西村拓真がCSKAモスクワから完全移籍で仙台に復帰! 以前はロシア残留希望も「強い覚悟がある」

2021.02.11 16:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベガルタ仙台は11日、CSKAモスクワから期限付き移籍加入していたFW西村拓真(24)の完全移籍加入が内定したことを発表した。仙台でキャリアをスタートした西村は、2018年8月にCSKAモスクワへ完全移籍。CSKAモスクワではロシア・プレミアリーグの他、チャンピオンズリーグ(CL)の出場も果たし、加入から1年半で公式戦23試合4ゴール1アシストを記録した。


2020年1月にはポルトガルのポルティモネンセへ期限付き移籍したが、新型コロナウイルス(COVID-19)がヨーロッパで急速に感染拡大していることを受け、日本への帰国を要求。同年3月に期限付き移籍を終了させ、仙台に復帰した。

そして、およそ3年ぶりのJ1リーグではケガの影響もあり20試合に出場し3ゴールにとどまった西村は、2022年夏まで契約を残すCSKAモスクワに戻ったが、現地メディアからは「居場所がない」と指摘されていた。

それでも「チャンスがあれば、もう一度やってみたい」と残留を希望していた西村。しかしながら、この度仙台への完全移籍が決定したようだ。

クラブの公式サイトでは「今シーズンもベガルタ仙台の一員としてプレーすることとなりました。強い覚悟を持って、チームの勝利に必ず貢献します。引き続き応援よろしくお願いします」と意気込みを語っている。
関連ニュース
thumb

札幌、立正大MF田中宏武と仮契約 「弟でもあるベガルタ仙台の田中渉とJリーグという同じ舞台に」

北海道コンサドーレ札幌は9日、立正大学に在学するMF田中宏武(21)の2022シーズン加入内定を発表した。 田中はサイドが主戦場で、スピードを生かしたドリブルでチャンスを作り出すことができる桐生第一高校出身。ベガルタ仙台のMF田中渉は弟で、関東大学選抜A選出歴も持つ。札幌との仮契約を受け、クラブを通じて意気込みを語っている。 「この度、北海道コンサドーレ札幌に加入することが内定しました立正大学の田中宏武です」 「北海道コンサドーレ札幌というとても魅力的な素晴らしいクラブで、プロサッカー選手としてのキャリアをスタートできることをとても嬉しく思います。自分は本当にたくさんの人に恵まれてここまでくることができました。まずなによりも小学校3年生でサッカーを始めたときから何不自由なくプレーを続けさせてくれて、誰よりも応援してくれた家族には本当に感謝したいです」 「また、自分を信じてくれた地元の友達、常に切磋琢磨して時にはぶつかりながら高めあってくれたチームメイト、生意気な自分に厳しく愛のある指導をしてくださった指導者の方々、これまで関わってくれた全ての人に感謝しています。そして1番のライバルであり弟でもあるベガルタ仙台の田中渉とJリーグという同じ舞台に立つことができることを誇りに思います」 「現状に満足することなくまずはここまで人間的に大きく成長させてくれた立正大学でしっかり戦います。そして北海道コンサドーレ札幌で1日でも早くチームの勝利に貢献してファン、サポーターの皆様に応援していただけるような選手になっていきます。応援よろしくお願いいたします」 2021.04.09 14:55 Fri
twitterfacebook
thumb

東京Vが15歳でJ2最年少デビューのMF橋本陸斗とプロ契約締結「全力を尽くします!」

東京ヴェルディは8日、MF橋本陸斗(16)とプロ契約を締結したことを発表した。 橋本は東京Vの下部組織出身で、ジュニア、ジュニアユースと昇格し、現在はユースに所属している。 今シーズンは2種登録としてトップチームで活動し、ここまで明治安田生命J2リーグで1試合に出場。開幕戦の愛媛FC戦で79分からプレーしていた。なお、これは15歳10カ月26日での出場となり、J2での最年少出場記録となった。 橋本はクラブを通じてコメントしている。 「この度プロ契約を結ばせていただくことになりました。小学生の頃からずっと好きだったチームで、自分の夢であるプロサッカー選手を始められることをすごく嬉しく思います」 「感謝の気持ちを忘れずこのチームのために全力を尽くします!ファン、サポーターの皆さん、ぜひ温かい声援をよろしくお願いします!」 2021.04.08 17:05 Thu
twitterfacebook
thumb

下平監督解任の横浜FC、ユース監督のクラブOB早川知伸氏が新監督就任「横浜FCへの想いは誰にも負けません」

横浜FCは8日、新監督にユースで監督を務める早川知伸氏(43)が就任することを発表した。 横浜FCは、2021シーズンの明治安田生命J1リーグで開幕から8試合で1分け7敗と未勝利が続き、7日付けで下平隆宏監督を解任していた。 早川新監督は、現役時代は浦和レッズや横浜FC、ジェフユナイテッド市原・千葉でプレー。2010年に現役を引退していた。 現役時代はJ1通算29試合1得点、J2通算195試合11得点を記録していた。 引退後は指導者の道を歩み、横浜FCでユースのコーチやジュニアユースの監督、トップチームのコーチを務め、2020年からはユースで監督を務めていた。 早川新監督はクラブを通じてコメントしている。 「横浜FCで監督をさせていただけることに感謝しております。2003年に選手として加入してから今年で19年目を迎えます」 「横浜FCは、自分自身にとって最高のクラブです。多くの仲間と出会い、素晴らしい経験をさせていただき、自分をここまで成長させてくれた最高のクラブです」 「この横浜FCへの想いは誰にも負けません。強い決意と覚悟をもって戦うことを誓います。よろしくお願いいたします」 2021.04.08 15:22 Thu
twitterfacebook
thumb

開幕8戦未勝利の横浜FC、ポゼッションサッカー確立の下平隆宏監督解任を正式発表

横浜FCは8日、下平隆宏監督(49)の解任を発表した。 柏レイソルで指導者キャリアをスタートさせた下平監督は、2018年5月の監督解任後、柏の強化部として働いていたが、2019年1月に横浜FCからヘッドコーチ就任の誘いを受けて就任する。 しかし、2019年5月に3シーズン目を迎えていたエジソン・アラウージョ・タヴァレス前監督の成績不振による解任を受けて、昇格する形で監督に就任。そこからチームの成績が回復する。 1年目のシーズンは、終盤にかけて状況を好転させ明治安田生命J2リーグを2位で終えてJ1昇格。2020シーズンは13年ぶりのJ1となったが、なかなか白星がつかない厳しいシーズンに。さらに、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた影響で降格がないレギュレーションとなったが、残留圏の15位フィニッシュを果たしていた。 今シーズンに向けては前線の選手を補強するなどし、J1定着を目指していた中、開幕から6連敗。第7節の柏レイソル戦は初勝利が近づく中、終了間際に被弾しドロー。そして7日に行われたサンフレッチェ広島戦では0-3で敗れ、最下位に転落していた。 ポゼッションサッカーを確立し、チームも下平監督のサッカーを体現。また、FW三浦知良(54)やMF中村俊輔(42)、GK南雄太(41)らベテランと、若手を融合させたチーム作りをしていたが、4チームが自動降格となる今シーズンのレギュレーションの中で結果が伴わず、無念の途中解任となってしまった。 下平監督はクラブを通じてコメントしている。 「横浜FCのファン、サポーターの皆様、そしてスポンサーの皆様、いつも応援、サポート頂きありがとうございます。昨晩の試合後、GM、社長と話し合いの場を持ちクラブを離れることになりました」 「今季はJ1定着を目指し、トップ10入りを目標にしましたが、思うような結果を出せなかったことに強く責任を感じております」 「ただ、選手、スタッフ、クラブスタッフとチーム一丸となり戦えたことは本当に誇りに思いますし、みんなには感謝の気持ちいっぱいです」 「横浜FCには2年と少しの在籍になりましたが、素晴らしい経験と沢山のいい思い出を作ることができました。本当に感謝しています」 「このクラブが好きになり愛着もありましたが、結果を出せずに、こういう形でクラブを離れるのは非常に心残りですが、これからも横浜FCというクラブが発展していくことを切に願っています」 「改めて、クラブ関係者の皆様、ファン、サポーターの皆様、スポンサーの皆様、本当ありがとうございました。そして、これからも横浜FCをよろしくお願いします」 <span class="paragraph-title">【動画】広島戦が下平監督のラストマッチに</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=rzxyxaucszvh107tm2sx4oubx" async></script> 2021.04.08 14:04 Thu
twitterfacebook
thumb

福島から福井へ、2年目のFW賀澤陽友が育成型期限付き移籍

福島ユナイテッドFCは7日、FW賀澤陽友(19)が北信越フットボールリーグ1部の福井ユナイテッドFCへ育成型期限付き移籍することを発表した。 移籍期間は2022年1月31日までとなる。 賀澤は横浜F・マリノスのジュニアユース出身で、市立船橋高校から2020年に福島へと入団した。 入団1年目は公式戦の出場はなく、今シーズンもここまで出場はなかった。 福井へと育成型期限付き移籍する賀澤はクラブを通じてコメントしている。 ◆福島ユナイテッドFC 「福島の皆さん、この度、福井ユナイテッドFCに期限付き移籍する事になりました」 「また福島でプレーができるように、福井で頑張ってきます! 福島からは離れますが今後とも応援よろしくお願いします!」 ◆福井ユナイテッドF 「この度、福井ユナイテッドFCに期限付き移籍する事になりました。JFL昇格に貢献できるように頑張ります!よろしくお願いします!」 2021.04.07 11:35 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly