【欧州4大リーグ日本人選手前半戦総括&評価】遠藤航が最高評価、久保や南野が最低評価

2021.01.25 18:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
欧州4大リーグの2020-21シーズンの前半戦が終了しました。そこで本稿では4大リーグに所属する日本人13選手のパフォーマンスを5段階で独自に評価してみました。総括とともにご覧ください。
★★★★★が最高、☆が最低★南野拓実[リバプール]
Getty Images

プレミアリーグ出場試合数:8(先発:2)ゴール数:1
チャンピオンズリーグ出場試合数:4(先発:2)ゴール数:0
FAカップ出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
EFLカップ出場試合数:2(先発:2)ゴール数:2
評価: ☆☆☆☆


◆1年超しのプレミア初ゴール
チャンピオンズリーグでの活躍を受けて昨季後半、ザルツブルクからリバプールへ大きなステップアップを果たした南野。チームに馴染みきれなかった昨季を経て今季は活躍が期待されたが、ケガ人が続出したチームの中で結果を出しきれなかった。3トップや中盤インサイドと多くのポジションでプレーしたものの、いずれのポジションもフィットしきれなかった。12月19日に1年越しとなる待望のプレミアリーグ初ゴールを挙げた南野だが、それ以降も出場機会が増えることなくベンチを温める日が続いている。

★冨安健洋[ボローニャ]
Getty Images

セリエA出場試合数:19(先発:19)ゴール数:2
コッパ・イタリア出場試合数:2(先発:2)ゴール数:0
評価:★★★☆☆

◆本職のセンターバック起用も…
今季開幕前にはミランへのステップアップが報じられた中、ボローニャでの2季目を迎えた冨安。昨季は右サイドバックでシーズンを通して質の高いプレーを見せた中、今季は本職のセンターバックでスタートした。しかし、チームは開幕から失点がかさみ、不名誉な5大リーグワーストの41試合連続失点を喫してしまった。そしてインテル戦でFWルカクに歯が立たず、続くローマ戦で5失点を喫したことを受けてミハイロビッチ監督は冨安を左サイドバックに移した。そのサイドバックではそつのなさを見せ、昨季務めた右サイドバックに戻った直後の試合では今季初ゴールと改めて能力の高さを示している。後半戦は本職のセンターバックでコンスタントに結果を残せるか。

★吉田麻也[サンプドリア]
Getty Images

セリエA出場試合数:16(先発:14)ゴール数:1
コッパ・イタリア出場試合数:2(先発:1)ゴール数:0
評価:★★★☆☆

◆サイドバック起用にも応える
昨季後半に加入し、サンプドリアの残留に貢献した吉田。2季目の今季もコンスタントに先発し、中位に位置する守備の軸として存在感を見せている。基本的には本職のセンターバックでプレーしているものの、第14節サッスオーロ戦からローマ戦、インテル戦と3試合連続で右サイドバックを務めるなど、新境地を開拓。そのサイドバックでは無難な守備と堅実なフィードを武器に及第点のプレーを見せ、ラニエリ監督の信頼を得ている。今月18日には2022年までの契約延長を勝ち取った。

★久保建英[ビジャレアル/ヘタフェ]
Getty Images

ラ・リーガ出場試合数:15(先発:3)ゴール数:0
ヨーロッパリーグ出場試合数:5(先発:5)ゴール数:1
コパ・デル・レイ出場試合数:1(先発:0)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆

◆強豪ビジャレアルへのレンタルも…
昨季はレンタル先のマジョルカでリーガ初挑戦を果たし、降格したチームの中で存在感を示した久保。しかし、リーガ強豪の一角であるビジャレアルへレンタル移籍となった今季前半戦は厳しい戦いを強いられた。守備意識の強いエメリ監督の戦術に合わず、レベルの落ちるヨーロッパリーグ以外では活躍することができなかった。ゴールに直結するプレーでエメリ監督を黙らせたいところだったが、リーガではノーゴールと結果を出せなかった。この悔しさを胸に後半戦はヘタフェで名誉挽回といきたい。

★乾貴士[エイバル]
Getty Images

ラ・リーガ出場試合数:18(先発:17)ゴール数:1
コパ・デル・レイ出場試合数:2(先発:1)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆

◆右サイドで新境地
エイバル復帰2シーズン目となった乾。気心知れたメンディリバル監督の下、今季は逸材MFブライアン・ヒルの加入もあり、慣れ親しんだ左サイドではなく右サイドやトップ下でのプレーが増えた。昨季同様、ゴールに絡むプレーに関しては物足りなさがあり、1ゴール0アシスト。とはいえ指揮官が求めるハードワークを忠実にこなし、チームにバランスをもたらすベテランとして重要な戦力であることに変わりはない。

★武藤嘉紀[エイバル]
Getty Images

ラ・リーガ出場試合数15(先発:9)ゴール数:1
コパ・デル・レイ出場試合数:2(先発:2)ゴール数:2
評価: ☆☆☆☆

◆リーガ初挑戦も
ニューカッスルでプレミアリーグの高い壁に弾かれた武藤。新天地には乾が所属するエイバルを選んだ。メンディリバル監督の熱烈なオファーを受けてリーガ初挑戦に挑んだ武藤は、第11節ベティス戦でリーガ初ゴールをマーク。コパ・デル・レイでは2戦連続ゴールを挙げたものの、リーガでは前半戦を終えて1ゴールと苦戦が続いている。カウンターが特長のエイバルだけに武藤の走力が生かされ易いかと思われるが、後半戦は目に見える結果を残したい。

★岡崎慎司[ウエスカ]
Getty Images

ラ・リーガ出場試合数:15(先発:9)ゴール数:1
コパ・デル・レイ出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆

◆嬉しいリーガ1部初ゴールも…
ウエスカの2部優勝に貢献し、1部昇格に導いた岡崎。昨季同様にエースストライカーとしての役割が期待された中、開幕から5試合連続スタメンを果たしたが、負傷によりその後の4試合を欠場した。復帰直後は自身のパフォーマンスを落とすことなく、前線からの守備と起点になるプレーで存在感を示し、第12節グラナダ戦では見事なロングシュートでの嬉しい1部初ゴールをマーク。しかし最下位に沈むチーム共々、岡崎の出番は減っていき、尻すぼみとなってしまった。

★遠藤航[シュツットガルト]
Getty Images

ブンデスリーガ出場試合数:17(先発:17)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:2(先発:2)ゴール数:0
評価: ★★★★★

◆ブンデス1部初挑戦で絶大な存在感
1部昇格の立役者として迎えたシュツットガルトでの2シーズン目。遠藤航は攻守にハイレベルなプレーを持続した。データでも示されている通り、とりわけ対人面での勝率はリーグトップクラスと屈強なフィジカルを擁する選手の多いブンデスリーガで自身の持ち味を遺憾なく発揮している。また、守備面だけでなく配球面でもカウンター主体のチームの攻撃の起点となり、正にチームの心臓として機能した。

★鎌田大地[フランクフルト]
Getty Images

ブンデスリーガ出場試合数:16(先発:13)ゴール数:2
DFBポカール出場試合数:2(先発:2)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆

◆復帰2季目もレギュラーキープ
昨季は公式戦2桁ゴールをマークし、フランクフルトの攻撃の核となった鎌田。今季はブンデスリーガでも早々にゴールをマークし、アシストも前半戦を終えて8と、多くのゴールシーンに絡んでチームを牽引している。ただ、FWヨビッチがこの冬に復帰しており、鎌田としては攻撃的なポジションを争う強烈なライバルが出現したと言えそうだ。

★長谷部誠[フランクフルト]
Getty Images

ブンデスリーガ出場試合数13(先発:13)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:0
評価: ★★★☆☆

◆現役引退報道も奮起
1月に37歳となった長谷部。フランクフルトでの7シーズン目となった中、今季も昨季同様にチームの結果が出なくなったことをキッカケにレギュラーの座を外れたものの、再び訪れたチャンスをしっかりとモノにしてレギュラーの座を奪い返している。ヒュッター監督が12月に長谷部の今季限りでの引退をほのめかして騒動となったが、本人は即座に否定。実際、その否定後もハイパフォーマンスを発揮し、本職のボランチでも出色のパフォーマンスを披露。まだまだトップレベルでやれることを証明している。

★堂安律[ビーレフェルト]
Getty Images

ブンデスリーガ出場試合数:17(先発:17)ゴール数:3
DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆

◆全試合スタメンで3ゴール
PSVからレンタルで加入した堂安律。エールディビジでの3シーズンを経て、よりレベルの高いブンデスリーガでの挑戦となった中、昇格組のビーレフェルトでレギュラーの座を張り続けた。チーム力に乏しい中、攻撃に専念できる状況ではなく、守備面にも気を配りながらのプレーだったが、マインツ戦やシュツットガルト戦でのチームを勝利に導くゴールやバイエルン戦でのゴールと印象的な活躍を見せた。チームが残留できればブンデス1年目としては十分な成果と言えるだけに後半戦も気持ちを切らさずに奮闘を続けたい。

★大迫勇也[ブレーメン]
Getty Images

ブンデスリーガ出場試合数:12(先発:6)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆

◆屈辱のノーゴール
昨季終盤、ゴールを重ねて残留に辛くも貢献した大迫。ブレーメンでの3シーズン目を迎えた今季開幕戦では先発に抜擢されたものの、低調なパフォーマンスに終わってサポーターから厳しい批判を受けた。その後、先発でプレーする機会もあった大迫だったが、そのチャンスを生かせずに屈辱のノーゴールで前半戦を終えることになってしまった。

★遠藤渓太[ウニオン・ベルリン]
Getty Images

ブンデスリーガ出場試合数:7(先発:1)ゴール数:1
DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆

◆ブンデス初弾後に悔しい負傷
横浜F・マリノスからレンタルでウニオン・ベルリンに加入した遠藤渓太。欧州初挑戦となった中、負傷で出遅れる厳しいスタートとなった中、短い出場時間ながら第7節ビーレフェルト戦で嬉しいブンデス初ゴールをマークした。しかし、その試合で再度負傷と遠藤にとっては波に乗り切れないシーズン前半となったが、ウニオン・ベルリンはカウンター主体の好チームとなっているだけに遠藤の走力が生かされる時がいずれ訪れるはずだ。
関連ニュース
thumb

パルチザン浅野拓磨、欧州1部日本人最多ゴール記録更新の18ゴール目! チームも連勝《セルビア・スーペルリーガ》

パルチザン・ベオグラードの日本代表FW浅野拓磨がゴールをマークした。 パルチザンは16日に行われたセルビア・スーペルリーガ第32節でマチュヴァ・シャバツと対戦。アウェイで2-0の勝利を収め、2連勝を達成した。 パルチザンは開始2分に右サイドからのクロスを巧みにコントロールしたクネジェビッチにゴールネットを揺らされ、先制を許してしまう。 それでも、43分にミリュコビッチのドリブルで生まれたこぼれ球をボックス左の浅野が右足ダイレクトで蹴り込み、前半のうちに追いついた。 1-1で試合を折り返したパルチザンは前半のみのプレーで浅野をベンチに下げたが、55分にマルコビッチが勝ち越し弾。敵地で逆転勝ちした。 これで2連勝のパルチザンは来季のヨーロッパリーグ(EL)予選出場権を手にできる2位の座を堅持している。 なお、浅野は今季のリーグ得点数を「18」に。シント=トロイデンのFW鈴木優磨が記録した欧州1部リーグの日本人最多得点記録を更新した。 マチュヴァ・シャバツ 1-2 パルチザン・ベオグラード 【マチュヴァ・シャバツ】 クネジェビッチ(前2) 【パルチザン・ベオグラード】 浅野拓磨(前43) マルコビッチ(後10) 2021.04.17 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ボローニャ冨安健洋にミランが再び?

ボローニャの日本代表DF冨安健洋(22)に対して、再びミランの関心が浮上した。 これを報じたのはイタリア『カルチョメルカート』。ミランは来季に向けて、ボローニャでプレーする3選手を注視しており、MFマティアス・スベンベリ、FWリッカルド・オルソリーニとともに、冨安にも興味を示しているというのだ。 冨安は2018年1月にアビスパ福岡からシント=トロイデンに移籍後、2019年夏からボローニャでプレー。移籍2年目の今季もセンターバックだけでなく、サイドバックもこなしてみせ、シニシャ・ミハイロビッチ監督からの信頼も厚い。 そんな冨安を巡っては昨夏にもミランの関心が…。昨年9月にスポーツディレクター(SD)を務めるパオロ・マルディーニ氏がアプローチを試み、うまくいかなかったとされるミランだが、今夏に再びアタックする可能性があるという。 マルディーニSDはボローニャのリッカルド・ビゴンSD、幹部のマルコ・ディ・ヴァイオ氏と数週間のうちに会談できるよう調整を図っている模様。冨安とスベンベリの獲得にそれぞれ少なくとも移籍金2000万ユーロ(約26億円)が必要とされる。 ミランにとっても決して安くない買い物になるため、MFイェンス・ペッター・ハウゲら若手をボローニャに貸し出すという案が浮上しているようだ。 なお、ミランは現在、セリエA2位につけており、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場も視野に。冨安にとっても、ミラン行きとなれば、キャリアのステップアップになるが、果たして。 2021.04.16 14:45 Fri
twitterfacebook
thumb

【DAZN欧州組応援部】3月度のベストプレーヤーズを選出!日本代表でも活躍したFW伊東純也が1位に

DAZNと10のスポーツメディアで構成される「DAZN欧州組応援部」。その企画として、3月度月間ベストプレーヤーズが各メディアの投票により決定した。 この企画はDAZNで配信する欧州リーグ戦を対象に、対象期間内の日本人選手のパフォーマンスを10のメディアが独自の基準で評価。投票により、上位3選手を「月間ベストプレーヤーズ」として表彰するものだ。 対象となるリーグは、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、リーグ・アン、ジュピラー・プロ・リーグ、ギリシャ・プレミアリーグ。今回は3/1(月)〜3/29(月)の試合を対象として、ベストプレーヤーを決定した。 ★参加10メディア ※順不同 DAZN NEWS/Football ZONE WEB/サッカーキング/サッカーマガジンWEB/footballista/Qoly/Goal/MILKサッカーアカデミー/サッカーダイジェストWeb/超WORLDサッカー 「DAZN欧州組応援部」3月度のTOP3選手はこちら! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/20-21europa_japanese.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;"><hr></div> <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">3位:MF久保建英(ヘタフェ)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/202103_kubo.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:3試合(先発1試合) 出場時間:117分 成績:0ゴール1アシスト チーム成績:2分け1敗 </p></div> 移籍当初は先発の座を掴むも、その後はベンチスタートとなることが多かった久保。3月の3試合のうち1試合はベンチに座ったままと苦しい状況は変わらない。それでも、7試合ぶりに先発したエルチェ戦では移籍後初アシストを記録。チームの攻撃の活性化に貢献した。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">2位:DF植田直通(ニーム)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/202103_ueda.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:3試合(先発2試合) 出場時間:190分 成績:0ゴール0アシスト チーム成績:1勝1分け1敗 </p></div> 1月にセルクル・ブルージュから移籍し、リーグ・アンでプレーする植田。移籍当初はメンバー外やベンチに座ることが多かったが、3月のニース戦で初出場すると、翌節のモンペリエ戦では初先発。その後はレギュラーポジションを掴んだ。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">1位:FW伊東純也(ヘンク)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/202103_ito.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:2試合(先発2試合) 出場時間:180分 成績:3ゴール チーム成績:1勝1分け </p></div> 3月は2試合しかなかったが、その2試合連続ゴール。右ウイングのポジションながら、インサイドに入るプレーも見せている。チームにとって重要なゴールを重ねた結果、3月の日本代表の活動でも出色の出来。今最も乗っている海外組の1人だ。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">超WS的期待の選手:DF橋岡大樹(シント=トロイデン)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/202102_hashioka.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">©STVV</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:1試合(先発1試合) 出場時間:90分 成績:0ゴール0アシスト チーム成績:1分け </p></div> チーム内で新型コロナウイルスの感染が拡大した結果、試合は1試合のみに。しかし、2月にデビューすると3月の唯一の試合では先発フル出場。ベルギーで馴染んでいく姿は4月に期待。 <span class="paragraph-title">【動画】伊東純也が見せた3月の圧巻パフォーマンス!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E7%B5%84%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E9%83%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN欧州組応援部</a><br>3月度月間ベストプレーヤーズ<a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> と10のスポーツメディアが独自の基準で評価<br><br>第6回目の1位は <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BC%8A%E6%9D%B1%E7%B4%94%E4%B9%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#伊東純也</a>(<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%82%AF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ヘンク</a>)<br><br>みなさんのご意見は「<a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E7%B5%84%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E9%83%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN欧州組応援部</a>」で投稿!<br><br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%B6%85WS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#超WS</a> が次月期待する選手は!?<a href="https://t.co/bi5UsVazou">https://t.co/bi5UsVazou</a> <a href="https://t.co/e9MQhSK5Bn">pic.twitter.com/e9MQhSK5Bn</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1382662232815718402?ref_src=twsrc%5Etfw">April 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.15 20:45 Thu
twitterfacebook
thumb

南野欠場のセインツが19位WBAにまさかの完敗…《プレミアリーグ》

南野拓実が所属するサウサンプトンは12日、プレミアリーグ第31節でWBAと対戦し0-3で敗戦した。南野はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節3試合ぶりの白星を飾った14位セインツ(勝ち点36)は、直近のバーンリー戦と同じ先発メンバーを採用。南野は2試合連続のベンチスタートとなった。 降格圏の19位に沈むWBA(勝ち点21)に対し、セインツは開始早々にピンチを迎える。4分、ボックス左でパスを受けたM・フィリップスのシュートをGKフォースターの弾くと、セカンドボールをマテウス・ペレイラがボレーシュート。これをゴール前のディアニェが頭でコースを変えてゴールネットを揺らしたが、VARの末にオフサイドの判定となった。 VARに救われたセインツは25分、ロングパスで相手DFの裏に抜け出したレドモンドがボックス右から折り返すと、DFにディフレクトしたボールをアームストロングがシュート。これがゴール左へ逸れると、ゴールエリア左に駆け上がったイングスがダイレクトで狙ったが、このシュートもゴール右に外れた。 先制のチャンスを逃したセインツは、30分にミスから失点する。ボックス右から侵入したメイトランド=ナイルズの折り返しに反応したマテウス・ペレイラを飛び出したGKフォースターが倒してPKを献上。このPKをマテウス・ペレイラがど真ん中に蹴り込んだ。 さらにセインツは35分にも、イングスのバックパスを奪われカウンターを受けると、ボックス左まで持ち上がったディアニェのグラウンダーのクロスをM・フィリップスが流し込まれ、立て続けに2ゴールを奪われた。 ハーフタイムにかけてもWBAの猛攻を受けたセインツだが、粘りの守りでこれを凌ぎ、0-2で前半を終えた。 2点のビハインドで後半に入ったセインツは58分、バイタルエリア左でイングスが倒れてFKを獲得。バートランドのクロスからイングスが頭で合わせたが、これは逆サイドに流れる。さらに61分には、アームストロングが強烈なミドルシュートを放ったが、これは相手GKの正面を突いた。 後半は攻勢に出ていたセインツだったが、69分に再び失点を喫する。ヨクシュルのロングスルーパスでボックス内に侵入したカラム・ロビンソンがゴールエリア左手前からシュートを流し込んだ。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続いたが、セインツは後半アディショナルタイムにチャンスを迎える。92分、ドリブルでボックス右深くまで侵入したジェネポがC・タウンゼントに倒されPKを獲得。しかし、ウォード=プラウズのPKは、GKジョンストンの完璧なセーブに防がれた。 結局、試合はそのまま0-3でセインツが下位相手にまさかの完敗。快勝したWBAは今季初のリーグ戦連勝を飾った。 2021.04.13 04:15 Tue
twitterfacebook
thumb

プレーオフで出番のない香川真司、PAOK監督が理由を説明「彼は一生懸命やっているが…」

PAOKテッサロニキのパブロ・ガルシア監督が、出番のないMF香川真司の現況を説明した。ギリシャ『SPORTIME』が伝えている。 今冬に無所属状態からPAOKに加入した香川は、ギリシャ・スーパーリーグのレギュラーシーズンで5試合に途中出場。カップ戦では先発出場も果たすなど、公式戦8試合に出場してきた。 しかし、足首の問題もあり、3月7日のアリス戦を最後にピッチから遠ざかっており、3月21日から始まっているプレーオフでは3試合を終えて、出番がない状況が続いている。 11日のアステラス・トリポリス戦では、プレーオフで初めてベンチ入りしながらも出場機会が訪れなかった香川に対し、ガルシア監督が理由を説明した。 「我々がやろうとしているのは、全ての選手をプレーできるようにすることだ。彼は一生懸命やっているが、2週間離脱していた」 「彼が長い間プレーしていなかった選手であることを忘れてはならない。彼はハードワークを続け、与えられるチャンスを待たなければならない」 香川に出番がなかったアステラス戦は、1-1の引き分け。PAOKは18日に首位のオリンピアコスと対戦するが、香川の出番はあるだろうか。 2021.04.12 12:05 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly