香川真司がギリシャ到着、加入噂のPAOKもSNSで匂わせ投稿

2021.01.27 12:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©Real Zaragoza
ギリシャ・スーパーリーグのPAOKテッサロニキが、MF香川真司(31)の獲得が間近に迫っているようだ。ギリシャ『Gazzetta』が報じた。昨シーズンは自身の念願が叶い、スペインの地でプレー。レアル・サラゴサに加入し、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)を戦った。


香川はチームの中心となり攻撃を支えた一方で、目に見えた数字を残せず。また、チームは昇格争いを続けていたものの、最終的にはプレーオフに回り、敗退となったために2部に残留することとなった。

2年契約を結んでいた香川は、今シーズンもサラゴサに残ることが既定路線とみられていた中、EU圏外枠や給与の問題などが重なり退団。各国からオファーがある中、スペインでのプレー続行を希望したため全てのオファーを拒否。無所属状態が続いていた。

香川退団後のサラゴサは、2部でも低迷するなどしたため、ファンからは復帰を求める声もある中、トレーニングを続けていた香川。古巣であるセレッソ大阪からのオファーも報じられた中、所属先が決まらない状態が続いていた。

移籍市場も閉幕が近づく中、これまで拒否していたPAOKへの移籍が急接近している香川。『Gazzetta』は香川が26日にPAOKのホームであるテッサロニキに滞在していることを報道。PAOKのタオルマフラーやマスクを身にまとった香川の写真も掲載している。

PAOKも公式ツイッターを更新し、1枚のシルエット写真をツイート。誰かがやってくることを匂わせている。

香川はC大阪でキャリアをスタート。その後海を渡り、ドルトムントやマンチェスター・ユナイテッド、ベシクタシュを渡り歩き、2019年夏にサラゴサに加入していた。

スペインでのプレーにこだわっていた香川だが、ギリシャに活躍の場を求めることになるようだ。

◆クラブも誰かの到着を匂わせ
関連ニュース
thumb

橋岡大樹がベルギーデビュー! 鈴木優磨&シュミットと共演もオイペンに敗戦《ジュピラー・プロ・リーグ》

2月28日、ジュピラー・プロ・リーグ第28節のシント=トロイデンvsオイペンが行われ、0-2でオイペンが勝利した。 この試合ではGKシュミット・ダニエルとFW鈴木優磨が先発フル出場。また、浦和レッズから今冬加入したDF橋岡大樹が63分から途中出場を果たした。 前節のアントワープ戦で引き分け、連敗をストップした15位のシント=トロイデン。14位のオイペンとの一戦に勝利すれば、順位が入れ替わる状況だった。 しかし、立ち上がりからオイペンが攻勢。7分にはアドリアーノの縦パスを受けたナレッジ・ムソナがボックス内からシュート。しかし、これは枠をわずかに外れる。 そのシント=トロイデンは27分、ボール奪取からカウンターを仕掛けると右に展開。パスを受けたクリスティアン・ブルースがグラウンダーのクロスをGKとDFの間に入れると、ファーに走り込んだ鈴木が滑り込んで合わせにいくがわずかに届かない。 すると41分、オイペンは左CKをクイックスタート。クロスに対して、アマラ・バビが打点の高いヘッドで合わせると、右隅に決まり、オイペンが先制する。 シント=トロイデンは51分、左サイドからのクロスにニアにブルースが飛び込むと、合わせらないものの相手DFにあたってオウンゴールに。しかし、VARのチェックによりその前にオフサイドがあったとしてゴールは取り消された。 ピンチをしのいだオイペンは60分、自陣でのボール奪取からカウンター。ムソナがドリブルで持ち込むと、ボックス手前でテイシェイラが倒し、DOGSOで一発退場となった。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=mdbb4thk9tix19sdzwhrf7woe" async></script></div> 0-1で迎えた64分には橋岡がマキクシミリアーノ・カウフリーズとの交代でデビューを果たす。 77分には左CKからのクロスを鈴木がヘッド。しかし、これはGKがキャッチ。85分には上がった橋岡がクロスを頭で折り返すも、味方につながらない。 すると89分、右サイドからの大きな展開からボックス内左でスマイル・プレヴリャクがトラップ。そのままカットインすると、右足を振り抜きゴール。オイペンが決定的なゴールを奪い、0-2で勝利を収めた。 シント=トロイデン 0-2 オイペン 0-1 41分:アマラ・バビ(オイペン) 0-2 89分:スマイル・プレヴリャク(オイペン) 2021.03.01 10:55 Mon
twitterfacebook
thumb

久保途中出場のヘタフェがアランバリのスーペルゴラッソで10人のバレンシア撃破! 7戦ぶりの白星に《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第25節、ヘタフェvsバレンシアが27日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、ホームのヘタフェが3-0で勝利した。なお、ヘタフェのMF久保建英は85分からプレーした。 直近4連敗で6戦未勝利と泥沼の状態にある15位のヘタフェ(勝ち点24)が、12位のバレンシア(勝ち点27)をホームで迎え撃った一戦。3戦連続途中出場の久保はこの試合でもベンチスタートとなった。 共に[4-4-2]の堅守速攻スタイルを採用した両チームは、完全にかみ合う形で立ち上がりからバチバチと球際でやり合う。 中盤での潰し合いが目立つ中、切り替えの精度、最終ラインと2トップの駆け引きでやや勝るヘタフェがよりフィニッシュまで持ち込むが、深刻な得点力不足に悩むホームチームは最後の部分でうまくいかない。 ゴールレスでの折り返し濃厚かに思われたが、ヘタフェの誇る飛び道具が6戦ぶりのゴールをもたらした。39分、相手陣内中央距離のある位置でDFコレイアのヘディングのクリアを回収したアランバリがすかさず右足を振り抜くと、右足アウトにかかった鋭いシュートが戻りながらの対応となったGKシレッセンの手を弾いてゴール右上隅の完璧なコースに決まった。 アランバリのスーペルゴラッソによって1点リードで試合を折り返したヘタフェは、後半立ち上がりに数的優位まで手にする。51分、バックパスを受けたディアカビにプレッシャーをかけてボールを奪ったマクシモビッチが入れ替わり際で倒されると、決定機阻止のディアカビにレッドカードが掲示された。 この好機に畳みかけるホームチームは直後にボックス内に抜け出したウナルの決定機はシュートを枠の右に外すが、55分にはロングボールをウナルが背後に落としたところに抜け出したマタが相手DFの寄せをものともしないキープから右足の強烈なシュートを突き刺し、貴重な追加点を奪い切った。 その後も危なげなく試合を進めるヘタフェは85分、殊勲のアランバリ、マタらを下げて久保、アレーニャ、ティモルを一気に投入し、試合を締めにかかる。 すると、87分には左サイドでのボール奪取からクチョ・エルナンデスがボックス左で放ったシュートのこぼれ球をボックス中央に走り込んだアレーニャが右足ボレーで合わせ、勝利を決定づける移籍後初ゴールとした。 その後、90分にはアレーニャのシュートのこぼれ球に反応した久保がボックス右から右足のシュートを放つが、枠を捉えた際どいシュートはGKの好守に阻まれ、アレーニャに続く待望のゴールとはならず。 それでも、バレンシアの反撃を無失点で凌ぎ切ったヘタフェが6戦ぶりのゴールを含む3ゴールを挙げて待望の7戦ぶりの白星を手にした。 2021.02.28 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

サンチョ躍動のドルトムントが堂安&奥川のビーレフェルトに快勝、次節はデア・クラシカー《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第23節、ドルトムントvsビーレフェルトが27日に行われ、3-0でドルトムントが快勝した。ビーレフェルトのMF堂安律は75分まで、MF奥川雅也は75分から出場している。 前節シャルケとのレヴィア・ダービーを快勝した6位ドルトムント(勝ち点36)は、シャルケ戦のスタメンからブラントとデラネイに代えてレイナとベリンガムを起用した。 一方、前節ヴォルフスブルクに完敗した16位ビーレフェルト(勝ち点18)は、開幕からスタメン出場を続ける堂安がフラットな[4-4-2]の右MFで先発となり、前節ブンデスデビューを飾った奥川は引き続きベンチスタートとなった。 中盤アンカーにダフード、2列目に右からレイナ、ロイス、ベリンガム、サンチョと並べる[4-1-4-1]で臨んだドルトムントが立ち上がりから攻勢をかけた中、ビーレフェルトは6分に堂安がルーズボールをダイレクトでシュートに持ち込む決定機を演出。 さらに12分、堂安のパスを受けたクンゼがボックス内からGKノイアー強襲のシュートを放った。 攻め込みながらもゴールが遠いドルトムントは、28分にFKの流れからロイスがバー直撃のシュートを放つと、39分にはビッグチャンス。相手のミスパスをカットしたサンチョが持ち上がってラストパスを送り、ボックス左のハーランドがシュートに持ち込むも、GKオルテガのファインセーブに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半、ドルトムントが開始3分に先制する。サンチョのパスを受けたペナルティアーク中央のダフードがゴール左にミドルシュートを突き刺した。 さらに57分、ドルトムントがリードを広げる。ボックス内で仕掛けたロイスがピーペルに倒されてPKを獲得。これをサンチョが決めてリードを広げた。 守備に追われる展開が続くビーレフェルトは、堂安が69分にカットインからシュートに持ち込みかけると、続く71分にはドリブルでボックス左まで持ち上がってシュートに持ち込んだ。 その堂安に代えてビーレフェルトは75分、奥川を左サイドに投入。しかし81分、ドルトムントが勝負を決定付ける。サンチョのスルーパスでボックス左に侵入したハーランドが折り返し、ヘイニエルが決めた。 レアル・マドリーからレンタルで加入しているヘイニエルに移籍後初弾も生まれたドルトムントが快勝でリーグ戦2連勝とし、次節バイエルンとのデア・クラシカーに臨むこととなった。 2021.02.28 01:45 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤がブンデス初弾など2G2Aと躍動!シュツットガルトが最下位シャルケに5発圧勝!!《ブンデスリーガ》

遠藤航の所属するシュツットガルトは27日、ブンデスリーガ第23節でシャルケと対戦し、5-1で勝利した。遠藤はフル出場した。 前節のケルン戦で3試合ぶりの白星を飾った10位シュツットガルト(勝ち点29)が、7試合未勝利の最下位シャルケ(勝ち点9)をホームに迎えた一戦。 開幕から23試合連続スタメンとなった遠藤をボランチに据えた[3-4-2-1]で試合に臨んだシュツットガルトは、開始早々の5分にピンチを迎える。右サイドを持ち上がったベッカーのクロスをファーサイドのアリが絶妙なトラップからシュートを放ったが、これはわずかに飛び出したGKコベルが体でブロックした。 ピンチを凌いだシュツットガルトは10分、ソサの右CKをゴールエリア左でフリーの遠藤が見事な右足ボレーでゴールネットへ叩き込み、ファーストチャンスで先制する。 その後は膠着状態が続いたが、26分にシュツットガルトがリードを広げる。カストロの左CKをニアサイドのアントンがヒールで逸らすと、ゴールエリア右の遠藤が流し込んだ。 さらにシュツットガルトは34分、右CKの二次攻撃から左サイドでこぼれ球を回収したソサが左足インスウィングのクロスを入れると、カライジッチのヘディングシュートがゴール左隅に吸い込まれた。 3点差をつけたシュツットガルトは、40分にコラシナツのゴールで1点を返されたが、3-1で前半を終えた。 後半は立ち上がりから一進一退の展開が続く中、シュツットガルトは62分フェルスターとカストロを下げてディダヴィとクレメントを投入。しかし、先に決定機を迎えたのはアウェイチーム。71分、ボックス中央でパスを受けたアリをケンプフが後方から倒しPKを献上。しかし、ベンタレブのPKはGKコベルが完璧な読みでビッグセーブ。 守護神の好守に応えたいシュツットガルトは87分、遠藤の縦パスをペナルティアーク左で受けたクレメントが反転から左足一戦。このシュートがゴール左隅に突き刺さった。 さらにシュツットガルトは、後半アディショナルタイムにもディダヴィのミドルシュートで追加点を挙げ、5-1で快勝した。 2021.02.28 01:32 Sun
twitterfacebook
thumb

武藤途中出場のエイバルvsウエスカの下位対決は痛み分け…乾と岡崎はベンチ入りも出番なし《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第25節、エイバルvsウエスカが27日にエスタディオ・ムニシパル・デ・イプルーアで行われ、1-1のドローに終わった。なお、エイバルのFW武藤嘉紀は70分からプレーもMF乾貴士はベンチ入りも出場機会なし。ウエスカのFW岡崎慎司も出場機会なしに終わった。 17位のエイバル(勝ち点21)と最下位のウエスカ(勝ち点19)による残留争い直接対決。 7戦未勝利と苦しい状況が続くエイバルは0-1で競り負けた前節のエルチェ戦に続き乾と武藤がベンチスタートとなった。 一方、前節グラナダ相手に今季3勝目を手にしたウエスカは岡崎が2戦連続でベンチスタートとなった。 開始2分にラファ・ミルがボックス内でファーストシュートを放つと、エイバルも13分にペドロ・レオンのグラウンダークロスに反応したキケ・ガルシアに決定機が訪れるが、ここはボールタッチがうまくいかずシュートを枠に飛ばせない。 互いに決定機を作り合った中、エイバルはショートカウンターから右サイドのポソを起点に幾度か惜しい場面を作り出す。これに対してウエスカはエスクリチェとラファ・ミルをハイラインの背後に走らせる形でこちらも際どい場面を創出。 前半終盤にかけてはホームのエイバルが優勢に試合を進めてハーフタイム直前にはペドロ・レオンのクロスバー直撃のシュートなど、よりゴールに迫ったが、前半のうちにゴールをこじ開けることはできなかった。 後半も拮抗した展開が続く中、互いに決定機まで持ち込む場面はあるものの、最後のところで精度を欠いてゴールをこじ開けられない。その後、後半半ばを過ぎると、試合は完全に膠着状態に陥った。 流れを変えたいエイバルは70分、セルジ・エンリクを下げて武藤、さらに79分には3枚替えを敢行も乾に出番は訪れず。一方、ウエスカは73分にエスクリチェに代えて岡崎ではなくサンドロ・ラミレスを投入した。 すると、この交代をキッカケにようやく試合が動く。まずは81分、相手陣内右サイドでのスローインの流れからボックス右のゴールラインギリギリでマフェオが上げたクロスをゴール前のサンドロ・ラミレスがワントラップから豪快な右足ボレーで蹴り込んだ。 一方、エイバルも失点直後の83分に左CKの場面で途中出場のアレイシ・ガルシアが入れたクロスをニアに飛び込んだパペ・ディオプが頭で合わせ、すぐさま同点に追いついた。 その後も両者は試合終了まで勝ち点3を目指して白熱の攻防を繰り広げたが、試合はこのまま1-1でタイムアップ。残念ながら日本人対決実現ならずの下位対決は痛み分けの結果に終わった。 2021.02.28 00:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly