攻撃陣躍動のアル・ドゥハイルが蔚山現代との5位決定戦を制す!《クラブ・ワールドカップ》

2021.02.08 02:01 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)2020・5位決定戦の蔚山現代(韓国)vsアル・ドゥハイル(カタール)が7日に行われ、1-3でアル・ドゥハイルが勝利。この結果、アル・ドゥハイルが5位となっている。

2回戦でティグレス(メキシコ)に敗れた蔚山と、アル・アイン(エジプト)に敗れたアル・ドゥハイルの5位決定戦。蔚山ではかつてアビスパ福岡でプレーしたウォン・ドゥジェが、アル・ドゥハイルでは今冬に加入した昨季J1得点王のFWオルンガが先発に名を連ねた。

大会初勝利を目指す両者の一戦は、4分にアル・ドゥハイルが決定機を迎える。相手CKのこぼれ球からカウンターを仕掛けると、ドゥドゥのパスをボックス左で受けたエジミウソンがシュート。さらに相手GKの弾いたボールをゴール前のドゥドゥが押し込んだが、これはドゥドゥのオフサイドを取られた。

アル・ドゥハイルは15分にも、ボックス左でボールを収めたドゥドゥの落としからエジミウソンがミドルシュートでゴールを脅かしたが、これはGKチョ・ヒョヌの好セーブに阻まれた。

その後も攻勢を続けるカタール王者は21分、バイタルエリア中央でカリミとスイッチしたエジミウソンがペナルティアーク手前まで切り込むと、コントロールショットをゴール右隅に突き刺さった。

さらにアル・ドゥハイルは、42分に中盤でのボール奪取からドゥドゥがカウンター。ラストパスでゴール前に抜け出したオルンガがチップキックでゴールを狙ったが、これはGKチョ・ヒョヌのセーブに防がれた。

迎えた後半、1点を追う蔚山はヒンテルゼーアとデイビッドソンを下げてキム・ジヒョンとキム・インソンを投入。すると62分、ボックス右深くまで侵入したキム ソンジュンのクロスをファーサイドのキム・インソンが折り返すと、相手DFにディフレクトしたボールを最後はユン・ビッカラムがゴールに流し込んだ。

同点に追いつかれたアル・ドゥハイルだったが、すぐに反撃に出る。66分、ドゥドゥの絶妙なループパスでゴール前に抜け出した途中出場のM・ムンタリがボレーシュートで流し込んだ。

さらに82分には、右サイドでイスマエルが競り合ったこぼれ球を拾ったアルモエズ・アリがボックス右から侵入。冷静にGKの股下を抜くシュートでネットを揺らした。

結局、試合はそのまま3-1で勝利したアル・ドゥハイルが5位で大会を終えた。一方、初勝利を逃した蔚山はCWC4連敗となっている。

関連ニュース
thumb

アル・ドゥハイル、新監督にシャフタールを退任したルイス・カストロ氏を招へい

カタールのアル・ドゥハイルは10日、新監督にポルトガル人指揮官のルイス・カストロ氏(59)を招へいしたことを発表した。契約期間は1年間とのことだ。 現役時代にプレーした母国のアゲダで指導者キャリアをスタートしたカストロ監督は、2006年からポルトのアカデミーの指導者に転身。2013年からリザーブチームにあたるポルトBの監督を務めると、2014年にトップチームを率いていたパウロ・フォンセカ監督の解任に伴い、暫定指揮官としてシーズン終了までポルトを指揮。 その後はリオ・アヴェ、シャヴェス、ヴィトーリアの監督を歴任し、2019年6月からは奇しくもフォンセカ監督が退任したシャフタール・ドネツクの監督に就任。2019-20シーズンはウクライナ・プレミアリーグ4連覇に導いたが、昨季はディナモ・キエフの後塵を拝して、王座を奪われると、2021年6月に契約満了で退任していた。 アル・ドゥハイルにはベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトやベルギー人FWエジミウソン・ジュニオール、元柏レイソルのケニア代表FWオルンガが在籍している。 2021.08.11 02:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アルデルヴァイレルトが6年過ごしたスパーズに別れ…「僕と家族の心の中にいつでもあり続ける」

カタールのアル・ドゥハイルへの移籍が決定したベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(32)がトッテナムに別れを告げた。 2015年にアトレティコ・マドリーから加入したアルデルヴァイレルトは、代表でもコンビを組むDFヤン・ヴェルトンゲン(現ベンフィカ)と長らくセンターバックのコンビを組むなど、スパーズの最終ラインのリーダーとして君臨。公式戦243試合に出場していた。 クラブとの契約は2023年まで残っていたものの、ヌーノ・エスピリト・サント監督の就任に加え、補強担当がファビオ・パラティチ氏に替わった影響もあり、今夏の退団は有力視されている状況だった。そして、既報通りアル・ドゥハイルへの移籍が決定。移籍金は『テレグラフ』によると1300万ポンド(約19億7000万円)程度となったという。 6年を過ごしたトッテナムを離れ、カタールで新たな挑戦に臨むことになったスパーズのディフェンスリーダーは自身の公式『ツイッター』を通じて別れのメッセージを送っている。 「6年間、2つのホーム、チャンピオンズリーグ決勝と本当にたくさんの思い出があるよ」 「ファンのみんなはホワイト・ハート・レーンに足を踏み入れたときから、このクラブの一員であることを感じさせてくれたし、新しい特別なスタジアムでは何があっても僕らを応援してくれた」 「まず、ファンのみんなに感謝を伝えたい。そして、チームメイト、スパーズのスタッフ、バックルーム、それ以外のすべての素晴らしいメンバーにも感謝を伝えたい」 「このクラブは僕と家族の心の中にいつでもあり続けるよ」 「トビーより愛を込めて…」 スパーズの最終ラインを長年に渡って務め、攻守両面で抜群の存在感を放ったアルデルヴァイレルトは、間違いなくクラブ歴代最高のセンターバックの一人だ。また、明るく誠実な人柄はクラブ、多くのサポーターから慕われていた。 2021.07.28 15:31 Wed
twitterfacebook
thumb

アルデルヴァイレルトのアル・ドゥハイル移籍迫る!

トッテナムのベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(32)がカタールのアル・ドゥハイル移籍に迫っているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じている。 2015年にアトレティコ・マドリーから加入したアルデルヴァイレルトは、代表でもコンビを組むDFヤン・ヴェルトンゲン(現ベンフィカ)と長らくセンターバックのコンビを組むなど、スパーズの最終ラインのリーダーとして君臨。ここまで公式戦236試合に出場している。 クラブとの契約は2023年まで残っているが、ヌーノ・エスピリト・サント監督の就任に加え、補強担当がファビオ・パラティチ氏に替わった影響もあり、今夏の退団が有力視されている。 そういった中、『テレグラフ』はトッテナムとアル・ドゥハイルが1300万ポンド(約19億7000万円)の条件で合意に達しており、すでに個人間合意に至っているアルデルヴァイレルトのメディカルチェックが済み次第、移籍が成立するとの独占情報を報じた。 仮に、今回の報道が事実である場合、アタランタのアルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ、ボローニャの日本代表DF冨安健洋という新センターバック獲得の交渉にもより大きな動きが出てくるかもしれない。 2021.07.25 13:57 Sun
twitterfacebook
thumb

韓国代表MFナム・テヒ、オルンガ擁する古巣アル・ドゥハイルに復帰! 先日にアル・サッドを退団

アル・ドゥハイルは9日、韓国代表MFナム・テヒ(30)の獲得を発表した。 蔚山現代FCの下部組織在籍歴を持つナム・テヒは16歳でイングランドのレディングに渡り、フランスのヴァランシエンヌでプロキャリアをスタート。2012年に2017年からクラブ名変更となるアル・ドゥハイルの前身レフウィヤに移り、5度のカタール・スターズリーグ制覇だけでなく、個人としても2017シーズンのリーグ年間MVPに輝くなど、8年にわたって活躍した。 2019年からはライバルのアル・サッドに加入して、1度のリーグ優勝に貢献。アル・ドゥハイル時代に公式戦通算215試合の出場数を誇り、アル・サッドでも62試合にわたってプレーした。 そんな現役の韓国代表MFだが、3日にアル・サッド退団が決定。元柏レイソルのケニア代表FWマイケル・オルンガも所属しているアル・ドゥハイルに約2年ぶりの復帰を果たすことになった。 2021.07.10 18:05 Sat
twitterfacebook
thumb

モロッコ代表DFベナティアがアル・ドゥハイルを退団

アル・ドゥハイルは4日、モロッコ代表DFメディ・ベナティア(34)が退団したことを発表した。 ベナティアは、マルセイユの下部組織で育ち、そのままファーストチームに昇格。その後ウディネーゼやローマ、バイエルン、ユベントスでプレー。バイエルンでは2度のブンデスリーガ優勝、ユベントスでは3度のセリエA優勝を経験した。 2019年1月にアル・ドゥハイルに完全移籍。日本代表MF中島翔哉ともチームメイトとしてプレーした経験がある。 アル・ドゥハイルでは、公式戦60試合に出場し2ゴールを記録。カタール・スターズリーグでは38試合で1ゴールを記録し、2019-20シーズンはリーグ優勝を果たしていた。 なお、ベナティアはジェノアへの移籍が噂されている。 2021.06.05 22:05 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly