2019年のACL王者のアル・アハリ、ルチェスク監督と契約解除

2021.02.16 11:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウジアラビアのアル・ヒラルは、ルーマニア人監督のラズバン・ルチェスク監督(51)との契約を解除したことを発表した。

ルチェスク監督は、母国のラピド・ブカレストやバラソフの他、ルーマニア代表でも指揮を執った経験があり、カタールのアル・ジャイシュやギリシャのシュコダ・クサンティ、PAOKテッサロニキでも指揮を執っていた。

2019年7月にアル・ヒラルの監督に就任すると、同年のACLチャンピオンズリーグ(ACL)では決勝で浦和レッズを下して優勝。また、サウジアラビアリーグでも優勝を遂げると、サウジ・キングカップも連覇していた。

クラブは「取締役会はルーマニアのラズバン・ルチェスク監督と双方合意の下で契約を終了することを決定した。クラブでのキャリアにおけるラズバンとそのアシスタントチームの努力に感謝の意を表します」とルチェスク監督の貢献に感謝の意を示した。

なお、ルチェスク監督の代役としては暫定的にU-19のロジェリオ・ミカーレ監督が務めることとなる。

今シーズンのアル・ヒラルは、サウジ・プロフェッショナルリーグで現在3位。2021シーズンのACLでは、アル・アハリ(UAE)、アルマリク(ウズベキスタン)、プレーオフAの勝者と対戦する。

関連ニュース
thumb

33年間在籍、アーセナルの育成を支えたU-23のボールド監督が退団

アーセナルは22日、クラブのレジェンドでありU-23チームの監督を務めていたスティーブ・ボールド監督()の退団を発表した。 ボールド氏は、現役時代もアーセナルに11年間在籍。3度のプレミアリーグ優勝やFAカップ、リーグカップ、カップウィナーズカップ優勝を経験。センターバックとしてプレーすると、アーセナルでは公式戦372試合に出場。その後サンダーランドへと移籍し、2000年9月に現役を引退していた。 引退後の2001年7月にアーセナルU-18の監督に就任。2012年6月まで務めると、パット・ライス氏の後任としてファーストチームでアーセン・ヴェンゲル監督のアシスタントコーチに就任。その後、ウナイ・エメリ監督のアシスタントコーチも務めると、2019年7月にU-23の監督に就任した。 アカデミーのマネージャーを務めるペア・メルテザッカー氏は「スティーブは、ピッチ上でもピッチ外でも我々にとって素晴らしい奉仕を見せてくれた。彼の選手としての記録がそれを物語っているし、アカデミーで育った何世代にもわたる若い選手たちにインスピレーションを与えてきた」とコメントした。 また「この決断はとても難しいものだった。スティーブがU-23の選手やクラブ全体への貢献度はとても高く、我々の歴史の中で重要な自分であることに変わりはない」と語り、長きにわたる貢献に感謝を述べた。 クラブのテクニカル・ディレクターを務めるエドゥ氏は「スティーブには本当に感謝している。彼は多くのトッププロ育成に貢献し、その経験と人柄が大きな影響を与えている。彼の貢献に感謝するとともに、彼と彼の家族の今後の活躍を祈ります」とコメントし若手育成への貢献を労った。 2021.06.23 10:55 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルがミランからチャルハノールを獲得! 契約満了に伴い実力者をフリーで獲得

インテルは22日、ミランからトルコ代表MFハカン・チャルハノール(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となる。 チャルハノールは今シーズンのセリエAで33試合に出場し、4ゴール10アシストの数字を残し、ミランの2位フィニッシュと共に7年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に大きく貢献していた。 そのため、クラブは今月末までとなっていた契約の更新に向けて年俸400万ユーロ(約5億2000万円)と言われるオファーを提示していたが、より多くのサラリーを求める同選手はこの申し出を固辞。 そして、幾つかのビッグクラブが関心を示していた中、年俸450万ユーロ(約5億9000万円)と100万ユーロ(約1億3000万円)のインセンティブという条件でチャルハノールを説得した宿敵インテルが新天地となった。 2017年夏にレバークーゼンからミランへ加入したチャルハノール。在籍4年間で、公式戦172試合32ゴール48アシストを記録した。 なお、トルコ代表としてユーロ2020に出場していたチャルハノールだったが、チームがグループA3連敗で敗退となったため、すぐさまミラノ入りし、メディカルチェックを受診していた。 2021.06.23 01:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ミランで構想外のラクサールがディナモ・モスクワに完全移籍!

ディナモ・モスクワは22日、ミランからウルグアイ代表MFディエゴ・ラクサール(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約に関する詳細は現時点で明かされていない。 2013年に母国のデフェンソールからインテルへ完全移籍したラクサールは、以降ボローニャ、エンポリ、ジェノアへと武者修行を経験。その後、2016年にジェノアへ完全移籍し、2018年8月にミランへとステップアップを果たした。 ミランでは加入1年目にセリエA20試合に出場するなど準主力を担ったが、以降は思うように出場機会を得られず。直近2シーズンはトリノ、セルティックへレンタル移籍に出されていた。 なお、今シーズンはセルティックで左サイドバックやサイドハーフを主戦場に公式戦26試合に出場していた。 2021.06.23 01:23 Wed
twitterfacebook
thumb

昇格ノリッジがブレーメンのエースFWラシツァを獲得!

新シーズンからプレミアリーグに昇格するノリッジ・シティは22日、ブレーメンからコソボ代表FWミロト・ラシツァ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年となる。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えるところによれば、移籍金は940万ポンド(約14億5000万円)となったようだ。 プレースタイルは異なるものの、アストン・ビラに引き抜かれたアルゼンチン代表MFエミリアーノ・ブエンディアに代わる新たな攻撃の軸として期待されるラシツァは、自身初のプレミアリーグ挑戦に向けて意気込みを語っている。 「ノリッジのファンの皆さんの前で、そしてプレミアリーグでプレーできることをとても楽しみにしているよ。もちろん、すべての試合でこのフットボールクラブのためにベストを尽くし、多くのゴールとアシストでファンを興奮させたいと思う。始まるのが待ち遠しいよ」 「クラブのこと、特にダニエル・ファルケの下でのプレースタイルについてはいくつか知っている。僕はプレーヤーとして、また人間として学び、成長し続けたいと思っている」 「監督とはすでに話をしていて、彼が僕に何を求めているかはわかっているよ。最近の彼との会話は大きな助けになったし、とても興奮しているんだ」 故郷コソボのヴシュトリアでプロキャリアをスタートしたラシツァは、2014年にオランダのフィテッセを経て2018年1月にブレーメンへステップアップ。 粗削りな部分が目立つも左ウイングやセカンドトップを主戦場に果敢な縦への仕掛けや、快足を生かしたスペースへの飛び出しなど、チームに推進力を与えるプレーを特長とする24歳FWはブレーメンでの3年半で、公式戦100試合に出場し、27ゴール19アシストの数字を残していた。 今シーズンはブンデスリーガ24試合で3ゴール5アシストを記録していたが、チームが41年ぶりの2部降格の憂き目に遭った中で今夏の退団が決定的と見られていた。 2021.06.23 00:59 Wed
twitterfacebook
thumb

ブレスト、新指揮官にモンペリエ前監督のデル=ザカリアン氏! 奇しくも監督トレードの形に

スタッド・ブレストは22日、ミシェル・デル=ザカリアン氏(58)の新監督就任を発表した。契約期間は2023年6月30日までの2年となるが、さらに1年の延長オプションが付随している。 今シーズンのリーグ・アンを残留圏内ギリギリの17位でフィニッシュしたブレストは、シーズン終了後に2年間チームを率いていたオリヴィエ・ダルオグリオ監督(57)がモンペリエの新指揮官就任のために退任していた。 そして、その後任は奇しくも今シーズンまでモンペリエを率いていたデル=ザカリアン氏となった。 現役時代にアルメニア代表DFとしてナント、モンペリエで活躍したデル=ザカリアン氏は、現役引退後はその古巣2クラブなどで指揮官を歴任。2017年に就任したモンペリエでは、守備的な[5-3-2]、より攻撃的な[4-3-3]の2つの布陣を併用し、在任4シーズンでヨーロッパリーグ出場権獲得にあと一歩まで迫る安定したチームを作り上げていた。 2021.06.22 22:32 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly