コスティッチ躍動のフランクフルトが堂安フル出場のビーレフェルトに5発圧勝、鎌田が1アシスト《ブンデスリーガ》

2021.01.24 01:33 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第18節、ビーレフェルトvsフランクフルトが23日に行われ、1-5でフランクフルトが圧勝した。ビーレフェルトのMF堂安律はフル出場、フランクフルトのMF鎌田大地は77分まで、MF長谷部誠は71分までプレーしている。


前節、シュツットガルトの遠藤航との日本人対決が実現した中、堂安の全3ゴールに絡む大活躍により勝利した15位ビーレフェルト(勝ち点17)は、堂安が開幕から18試合連続スタメンとなった。

一方、前節フライブルク戦では途中出場の鎌田がオウンゴール誘発のシュートを放って引き分けとした8位フランクフルト(勝ち点27)は、長谷部が7試合連続スタメンとなり、鎌田が3試合ぶりに先発復帰となった。

堂安が[4-4-2]の右MFで、長谷部が[3-4-2-1]のボランチで、鎌田が2シャドーの一角でスタートした日本人対決。

立ち上がりの主導権争いを経て、10分に堂安がカットインから枠内シュートを放ったビーレフェルトだったが、先制したのはフランクフルト。25分、左サイドからのコスティッチのクロスのルーズボールをアンドレ・シウバが蹴り込んだ。

さらに2分後、スーパーゴールでフランクフルトに追加点が生まれる。ショートコーナーを使った流れからボックス手前右、約30mの位置からコスティッチの放った強烈なシュートがゴール右に突き刺さった。

止まらないフランクフルトは33分、ボックス右からのドゥルムのシュートのルーズボールをコスティッチが落とし、ボックス中央のアンドレ・シウバが蹴り込んで3-0とした。

8分間で3失点となったビーレフェルトの反撃は36分、右サイドからのブルナーのクロスをコルドバがヘッドで押し込み、1点を返して前半を終えた。

しかし、迎えた後半開始6分、フランクフルトが決定的な4点目を奪う。鎌田のパスを受けたボックス左のコスティッチのクロスがニルソンのオウンゴールを誘った。

さらに75分、コスティッチのパスを受けたボックス左の鎌田がマイナスに折り返し、途中出場のヨビッチが蹴り込んでフランクフルトに5点目。コスティッチが全5得点に絡んで圧勝としたフランクフルトが日本人対決を制している。
関連ニュース
thumb

堂安&奥川在籍のビーレフェルト、クラマー氏を新指揮官に招へい!

FW堂安律とMF奥川雅也が在籍するビーレフェルトは2日、フランク・クラマー氏(48)の新監督招へいを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 ブンデスリーガ23試合を消化時点で、残留プレーオフに回る16位に位置しているビーレフェルト。ここ5試合で4敗を喫しており、降格圏となる17位マインツと勝ち点「1」差に迫られていたことから、1日にウーベ・ノイハウス監督(61)の解任を発表した。 そして、チーム立て直しを託されたのが、試合分析と若手育成に長けたドイツ人指揮官だ。 ビーレフェルトの新指揮官に就任したクラマー氏は、2005年に現役生活を終えたグロイターフュルトのリザーブチーム(ドイツ4部)で監督に転身。その後、ホッフェンハイムのリザーブチームへステップアップすると、2012年には同クラブのトップチームの暫定監督も務め、当時在籍していた現ガンバ大阪の元日本代表FW宇佐美貴史を指導した。 そこで実績を積んだ同氏は、グロイターフュルトやデュッセルドルフでの監督を経て、ここ数年は育成年代の指導に従事。アンダーカテゴリーのドイツ代表コーチを歴任した後、直近はレッドブル・ザルツブルクでユースアカデミーの責任者を務めていた。 クラマー氏はビーレフェルトの新指揮官に就任に際して、クラブ公式サイトを通じて意気込みを口にしている。 「アルミニアは近年素晴らしい発展を遂げており、非常に真剣で多角的な視野を重視した印象を与えるエキサイティングなクラブです。 私は今、そのクラブの一員として参加できることを嬉しく思っている。早くプレーヤーやチーム全体と共に仕事をしたいね」 なお、クラマー新監督率いる新生ビーレフェルトの初陣は7日に開催されるブンデスリーガ第24節のウニオン・ベルリン戦となる。 2021.03.02 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ノイハウス監督解任の堂安&奥川所属ビーレフェルト、後任候補に宇佐美を指導した人物が浮上

1日にウーベ・ノイハウス監督(61)の解任を発表したビーレフェルトだが、後任候補としてフランク・クラマー氏(48)が浮上しているようだ。ドイツ『キッカー』が伝えた。 ブンデスリーガ23試合を消化した現時点で、残留プレーオフに回る16位に位置しているビーレフェルト。ここ5試合で4敗を喫しており、降格圏となる17位マインツと勝ち点「1」差に迫られていたことから、その責任を負う形でノイハウス監督が解任されていた。 後任の噂のあるクラマー氏は、2005年に現役生活を終えたグロイターフュルトのリザーブチーム(ドイツ4部)で監督に転身。その後、ホッフェンハイムのリザーブチームへステップアップすると、2012年には同クラブのトップチームの暫定監督も務め、現在はガンバ大阪所属の元日本代表FW宇佐美貴史を指導した。 そこで実績を積んだ同氏は、グロイターフュルトやデュッセルドルフでの監督を経て、ここ数年は育成年代の指導に従事。アンダーカテゴリーのドイツ代表コーチを歴任した後、現在はレッドブル・ザルツブルクでユースアカデミーの責任者を務めている。 『キッカー』によると、ビーレフェルトはクラマー氏のこの経歴に注目しており、今後、下部組織とトップチームとのより綿密な連携を構築するために、若手育成を重要視する同氏の招へいを検討しているのだという。クラブを12シーズンぶりに1部に導いた前監督は対照的な考えを持った人物だったというが、選手たちとの信頼関係は厚かったため、新監督には新たな信頼を築く必要があると同メディアは伝えている。 2021.03.02 16:17 Tue
twitterfacebook
thumb

堂安&奥川のビーレフェルト、ノイハウス監督を解任

MF堂安律とMF奥川雅也の所属するビーレフェルトは1日、ウーベ・ノイハウス監督(61)を解任したことを発表した。 現在、23試合を消化したブンデスリーガで残留プレーオフに回れる16位に位置するビーレフェルトだが、ここ5試合で4敗を喫しており、降格圏の17位マインツとは1ポイント差に迫られていた。 ウニオン・ベルリンやディナモ・ドレスデンで指揮を執った経歴を持つノイハウス監督は、2018年12月にビーレフェルトの指揮官に就任。昨季ブンデス2部で優勝を果たし、ビーレフェルトを12シーズンぶりの1部復帰に導いていた。 2021.03.01 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

今季1勝で最下位低迷のシャルケ、グロス監督を解任

シャルケは2月28日、クリスティアン・グロス監督(66)の解任を発表した。併せてスポーツ・ディレクターのヨヘン・シュナイダー氏も解任されている。 グロス監督は昨年12月28日にシャルケの監督に就任。1月9日のブンデスリーガ第15節ホッフェンハイム戦で今季初勝利をもたらすも、その後も低迷が続き、前々節ドルトムントとのダービーでは0-4と惨敗。前日のシュツットガルト戦ではMF遠藤航に2ゴールを許すなど1-5の惨敗を喫するなど、就任後のリーグ戦10試合で1勝2分け7敗の成績に終わっていた。 最下位に沈むシャルケは現在勝ち点9。残留プレーオフに回れる16位ビーレフェルトとは9ポイント差となっている。 2021.03.01 00:00 Mon
twitterfacebook
thumb

サンチョ躍動のドルトムントが堂安&奥川のビーレフェルトに快勝、次節はデア・クラシカー《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第23節、ドルトムントvsビーレフェルトが27日に行われ、3-0でドルトムントが快勝した。ビーレフェルトのMF堂安律は75分まで、MF奥川雅也は75分から出場している。 前節シャルケとのレヴィア・ダービーを快勝した6位ドルトムント(勝ち点36)は、シャルケ戦のスタメンからブラントとデラネイに代えてレイナとベリンガムを起用した。 一方、前節ヴォルフスブルクに完敗した16位ビーレフェルト(勝ち点18)は、開幕からスタメン出場を続ける堂安がフラットな[4-4-2]の右MFで先発となり、前節ブンデスデビューを飾った奥川は引き続きベンチスタートとなった。 中盤アンカーにダフード、2列目に右からレイナ、ロイス、ベリンガム、サンチョと並べる[4-1-4-1]で臨んだドルトムントが立ち上がりから攻勢をかけた中、ビーレフェルトは6分に堂安がルーズボールをダイレクトでシュートに持ち込む決定機を演出。 さらに12分、堂安のパスを受けたクンゼがボックス内からGKノイアー強襲のシュートを放った。 攻め込みながらもゴールが遠いドルトムントは、28分にFKの流れからロイスがバー直撃のシュートを放つと、39分にはビッグチャンス。相手のミスパスをカットしたサンチョが持ち上がってラストパスを送り、ボックス左のハーランドがシュートに持ち込むも、GKオルテガのファインセーブに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半、ドルトムントが開始3分に先制する。サンチョのパスを受けたペナルティアーク中央のダフードがゴール左にミドルシュートを突き刺した。 さらに57分、ドルトムントがリードを広げる。ボックス内で仕掛けたロイスがピーペルに倒されてPKを獲得。これをサンチョが決めてリードを広げた。 守備に追われる展開が続くビーレフェルトは、堂安が69分にカットインからシュートに持ち込みかけると、続く71分にはドリブルでボックス左まで持ち上がってシュートに持ち込んだ。 その堂安に代えてビーレフェルトは75分、奥川を左サイドに投入。しかし81分、ドルトムントが勝負を決定付ける。サンチョのスルーパスでボックス左に侵入したハーランドが折り返し、ヘイニエルが決めた。 レアル・マドリーからレンタルで加入しているヘイニエルに移籍後初弾も生まれたドルトムントが快勝でリーグ戦2連勝とし、次節バイエルンとのデア・クラシカーに臨むこととなった。 2021.02.28 01:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly