パウロ・ソウザ氏がポーランド代表監督に就任!

2021.01.22 01:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポーランドサッカー協会(PZPN)は21日、新しい代表監督にポルトガル指揮官パウロソウザ氏(50)を任命したことを発表した。

PZPNは今夏に行われるユーロ2020を前に、イェジー・ブジェンチェク監督(49)を解任。2018年7月から続いた政権に終止符を打った。

後任として白羽の矢が立ったのは、現役時代にポルトガル代表としても活躍したパウロソウザ氏。引退後は、QPRやスウォンジー、レスター・シティ、マッカビ・テル・アビブ、バーゼル、フィオレンティーナ、天津天海などの監督を歴任。
直近では、2019年3月に成績不振に陥っていたボルドーの指揮官に就任。何とかチームを残留に導くと、2019-20シーズンは28試合で9勝10分け9敗の12位でシーズンを終了。2022年まで契約を残していたが、2019-20シーズン終了後に辞任していた。

パウロソウザ新監督は今回の発表に際し、「ポーランド代表監督になれたことはとても光栄だし誇りに思っているよ。この機会を与えてくれたズビグニェフ・ボニエク会長や理事会には感謝している。ポーランドはサッカーの国であり、皆さんの熱意が力を与えれくれると確信している。我々は一緒にユーロの勝利を目指して戦うことが出来るだろう」とコメントしている。

関連ニュース
thumb

テオが2日の一部練習を回避…ポーランド戦控えるフランスに懸念材料

フランス代表DFテオ・エルナンデスはポーランド代表戦に向けてコンディションの問題を抱えているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)グループDの戦いを2勝1敗の首位で終えたフランスは、4日に行われるラウンド16でグループCを2位通過したポーランドと対戦する。 そのベスト8進出を懸けた一戦に向けて調整を進めるフランスだが、2日に行われたトレーニングセッションでは左足首に打撲を負ったテオが予防措置のため一部メニューを回避したようだ。 現状ではポーランド戦に間に合う見込みだが、DFリュカ・エルナンデスが離脱した中で唯一の左サイドバックを本職とするミランDFの状態はディディエ・デシャン監督にとって気がかりなところだ。 仮に、テオが間に合わない場合はチュニジア代表戦で左サイドバックとしてW杯デビューを飾ったMFエドアルド・カマヴィンガが代役を担うことになる。 そのチュニジア戦では試合序盤こそ初挑戦のポジションでバタついたカマヴィンガだが、時間を経るごとに大きくパフォーマンスを改善しており、サイドにあまり強力なタレントがいないポーランド相手では十分にテオの代役を担えるはずだ。 2022.12.03 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

シュチェスニーがメッシと試合前にある“賭け”…「僕は100ユーロ払わなければならない」

ポーランド代表のGKヴォイチェフ・シュチェスニーが、アルゼンチン代表戦で相手のリオネル・メッシとある“賭け”をしていたことを明かした。イギリス『サン』が伝えている。 両代表は30日、カタール・ワールドカップのグループC最終節で決勝トーナメント進出をかけて激突。立ち上がりからメッシのシュートがシュチェスニーを強襲する白熱した展開が繰り広げられた中、前半40分手前にメッシがヘディングシュートを放った際にシュチェスニーのパンチングした手が顔面に当たっていたとしてアルゼンチンにPKが与えられた。 アルゼンチンにとっては先制の千載一遇のチャンスだったが、メッシが枠の右を狙ったシュートをシュチェスニーがファインセーブ。シュチェスニーはサウジアラビア戦から続けてPKストップという離れ技をやってのけた。 試合後のシュチェスニーによると、メッシとのある賭けとはPKについて。シュチェスニーはこの一戦でアルゼンチンにPKが与えられるか与えられないかで、後者に100ユーロ賭けていたそう。 「僕たちは試合前に話をして、僕は審判がPKを与えない方に100ユーロ賭けると言ったんだ。だからメッシに賭けで負けてしまったよ」 「ワールドカップでそれが許されているのかはわからない。それで出場停止になるかもしれないね(笑)。でも気にしてないよ!」 「別に本当に100ユーロ払うわけではないけど、彼は100ユーロなんて気にしないだろう。いっぱいもらってるんだから」 なお、試合は結局、後半に2点を決めたアルゼンチンが勝利。アルゼンチンは首位でグループ突破となったが、ポーランドも得失点差でメキシコを上回り、36年ぶりの決勝トーナメント進出となった。 2022.12.01 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「負けたのに笑ったのは初めて」36年ぶりの決勝T進出にポーランド主将レヴァンドフスキも感激

ポーランド代表のFWロベルト・レヴァンドフスキが、カタール・ワールドカップのグループステージ突破を喜んでいる。 開幕から1勝1分けでグループC首位につけていたポーランド代表は、30日に行われた最終節のアルゼンチン代表戦の結果、2位で突破を果たすことになった。試合は0-2で敗れ、サウジアラビアを破ったメキシコと勝ち点で並ばれてしまったものの、1ポイントの得失点差で勝ち抜け。実に36年ぶりに決勝トーナメント進出を決めた。 主将でエースのレヴァンドフスキもまずはこの結果に安堵。「負けたのに笑ったのは初めて」という奇妙な感覚を覚えたという。また、ラウンド16で対戦するフランスにも言及している。 「敗戦したのに笑顔だったのは生まれて初めてだ」 「ラウンド16に進むことができて本当に素晴らしい。僕らはよくやったよ。メキシコの試合が残り1分になっても僕たちの行方はわからなかったからね」 「フランスは優勝候補の一つだ。だけど、僕たちは楽しみながら全てを出し切る。どうなるか楽しみだね」 2022.12.01 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「身をもって経験している」ラウンド16に進むメッシ、サウジ戦敗戦の経験を糧にオーストラリアを警戒「簡単なチームなどはない」

アルゼンチン代表のFWリオネル・メッシが、ラウンド16進出についてコメントした。アルゼンチン『TyC Sports』が伝えた。 11月30日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループC最終節でアルゼンチンはポーランドと対戦した。 アルゼンチンは負ければ敗退の可能性もある状況。初戦でサウジアラビア代表に敗れたことが重くのしかかっていた。 ポーランドは引き分けでも突破が可能という状況だったが、試合は46分にアレクシス・マク・アリスターのゴールでアルゼンチンが先制。68分にはフリアン・アルバレスが追加点を奪い、0-2でアルゼンチンが勝利した。 試合後、メッシが『TyC Sports』のインタビューに応じ、自身のPK失敗でチームが団結したとコメントした。 「PKを失敗したことで、よりチームは強固になった。チームは僕たちが勝つと信じていたので、先制することだけだった。ゴールを決めたら、あとは自分たちの思い通りの試合展開になるはずだった」 また、若手2人が結果を残してチームを勝利に導いたことに言及。誰もが最善の準備をしているとした。 「僕たちは最初から言っていた。誰が出ていても、自分が何をしなければいけないのかを理解し、常に万全の準備をすると。それがこのグループの強さであり、団結力であり、自分の出番がくればそれに応えるということだ」 そのメッシは初戦のサウジアラビア戦で打ちのめされたものの、しっかりと自信を持つことが大事だとした。 「自信、そして僕たちの試合を再び信頼すること。最初の試合では苦戦してしまった。この調子で行けることを願うよ」 「僕たちが最初から言っていたことと同じだ。僕たちは敗戦からスタートし、悪いスタートを切ったことで誰もが落ち込んで、心配していた」 「でも、気楽に行こうとしたし、グループステージは続いていくといった。今日見せたようなプレーを、これからも見せていけると良いね」 無事にラウンド16に進んだアルゼンチン。次の相手はオーストラリア代表に決定した。 メッシは、勝てばオーストラリアになることが分かっていたとし、決して過小評価はしてはいけないと意気込みを語った。 「結果は分かっていたけど、それ以上に、いつも通り試合に向けて準備しなければいけなかった。とても厳しい状況になると思っている。また1歩前進できたね」 「誰でも勝てるということが明確になった。そして、僕たちは身をもって経験している」 「とても互角なW杯だ。簡単なチームなどはない。どんなに組織化されたチームでも、難しくなっている。結局、自分たち次第だと思ったよ」 2022.12.01 13:45 Thu
twitterfacebook
thumb

「ディエゴも喜んでいると思う」メッシがマラドーナを超え! 今大会全試合出場で史上最多26試合に

アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、レジェンドをついに超えることとなった。 カタール・ワールドカップ(W杯)に出場したことで、5大会連続5度目の出場を果たしたメッシ。過去4大会では、2014年のブラジル大会で準優勝を経験するなど、19試合に出場していた。 2006年のドイツ大会から出場を続ける中、カタールW杯でもグループステージの3試合全てに出場。この結果、通算出場試合数を「22」に伸ばした。 これまで、アルゼンチン人で最もW杯の試合でプレーしたのはレジェンドのディエゴ・マラドーナ氏。1982年から1994年までの4大会で達成しており、1986年のメキシコ大会では優勝を果たしていた。 メッシはマラドーナ氏の記録を更新し、歴代でも単独4位に浮上。最多は元ドイツ代表のローター・マテウス氏の「25」試合、2位は元ドイツ代表のミロスラフ・クローゼ氏の「24」試合、3位は元イタリア代表のパオロ・マルディーニ氏の「23」試合となる。 ラウンド16の試合もケガなどがなければ出場するであろうメッシはマルディーニ氏には並ぶことが濃厚。チームが準決勝まで駒を進め、全ての試合に出場すると、歴代最多の26試合出場を達成することとなる。 ちなみに、キャプテンとしても15試合に出場し、マラドーナ氏に「1」と迫っている状況。ゴール数もガブリエル・バティストゥータ氏の10ゴールがアルゼンチン代表としての最多であり、メッシは8ゴールという状況に。どちらも超えるチャンスを残している。 メッシはマラドーナ氏超えの記録達成についてコメント。アルゼンチン『TyC Sports』が伝えた。 「ディエゴも喜んでいると思う。彼はいつもアルゼンチン代表に良いことが起こることを喜んでいたし、僕にも個人的に良いことがあった」 「彼はいつも近くにいて、愛情深い人だった」 「彼はベスト16に進出したこと、そしてピッチ上で起こった全てのことを喜んでいるだろう」 2022.12.01 11:25 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly