ヤヤ・トゥーレが思い出の地、ウクライナで指導者キャリアをスタート

2021.02.12 18:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウクライナのオリンピック・ドネツクは、元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ(37)がアシスタントコーチに就任することを発表した。

ヤヤ・トゥーレはメタルルフ・ドネツクでヨーロッパでのキャリアをスタートさせ、その後はベベレンやオリンピアコス、モナコで活躍。2007年7月にバルセロナへと完全移籍すると、2010年7月にマンチェスター・シティへと移籍した。

シティではチームの中心選手として、プレミアリーグで3回、FAカップで1回EFLカップで3回優勝を経験。その後、オリンピアコス、中国スーパーリーグの青島黄海などでプレーし、2020年1月に引退していた。

その後、ボタフォゴへの加入など様々な噂が飛び交ったものの、結局プレーすることなく指導者への道を歩むこととなった。

また、コートジボワール代表としても97試合に出場し19ゴールを記録。ワールドカップも2006年、2010年、2014年と3大会連続で出場していた。

アシスタントコーチに就任したトゥーレは、「私はドネツクでプロとしてのキャリアを始めました。今、私はコーチングパスを得るためにここにいます」とコメント。「もちろん、オリンピックがメタルルフを好きでないことは理解していますが、ドネツクで人々がどれほどオープンで友好的だったかをよく覚えています。地元の考えにとても感動しました」とキャリアスタートの地での思い出を語った。

また、「正直なところ、私がウクライナでコーチになりたいと思ったことはエージェントも驚いていましたが、しっかりと決断しました」とコメント。「不要なプレッシャーがかからず、落ち着いて勉強できる場所を見つけることは簡単ではありません」とし、しっかりと指導者として学んでいきたいと意気込んだ。

関連ニュース
thumb

アンデルレヒトがセインツから元オランダ代表DFホードを完全移籍で獲得!

アンデルレヒトは17日、サウサンプトンから元オランダ代表DFヴェスレイ・ホード(27)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までで、背番号は4を着用する。 母国のAZでプロキャリアをスタートしたホードは、2015年にラツィオに完全移籍して在籍2シーズンで成長を遂げ、2017年にサウサンプトンに加入。サウサンプトンでは、初シーズンからプレミアリーグ28試合に出場したが徐々に出場機会を失うと、2019年1月にレンタルでセルタ入り。 さらに同年夏には再びレンタルでアントワープ、そして昨シーズンはレンタルで古巣ラツィオに復帰していた。 アンデルレヒトへ完全移籍を決断したホードは、公式サイトで以下ようにコメントしている。 「僕とアンデルレヒトは1年以上前からコンタクトを取り続けていた。ヴァンサン(・コンパニ)選手兼監督やピーター(・ヴァーベク)SDとはすぐに意気投合したよ。ただ、僕たちはタイミングを待たなければならなかったんだ」 「アンデルレヒトを選んだ理由は、主にスポーツ面でのことだ。このプロジェクトを成功させるために、また最高のものを目指したいと思っているよ。僕とリオル(・レファエロフ)でドレッシングルームに必要な成熟度を与え、多くの若い選手たちが最大限に成長できるようにしたいと思っているよ」 2021.06.18 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランがチェルシーDFトモリの買取OP行使を発表、4年契約

ミランは17日、チェルシーからイングランド代表DFフィカヨ・トモリ(23)の買い取りオプションを行使したことを発表した。 なお、契約期間は2025年6月30日までの4年間となる。 チェルシーの下部組織出身のトモリは、ブライトン&ホーヴ・アルビオンやハル・シティ、ダービー・カウンティへのローン移籍を経て2019-20シーズンにファーストチームに定着。しかし、そのシーズンの後半戦から出番を失うと、今シーズンもフランク・ランパード前監督の下で構想外に。冬の移籍市場でミランへ移籍した。 レンタルで加入したミランでは、すぐにDFアレッシオ・ロマニョーリからポジションを奪い、DFシモン・ケアーとのセンターバックコンビを形成。セリエAで17試合、ヨーロッパリーグでも加入からラウンド16までの全4試合にフル出場するなど、半年で多大な貢献を果たした。 シーズン途中から買い取りオプションを行使するという噂が流れていた中、正式に完全移籍が発表された。 2021.06.17 21:55 Thu
twitterfacebook
thumb

「またいつか」セルヒオ・ラモスが16年在籍のレアル・マドリーに別れ、ファンには「スタジアムでお別れがしたかった」

レアル・マドリーを退団することとなったスペイン代表DFセルヒオ・ラモス()がクラブへの別れを告げた。 マドリーは16日、セルヒオ・ラモスの今季限りでの退団を正式発表した。 2005年にセビージャから加入して以降、公式戦671試合に出場し、101ゴールを記録したセルヒオ・ラモスは、5度のラ・リーガ制覇や、史上初の3連覇を含む4度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝など、数々のタイトルをもたらしていた。 偉大なるキャプテンとして、マドリーの象徴的な存在にもなったセルヒオ・ラモスは17日に退団セレモニー。その後、記者会見に臨んだ。 フロレンティーノ・ペレス会長とともに登場したセルヒオ・ラモス。16年にわたって在籍したクラブへの別れの言葉を述べるとともに、また戻ってくると約束した。 「僕は19歳の時に両親、兄弟と手を繋いでやってきた。僕はただの子供だった。今では妻と4人の子供がおり、素晴らしい家族ができた」 「幸いなことに、とても団結した状態でここにきて、いつでも僕をサポートしてくれる家族の偉大さを感じながら出発することができる」 「このような事態に備えることはできないけど、レアル・マドリーに別れを告げる時が来た。僕に我慢し、僕を尊重してくれたみんなに感謝したいと思う」 「クラブ、愛情を注いでくれた会長、家族のようなスタッフ、監督…何年も経過しているから、感情的になるのは仕方がないことだ」 「また、ここに来てからずっと僕を支えてくれたファンのみんなにも感謝しているし、一緒にスタジアムでお別れがしたかった。レアル・マドリーに感謝する。いつでも僕の心にいる」 「唯一無二の素晴らしいステージが終わろうとしているけど、ここでの経験は決して今後起こり得ないと信じている。遅かれ早かれ僕は戻ってくる。“さようなら”よりも“またいつか”の方が良い」 <span class="paragraph-title">【動画】セルヒオ・ラモス、レアルで刻んだ数々のゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJxUUg0ZHZydyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.17 21:10 Thu
twitterfacebook
thumb

43歳ジャンルイジ・ブッフォン、パルマに20年ぶり復帰!

パルマは17日、元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(43)の加入を正式発表した。イタリア『スカイ』によれば、ブッフォンは2023年6月までの2年契約での加入。ユベントスとの契約が今月いっぱいのなか、26年前にプロキャリアをスタートさせたクラブに戻った格好だ。 43歳の今もトップレベルでプレーするブッフォンはパルマ下部組織育ちで、17歳の1995年にセリエAデビュー。公式戦220試合で210失点、85回のクリーンシートを成し遂げ、コッパ・イタリアやコッパ・イタリア、UEFAカップのタイトルに貢献した後、2001年に当時のGK史上最高額の移籍金でユベントスに活躍の場を移した。 それからもイタリアが誇る守護神の称号をほしいままにして、2018-19シーズンのパリ・サンジェルマン(PSG)時代を除けば、実に19年間もユベントスで稼働。チャンピオンズリーグ(CL)優勝こそ叶わなかったが、公式戦685試合の出場で539失点、322度の無失点を誇り、10度のスクデット獲得などに大きく寄与した。 そんなブッフォンはPSGから復帰後、セカンドGKとしての立ち回りが主になったが、公式戦14試合に出場した今季も試合数を下回る失点数(9失点)と6つのクリーンシートを記録。先月に『beIN Sports』のインタビューで退団を明言した上で、引退も示唆したが、プロとしての一歩を踏み出した地に凱旋する決断を下した。 なお、2015年に破産してセリエDからの再出発を強いられたパルマは2018-19シーズンからセリエAに復帰すると、2季連続の残留に成功したが、今季の最下位終戦でセリエB降格が決定。来季は20年ぶりにパルマのユニフォームを着るブッフォンとともに、1年でのセリエA昇格を目指す戦いになる。 <span class="paragraph-title">【動画】ピッチに侵入しゴールに埋まる宝箱を開けたのは…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">He is back where he belongs.<br>He is back home.<a href="https://twitter.com/hashtag/SupermanReturns?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SupermanReturns</a> <a href="https://twitter.com/gianluigibuffon?ref_src=twsrc%5Etfw">@gianluigibuffon</a> <a href="https://twitter.com/Kyle_J_Krause?ref_src=twsrc%5Etfw">@Kyle_J_Krause</a> <a href="https://twitter.com/ParmaCalcio_en?ref_src=twsrc%5Etfw">@ParmaCalcio_en</a> <a href="https://t.co/bh2FO6P8YX">pic.twitter.com/bh2FO6P8YX</a></p>&mdash; Parma Calcio 1913 (@1913parmacalcio) <a href="https://twitter.com/1913parmacalcio/status/1405462723975131138?ref_src=twsrc%5Etfw">June 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.17 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ガットゥーゾ、フィオレンティーナをスピード退団…就任1カ月経たずの退任劇

フィオレンティーナは17日、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督(43)の双方合意による退団を発表した。 2019年12月からナポリを率い、半シーズンでコッパ・イタリア優勝に導いたガットゥーゾ監督。しかし、今季のセリエAでチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に終わると、アウレリオ・デ・ラウレンティス会長との不和も囁かれるなか、退任が決定した。 その退任からわずか2日ほどで来季からのフィオレンティーナ指揮が決定したガットゥーゾ監督だったが、移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が上層部と今夏補強の相違により、就任から20日ほどで退任の見通しを指摘している状況だった。 フィオレンティーナは公式サイトを通じて「ミスター、リーノ・ガットゥーゾと双方合意のもと、次のシーズンをともに歩まないことを決定した。我々はこのクラブとフィレンツェの街に相応しい結果を求め、導く技術的な選定に着手した」と説明している。 なお、次期監督候補としては今季限りでリヨンを退団したルディ・ガルシア氏(57)が浮上。かつてのシニシャ・ミハイロビッチ監督がスポルティング・リスボン指揮官に就任してわずか9日間で解任されたが、それを彷彿とさせるスピード退任劇となった。 2021.06.17 18:01 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly