岩手が新潟シンガポールから栗島健太を獲得 「目標であるJ3優勝を」

2021.02.12 17:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
いわてグルージャ盛岡は12日、アルビレックス新潟シンガポール(シンガポール)からMF栗島健太(23)の完全移籍加入を発表した。背番号は「43」を着用する。栗島は流通経済大学付属柏高校、早稲田大学を経て、昨年からアルビレックス新潟シンガポールでプレー。ゲームをコントロールする視野の広さと展開力を兼ね備えたMFで、攻撃を活性化させるプレーが特徴だという。岩手入りを受け、クラブを通じて意気込みを語っている。

「この度、いわてグルージャ盛岡に加入することになりました、栗島健太です。Jリーグでプレーしたいと考えていた中、その機会を与えてくださったいわてグルージャ盛岡の皆さんにはとても感謝しています。多くの方に夢や希望を与えられる選手になるため、日々努力していきたいと思います。目標であるJ3優勝を全員の力で掴み取りましょう!」
関連ニュース
thumb

岩手が富山をかわして首位浮上!宮崎も上位に迫る【明治安田J3第7節】

2日、明治安田生命J3リーグ第7節の5試合が各地で行われた。 6位の鹿児島ユナイテッドをホームに迎え撃った2位のいわてグルージャ盛岡は14分、ボックス左深くの色摩が出した折り返しにゴール前のブレンネルが右足で合わせ、先制。しかし、攻める鹿児島は52分、右サイドからのクロスがゴール前の混戦を生むと、中原が押し込み、追いついた。 それでも、勝てば首位浮上の岩手はそのチャンスを逃すまいとギアを上げると、86分に右サイドからのクロスにゴール前の牟田がヘッドで合わせ、勝ち越し。今季初の連勝を目指した鹿児島に競り勝った岩手が3連勝を飾り、勝ち点同数のカターレ富山を得失点差で上回り、首位に浮上した。 ホームでFC今治と対戦したテゲバジャーロ宮崎は開始11分、ボックス手前のこぼれ球を拾った藤岡が迷わず右足を振り抜くと、相手に当たりながらも勢いそのままにゴールに吸い込まれた。 その後は互いに一度ずつ決定機を迎えた中、後半立ち上がりの48分に宮崎が突き放す。自陣から代が前線へロングボールを送ると、懸命に追う橋本啓吾の目の前で相手GKとDFがお見合いする形でクリアミス。これを橋本啓吾がきっちりプッシュして2点差に広げた。 その8分後に失点を許すものの、危なげない試合運びで逃げ切りに成功。ロアッソ熊本に敗れたFC岐阜を抜いて3位に浮上した。 ◆第7節 ▽5/2 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンラーレ八戸 2</span>-0 ガイナーレ鳥取 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">いわてグルージャ盛岡 2</span>-1 鹿児島ユナイテッドFC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">テゲバジャーロ宮崎 2</span>-1 FC今治 AC長野パルセイロ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 福島ユナイテッドFC</span> FC岐阜 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ロアッソ熊本</span> ▽5/1 藤枝MYFC 1-1 カターレ富山 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">カマタマーレ讃岐 1</span>-0 アスルクラロ沼津 2021.05.02 21:59 Sun
twitterfacebook
thumb

第101回天皇杯、J3の岩手ら7県で代表チームが決定《天皇杯》

日本サッカー協会(JFA)は18日、5月22日に開幕する「天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会」の都道府県代表7チームが決定したことを発表した。 記念すべき第100回大会は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響もあり、大会方式が大幅に変更。都道府県代表チームに加え、J1はリーグ戦1位と2位の2チーム、J2、J3はリーグ戦1位の1チームのみが参戦するという形になった。 2年ぶりに県予選が行われ、J3リーグクラブにとっては2年ぶりのチャンス。18日に、7県で決勝戦が行われ、出場7チームが決定。岩手県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、福岡県で決定した。 県予選には明治安田J3のクラブも参加するが、岩手県ではいわてグルージャ盛岡が富士大学と対戦し、3-0で勝利。岩手は2019年以来、14回目の出場となった。 島根県では、松江シティFCとE-WING出雲が対戦し、2-0で松江シティFCが勝利。7大会連続8回目の出場となった。 岡山県では、三菱水島FCとENEOS 水島が対戦し、6-0で三菱水島FCが勝利。2年連続 14 回目の出場となった。 広島県では、福山シティFCとSRC広島が対戦し、4-1で福山シティFCが勝利。前回大会で準々決勝まで勝ち上がった福山シティFCが2年連続2回目の出場となった。 山口県では、FCバレイン下関と徳山大学が対戦し、FCバレイン下関が2-0で勝利。2年連続2回目の出場となった。 徳島県では、FC徳島とN.Jが対戦し、7-1でFC徳島が勝利。6年連続6回目の出場となった。 福岡県では、福岡大学と九州共立大学の大学勢同士の決勝隣、4-1で福岡大学が勝利。2年連続34回目の出場となった。 ◆出場決定チーム 【アマチュアシード】ヴェルスパ大分[5年連続11回目] 【秋田】猿田興業[2年連続2回目] 【岩手】いわてグルージャ盛岡[2年ぶり14回目] 【鳥取】ガイナーレ鳥取[第99回(2019年)大会以来 【島根】松江シティFC[7年連続8回目] 【岡山】三菱水島FC[2年連続14回目] 【広島】福山シティFC[2年連続2回目] 【山口】FCバレイン下関[2年連続2回目] 【徳島】FC徳島[6年連続6回目] 【福岡】福岡大学[2年連続34回目] 2021.04.18 18:50 Sun
twitterfacebook
thumb

岩手が関東学院大学GK武者大夢の加入を発表「共にJ2に行きましょう!」

いわてグルージャ盛岡は12日、関東学院大学のGK武者大夢(22)の加入を発表した。背番号は31となる。 武者は北海道出身で、北海道大谷室蘭高校から関東学院大学へと進学していた。 岩手は武者について「高さを生かしたクロスボールへの対応、落ち着いたシュートストップに加え、足元の技術も優れたゴールキーパー」とプレースタイルを紹介している。 武者はクラブを通じてコメントしている。 「この度、関東学院大学からいわてグルージャ盛岡に加入することになりました武者大夢です。幼い頃からの夢を1つ叶えることができ、大変嬉しく思っております。このタイミングで受け入れてくださったグルージャの皆様には感謝しております」 「私は、これまで関わっていただいた方々のおかげで成り立っています。今はまだ、プロ選手としてスタートラインに立ったばかりですが、これからは結果という形でそのような方々に恩返ししていきます。これまで以上にサッカーに対する努力をします!」 「また、サッカーだけではなく人間としても成長できるように1日1日を大切に過ごしていきます!」 「最後にサポーターの皆さんへ。岩手県のために戦い、たくさんの方々に愛されるような選手になりますので、共にJ2に行きましょう!」 2021.04.12 17:12 Mon
twitterfacebook
thumb

開幕目前も…山形DF小野田将人が岩手に完全移籍

いわてグルージャ盛岡は21日、モンテディオ山形からDF小野田将人(24)の完全移籍加入を発表した。背番号は「36」を着用する。 小野田は柳ヶ浦高校を卒業後、FC今治、湘南ベルマーレでのプレーを経て、昨季から山形でプレー。明治安田生命J2リーグ11試合に出場した。 昨年末に契約更新が発表され、開幕を目前にするなか、岩手に活躍の場を移す決断を下した小野田。両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆いわてグルージャ盛岡 「このたびモンテディオ山形より移籍してきました小野田将人です。「マサ」や「オノ」と呼んでください」 「初めに新しい環境での挑戦を快く受けていただいたいわてグルージャ盛岡の関係者の皆様、本当にありがとうございます。自分自身初のJ3という舞台での挑戦になりますが、奢ることなく怯むことなく、チームメイトと切磋琢磨して成長したいと思います」 「そして何よりJ2昇格とJ3優勝という目標を達成するために、怪我なく1年間プレーしチームに貢献していきます。サポーターの皆様と1日でも早くお会いし、顔と名前を覚えていただき、一緒に喜びを分かちあえる日が来ることを楽しみにしています。よろしくお願いします!」 ◆モンテディオ山形 「モンテディオに関わる全ての皆様、1年間ありがとうございました。開幕直前にこのようなご報告をさせていただくこと申し訳ありません。昨シーズンは山形でプレーするチャンスをいただき、自分の中でも新たな挑戦としてJ1にチームと一緒に戻るために取り組み、そして様々な状況下で深く思い悩んだシーズンでもありました」 「試合に多く出場できず、チームに貢献することもできませんでしたが、一緒にプレーした選手やコーチングスタッフ、何よりも応援していただいたサポーターの皆様やチームに関わる皆様に支えられ、シーズンを終えることができました。チームとカテゴリーは変わりますが少しでも応援いただければ嬉しく思います。素晴らしいクラブでプレーできたことを誇りに思います。ありがとうございました」 2021.02.21 13:20 Sun
twitterfacebook
thumb

岩手退団の下畠翔吾、関西1部のポルベニル飛鳥に加入

いわてグルージャ盛岡は昨季限りで退団したDF下畠翔吾(28)が関西サッカーリーグ1部のポルベニル飛鳥に加わると発表した。 下畠は2011年に京都サンガF.C.U-18からトップチーム昇格後、2012年に佐川印刷SC(現・SP京都FC)にレンタル。2013年に京都復帰後、昨季から岩手入りした。 しかし、明治安田生命J3リーグ7試合1得点に終わり、1年で退団。先日に選手兼コーチとして加入が決定したDF角田誠に続いて、ポルベニル飛鳥に活躍先を求めることとなった。 2021.02.09 12:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly