッドやウェストハム、パリ・サンジェルマンといったクラブの関心を集めていたが、今回の契約延長によって、少なくとも今シーズンはアイントホーフェンに残る可能性が高い高いようだ。 2022.08.08 07:30 Mon
twitterfacebook
thumb

オーセル、フォレストからFWダ・コスタを完全移籍で獲得、昨季はリーグ・ドゥで9Gをマーク

オーセルは7日、ノッティンガム・フォレストから元カーボベルデ代表FWヌーノ・ダ・コスタ(31)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月までの2年間で、1年の延長オプションが付随している。 ヴァランシエンヌやストラスブールで活躍したダ・コスタは、2020年1月に当時チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のフォレストに完全移籍。半年間でリーグ戦10試合に出場したが無得点に終わると、2020年の夏にベルギーのムスクロンへレンタル移籍。 昨季はリーグ・ドゥ(フランス2部)のカーンへレンタルに出されると、リーグ戦24試合に出場し9ゴール4アシストを記録していた。 2022.08.08 01:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ボーンマスがバルサから新守護神候補ネトをフリーで獲得!

ボーンマスは7日、バルセロナから元ブラジル代表GKネト(33)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。背番号は「13」に決定。契約期間は2023年6月30日までの1年となる。 ネトはユベントスやバレンシアなどを経て、2019年夏にバルセロナへ加入。だが、同クラブではドイツ代表GKアンドレ・テア=シュテーゲンが不動の定位置を築いており、ネトの出場機会はごくわずか。昨季も公式戦4試合の出場にとどまった。 さらに、ガラタサライから武者修行を終えたカンテラ出身のGKイニャキ・ペーニャにセカンドGKのポジションを奪われており、クラブの財政難も重なって今夏の退団が既定路線となっていた。 一時はアーセナルやナポリ、セルタ、フルアムなどが移籍先候補として報じられていたが、プレミアリーグ昇格クラブが新天地となった。 なお、ボーンマスは23歳のアイルランド代表GKマーク・トラバースが守護神を務め、22歳のイングランド人GKウィル・デニスがサブに控えるという状況。スコット・パーカー監督はGK陣に経験豊富なベテランの加入を熱望していた。 2022.08.07 21:54 Sun
twitterfacebook
thumb

イスコの新天地がセビージャに決定! 2年契約で合意

セビージャは7日、レアル・マドリーを退団した元スペイン代表MFイスコ(30)のフリートランスファーに関して基本合意に至ったことを発表した。 イスコは8日にメディカルチェックを受診した後、セビージャと2024年6月30日までの2年契約にサインする予定だ。 2013年にマラガからマドリーに加入したイスコは、在籍9年で公式戦353試合に出場し、3度のラ・リーガ制覇や5度のチャンピオンズリーグ優勝などを経験。しかし、ここ数年は序列低下によって出場機会を失い、カルロ・アンチェロッティ監督が復任した昨シーズンも公式戦17試合の出場に留まっていた。 そういった中、イスコは昨シーズン限りとなっていた現行契約満了に伴い、エルブランコを退団。新天地に関しては恩師マヌエル・ペジェグリーニ監督が率いるベティスや、セリエAのミランやローマ、ナポリといったクラブへの移籍も取り沙汰されていた。 しかし、スペイン代表とマドリーで指導を受けていたフレン・ロペテギ監督が率いるセビージャ行きを決断した。 2022.08.07 21:43 Sun
twitterfacebook
thumb

エンポリがアタランタのFWラマースをレンタルで獲得…昨季はフランクフルトでプレー

エンポリは7日、アタランタのオランダ人FWサム・ラマース(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ラマースは、ヴィレムⅡやPSVの下部組織で育ち、2015年にプロ契約。セカンドチームのヨングPSVでプレーしていた中、2017年7月にファーストチームに昇格した。 2018年6月からはヘーレンフェーンへとレンタル移籍。2020年9月にアタランタへと完全移籍すると、昨シーズンはフランクフルトへとレンタル移籍を経験していた。 フランクフルトではブンデスリーガで15試合に出場し1ゴールを記録。ヨーロッパリーグでも7試合に出場し1ゴールを記録し、優勝に貢献していた。 なお、世代別のオランダ代表を経験している。 2022.08.07 18:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly