香川真司がギリシャ到着、加入噂のPAOKもSNSで匂わせ投稿

2021.01.27 12:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©Real Zaragoza
ギリシャ・スーパーリーグのPAOKテッサロニキが、MF香川真司(31)の獲得が間近に迫っているようだ。ギリシャ『Gazzetta』が報じた。昨シーズンは自身の念願が叶い、スペインの地でプレー。レアル・サラゴサに加入し、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)を戦った。

香川はチームの中心となり攻撃を支えた一方で、目に見えた数字を残せず。また、チームは昇格争いを続けていたものの、最終的にはプレーオフに回り、敗退となったために2部に残留することとなった。
2年契約を結んでいた香川は、今シーズンもサラゴサに残ることが既定路線とみられていた中、EU圏外枠や給与の問題などが重なり退団。各国からオファーがある中、スペインでのプレー続行を希望したため全てのオファーを拒否。無所属状態が続いていた。

香川退団後のサラゴサは、2部でも低迷するなどしたため、ファンからは復帰を求める声もある中、トレーニングを続けていた香川。古巣であるセレッソ大阪からのオファーも報じられた中、所属先が決まらない状態が続いていた。

移籍市場も閉幕が近づく中、これまで拒否していたPAOKへの移籍が急接近している香川。『Gazzetta』は香川が26日にPAOKのホームであるテッサロニキに滞在していることを報道。PAOKのタオルマフラーやマスクを身にまとった香川の写真も掲載している。

PAOKも公式ツイッターを更新し、1枚のシルエット写真をツイート。誰かがやってくることを匂わせている。

香川はC大阪でキャリアをスタート。その後海を渡り、ドルトムントやマンチェスター・ユナイテッド、ベシクタシュを渡り歩き、2019年夏にサラゴサに加入していた。

スペインでのプレーにこだわっていた香川だが、ギリシャに活躍の場を求めることになるようだ。

◆クラブも誰かの到着を匂わせ

関連ニュース
thumb

「アルビオンが手にした宝石」2試合連続決勝ゴールの三笘薫を地元紙も絶賛「ほぼ全てのチャンスで相手に問題を引き起こす」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が高評価を得ている。 4日、ブライトンはプレミアリーグ第22節でホームにボーンマスを迎えた。 三笘はこの試合も先発出場。1月29日に行われたFAカップ4回戦のリバプール戦では、試合終了間際にボックス内で衝撃のテクニックを見せて決勝ゴールを決めており、世界中で大きな話題となっていた。 1月21日のプレミアリーグ第21節のレスター・シティ戦でも圧巻ゴールを決めており、3試合連続でのゴールが期待された三笘0-0で迎えた87分に、左からのクロスを珍しくヘッド。これが相手GKの手を弾いてネットを揺らした。 これで公式戦3試合連続ゴール、2試合連続の終盤の決勝ゴールを決めた三笘。ブライトンはこのゴールを守り切り、1-0で勝利。リーグ戦4試合無敗となっている。 イギリス『Sussex Live』は三笘に対して8点(10点満点)の評価。チーム最高の評価を与え、後半のプレーぶりを称えた。 「最初の15分間は攻撃できないエリアでボーンマスにプレッシャーをかけられ、試合に参加できていなかった。しかし、後半に入ると、ほぼ全てのチャンスで相手に問題を引き起こすことに成功した」 「そして見事なヘディングシュートを決め、チームは勝利を手にすることができた」 また、イギリス『Sussex Express』は9点(10点満点)とこちらも最高評価を与えた。 「アルビオンが手にした宝石。常に最も創造性に富んでおり、勝利に値する選手だった」 「スロースタートだったが、徐々に調子を取り戻し、何度も相手DFをかわしていった。テクニックも素晴らしい」 <span class="paragraph-title">【動画】地元紙も絶賛した三笘薫の珍しいヘディング決勝ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IGeG6Vb08lI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.05 09:20 Sun
twitterfacebook
thumb

「これは化け物」「めっちゃいいゴール」浅野拓磨が今季リーグ戦初ゴール! 高速シザーズにGK股抜きの技あり弾「うますぎる」

ボーフムの日本代表FW浅野拓磨が待望のリーグ戦初ゴールを記録した。 ボーフムは4日、ブンデスリーガ第19節でホッフェンハイムをホームに迎えた。 シーズン再開後4試合連続での出場となった浅野。2列目の右サイドで先発した。 この試合ではチームの攻撃陣が躍動。22分にフィリップ・ホフマンのゴールで先制すると、30分にはフィリップ・フェルスターが追加点を奪う。 幸先良く2ゴールを奪ったボーフムだったが、40分に待望の瞬間が訪れた。 味方がボールを繋ぐと、相手陣内に入ったところでクリストファー・アントウィ=アジェイのパスを受けた浅野がドリブル開始。中央突破すると、そのままドリブルで持ち込みボックス内に侵入。スピードに乗ったまま冷静に相手GKの股間を抜くゴールを決めた。 技ありゴールを決めた浅野。これが今シーズンのブンデスリーガ初ゴールに。ファンは「エグぅ」、「浅野うまい!!」、「これはうまい」、「早すぎる」、「浅野らしいゴール」、「めっちゃいいゴール」とコメント。相手DFを抜いたシザーズには「うますぎる」、「これは化け物」と称賛の声が集まった。 試合はその後もボーフムが得点を重ね、5-1で快勝。浅野もここから勢いに乗れるのか注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】浅野待望のリーグ戦初ゴール!高速シザーズからGKの股間を抜く技あり弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="v4aYaFIQASA";var video_start = 37;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【ゴール速報】<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B5%85%E9%87%8E%E6%8B%93%E7%A3%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#浅野拓磨</a><br>持ち前のスピードを活かしてドリブル突破!<br>遂に今季ブンデス初ゴール!!!<br><br><a href="https://t.co/fHRRTBHmsD">https://t.co/fHRRTBHmsD</a><a href="https://twitter.com/AsaTaku29?ref_src=twsrc%5Etfw">@AsaTaku29</a><a href="https://twitter.com/VfLBochum1848EN?ref_src=twsrc%5Etfw">@VfLBochum1848EN</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%92%E4%BD%93%E6%84%9F%E3%81%9B%E3%82%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ドイツサッカーを体感せよ</a> <a href="https://t.co/90fOde9UAs">pic.twitter.com/90fOde9UAs</a></p>&mdash; ブンデスリーガ スポーツライブ+ powered by スカパー! (@skyperfectv) <a href="https://twitter.com/skyperfectv/status/1621892286987800576?ref_src=twsrc%5Etfw">February 4, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.05 09:05 Sun
twitterfacebook
thumb

「理不尽ゴール!」「綺世半端ない」上田綺世は3戦連発、後半ATに決めた! 止められない反転スーパーゴールに称賛やまず「THIS IS 上田綺世!」

セルクル・ブルージュの日本代表FW上田綺世が土壇場ゴールでチームを救った。 4日、セルクル・ブルージュはジュピラー・プロ・リーグ第24節でスタンダール・リエージュと対戦した。 2試合連続ゴール中の上田は、この試合も先発出場を果たす。 プレーオフ進出に向け負けられない8位のセルクル・ブルージュは、6位のスタンダール・リエージュの前に苦しい戦いとなる。 互いに譲らずゴールが生まれないまま時計が進むと、81分に失点。終盤に手痛い展開となる。 しかし、後半アディショナルタイムに上田が圧巻のゴールを決めた。 ボックス左からのスローインをボックス内左で味方がフリック。これを上田がゴールに背を向けながら胸トラップでコントロール。すると反転して豪快に右足一閃。強烈なシュートがニアサイドを打ち抜き、ネットに突き刺さった。 圧巻のゴールにファンは「綺世半端ない」、「THIS IS 上田綺世!」、「理不尽ゴール!」、「えぐすぎる」と称賛のコメントが寄せられている。 上田はこれで3試合連続ゴール。初の海外挑戦でリーグ戦10点目を決め、チームを牽引している。 なお、試合は上田のゴールで追いつき、1-1の引き分けに終わった。 <span class="paragraph-title">【動画】上田綺世が強烈な反転シュートで劇的同点弾!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="04ftcVTPgeA";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.05 08:40 Sun
twitterfacebook
thumb

「いつだって危険な存在」ブライトン指揮官、2試合連続終盤決勝弾の三笘薫を称える

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督は、日本代表MF三笘薫について語った。クラブ公式サイトが伝えた。 4日、ブライトンはプレミアリーグ第22節でホームにボーンマスを迎えた。 三笘はこの試合も先発出場。1月29日に行われたFAカップ4回戦のリバプール戦では、試合終了間際にボックス内で衝撃のテクニックを見せて決勝ゴールを決めており、世界中で大きな話題となっていた。 1月21日のプレミアリーグ第21節のレスター・シティ戦でも圧巻ゴールを決めており、3試合連続でのゴールが期待された三笘。この試合も何度かゴールに迫ったが、試合は互いに譲らない展開で進む。 ゴールが生まれない展開で試合は進んだ中、ゴールレスドローかと思われた87分にまたしても三笘が魅せる。攻勢をかけたブライトンは、ボックス左からジェレミー・サルミエントがクロス。すると、これに走り込んだ三笘がニアサイドでヘッド。相手GKのタイミングを外したヘディングが枠を捉えると、GKネトが反応するも弾ききれずにゴールイン。劇的な先制ゴールとなった。 公式戦3試合連続ゴール、2試合連続の終盤の決勝ゴールを決めた三笘。ブライトンはこのゴールを守り切り、1-0で勝利。リーグ戦4試合無敗となっている。 デ・ゼルビ監督はこの試合も活躍した三笘について言及。危険な存在だと評価した・ 「我々は三笘のことはよく分かっている。彼は他の試合ほど良いプレーは見せてはいなかった。ただ、彼はいつだって対戦相手にとって危険な存在だ」 「なぜなら彼はゴールの決め方、一対一の状況になること、そして我々にとって重要な存在であることを知っている」 また、試合全体については、「結果と見せたプレーには本当に満足している」とコメント。「プレークオリティのおかげで、クラブで過ごした中で最高のパフォーマンスの1つだった」とチームを称えた。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫が87分に劇的な決勝弾!珍しいヘディングで3試合連続ゴール! </span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IGeG6Vb08lI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.05 08:05 Sun
twitterfacebook
thumb

「相当難易度高い」「絶賛覚醒中」三笘薫がまた大仕事! 2試合連続の終盤決勝ゴールにファン称賛の嵐「紛れもなくスーパースター」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫がまたしても大仕事をやってのけた。 4日、ブライトンはプレミアリーグ第22節でホームにボーンマスを迎えた。 三笘はこの試合も先発出場。1月29日に行われたFAカップ4回戦のリバプール戦では、試合終了間際にボックス内で衝撃のテクニックを見せて決勝ゴールを決めており、世界中で大きな話題となっていた。 1月21日のプレミアリーグ第21節のレスター・シティ戦でも圧巻ゴールを決めており、3試合連続でのゴールが期待された中、試合は互いに譲らない展開で進む。 ゴールが生まれない展開で試合は進んだ中、ゴールレスドローかと思われた87分にまたしても三笘が魅せた。 攻勢をかけたブライトンは、ボックス左からジェレミー・サルミエントがクロス。すると、これに走り込んだ三笘がニアサイドでヘッド。相手GKのタイミングを外したヘディングが枠を捉えると、GKネトが反応するも弾ききれずにゴールイン。劇的な先制ゴールとなった。 ファンはまたしても試合を決める活躍を見せた三笘に、「三笘を中心に世界が回ってる」、「クオリティが上がりすぎ」、「相当難易度高い」、「どんな形でも点が取れる」、「世界の三笘へ」、「絶賛覚醒中」、「紛れもなくスーパースター」と称賛の声が集まった。 ブライトンはこのゴールを守り切り、1-0で勝利。リーグ戦4試合無敗となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫が87分に劇的な決勝弾、3試合連続ゴール! </span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IGeG6Vb08lI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.05 07:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly