レスターが上位対決を逆転で制して暫定2位浮上! リバプールは守備のミス響き泥沼の3連敗…《プレミアリーグ》  

2021.02.13 23:40 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第24節、レスター・シティvsリバプールが13日にキング・パワー・スタジアムで行われ、ホームのレスターが3-1で逆転勝利した。前節、ウォルバーハンプトンと0-0のドローに終わった3位のレスター(勝ち点43)だが、直近のFAカップ5回戦ではややメンバーを落とすもブライトンを1-0で撃破。白星を取り戻して今回のビッグマッチを迎えた。前節のウルブス戦からは先発4人を変更。長期離脱のジャスティンに代わってアマルテイ、チョードリー、イヘアナチョ、アジョセ・ペレスに代わってエンディディ、オルブライトン、ヴァーディが復帰した。

対する4位のリバプール(勝ち点40)は前節、首位のマンチェスター・シティに要塞アンフィールドで1-4の惨敗。痛恨のリーグ戦2連敗で逆転での2連覇が大きく遠のく結果となった。その敗戦からのバウンスバックを図る3位チームとのアウェイゲームでは先発2人を変更。負傷離脱のファビーニョに代わってこれがデビュー戦となるオザン・カバクがヘンダーソンの相棒を担い、チアゴに代わってミルナーが起用された。


開始直後の2分にレスターが相手のCKのカウンターからマディソンがロングシュートでファーストシュートを放ったが、以降は前から猛烈に圧力をかけるリバプールが攻守にホームチームを圧倒。なかなか決定機まで持ち込めないが、エバンスとソユンクのセンターバックコンビにギリギリの対応を強いる。

立ち上がり以降もリバプールの流れが続くが、15分過ぎにアクシデント発生。負傷したミルナーがプレー続行不可能となり、17分にチアゴをスクランブル投入した。

このアクシデントにも動じず、素早い攻守の切り替えでことごとく相手の起点となる縦パスを引っかけては相手に攻撃のターンを与えずに押し込み続けるリバプール。20分にはアレクサンダー=アーノルドが果敢な縦への仕掛けからサラーにスルーパスを通すと、サラーがボックス内でGKと一対一の絶好機を迎えるが、ここはGKシュマイケルにうまくコースを消されて強いシュートを放てず。ゴール前にこぼれたボールに詰めたマネのシュートもDFアマルテイのブロックに阻まれた。

30分過ぎまで守勢が続いたレスターだが、粘り強い守備で何とか無失点を続けると、前半終盤にかけてはヴァーディを起点としたカウンター、背後を狙う動きから続けて惜しいシーンを作り出す。

まずは36分、左サイドで仕掛けたバーンズからのクロスをゴール前でフリーとなったヴァーディが頭で合わすが、これは惜しくもGKアリソンの正面。続く42分にはややオフサイド気味もマディソンのフリックしたボールに抜け出したヴァーディがボックス右から渾身の右足シュートもこれはクロスバーを叩いた。

30分過ぎまでのリバプールペースから徐々にレスターに流れが傾きつつある中、0-0で折り返した試合は、後半も入りはアウェイチームの流れとなる。

リバプールは前半ほど前からの守備が嵌りにくくなったが、要所で良い形でのボール奪取を見せてフィニッシュまで持ち込む。56分にはボックス手前右の好位置で得たFKをアレクサンダー=アーノルドが直接狙うと、壁にわずかにディフレクトしたボールがゴール右隅へ向かうが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。

時間の経過と共に相手を押し込む展開に持ち込んだリバプールは67分、鮮やかな連携から待望の先制点を奪い切る。ティーレマンスの自陣でのやや不用意なサイドチェンジをカットしたアレクサンダー=アーノルドがボックス手前からミドルシュート。DFにブロックされたボールを自ら回収してボックス右から折り返すと、ボックス中央でゴールを背にして足元に収めたフィルミノの絶妙なヒールをサラーが狙いすました左足のダイレクトシュートでゴール左隅に流し込んだ。

相手の時間帯で耐え切れずにビハインドを追うことになったレスターだが、すぐさま反撃に転じると、不安定な相手の隙を突いて一気に試合を引っくり返す。78分、ボックス左付近で仕掛けたバーンズがチアゴに倒される。当初、PK判定もVARのレビューでエリア外のファウルと判定が変わるも、このFKをキッカーのマディソンが低弾道の速いボールでゴール右隅に流し込む。当初、ゴール前でプレーに関与したアマルテイがオフサイドを取られてゴールは認められなかったが、VARのレビューの結果オンサイドと認められて同点ゴールとなった。

直後の81分にはティーレマンスのロングフィードに対してDFオザン・カバクとエリア外に飛び出したGKアリソンの間でコミュニケーションミスが起きてボールをクリアできずにいると、ボックス内でこぼれ球を回収したヴァーディが無人のゴールへ流し込んで逆転ゴールを奪取。

さらに、バタつくリバプールに畳みかけるレスターは85分、サラーの中盤での不用意な横パスを引っかけてエンディディが出した背後へのスルーパスに抜け出したバーンズがボックス左得意の角度から丁寧な右足のシュートをファーポストに流し込み、試合を決定づける3点目とした。

シティ戦の再現かのようなミス絡みの連続失点で試合を引っくり返されたリバプールはすでに投入していたオックスレイド=チェンバレンに続きシャキリを最後のカードとして切ったが、完全に逃げ切り態勢に入ったレスターを前に2点目、3点目を奪うことはできなかった。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、苦手リバプールとの上位対決を逆転で制したレスターがマンチェスター・ユナイテッドを抜いて暫定2位に浮上。一方、リバプールは昨季王者とは思えない脆さを見せて痛恨の3連敗を喫した。
関連ニュース
thumb

4失点敗北レスター、CL権揺らぐ指揮官「多過ぎるミスの代償」…残り3試合は“ビッグ6”との連戦

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が嘆きつつ、切り替えの必要性を説いた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 佳境のプレミアリーグでチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位につけるレスターは7日に行われた第35節で残留争い真っ只中の17位に沈むニューカッスルをホームに迎え撃ったが、73分までに4失点。終盤に2点差まで詰め寄ったが、及ばず、2-4で敗戦した。 これで2試合未勝利となり、今節の戦いを残す4位チェルシーの結果次第で3位からの転落危機に直面した上、勝ち点5差の5位ウェストハムにも詰め寄るチャンスを許したレスター。ロジャーズ監督は試合後、今季最多4失点の大敗劇を振り返り、次節からの立ち直りを求めた。 「分析するのは簡単。我々は多くのミスを犯した。そんなことをやっている余裕なんてない。失点の形もらしくないものだった。望みを叶えたいのであれば、シーズンのこの時期はより集中しなければ。今日は集中力がなかった。優秀なチーム、優秀な選手たちを相手にあのようなプレーをすれば、罰せられることになるものだ」 「戦い続けた選手たちに関しては誇らしく思う。ときどき責任の押しつけ合いなったりもするが、最後まで戦い続けてくれた。多過ぎるミスの代償を払うことになってしまったがね。若い選手たちによくあることで、最初の失点にしてもお粗末なミスであるのがわかる。ほかにもミスがあったが、それもフットボールだ」 「若い選手たちがいれば、そういうことも起こる。私のもとにいる選手たちは非常に正直で、心底がっかりしてもいるが、気を取り直して火曜日の試合に再び臨んでいかなければならない」 なお、レスターは残り3試合でビッグ6との3連戦となり、11日の次節は2位マンチェスター・ユナイテッドとのアウェイ戦。それが終わると、18日の第37節で4位チェルシーとのアウェイ戦に臨み、23日の最終節で6位トッテナムをホームに迎え撃つ。 2021.05.08 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

3位レスター、下位ニューカッスルに4失点惨敗《プレミアリーグ》

レスター・シティは7日、プレミアリーグ第35節でニューカッスルをホームに迎え、2-4で惨敗した。 前節、10人となったサウサンプトンに引き分け止まりとなった3位レスター(勝ち点63)は、ヴァーディとイヘアナチョの2トップとする[3-5-2]で臨んだ。 勝利すればほぼ残留が決まる17位ニューカッスル(勝ち点36)に対し、前がかる入りとしたレスターだったが、16分にピンチ。カウンターを受けた流れからウィルソンのラストパスをボックス中央のサン=マクシマンにシュートされたが、GKシュマイケルがビッグセーブで凌いだ。 しかし22分、ソユンクの不用意なボールロストからジョー・ウィロックにゴールを許し、先制されてしまう。 追う展開となったレスターは25分、右サイドからのティーレマンスのFKをフォファナがヘディングで合わせるも、シュートはGKの正面を突いた。 すると34分、右CKからダメットのヘディングシュートで失点し、2点を追う展開となって前半を終えた。 迎えた後半も前がかったレスターだったが、チャンスを作れずにいたことから63分にエンディディに代えてアジョセ・ペレスを投入。 しかし2分後、決定的な3点目を許す。ロングカウンターに転じられると、カスターニュがウィルソンに競り負けて独走を許し、そのままゴールを決められた。 さらに74分にもウィルソンにゴールを許したレスターはオルブライトンが一矢報い、87分にはイヘアナチョも続いたが、2-4で惨敗。下位相手に勝ち点を積み上げることができなかった。 2021.05.08 05:55 Sat
twitterfacebook
thumb

「理解するのが難しい」80分間10人で戦いドローのサウサンプトン、選手を絶賛もVARの判定に苦言

サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督が、レスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 サウサンプトンは4月30日、プレミアリーグ第34節でレスターをホームに迎えての一戦。トップ4を相手に残留を決めたいサウサンプトンが臨んだ。 ケガ人も出ている中で、日本代表MF南野拓実も先発出場。しかし、試合開始10分でDFヤニク・ヴェステルゴーアが退場。ボールコントロールを誤り、ルーズボールをバックパスすると、そこに飛び込んだジェイミー・ヴァーディを倒す形となり一発退場となった。 試合のほとんどを数的不利で戦ったサウサンプトンだが、後半にPKをジェームズ・ウォード=プラウズが決めて先制。しかし、68分に失点し1-1の引き分けに終わった。 試合後ハッセンヒュッテル監督は、数的不利で80分間戦った選手たちを称賛。一方で、退場処分のシーンについては、判定に納得がいかず、VARの意味がわからないと苦言を呈した。 「選手たちが今日やったこと、特に守備において、とても大変な仕事だった。しかし、このようなプレーを見せたときは、何かを手に入れるに値する」 「レッドカードに関しては、実際はそうでないと思う。VARの決定でこういった罰を与えられた場合、レッドカードを与える必要があるかどうかはわからない」 「最も重要なこそ、そしてこれは我々が話すべきことだが、それは“努力”だ」 「しかし、私にとってはヴァーディがボールをコントロールできていなかったので、明確なゴールチャンスを与えたとは言えないと思っている。彼は決してボールには触っていないし、GKへのバックパスだった。私にとっては理解するのが難しい」 「私はすぐに交代させ、センターバックを投入しなければいけなかった。前回のように長々と待つわけにはいかなかった。このとき、我々はより素早く行動し、センターバックを投入してチームとして守ることを学んだ」 「良い形で行えていたと思う。そして80分間プレッシャーにさらされた中で、良いプレーをしたのは明らかだ。ピッチでもよく組織されていた。そして、得点した後にもさらにチャンスがあったが、それは欲張りすぎた」 「今日はサッカーでは時々起こることが起き、その時に強くなる必要があった。彼らは全てヤニク(・ヴェステルゴーア)のために戦ったとお思う。これはチームとしてあるべき姿だ」 「今日、私はピッチでプレーした全ての選手を誇りに思ったと言わなければならない」 <span class="paragraph-title">【動画】開始10分で不可解な退場、サウサンプトンvsレスター</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=ulvyih21abt1qrralbn1ikoz" async></script> 2021.05.01 15:45 Sat
twitterfacebook
thumb

エイブラハム獲得レースにレスターも参戦か

チェルシーのイングランド代表FWタミー・エイブラハム(23)を巡る争いにレスター・シティも参戦しているようだ。 昨季にフランク・ランパード前監督の下で飛躍を遂げ、今季もここまで公式戦31試合の出場で12得点6アシストの数字を残すエイブラハム。しかし、今年1月下旬からトーマス・トゥヘル監督が率いるようになってから出番を減らして、将来が疑問視され始めている。 直近のプレミアリーグ8試合に限ってもわずか1試合の途中出場で、しかも3分間のプレータイムにとどまるなか、ウォルバーハンプトンやアストン・ビラから視線が注がれているが、イギリス『Football Insider』によれば、レスターも獲得に注力しているという。 レスターは今季、元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディとナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョの2トップで戦うスタイルを確立。ブレンダン・ロジャーズ監督は上述した2選手のバックアップ、競争相手になり得るストライカーの獲得を求めている模様だ。 一方、今夏の動向が注目される選手であるエイブラハムの契約は2023年まで。以前から取り沙汰された延長交渉も決裂したとみられるチェルシーだが、見合ったオファーが届かなければ、条件面を改めた内容で再び交渉の席につく可能性もあるようだ。 なお、『ESPN』によれば、ウェストハムやニューカッスルも関心を示しており、チェルシーは希望売値として移籍金4000万ポンド(約60億3000万円)を求めているという。 2021.05.01 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

足踏みの3位レスター、落胆の指揮官ロジャーズ「いつもの我々なら…」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が悔しさを口にした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 レスターは4月30日に行われたプレミアリーグ第34節でサウサンプトンと対戦。日本代表MF南野拓実も4試合ぶりに先発起用した15位のサウサンプトンが開始10分に退場者を出すが、61分に先制する。 そこから68分にDFジョニー・エバンスのゴールで追いついたレスターだが、勝ち越せず、1-1のドローで終了。3位レスターは連勝が「2」で止まり、勝ち点2を落とした感の強い結果に終わっている。 2位マンチェスター・ユナイテッドを追いかけるなかで下位相手に手痛い足踏みを強いられ、4位チェルシーにも詰め寄る隙を許したロジャーズ監督は試合後、「少し悔しいね。勝つために十分なことができなかった」と述べた。 「いつもの我々なら、こういった類の試合で非常に良いのだが、失点するまでテンポが上がってこなかったんだ。サウサンプトンを褒めよう。深くで10人のコンパクトな守備に徹して、我々を苦しめた。ただ、我々はがっかりしている」 「相手に退場者が出たのは我々を推し進めるものだったが、試合自体が遅すぎた。ゲームスピードもボールを動かしたくなるようなテンポじゃなかったね。何度か良いポジションに辿り着いたが、最後のパス精度やタイミングが悪かった」 2021.05.01 08:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly