【欧州4大リーグ日本人選手前半戦総括&評価】遠藤航が最高評価、久保や南野が最低評価

2021.01.25 18:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
欧州4大リーグの2020-21シーズンの前半戦が終了しました。そこで本稿では4大リーグに所属する日本人13選手のパフォーマンスを5段階で独自に評価してみました。総括とともにご覧ください。
★★★★★が最高、☆が最低★南野拓実[リバプール]
Getty Images

プレミアリーグ出場試合数:8(先発:2)ゴール数:1
チャンピオンズリーグ出場試合数:4(先発:2)ゴール数:0
FAカップ出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
EFLカップ出場試合数:2(先発:2)ゴール数:2
評価: ☆☆☆☆


◆1年超しのプレミア初ゴール
チャンピオンズリーグでの活躍を受けて昨季後半、ザルツブルクからリバプールへ大きなステップアップを果たした南野。チームに馴染みきれなかった昨季を経て今季は活躍が期待されたが、ケガ人が続出したチームの中で結果を出しきれなかった。3トップや中盤インサイドと多くのポジションでプレーしたものの、いずれのポジションもフィットしきれなかった。12月19日に1年越しとなる待望のプレミアリーグ初ゴールを挙げた南野だが、それ以降も出場機会が増えることなくベンチを温める日が続いている。

★冨安健洋[ボローニャ]
Getty Images

セリエA出場試合数:19(先発:19)ゴール数:2
コッパ・イタリア出場試合数:2(先発:2)ゴール数:0
評価:★★★☆☆

◆本職のセンターバック起用も…
今季開幕前にはミランへのステップアップが報じられた中、ボローニャでの2季目を迎えた冨安。昨季は右サイドバックでシーズンを通して質の高いプレーを見せた中、今季は本職のセンターバックでスタートした。しかし、チームは開幕から失点がかさみ、不名誉な5大リーグワーストの41試合連続失点を喫してしまった。そしてインテル戦でFWルカクに歯が立たず、続くローマ戦で5失点を喫したことを受けてミハイロビッチ監督は冨安を左サイドバックに移した。そのサイドバックではそつのなさを見せ、昨季務めた右サイドバックに戻った直後の試合では今季初ゴールと改めて能力の高さを示している。後半戦は本職のセンターバックでコンスタントに結果を残せるか。

★吉田麻也[サンプドリア]
Getty Images

セリエA出場試合数:16(先発:14)ゴール数:1
コッパ・イタリア出場試合数:2(先発:1)ゴール数:0
評価:★★★☆☆

◆サイドバック起用にも応える
昨季後半に加入し、サンプドリアの残留に貢献した吉田。2季目の今季もコンスタントに先発し、中位に位置する守備の軸として存在感を見せている。基本的には本職のセンターバックでプレーしているものの、第14節サッスオーロ戦からローマ戦、インテル戦と3試合連続で右サイドバックを務めるなど、新境地を開拓。そのサイドバックでは無難な守備と堅実なフィードを武器に及第点のプレーを見せ、ラニエリ監督の信頼を得ている。今月18日には2022年までの契約延長を勝ち取った。

★久保建英[ビジャレアル/ヘタフェ]
Getty Images

ラ・リーガ出場試合数:15(先発:3)ゴール数:0
ヨーロッパリーグ出場試合数:5(先発:5)ゴール数:1
コパ・デル・レイ出場試合数:1(先発:0)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆

◆強豪ビジャレアルへのレンタルも…
昨季はレンタル先のマジョルカでリーガ初挑戦を果たし、降格したチームの中で存在感を示した久保。しかし、リーガ強豪の一角であるビジャレアルへレンタル移籍となった今季前半戦は厳しい戦いを強いられた。守備意識の強いエメリ監督の戦術に合わず、レベルの落ちるヨーロッパリーグ以外では活躍することができなかった。ゴールに直結するプレーでエメリ監督を黙らせたいところだったが、リーガではノーゴールと結果を出せなかった。この悔しさを胸に後半戦はヘタフェで名誉挽回といきたい。

★乾貴士[エイバル]
Getty Images

ラ・リーガ出場試合数:18(先発:17)ゴール数:1
コパ・デル・レイ出場試合数:2(先発:1)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆

◆右サイドで新境地
エイバル復帰2シーズン目となった乾。気心知れたメンディリバル監督の下、今季は逸材MFブライアン・ヒルの加入もあり、慣れ親しんだ左サイドではなく右サイドやトップ下でのプレーが増えた。昨季同様、ゴールに絡むプレーに関しては物足りなさがあり、1ゴール0アシスト。とはいえ指揮官が求めるハードワークを忠実にこなし、チームにバランスをもたらすベテランとして重要な戦力であることに変わりはない。

★武藤嘉紀[エイバル]
Getty Images

ラ・リーガ出場試合数15(先発:9)ゴール数:1
コパ・デル・レイ出場試合数:2(先発:2)ゴール数:2
評価: ☆☆☆☆

◆リーガ初挑戦も
ニューカッスルでプレミアリーグの高い壁に弾かれた武藤。新天地には乾が所属するエイバルを選んだ。メンディリバル監督の熱烈なオファーを受けてリーガ初挑戦に挑んだ武藤は、第11節ベティス戦でリーガ初ゴールをマーク。コパ・デル・レイでは2戦連続ゴールを挙げたものの、リーガでは前半戦を終えて1ゴールと苦戦が続いている。カウンターが特長のエイバルだけに武藤の走力が生かされ易いかと思われるが、後半戦は目に見える結果を残したい。

★岡崎慎司[ウエスカ]
Getty Images

ラ・リーガ出場試合数:15(先発:9)ゴール数:1
コパ・デル・レイ出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆

◆嬉しいリーガ1部初ゴールも…
ウエスカの2部優勝に貢献し、1部昇格に導いた岡崎。昨季同様にエースストライカーとしての役割が期待された中、開幕から5試合連続スタメンを果たしたが、負傷によりその後の4試合を欠場した。復帰直後は自身のパフォーマンスを落とすことなく、前線からの守備と起点になるプレーで存在感を示し、第12節グラナダ戦では見事なロングシュートでの嬉しい1部初ゴールをマーク。しかし最下位に沈むチーム共々、岡崎の出番は減っていき、尻すぼみとなってしまった。

★遠藤航[シュツットガルト]
Getty Images

ブンデスリーガ出場試合数:17(先発:17)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:2(先発:2)ゴール数:0
評価: ★★★★★

◆ブンデス1部初挑戦で絶大な存在感
1部昇格の立役者として迎えたシュツットガルトでの2シーズン目。遠藤航は攻守にハイレベルなプレーを持続した。データでも示されている通り、とりわけ対人面での勝率はリーグトップクラスと屈強なフィジカルを擁する選手の多いブンデスリーガで自身の持ち味を遺憾なく発揮している。また、守備面だけでなく配球面でもカウンター主体のチームの攻撃の起点となり、正にチームの心臓として機能した。

★鎌田大地[フランクフルト]
Getty Images

ブンデスリーガ出場試合数:16(先発:13)ゴール数:2
DFBポカール出場試合数:2(先発:2)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆

◆復帰2季目もレギュラーキープ
昨季は公式戦2桁ゴールをマークし、フランクフルトの攻撃の核となった鎌田。今季はブンデスリーガでも早々にゴールをマークし、アシストも前半戦を終えて8と、多くのゴールシーンに絡んでチームを牽引している。ただ、FWヨビッチがこの冬に復帰しており、鎌田としては攻撃的なポジションを争う強烈なライバルが出現したと言えそうだ。

★長谷部誠[フランクフルト]
Getty Images

ブンデスリーガ出場試合数13(先発:13)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:0
評価: ★★★☆☆

◆現役引退報道も奮起
1月に37歳となった長谷部。フランクフルトでの7シーズン目となった中、今季も昨季同様にチームの結果が出なくなったことをキッカケにレギュラーの座を外れたものの、再び訪れたチャンスをしっかりとモノにしてレギュラーの座を奪い返している。ヒュッター監督が12月に長谷部の今季限りでの引退をほのめかして騒動となったが、本人は即座に否定。実際、その否定後もハイパフォーマンスを発揮し、本職のボランチでも出色のパフォーマンスを披露。まだまだトップレベルでやれることを証明している。

★堂安律[ビーレフェルト]
Getty Images

ブンデスリーガ出場試合数:17(先発:17)ゴール数:3
DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆

◆全試合スタメンで3ゴール
PSVからレンタルで加入した堂安律。エールディビジでの3シーズンを経て、よりレベルの高いブンデスリーガでの挑戦となった中、昇格組のビーレフェルトでレギュラーの座を張り続けた。チーム力に乏しい中、攻撃に専念できる状況ではなく、守備面にも気を配りながらのプレーだったが、マインツ戦やシュツットガルト戦でのチームを勝利に導くゴールやバイエルン戦でのゴールと印象的な活躍を見せた。チームが残留できればブンデス1年目としては十分な成果と言えるだけに後半戦も気持ちを切らさずに奮闘を続けたい。

★大迫勇也[ブレーメン]
Getty Images

ブンデスリーガ出場試合数:12(先発:6)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆

◆屈辱のノーゴール
昨季終盤、ゴールを重ねて残留に辛くも貢献した大迫。ブレーメンでの3シーズン目を迎えた今季開幕戦では先発に抜擢されたものの、低調なパフォーマンスに終わってサポーターから厳しい批判を受けた。その後、先発でプレーする機会もあった大迫だったが、そのチャンスを生かせずに屈辱のノーゴールで前半戦を終えることになってしまった。

★遠藤渓太[ウニオン・ベルリン]
Getty Images

ブンデスリーガ出場試合数:7(先発:1)ゴール数:1
DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆

◆ブンデス初弾後に悔しい負傷
横浜F・マリノスからレンタルでウニオン・ベルリンに加入した遠藤渓太。欧州初挑戦となった中、負傷で出遅れる厳しいスタートとなった中、短い出場時間ながら第7節ビーレフェルト戦で嬉しいブンデス初ゴールをマークした。しかし、その試合で再度負傷と遠藤にとっては波に乗り切れないシーズン前半となったが、ウニオン・ベルリンはカウンター主体の好チームとなっているだけに遠藤の走力が生かされる時がいずれ訪れるはずだ。
関連ニュース
thumb

「物凄くスピーディ」ベルギーデビューのシント=トロイデンDF橋岡大樹は一定の手応え「悪くはなかった」

新天地でのデビューを果たしたシント=トロイデンのDF橋岡大樹が、デビュー戦となったオイペン戦を振り返った。 橋岡は2月28日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第28節のオイペン戦で、退場者を出した後の64分に途中出場を果たし、ベルギーでのデビューを飾った。 試合はオイペンが0-2で勝利を収め、橋岡は黒星デビューとなってしまった。 橋岡はデビュー戦について「1人少ない状況での投入ということでしたが、一緒に入った選手とリズムを作る形も何回かあったので、悪くはなかったと思います」と自身のプレーについては一定の手応えを感じていると語った。 出場時の監督からの指示については「サイドをどんどん駆け上がって、1人少ないですけど、チャンスメイクしてくれと言われました」とコメント。初めて戦ったベルギーリーグについては「物凄くスピーディで、個人個人のレベルもすごく高いなと思いました」と、改めて印象を語った。 シント=トロイデンは現在リーグ戦で4戦勝ちなし。順位も15位に転落した。 5日には8位のシャルルロワとの一戦を控えるが、橋岡は「今はこういう風にチームがなかなか勝てない状況ですけど、みんなで1つになって金曜日にしっかりと良い結果を出せるように、練習からしっかり取り組んでいきたいと思います」と意気込みを語った。 2021.03.01 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

花束に笑顔!今季絶望と報じられたMF中島翔哉がインスタで状態を報告「まずは最善だと感じる治療をする」

アル・アインのMF中島翔哉が、自身のインスタグラムでケガの状態を報告した。 今冬にポルトからのレンタル移籍でUAEのアル・アインへと加入したナカジマ。2試合に出場し1アシストを記録していた。 しかし、トレーニング中に負傷。クラブも2月23日に足首の負傷を発表し、一部では脛骨を骨折した上、じん帯も損傷する重傷を負い、シーズンが絶望との報道もされていた。 その中島は自身のインスタグラム(hoya_nakajima_22)でケガを報告。人々のサポート、暖かさを感じているとしていた。 「アルアインに関わる全ての方々の応援と励ましにとても感謝しています!また、松葉杖をついてる僕に対してのアルアインの街の人たちの優しさも肌で感じて、とても感謝しています」 「もっとこのチームでプレーを楽しみたいと思っていたので、今回の怪我は残念ではありますが、たくさんの人たちの温かさを改めて身をもって感じることができました」 「今回の怪我に関しては僕自身は決して誰かの責任だとは思っていないです。この経験を通してまた楽しく人生を歩んでいくために僕に必要なことだと思うので、まずは自分自身が最善だと感じる治療をして、またアルアインのユニフォームを着てプレーすることを楽しみにしています!」 「また、今シーズンがアルアインにとってより良いシーズンになることを願っていますし、アルアインに関わる全ての方々に感謝しています」 <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CLuLWh8s9t4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CLuLWh8s9t4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CLuLWh8s9t4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">中島翔哉(@shoya_nakajima_22)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2021.03.01 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

橋岡大樹がベルギーデビュー! 鈴木優磨&シュミットと共演もオイペンに敗戦《ジュピラー・プロ・リーグ》

2月28日、ジュピラー・プロ・リーグ第28節のシント=トロイデンvsオイペンが行われ、0-2でオイペンが勝利した。 この試合ではGKシュミット・ダニエルとFW鈴木優磨が先発フル出場。また、浦和レッズから今冬加入したDF橋岡大樹が63分から途中出場を果たした。 前節のアントワープ戦で引き分け、連敗をストップした15位のシント=トロイデン。14位のオイペンとの一戦に勝利すれば、順位が入れ替わる状況だった。 しかし、立ち上がりからオイペンが攻勢。7分にはアドリアーノの縦パスを受けたナレッジ・ムソナがボックス内からシュート。しかし、これは枠をわずかに外れる。 そのシント=トロイデンは27分、ボール奪取からカウンターを仕掛けると右に展開。パスを受けたクリスティアン・ブルースがグラウンダーのクロスをGKとDFの間に入れると、ファーに走り込んだ鈴木が滑り込んで合わせにいくがわずかに届かない。 すると41分、オイペンは左CKをクイックスタート。クロスに対して、アマラ・バビが打点の高いヘッドで合わせると、右隅に決まり、オイペンが先制する。 シント=トロイデンは51分、左サイドからのクロスにニアにブルースが飛び込むと、合わせらないものの相手DFにあたってオウンゴールに。しかし、VARのチェックによりその前にオフサイドがあったとしてゴールは取り消された。 ピンチをしのいだオイペンは60分、自陣でのボール奪取からカウンター。ムソナがドリブルで持ち込むと、ボックス手前でテイシェイラが倒し、DOGSOで一発退場となった。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=mdbb4thk9tix19sdzwhrf7woe" async></script></div> 0-1で迎えた64分には橋岡がマキクシミリアーノ・カウフリーズとの交代でデビューを果たす。 77分には左CKからのクロスを鈴木がヘッド。しかし、これはGKがキャッチ。85分には上がった橋岡がクロスを頭で折り返すも、味方につながらない。 すると89分、右サイドからの大きな展開からボックス内左でスマイル・プレヴリャクがトラップ。そのままカットインすると、右足を振り抜きゴール。オイペンが決定的なゴールを奪い、0-2で勝利を収めた。 シント=トロイデン 0-2 オイペン 0-1 41分:アマラ・バビ(オイペン) 0-2 89分:スマイル・プレヴリャク(オイペン) 2021.03.01 10:55 Mon
twitterfacebook
thumb

久保途中出場のヘタフェがアランバリのスーペルゴラッソで10人のバレンシア撃破! 7戦ぶりの白星に《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第25節、ヘタフェvsバレンシアが27日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、ホームのヘタフェが3-0で勝利した。なお、ヘタフェのMF久保建英は85分からプレーした。 直近4連敗で6戦未勝利と泥沼の状態にある15位のヘタフェ(勝ち点24)が、12位のバレンシア(勝ち点27)をホームで迎え撃った一戦。3戦連続途中出場の久保はこの試合でもベンチスタートとなった。 共に[4-4-2]の堅守速攻スタイルを採用した両チームは、完全にかみ合う形で立ち上がりからバチバチと球際でやり合う。 中盤での潰し合いが目立つ中、切り替えの精度、最終ラインと2トップの駆け引きでやや勝るヘタフェがよりフィニッシュまで持ち込むが、深刻な得点力不足に悩むホームチームは最後の部分でうまくいかない。 ゴールレスでの折り返し濃厚かに思われたが、ヘタフェの誇る飛び道具が6戦ぶりのゴールをもたらした。39分、相手陣内中央距離のある位置でDFコレイアのヘディングのクリアを回収したアランバリがすかさず右足を振り抜くと、右足アウトにかかった鋭いシュートが戻りながらの対応となったGKシレッセンの手を弾いてゴール右上隅の完璧なコースに決まった。 アランバリのスーペルゴラッソによって1点リードで試合を折り返したヘタフェは、後半立ち上がりに数的優位まで手にする。51分、バックパスを受けたディアカビにプレッシャーをかけてボールを奪ったマクシモビッチが入れ替わり際で倒されると、決定機阻止のディアカビにレッドカードが掲示された。 この好機に畳みかけるホームチームは直後にボックス内に抜け出したウナルの決定機はシュートを枠の右に外すが、55分にはロングボールをウナルが背後に落としたところに抜け出したマタが相手DFの寄せをものともしないキープから右足の強烈なシュートを突き刺し、貴重な追加点を奪い切った。 その後も危なげなく試合を進めるヘタフェは85分、殊勲のアランバリ、マタらを下げて久保、アレーニャ、ティモルを一気に投入し、試合を締めにかかる。 すると、87分には左サイドでのボール奪取からクチョ・エルナンデスがボックス左で放ったシュートのこぼれ球をボックス中央に走り込んだアレーニャが右足ボレーで合わせ、勝利を決定づける移籍後初ゴールとした。 その後、90分にはアレーニャのシュートのこぼれ球に反応した久保がボックス右から右足のシュートを放つが、枠を捉えた際どいシュートはGKの好守に阻まれ、アレーニャに続く待望のゴールとはならず。 それでも、バレンシアの反撃を無失点で凌ぎ切ったヘタフェが6戦ぶりのゴールを含む3ゴールを挙げて待望の7戦ぶりの白星を手にした。 2021.02.28 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

サンチョ躍動のドルトムントが堂安&奥川のビーレフェルトに快勝、次節はデア・クラシカー《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第23節、ドルトムントvsビーレフェルトが27日に行われ、3-0でドルトムントが快勝した。ビーレフェルトのMF堂安律は75分まで、MF奥川雅也は75分から出場している。 前節シャルケとのレヴィア・ダービーを快勝した6位ドルトムント(勝ち点36)は、シャルケ戦のスタメンからブラントとデラネイに代えてレイナとベリンガムを起用した。 一方、前節ヴォルフスブルクに完敗した16位ビーレフェルト(勝ち点18)は、開幕からスタメン出場を続ける堂安がフラットな[4-4-2]の右MFで先発となり、前節ブンデスデビューを飾った奥川は引き続きベンチスタートとなった。 中盤アンカーにダフード、2列目に右からレイナ、ロイス、ベリンガム、サンチョと並べる[4-1-4-1]で臨んだドルトムントが立ち上がりから攻勢をかけた中、ビーレフェルトは6分に堂安がルーズボールをダイレクトでシュートに持ち込む決定機を演出。 さらに12分、堂安のパスを受けたクンゼがボックス内からGKノイアー強襲のシュートを放った。 攻め込みながらもゴールが遠いドルトムントは、28分にFKの流れからロイスがバー直撃のシュートを放つと、39分にはビッグチャンス。相手のミスパスをカットしたサンチョが持ち上がってラストパスを送り、ボックス左のハーランドがシュートに持ち込むも、GKオルテガのファインセーブに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半、ドルトムントが開始3分に先制する。サンチョのパスを受けたペナルティアーク中央のダフードがゴール左にミドルシュートを突き刺した。 さらに57分、ドルトムントがリードを広げる。ボックス内で仕掛けたロイスがピーペルに倒されてPKを獲得。これをサンチョが決めてリードを広げた。 守備に追われる展開が続くビーレフェルトは、堂安が69分にカットインからシュートに持ち込みかけると、続く71分にはドリブルでボックス左まで持ち上がってシュートに持ち込んだ。 その堂安に代えてビーレフェルトは75分、奥川を左サイドに投入。しかし81分、ドルトムントが勝負を決定付ける。サンチョのスルーパスでボックス左に侵入したハーランドが折り返し、ヘイニエルが決めた。 レアル・マドリーからレンタルで加入しているヘイニエルに移籍後初弾も生まれたドルトムントが快勝でリーグ戦2連勝とし、次節バイエルンとのデア・クラシカーに臨むこととなった。 2021.02.28 01:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly