マドリー、ベンゼマのドブレーテの活躍などでクラブ創設100周年のアラベスに完勝! 指揮官不在の中で公式戦4戦ぶりの白星《ラ・リーガ》

2021.01.24 06:53 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第20節、アラベスvsレアル・マドリーが23日にエスタディオ・デ・メンディソローザで行われ、アウェイのマドリーが1-4で勝利した。首位のアトレティコ・マドリーを勝ち点7差で追う2位のマドリー(勝ち点37)は、後半戦初戦で17位のアラベス(勝ち点18)と敵地で対戦した。


ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ3回戦で3部のアルコヤーノに延長戦の末に敗れる大失態を演じ、公式戦3戦未勝利と不振に陥るチームでは、さらにジダン監督が新型コロナウイルスの陽性反応が出て今節での指揮が不可能に。そのため、急遽アシスタントコーチを務めるダビド・ベットーニが暫定で指揮を執ることになった。ヒザに問題を抱えるセルヒオ・ラモスを欠く中、代役にミリトンを起用することになったが、それ以外では直近のベストメンバーが起用された。

この日がクラブ創設100周年のメモリアルとなったホームのアラベスが良い入りを見せたが、時間の経過と共にマドリーが押し返していく。

14分にモドリッチの絶妙なスルーパスに抜け出したベンゼマに絶好機が訪れるが、巧みなファーストタッチからボックス右で放ったシュートはGKパチェコにうまくコースを消される。さらに、こぼれ球をすかさず蹴り込みに行ったが、今度は戻ったDFに触られてボールは右ポストを叩いた。

この絶好機を逸したマドリーだが、この流れから続けて得た右CKの場面でキッカーのクロースが右足インスウィングの正確な浮き球のボールをゴール前に入れると、DFルジューヌをうまくブロックして上から叩いたカゼミロのヘディングシュートがゴール右隅に決まった。

勝負強いブラジル代表MFの先制点によって良い流れで試合を運べるようになったマドリーは、失点後も相手がやや腰の引けた戦い方を継続したことで、圧倒的にボールを握りながらストレスなく試合を運んでいく。

リスクを冒さないバランス重視の戦いを継続する中、ベンゼマやアザールが要所で個の力を見せつけて惜しい場面を創出。すると、41分には右サイドに張ったルーカス・バスケスからの斜めのグラウンダーのパスをボックス手前右に走り込んだアザールが絶妙なフリックで中央のスペースに流すと、ここに入り込んできたベンゼマがスムーズな流れから豪快に右足を振り抜きゴール左上隅の完璧なコースに突き刺した。

さらに、前半終了間際の46分にはクロースが右サイドの高い位置で相手DFからボールを奪って背後の広大なスペースへ浮き球のパスを出すと、オフサイドぎりぎりで飛び出したアザールが右足でのワントラップから最後は飛び出したGKのポジションを見極めて左足の丁寧なシュートを流し込んだ。

前半終盤の連続ゴールによって3点リードで試合を折り返したマドリーは、後半はやや流し気味にプレー。これに対してハーフタイム明けに3枚替えを敢行し、ルーカス・ペレス、ボルハ・サインス、マヌ・ガルシアを投入したホームチームが前半とは打って変わってアグレッシブなプレーを見せ始める。

立ち上がりのホセル、ボルハ・サインスの続けざまの枠内シュートはGKクルトワが好守で凌ぐが、セットプレーからゴールをこじ開けられる。60分、自陣右サイドで与えたFKの場面でキッカーのルーカス・ペレスに左足アウトスウィングの鋭いボールをゴール前に入れられると、これをホセルに打点の高いヘディングで合わせられた。

このゴールによって息を吹き返したアラベスの攻勢に晒され始めたマドリーは63分、アザールを下げてヴィニシウスを最初の交代カードとして投入。この交代直後の65分にはボックス手前でボールを持ったモドリッチが鋭いグラウンダーのミドルシュートを枠に飛ばすが、これはGKパチェコの守備範囲。

その後は一進一退の攻防が続くが、マドリーの見事なカウンターから試合を決定づけるゴールが生まれる。

70分、自陣中央でボールを受けたモドリッチが左サイドに流れて浮いていたベンゼマへ絶妙なミドルパスを通す。そのままボックス付近まで運んだベンゼマがカットインから左斜め45度の得意の角度から正確な右足のシュートをファーポストに突き刺した。なお、これでドブレーテ達成のベンゼマは今季のリーグ戦ゴール数を2桁の大台にのせた。

これで勝利を確信したマドリーベンチはモドリッチ、アセンシオを直後の77分にベンチへ下げてオドリオソラ、イスコの投入で試合を締めにかかる。

試合終盤にかけては互いにゴールチャンスがあったものの、このままスコアは変わらずにタイムアップ。ベンゼマのドブレーテの活躍で指揮官、主将不在の逆境を撥ね退けたマドリーが公式戦4試合ぶりの白星を手にした。
関連ニュース
thumb

スカッとゴール! C・ロナウドのノールックバックヒール

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年2月26日にご紹介するのは、今から9年前にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆大胆かつエレガント!C・ロナウドが相手全員の裏をかいた極上バックヒール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJTZFpBWlFyTyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 相手選手の意表を突くことができるヒールシュート。ゴールに背を向けた状態からのシュートとなるため、必然的に難易度は上がりますが、C・ロナウドのヒールシュートは相手選手全員を騙します。 ◆相手選手は動けず ユベントスでは、その決定力やポジショニングで、効率よくゴールを奪うスタイルにシフトしてきているC・ロナウドですが、レアル・マドリー時代には今よりもそのテクニックを発揮するシーンも多くありました。 2012年2月26日に行われたラ・リーガ第25節ラージョ・バジェカーノ戦の53分、マドリーが左サイドからのコーナーキックを得ます。ゴール前の混戦からボールが転々とすると、ボールがゴールとは反対方向に転がります。 C・ロナウドもゴールに背を向ける状態でしたが、そこからバックヒールシュート。しっかりとボールスピードもあるシュートは、虚を突かれた相手選手たちはGKを含めて反応できず、そのままボールだけがネットに吸い込まれました。 このゴールはこれまでにも何度も紹介されており、C・ロナウドを語るうえで外せないゴールになっています。 2021.02.26 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ジダンが決勝ゴールについて…「リハーサルされたプレー。蹴るのはフェルランじゃなかったがね」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が結果を重要視した。スペイン『マルカ』が伝えている。 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦に勝ち上がったレアル・マドリーは2季連続ベスト16入りのアタランタと激突。24日に1stレグが行われ、レアル・マドリーが86分に生まれたフランス代表DFフェルラン・メンディのゴールにより、1-0で先勝した。 早い段階でアタランタに退場者が出て、数的優位に立ったものの、なかなかこじ開けられず、苦戦を強いられたレアル・マドリー。ジダン監督も試合後、苦戦を認めたが、勝利という結果を何より評価した。 「難しい試合だったが、最終的に良い結果を手にできた。アウェイゴールは大事な結果だが、まだ2ndレグがあり、勝たなければならない」 「11人対10人となり、良い試合じゃなかったが、体力面でも、守備面でも良いチームが相手だった。そんな相手から良い結果を掴めたね」 フランス人指揮官はまた、ショートコーナーを繋いで、メンディがバイタルエリア中央から右足ミドルシュートを相手のゴールマウスに突き刺した場面について、事前に用意された形だったと明かしている。 「リハーサルされたプレーだった。フィニッシュに持ち込むべき選手は本来、フェルランじゃなかったのだがね。彼は右足でも強く蹴り込める。利き足である左足の方がより正確だが、右足で強くシュートを打てることもあるんだ」 2021.02.25 09:55 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング: アタランタ 0-1 レアル・マドリー《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグ、アタランタvsレアル・マドリーが24日に行われ、0-1でレアル・マドリーが先勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし ▽アタランタ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210225_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 95 ゴッリーニ 6.0 カゼミロのヘディングシュートを好守で阻止 DF 2 トロイ 6.5 無理の効く守備で耐え凌いでいた 17 ロメロ 6.0 フロイラー退場後はライン設定を深くして1失点に凌ぐ 19 ディムスティ 6.5 アセンシオの突破を全く許さなかった MF 3 メーレ 6.0 堅実に守備に奔走した (→パロミーノ -) 15 デ・ルーン 6.0 相棒のフロイラーが退場した中、中盤を締める 32 ペッシーナ 6.0 フロイラー退場後はボランチでプレー。運動量豊富にボールホルダーを追いかけた 11 フロイラー 4.5 やや厳しい判定だったが、痛恨の退場 8 ゴセンズ 6.0 自身のサイドを破られることはなかった FW 9 ムリエル 5.5 守備に追われ過ぎてカウンターの起点になることはできず (→イリチッチ 4.5) 軽いプレーが多く途中出場ながら屈辱の交代を命じられる (→マリノフスキー -) 91 D・サパタ 5.5 単騎で何度か打開を仕掛けた (→パシャリッチ 5.5) ボールホルダーにプレスに行き続けた 監督 ガスペリーニ 5.5 退場者を出した中、アウェイゴールを与えない采配に出るも実らず ▽レアル・マドリー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210225_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 クルトワ 5.5 守備機会なし DF 17 L・バスケス 5.5 攻撃面でもう少しアクセントを付けたかった 5 ヴァラン 6.0 余裕を持ったプレーでチーム全体を押し上げた 6 ナチョ 6.0 意外な攻撃参加がアクセントに 23 F・メンディ 7.0 フロイラーを退場に追い込む抜け出しを見せ、決勝弾をマーク MF 10 モドリッチ 6.0 さすがのゲームメーク力で中盤を支配、シュートも狙っていった 14 カゼミロ 6.0 リスクを負って攻撃参加に出ていた 8 クロース 6.0 モドリッチ、イスコらと共に中盤を制圧 FW 11 アセンシオ 5.0 今日に関しては目立たなかった (→アリーバス -) 22 イスコ 6.0 中盤に降りてポゼッションを安定させた (→ウーゴ・ドゥロ -) 20 ヴィニシウス 6.0 コンスタントにボールに絡み、フロイラーを退場に追い込むスルーパスを通す (→マリアーノ 5.0) スペースがなく生きない展開だった 監督 ジダン 6.0 苦しい台所事情の中、イスコの最前線起用が奏功。ただ、マリアーノ投入は失敗だった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! メンディ(レアル・マドリー) 退場を誘発し、貴重なアウェイゴール獲得と文句なしのマン・オブ・ザ・マッチ。 アタランタ 0-1 レアル・マドリー 【レアル・マドリー】 F・メンディ(後41) 2021.02.25 06:55 Thu
twitterfacebook
thumb

終盤のメンディ弾でレアル・マドリーが10人のアタランタに敵地で先勝《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグ、アタランタvsレアル・マドリーが24日に行われ、0-1でレアル・マドリーが先勝した。 リバプールが首位通過したグループをアヤックスと競り合った中、2位で通過したアタランタは、4-2と勝利した直近のナポリ戦と同様のスタメンで臨んだ。 一方、レアル・マドリーはボルシアMG、シャフタール、インテルが同居した死の組を、最終節まで敗退の可能性があった中、辛くも首位通過を果たした。そのレアル・マドリーはケガ人続出の中、直近のバジャドリー戦からマリアーノに代えて最前線にイスコを起用した。 立ち上がりのアタランタのハイプレスを徐々にいなしていったレアル・マドリーがポゼッションする展開となった。すると17分、ディフェンスライン裏に抜け出したメンディがフロイラーに倒されると、一発レッドカードが提示された。 数的不利となったアタランタはトップ下のペッシーナをボランチに下げて対応。引き続きレアル・マドリーが押し込む展開が続くと、25分には攻め上がったナチョがボックス左から際どいシュートを浴びせた。 30分に負傷の影響かサパタに代えてパシャリッチを投入したアタランタが自陣に引いて構える中、レアル・マドリーはモドリッチやヴィニシウスがゴールに迫っていくと、追加タイム1分に決定機。FKからカゼミロのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKゴッリーニにセーブされ、0-0でハーフタイムに入った。 迎えた後半もレアル・マドリーが押し込むと、開始3分にモドリッチが決定的なシュートを浴びせる。攻勢のレアル・マドリーは57分にヴィニシウスに代えてマリアーノを最前線に投入。イスコを左ウイングに移した。 しかし、アタランタの集中した守備を崩せず時間が経過していく。76分にはイスコとアセンシオに代えて若手のアリーバスとウーゴ・ドゥロを投入。 すると終盤の86分にレアル・マドリーにアウェイゴールが生まれる。ショートコーナーの流れからボックス手前中央のメンディが右足を振り抜くと、見事なコントロールシュートがゴール右に決まった。 これが決勝点となってレアル・マドリーが先勝。3週間後にホームで行われる2ndレグに向けてアドバンテージを手にしている。 2021.02.25 06:54 Thu
twitterfacebook
thumb

アタランタ戦控えるジダン、勝利への強い意欲を見せる「いつも勝ちたいと思っている」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、アタランタ戦に向けて意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 マドリーは24日、アウェイで行われるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグでアタランタと対戦。直近のラ・リーガでは今季2度目の4連勝を収め、一時の不況から脱却し、首位のアトレティコ・マドリーに手が届くところまできている。 ジダン監督はこの勢いをアタランタ戦にぶつけたいとし、決勝進出へ高い意欲を見せた。 「自分たちが次に戦う試合がどんなものなのか、自分たちがどこに来ているのかはわかっている。今は調子がいいし、この調子を維持してまた良いパフォーマンスをしたいと思っている」 「CLは他とは異なる類の試合となるが、我々の中で変わることは何もない。厳しい試合になることはわかっているが、我々は集中して取り組んでいる」 「我々はベストを尽くすし、決勝にたどり着くことを熱望している。レアル・マドリーがピッチに立っているときは、いつも勝ちたいと思っている」 「トニ(・クロース)の言うように、どの試合もカップ戦の決勝のように重要だし、ノックアウトステージならなおさらだ。アタランタとの試合は2ndレグもあるが、今はこの1試合に集中している」 また、対戦相手となるアタランタについても言及。その高い攻撃力を評価しつつも、両チームを比較する必要はないと語った。 「非常に攻撃的なチームだ。 彼らの良さ、そして非常に良い選手がいることも知っている。彼らはとてもチームにフィットしている」 「私はチームを比較するのが好きではない。アタランタはアタランタであり、それぞれの強みを持っている。私が言いたいのはレアル・マドリーもアタランタも、両チームとも良いサッカーをするということだ」 2021.02.24 18:06 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly