【ブンデス第20節プレビュー】堂安&奥川ビーレフェルトvs大迫ブレーメン

2021.02.05 18:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
前節は2位ライプツィヒがレバークーゼンにシャットアウト勝利とし、ホッフェンハイムに快勝とした首位バイエルンとの7ポイント差をキープした。そしてMF長谷部、MF鎌田のフランクフルトがチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位に浮上している。迎える第20節、MF堂安とザルツブルクからレンタルで加入したMF奥川の16位ビーレフェルト(勝ち点17)と、FW大迫の11位ブレーメン(勝ち点22)による日本人対決が行われる。ビーレフェルトは前節、残留争いを戦うことが予想されるケルンに完敗し、2連敗中。3戦負けなしから連敗と嫌な流れとなっているだけに同じく残留争いを戦うことになりそうなブレーメン相手には負けられない一戦となる。堂安はもちろん、奥川にもデビューのチャンスがあれば貪欲にゴールを目指して欲しい。


対するブレーメンは前節、最下位シャルケ相手に引き分け止まりに終わった。先制されるまずい試合展開となった中、後半序盤に投入された大迫が流れを好転させ、決定的なヘディングシュートを放った他、同点弾を演出するスルーパスを供給と、久々に手応えのあるパフォーマンスを発揮した。ここ5戦で2勝2分け1敗で11位に浮上している中、大迫としては今季初ゴールを奪ってチームを中位に留めたい。

ホッフェンハイムに今季の1stマッチで完敗したリベンジを見事に果たした首位バイエルン(勝ち点45)は、金曜に15位ヘルタ・ベルリン(勝ち点17)とのアウェイ戦に臨む。ホッフェンハイム戦ではコロナによりMFゴレツカを欠いた中、前半は幾つかピンチがあったが、終わってみれば4発快勝とした。リーグ戦4連勝とした中、MFケディラが加入したヘルタを下して、クラブ・ワールドカップに臨めるか。

そのバイエルンを追う2位ライプツィヒ(勝ち点38)は最下位シャルケ(勝ち点8)とのアウェイ戦に臨む。レバークーゼン相手に試合を通して主導権を握り続けての勝利を飾ったライプツィヒ。マインツ戦の痛い敗戦を払拭した中、今節は最下位に沈むシャルケが相手となるが、油断することなく白星を掴めるか。

鎌田と長谷部が先発した中、ヘルタに逆転勝利とした4位フランクフルト(勝ち点33)は、12位ホッフェンハイム(勝ち点22)とのアウェイ戦に臨む。ヘルタ戦では圧倒しながらも先制される嫌な展開となった中、FWアンドレ・シウバのドッペルパックなどで逆転勝利としたフランクフルト。地力が付いてきたところを見せ付けたが、9戦負けなしとしてCL圏内をキープできるか。中盤で好連係を見せる鎌田と長谷部の活躍に引き続き期待だ。

下位に沈むマインツをしっかりと下して4戦ぶり勝利とした10位シュツットガルト(勝ち点25)は、5位に後退したレバークーゼン(勝ち点32)とのアウェイ戦に臨む。待望の今季ホーム戦初勝利を手にした中、リーグ戦ここ4戦で3敗、直近のポカールで4部に敗れた不調のレバークーゼンを下して上位進出を窺いたい。MF遠藤航としてはカウンターに鋭さのあるレバークーゼンの攻撃の芽を摘む働きが求められる。

先制されたものの、前節アウグスブルク戦では久々に好内容の試合を演じた6位ドルトムント(勝ち点32)は、9位フライブルク(勝ち点27)とのアウェイ戦に臨む。火曜に行われたポカールでは2部相手に延長戦にもつれ込まれたが、リーグ戦での連敗を2で止め、4試合ぶりの勝利を手にした中、ここは確実に連勝としたい。

最後にMF遠藤渓太のウニオン・ベルリン(勝ち点29)は、17位マインツ(勝ち点10)とのアウェイ戦に臨むが、前節ボルシアMG戦で出番のなかった遠藤に出場のチャンスは訪れるか。

◆ブンデスリーガ第20節
▽2/5(金)
《28:00》
ヘルタ・ベルリンvsバイエルン

▽2/6(土)
《23:30》
マインツvsウニオン・ベルリン
レバークーゼンvsシュツットガルト
シャルケvsライプツィヒ
フライブルクvsドルトムント
アウグスブルクvsヴォルフスブルク
《26:30》
ボルシアMGvsケルン

▽2/7(日)
《23:30》
ホッフェンハイムvsフランクフルト
《26:00》
ビーレフェルトvsブレーメン
関連ニュース
thumb

緊急交代のMF奥川雅也、ビーレフェルト監督は軽傷とコメント「悪いものではないはず」

アルミニア・ビーレフェルトのフランク・クラマー監督が、日本代表MF奥川雅也の途中交代について言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 ビーレフェルトは17日、ブンデスリーガ第29節でアウグスブルクと対戦。残留に向けて勝ち点を積み上げたいビーレフェルトは、奥川とMF堂安律の日本人コンビがこの日も先発出場。しかし、0-0のゴールレスドローに終わった。 勝ち点1を積み上げ、残留ラインの15位に暫定浮上したビーレフェルト。しかし、奥川が88分に負傷のためピッチを去っていた。 試合終盤に緊急交代となったことで心配された奥川だが、試合後にクラマー監督が状態を明かし、痙攣だと語った。 「奥川はおさまらない痙攣を起こしてしまったようだ。ただ、それほど悪いものではないはずだ」 「ファビアン・クロスは足を踏まれてしまったが、それは時々起こることだ。火曜日に向けて様子を見る必要がある」 ビーレフェルトは20日に最下位のシャルケとの試合が控えている状況。中2日での試合となるが、残留争いのライバルとの大一番に奥川が出場するだろうか。 2021.04.18 10:55 Sun
twitterfacebook
thumb

堂安&奥川先発のビーレフェルト、4戦負けなしも低調アウグスブルクとゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは17日、ブンデスリーガ第29節でアウグスブルクとアウェイで対戦し0-0の引き分けに終わった。ビーレフェルトのMF堂安律は77分までプレー、MF奥川雅也は88分までプレーした。 前節のフライブルク戦で3試合ぶりの白星を飾った16位のビーレフェルト(勝ち点26)は、その試合の先発からアルネ・マイアーをファビアン・クンゼに変更した以外は、同じ先発メンバーを起用。堂安を右ウィング、奥川を右MFに配置した[4-3-3]で試合に臨んだ。 試合は立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ビーレフェルトは11分にロングスローをクロスがフリックしたボールを堂安が右足ボレーで合わせたが、このシュートは相手GKにキャッチされた。 さらにビーレフェルトは28分、GKオルテガからのロングフィードをボグルサマーが胸で落としボックス中央に走り込んだクロスがヒールで繋ぐと、最後は再びボールを受けたボグルサマーがダイレクトシュートでゴールを狙ったが、これは枠の上に外れた。 対するアウグスブルクは、44分に右サイドでFKを獲得するとカリジウリのクロスからハウウェレーウがヘディングシュートを放ったが、これは守護神オルテガが好守を見せて失点を許さず、前半はゴールレスで終了した。 後半も立ち上がりから膠着状態が続く中、ビーレフェルトは69分に左足を負傷したクロスを下げてシプロックを投入。さらに77分は堂安を下げてゲバウアーをピッチに送り出した。 しかし、後半先にチャンスを迎えたのはホームチームだった。78分、中盤からのロングパスをボックス左横で拾ったフィンボガソンが中央に折り返すと、走り込んだバルガスが右足で合わせたが、シュートは飛び出したGKオルテガが左足に当て、枠の左に外れた。 ピンチを凌いだビーレフェルトだが、86分にアクシデント。プレー中に左足を痛めた奥川が交代を要求。88分にデ・メディナが緊急投入された。 結局、試合はゴールレスのままタイムアップ。ビーレフェルトは4戦負けなしとしたが2連勝はならなかった。 2021.04.18 00:28 Sun
twitterfacebook
thumb

堂安律、来季の主戦場もブンデスか…PSVから“完全”退団の見通し

アルミニア・ビーレフェルトの日本代表MF堂安律(22)は来季もブンデスリーガが主戦場になるかもしれない。 タレント揃いのPSVで定位置を掴めず、昨夏にブンデスリーガ昇格組のビーレフェルトに活躍の場を求めた堂安。ここまでリーグ全28試合で起用され、4得点3アシストと主力選手として活躍を続けている。 先日に3月のブンデスリーガ「ルーキー・オブ・ザ・マンス」に輝き、チーム内での地位をより確固たるものにする堂安だが、ビーレフェルトとは1年間のレンタル契約。現状、PSV帰還も選択肢としてあるが、来季の去就は不透明だ。 しかし、来季もブンデスリーガで引き続きプレーする可能性が高いようだ。オランダ『ED.nl』によると、ドイツ他クラブからの関心があるなかで、すでにいくつかの問い合わせも受けており、今夏のPSV“完全”退団が規定路線だという。 現所属先のビーレフェルトも500万ユーロ(約6億5000万円)強の買い取りオプションを有しており、今季終了後に行使の意思があるというが、現在は残留争いの真っ只中。降格した場合、財政的にも買い取りに動けるか微妙のようだ。 なお、PSVとの契約は2024年まで。獲得時に移籍金750万ユーロ(現レートで約9億7000万円)を投じたPSVだが、残り契約年数を鑑みて不利益にならず、売却に至る可能性があるとのことだ。 2021.04.16 17:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「このゴールは本当に嬉しい」オウンゴール誘発の奥川雅也が勝利を喜ぶ

アルミニア・ビーレフェルトの日本代表MF奥川雅也がフライブルク戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ビーレフェルトは9日、ブンデスリーガ第28節でフライブルクと対戦。残留争いをする中で17位と降格圏に沈むビーレフェルトだったが、68分に奥川が見せる。 右CKからショートコーナーでリスタートすると、ボックス内でパスを受けた奥川がドリブルを仕掛けシュート性のクロス。これをGKが弾ききれずにゴールに入り、ビーレフェルトが先制。そのまま逃げ切り、1-0で勝利を収めた。 この勝ち点3で残留圏に浮上したビーレフェルト。オウンゴールを誘発し、チームを勝利に導いた奥川が試合を振り返ってコメントした。 「3ポイントをうまく使うことができました。トレーニングでは常に試合に100%集中しており、勝つことがとても重要でした」 「監督は試合前に『常に全力を尽くし、ピッチではお互いに立ち向かおう』と言っていました」 「どうしてもゴールを決めたかったです。オウンゴールになりましたが、このゴールは本当に嬉しいです」 <span class="paragraph-title">【動画】奥川雅也が貴重なオウンゴールを誘発!(0:21~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="PHwiZ2jwbng";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.04.10 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

奥川の誘ったOG弾で逃げ切ったビーレフェルトが3試合ぶりの白星で降格圏脱出!《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは9日、ブンデスリーガ第28節でフライブルクと対戦し、1-0で勝利した。ビーレフェルトのMF堂安律は91分までプレー、奥川雅也はフル出場している。 降格圏内の17位に沈むビーレフェルト(勝ち点23)が、10位フライブルク(勝ち点37)をホームに迎えた一戦。 堂安と奥川が4戦連続同時スタメンとなった。 堂安のファーストシュートで幕を開けた一戦は、前線にボール集めるシンプルな攻撃でシュートまでつなげると、14分には、左CKからの二次攻撃からボックス内のボグルサマーに決定機が生まれたが、シュートは相手GKの正面を突いた。 良い入りを見せたビーレフェルトは17分にピンチを迎える。スローインを右サイド深くで拾ったサンタマリアがダイレクトで折り返すと、ニアのR・サライが右足で合わせたが、シュートはゴール左に逸れた。 その後は膠着状態が続く中、ビーレフェルトは28分にクロスのヒールパスでゴール前に抜け出した奥川がシュート。さらに39分には、堂安のパスでボックス右深くまで侵入したクロスがシュートを放ったが、共にGKミュラーのセーブに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半は、立ち上がりから一進一退の攻防が続く。するとビーレフェルトは68分、ショートコーナーの戻しを受けたアルネ・マイアーのパスをボックス右で受けた奥川が縦切り込みシュート。ゴール前のサンタマリアにディフレクトしたボールがそのままゴールネットに突き刺さった。 さらにビーレフェルトは、74分にもコーナーキックの流れからニルソンがゴールネットを揺らしたが、VARの末にオフサイドと判定され、ゴールは取り消された。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、ビーレフェルトは86分にデ・メディナのボール奪取からショートカウンターを仕掛けると奥川のラストパスをゴール前のボグルサマーが右足で合わせたが、これはゴール左に外れた。 結局、試合はそのまま1-0でタイムアップ。3試合ぶりに白星を飾ったビーレフェルトは、暫定ながら残留圏内の14位まで順位を上げた。 2021.04.10 05:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly