総合格闘技“最強”の男ヌルマゴメドフがサッカー界への転身を決意?「オファーを受ける準備ができている」

2021.01.27 18:48 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2020年10月に現役引退を宣言した総合格闘技団体・UFC(アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ)の世界ライト級王者のハビブ・ヌルマゴメドフ(32)が、サッカー界への転身を考えているのかもしれない。ヌルマゴメドは25日、自身のインスタグラムを更新。砂浜をランニングする自身の映像とともに、「フットボールでのデビューの準備。僕はフリーエージェントであり、オファーを受け入れる準備ができている」と投稿した。


総合格闘技史上最長である29戦29勝の無敗記録を持つヌルマゴメドフは、2020年10月に行われたUFC世界ライト級王座統一戦でジャスティン・ゲイジーに勝利した後、格闘技の師でもあった父の死を理由に現役引退を表明していた。

さらに、今月には元オランダ代表MFクラレンス・セードルフ氏らとサッカーに興じる姿も報道されていた。

ヌルマゴメドフには総合格闘技界復帰の可能性も囁かれているが、最強の男は別の道への挑戦を選ぶのだろうか。

◆UFC“最強”の男ヌルマゴメドフの速すぎるドリブル突破
関連ニュース
thumb

自分を殴ってファウルを“自作自演”も失敗!「信じられない」

現在、VARの普及などによってシミュレーションなどの不正行為は非常にリスクのあるプレーとなっているが、VAR未導入のグアテマラ3部リーグで珍プレーがあった。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 舞台となったのは、バタネコスFCとデポルティボ・サン・ロレンソの一戦。サン・ロレンソ陣内の左サイドで選手が痛め、プレーが止まる。 両軍の選手が倒れた選手の周りに駆け寄るが、そのタイミングで観客席から小石サイズの物体が投げ込まれ、ピッチに落ちた。それ見ていたバタネコスのロスビン・ラモスは、落ちていた物体を拾いながらそれを自身の額に当て、大袈裟にピッチに倒れ込んだ。 審判を欺こうとしたラモスだったが、無理がありすぎる行為に、近くにいたチームメイトも素通り。一部始終を見ていたサン・ロレンソの選手たちからはやや呆れられながら責められていた。 ラモスは、しばらくした後に額を押さえながら立ち上がり、どちらにもカード等が出されないままプレーは再開されている。なお。試合はサン・ロレンソが3-1で勝利している。 一連の流れのシーンがSNSで拡散されると、「嘘だろ」「俳優になった方がいい」「信じられない」と辛らつな言葉の数々が寄せられている。映像技術が発達した現代においては正直にいたほうが良さそうだ。 <div id="cws_ad" >◆自作自演はあえなく失敗…</div> <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><script>var video_id = "PNwImPIcbQU";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script></div> 2021.02.24 18:44 Wed
twitterfacebook
thumb

「なぜそこにいる?」無人のゴールへシュートも“主審”が衝撃のブロック

メキシコで主審が主役となってしまう場面があった。 舞台となったのは21日に行われたメキシコのリーガMX後期第7節のクルス・アスルとトルーカの一戦だ。 クルス・アスルが2点リードで迎えた36分の場面、前がかりになるトルーカに対し、MFルイス・ロモがロングパス1本で抜け出し、飛び出してきたGKもかわす。 後は無人のゴールに流し込むだけだったが、ロモのシュートは狙いすぎたのかゴール右のポストに当たり跳ね返る。こぼれ球を拾ったFWジョナタン・ロドリゲスが今度こそ決めたと思われたが、ロドリゲスのシュートはボックス内まで駆け上がってきていた主審の右足に当たり、そのままラインを出ていった。 まさかのセーブに、ロドリゲスらクルス・アスルの選手は猛抗議。しかし、ルール通りトルーカGKのドロップボールとなり再開された。 『ESPN』の公式ツイッターがこのシーンを公開すると、サポーターからは「なんで主審がセンターバックをやってるんだ」「CL決勝だと想像するとゾッとする」「なぜそこにいる?」と中々ない光景に驚く声が多く寄せられた。 試合を決める3点目を逃したクルス・アスルは一時2-2の同点に追いつかれたものの、後半に待望の勝ち越しゴールを奪い、3-2で勝利している。 <div id="cws_ad">◆“主審”の衝撃ブロック<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">¡Insólito! <a href="https://twitter.com/hashtag/LigaMX?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LigaMX</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Guard1anes2021?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Guard1anes2021</a> <a href="https://twitter.com/mauriciopedroza?ref_src=twsrc%5Etfw">@mauriciopedroza</a> <a href="https://twitter.com/herculezg?ref_src=twsrc%5Etfw">@herculezg</a> <a href="https://t.co/fK05ubs1Xr">pic.twitter.com/fK05ubs1Xr</a></p>&mdash; Ahora o Nunca ESPN (@ahoraonuncaespn) <a href="https://twitter.com/ahoraonuncaespn/status/1363308412281487360?ref_src=twsrc%5Etfw">February 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.22 18:25 Mon
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドのSNS総フォロワーが初の“5億人”超え!メッシのフォロワー数は?

世界的スーパースターであるユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのSNSの総フォロワー数が5億人に到達した。イギリス『サン』が伝えている。 C・ロナウドは、フェイスブック(1億2400万人)、ツイッター(9100万人)、インスタグラム(2億6100万人)という3つのSNSで多くのフォロワーを獲得しており、インスタグラムのフォロワー数は、Instagram自体の公式アカウントを除けば、世界一のフォロワー数を誇る。 過去の報道によるとロナウドは、自身のインスタグラムを利用した1年間の広告収入で4780万ドル(当時のレートで約52億1000万円)を稼いだとのこと。 1回の投稿にあたる広告掲載の収益は平均97万5000ドル(当時のレートで約1億600万円)にも上る。 『サン』は、フットボール界でしのぎを削ってきたバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのフォロワー数も記載しており、ツイッターのアカウントはなく、フェイスブック(9千万人)、インスタグラム(1億8300万人)とのことだ。 メッシは全く気にしてないと思われるが、SNS界ではC・ロナウドの圧勝のようだ。 <div id="cws_ad">◆C・ロナウドの新着インスタ投稿<blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CLKDwYvA_aN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CLKDwYvA_aN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CLKDwYvA_aN/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2021.02.17 08:05 Wed
twitterfacebook
thumb

移籍回数、在籍クラブ数世界一のFWアブレウが30、31クラブ目の移籍先発表!

元ウルグアイ代表FWセバスティアン・アブレウ(44)が、移籍回数、在籍クラブ数の世界記録をさらに更新している。ドイツ『transfermarkt』が伝えている。 “エル・ロコ(変人)”の愛称で知られるアブレウは、2017年にサンタ・テクラ(エルサルバドル)から、ブラジル3部のバングに完全移籍。その際、移籍回数の世界記録(28回)を樹立した。 1995年に母国のデフェンソールでプロキャリアをスタートしたアブレウは、1996年にサン・ロレンソ(アルゼンチン)へキャリア初の移籍を行う。その後、22年間のキャリアで9カ国、23クラブを渡り歩いた。 この世界記録樹立後はさらに6クラブ、6度の移籍を経験し、直近はボストン・リーベル(ウルグアイ)に在籍していた。 そして、44歳の世界記録保持者は2021年もキャリア続行を決断し、記念すべき30クラブ目と31クラブ目の移籍先を同時に発表した。 アブレウはまずブラジルのミナスジェライス州に本拠地を置くアスレティック・クラブに短期契約で加入し、4月には母国のスド・アメリカに加入することが決定している。 なお、スド・アメリカは新シーズンからプリメーラ昇格が決定しており、先日に古巣デフェンソールとプロ契約を結んだ実子のFWディエゴ・アブレウ(17)との親子共演も期待されている。 ちなみに、これだけ多くのクラブを渡り歩いていると、その能力に疑いが出てくるが、193cmの長身ストライカーは、2002年の日韓ワールドカップに出場するなど、ウルグアイ代表として通算70試合に出場し、26ゴールという立派な数字を残し、2011年のコパ・アメリカでは、優勝に貢献している。アブレウのクラブ遍歴は以下の通り。 ◆アブレウのクラブ遍歴(※はレンタル移籍) 1995-96:デフェンソール(ウルグアイ) 1996-98:サン・ロレンソ(アルゼンチン) 1998-2004:デポルティボ(スペイン) 1998:グレミオ(ブラジル)※ 1999-2000:テコス(メキシコ)※ 2000-01:サン・ロレンソ(アルゼンチン)※ 2001:ナシオナル(ウルグアイ)※ 2002-03:クルス・アスル(メキシコ)※ 2003:クラブ・アメリカ(メキシコ)※ 2004:テコス(メキシコ)※ 2004-05:ナシオナル(ウルグアイ) 2005-06:シナロラ(メキシコ) 2006:モンテレイ(メキシコ) 2007:サン・ルイス(メキシコ) 2007-08:ティグレス(メキシコ) 2008:リーベル・プレート(アルゼンチン)※ 2008:ベイタル・エルサレム(イスラエル) 2008-09:リーベル・プレート(アルゼンチン) 2009:レアル・ソシエダ(アルゼンチン)※ 2009-10:アリス・テッサロニキ(ギリシャ) 2010-12:ボタフォゴ(ブラジル) 2012:フィゲイレンセ(ブラジル)※ 2013-15:ナシオナル(ウルグアイ) 2013-14:ロサリオ・セントラル(アルゼンチン)※ 2015:アウカス(エクアドル)※ 2016:ソル・デ・アメリカ(パラグアイ) 2016:サンタ・テクラ(エルサルバドル) 2017:バング(ブラジル) 2017:セントラル・エスパニョール(ウルグアイ) 2017:プエルト・モント(チリ) 2018:アウダクス・イタリアーノ(チリ) 2018:マガジャーネス(チリ) 2019:リオ・ブランコ(ブラジル) 2019-20:ボストン・リーベル(ウルグアイ) 2021:アスレティック・クラブ(ブラジル) 2021:スド・アメリカ(ウルグアイ) 2021.02.11 02:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ウィリアム・サリバ、チームメイトの自慰行為が映った過去の動画が流出…FFFが調査開始

アーセナルからニースにレンタル移籍中のフランス人DFウィリアム・サリバが、ある容疑で調査対象に挙がっているようだ。フランス『RMC Sport』が伝えている。 同選手にかけれらている容疑とは、同選手の3年前に録ったある動画が最近流出してしまった件。動画には、アンダー世代のフランス代表のジャージを着て笑うサリバの姿とともに、おそらくホテルで同部屋となったチームメイトの自慰行為が一部映ってしまっていたようだ。 この動画がどのようにネット上に流出してしまったかは不明だが、場合によっては、サリバにはわいせつ物頒布や公然わいせつなどの罪が課せられる可能性がある。 『RMC Sport』によると、これを受けてフランスサッカー連盟(FFF)が調査を開始することを決定。同連盟は「連盟とサッカー全体に有害なイメージを与えるもの」として、懲戒委員会を開くようだ。 2019年夏にサンテチェンヌからの加入が内定していたサリバは、昨季はレンタルという形でサンテチェンヌで戦い、今季からアーセナルに本格合流。しかし、ミケル・アルテタ監督の下で全く出番を得られず、ベンチ入りもEFLカップ(カラバオカップ)の1試合のみ。セカンドチームでのプレーがメインという状況が続くと、今冬にニースへのレンタルを決断した。 2021.02.10 15:09 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly