10人の3部相手に逆転負けを喫したレアル・マドリーが5季ぶりの3回戦敗退…《コパ・デル・レイ》

2021.01.21 07:41 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーは20日、コパ・デル・レイ3回戦でセグンダB(スペイン3部)に所属するアルコヤーノと対戦し、1-2で逆転負けを喫した。

14日に行われたスーペル・コパ準決勝のビルバオ戦を1-2で敗れたマドリーは、その試合からカゼミロ以外のスタメン10名を変更。3トップにL・バスケス、マリアーノ、ヴィニシウスを据えた[4-3-3]の布陣を採用した。


試合序盤から押し込む展開が続いたマドリーだったが、アタッキングサードでのアイデアと精度を欠き、なかなか決定機まで持ち込むことができない。14分にはショートコーナーの流れからL・バスケスの右クロスをミリトンが頭で合わせたが、これは相手GKが正面でキャッチした。

膠着状態が続く中、マドリーは前半ラストプレーで先制に成功する。45分、左CKの二次攻撃からイスコのパスをボックス左手前で受けたマルセロがクロスを供給すると、ゴール前に走り込んだミリトンがダイビングヘッドでゴールネットを揺らした。

後半も立ち上がりから主導権を握るも決定機を決め切れないマドリーは、67分にマリアーノを下げてベンゼマを投入。すると78分、スルーパスで左サイドを抜け出したヴィニシウスが、ボックス外まで飛び出したGKの脇を抜くシュートを狙ったが、これはすべり込んだGKホセ・フアンが足でブロック。

追加点の遠いマドリーは、アルコヤーノにワンチャンスを生かされ追いつかれる。80分、ラモン・ロペスの左CKをファーサイドのソルベスに流し込まれた。

追い付かれたマドリーは、86分にマルセロの左クロスからL・バスケスがヘディングシュートでゴールに迫ったが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。結局、90分では決着がつかず試合は延長戦に突入した。

延長に入りマドリーは、アセンシオやアザール、クロースを投入。さらに延長後半5分には、アルコヤーノのラモン・ロペスが2枚目のイエローカードで退場処分となった。

数的優位となったマドリーだが、再びスコアを動かしたのはアルコヤーノ。延長後半10分、自陣からロングカウンターを仕掛けるとアントンのパスでボックス左深くに抜け出したディアキテのクロスをニアに走り込んだカサノバが右足で流し込んだ。

結局、これが決勝点となりマドリーは1-2で敗戦。10人の3部クラブ相手に屈辱的な逆転負けを喫したマドリーは、5シーズンぶりの3回戦敗退となった。

また。同日に行われたコパ・デル・レイ3回戦のコルドバ(セグンダB)vsソシエダは、0-2でソシエダが勝利している。

◆コパ・デル・レイ3回戦
▽1/20(水)
コルドバFC(3部) 0-2 レアル・ソシエダ
アルコヤーノ(3部) 2-1 レアル・マドリー

▽1/21(木)
UDイビサ(3部) vs アスレティック・ビルバオ
コルネジャ(3部) vs バルセロナ

▽1/16(土)
ペーニャ・デポルティバ(3部) 1-4 バジャドリー
アルメリア(2部) 5-0 アラベス
ジローナ(2部) 2-0 カディス
フエンラブラダ(2部) 1-1(PK:2-4) レバンテ
レガネス(2部) 0-1 セビージャ
ラージョ(2部) 2-0 エルチェ

▽1/17(日)
マラガ(2部) 1-2 グラナダ
エスパニョール(2部) 0-2 オサスナ
ナバルカルメロ(3部) 3-1 エイバル
スポルティング・ヒホン(2部) 0-2 ベティス
ADアルコルコン(3部) 0-2 バレンシア
テネリフェ(2部) 0-1 ビジャレアル

関連ニュース
thumb

バルセロナが大逆転勝利で決勝進出! セビージャはPK失敗に後半土壇場被弾で無念の敗退…《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ準決勝2ndレグ、バルセロナvsセビージャが3日にカンプ・ノウで行われ、延長戦までもつれ込んで激闘を制したバルセロナが2戦合計3-2のスコアで決勝進出を決めた。 敵地での前回対戦で0-2の完敗を喫したバルセロナだが、先週末に行われたラ・リーガではデンベレとメッシの2ゴールによって今季3度目の対戦でセビージャに初勝利。その勝利の勢いを持ち込んで臨んだ今回の2ndレグでは、その試合と全く同じスタメンを採用。負傷交代したペドリも無事スタメンに名を連ねた。 一方、ホームで先勝し大きなアドバンテージを得たセビージャだが、前述のように直近のリーグ戦での敗戦により、ラ・リーガの連勝が「6」でストップ。その影響が懸念される中で臨んだ苦手カンプ・ノウでの一戦では先発6人を変更。負傷かベンチ外となった守護神ブヌに代わってヴァツリークが起用された一方、スソとエン=ネシリに加えて負傷明けのアクーニャが復帰。同じく負傷明けのオカンポスがベンチに戻ってきた。 バルセロナが[3-5-2]を継続したのに対して、並びを合わせてくる可能性もあったセビージャは普段通りの[4-3-3]でスタート。逆転での突破に向けて3点が必要なホームチームがボールを握って押し込んでいく中、10分にはブスケッツがミドルシュートで最初の枠内シュートを放つ。 すると、直後の12分にはボックス左でDFクンデとのイーブンボールの奪い合いを制したデンベレがそのままキープして一瞬相手守備の動きが止まった隙を突いて右足を一閃。ジョルダンにディフレクトしてややコースが変わったシュートがゴール左上隅の完璧なコースに決まった。 逆転に向けて士気が高まる早い時間帯のゴールで勢いに乗るバルセロナは、以降も相手の連動性を欠くプレスをいなしながら相手を押し込み続ける。また、ボールを奪われても素早い囲い込みで相手のプレーを制限し、3バックがことごとくデュエルを制して攻撃を起点を作らせない。 以降も完全に主導権を握るホームチームは30分過ぎにペドリのミドルシュート、ボックス左で仕掛けたメッシのシュートのこぼれ球がゴールに向かうなど、決定機を幾度も作り出すが、最後のところで身体を張るセビージャを前に2点目を奪い切れずに前半を終えることになった。 後半も引き続きバルセロナが主導権を握るが、割り切って守るセビージャの守備をなかなか崩し切れない。 そういった流れの中で先に動きを見せたのはアウェイチーム。54分、足を痛めたアレイシ・ビダル、アクーニャ、ルーク・デ・ヨングを下げてヘスス・ナバス、レキク、ラキティッチを一気に投入。さらに、63分にはオリベル・トーレスに代えて負傷明けのオカンポスをピッチへ送り出した。 一方、後半に入ってなかなか決定機まで至らないバルセロナは63分、デストを下げて切り札のグリーズマンを投入。この交代で並びを[4-3-3]に変更した。すると、67分にはボックス左でデンベレの浮き球のクロスに反応したジョルディ・アルバが左足のジャンピングボレーで合わすが、これは惜しくもクロスバーを叩く。 粘り強く守りながらアウェイゴールを奪って試合を決めたいセビージャは71分、千載一遇のチャンスを得る。ボックス手前で仕掛けたオカンポスがミンゲサと入れ替わりかけてボックス内で交錯。すると、微妙な判定ながらPKを獲得する。しかし、キッカーのオカンポスが左を狙って蹴ったシュートはGKテア・シュテーゲンに完璧に読まれて痛恨の失敗となった。 守護神のビッグセーブで首の皮一枚繋がったバルセロナは、完全に専守防衛の構えを見せるアウェイチームに対してここから決死の猛攻を仕掛けていく。 試合終盤にかけてはイライクス、ジュニオル・フィルポ、トリンコン、ブラースヴァイトと次々に交代カードを切ってパワープレーを仕掛けていくと、最後の最後に劇的同点ゴールを奪う。 94分、右CKの二次攻撃から左サイドで相手のクリアボールを回収したグリーズマンが絶妙なクロスを入れると、これをゴール前で競り勝ったピケがドンピシャのヘディングシュートをゴール右隅に流し込んだ。そして、前ラウンドのグラナダ戦に続く後半ラストプレーで追いついたバルセロナが延長戦に持ち込んだ。 失点直前にフェルナンドが2枚目のカードをもらったことで、数的優位で延長戦に入ったバルセロナはすぐさま勝ち越しに成功する。延長前半5分、左サイドのアルバが上げた絶妙なクロスをゴール前に飛び込んだブラースヴァイトがダイビングヘッドで合わせ、一気に試合を引っくり返した。 これでいよいよ厳しくなったセビージャだが、アウェイゴールを奪えば一気に優位に立てることもあり、バルセロナの猛攻を凌ぎながらカウンターでワンチャンスを狙う。110分にはオカンポスがボックス内で競った際にボールがDFラングレの手に当たり、この試合2度目のPK奪取かに思われたが、ここはノーファウルの判定となった。 やや微妙な判定に救われて何とか窮地を脱したバルセロナはここから冷静に時計を進めると、延長後半のセビージャの猛攻をGKテア・シュテーゲンを中心に凌ぎ切った。 そして、1stレグの0-2から驚異的な勝負強さを発揮して逆転したバルセロナが2戦合計3-2で見事に決勝進出を決めた。 2021.03.04 07:49 Thu
twitterfacebook
thumb

ラキティッチがコパ準決勝バルセロナとの2ndレグへ意気込み「より美しい舞台へ」

セビージャのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチが、コパ・デル・レイ準決勝2ndレグのバルセロナ戦に向けてコメントしている。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 先月10日に行われた1stレグではホームで2-0で先勝したセビージャ。古巣戦となったラキティッチは86分に2点目を決めて、決勝進出へより有利な状況にした。 ラ・リーガでも好調を維持しており、現状で首位のアトレティコ・マドリーとは勝ち点差10の4位に位置。4位以上ないしは優勝の可能性すらまだまだ残されている。 ラキティッチは3日に行われる2ndレグを前に、バルセロナ時代との心境の変化について語った。 「今の僕はより完璧な選手に近づいているよ。前よりもフットボールを楽しめているし、前よりも感謝する機会が多くなった。細かい部分を重要視するようになったんだ」 「もちろん、もっと良くならなければならない。バルセロナという成功が約束された場所に6年もいたら、それが当たり前になっていた。チーム(セビージャ)がやっていることは信じられないことで、普通のことではない」 2ndレグ直前には、セビージャはリーグ戦でホームにバルセロナを迎え、0-2で敗れている。今回の一戦は、1勝1分けで迎える3試合目となる。しかしながら、ラキティッチはこれまでの2試合の結果がもたらす影響はないとし、決勝進出に向けてチームが大きな野望を持っていることを主張した。 「ひとつの試合が次の試合に影響を与えることはない。コパの1stレグと2ndレグもまた大きく異なっている」 「僕たちが伝えたいのは、スペインでプレーできる最も美しい試合に到達するという並外れた野心を持っているということ。バルセロナにとってはそれが義務であると言うことは知っているけど、僕たちはそれを楽しみたい。この街で決勝戦を行えるよう、精一杯戦うよ」 2021.03.03 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ビルバオとレバンテの準決勝初戦は譲らずドロー決着《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ準決勝1stレグのビルバオvsレバンテが11日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 準々決勝でベティスをPK戦の末に下したビルバオと、ビジャレアルに勝利したレバンテの一戦。 試合が動いたのは26分、ポスティゴのパスを右サイドで受けたコケがワンタッチで繋ぐと、ボックス右横まで持ち上がったデ・フルートスがクロスを供給。これに反応したメレロのボレーシュートは空振りに終わるが、軸足に当たり絶妙なトラップとなったこぼれ球をメレロがゴール左に流し込み、レバンテが先制した。 1点を追うビルバオは、後半立ち上がりの49分に反撃。右サイドで獲得したFKからムニアインがクロスを供給すると、ワンバウンドしたボールをファーサイドの走り込んだラウール・ガルシアがダイビングヘッドで合わせたが、これはGKカルデナスのファインセーブに阻まれた。 同点のチャンスを逃したビルバオだったが、58分にセットプレーから試合を振り出しに戻す。ムニアインの右CKをニアに走り込んだイニゴ・マルティネスがヘディングシュート。これがゴール左隅に突き刺さった。 その後、勝ち越しゴールを狙うレバンテは68分にデ・フルートスとロジェールを下げてロチーナとD・ゴメスを投入していく。 対するビルバオは、79分にビジャリブレを投入して試合を動かしにかかるも、互いに決め手を欠いてゴールは生まれず3月4日に行われる2ndレグに決着は委ねられることになった。 2021.02.12 07:40 Fri
twitterfacebook
thumb

クンデの圧巻個人技弾とラキティッチが恩返し弾! バルサ完封のセビージャが先勝!《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ準決勝1stレグ、セビージャvsバルセロナが10日にサンチェス・ピスフアンで行われ、ホームのセビージャが2-0で先勝した。 準々決勝でセグンダ(スペイン2部)のアルメリアに辛勝したセビージャは、先週末に行われたラ・リーガでヘタフェに3-0の快勝を収めて公式戦7連勝を達成。優勝候補筆頭チームをホームで迎え撃ったこの初戦では先発3人を変更。負傷のオカンポス、グデリとオリベル・トーレスに代えてパプ・ゴメス、フェルナンド、ラキティッチが起用された。 一方、壮絶な打ち合いとなったグラナダとの準々決勝を延長戦の末に制したバルセロナは、直近のベティス戦も3-2のスコアで競り勝って、こちらはリーガ6連勝を達成。敵地での初戦では先発5人を変更。負傷のアラウホに代えてジュニオル・フィルポを右サイドバックで起用し、ミンゲサがユムティティと共にセンターバックに入った。さらに、デ・ヨング、ペドリ、メッシが復帰した。 互いに連戦の影響もあってやや慎重な入りを見せる。それでも、徐々にボール保持率を高めたバルセロナが最初に決定機を作り出す。11分、ボックス手前左でボールを持ったグリーズマンが絶妙な浮き球のパスをゴール前のスペースに入れると、これに完璧なタイミングで抜け出したメッシが左足ワンタッチで合わす。だが、GKブヌの見事な飛び出しからのファインセーブに阻まれた。 まずは守備からの入りとなったホームチームは19分にセットプレーの流れからボックス右に抜け出したクンデが枠の左へわずかに外れる惜しいシュートを放つ。 すると、このプレーで良いフィニッシュの感覚を掴んだか、この数分後にクンデが圧巻の個人技で先制点を奪う。25分、右センターバックの位置からドリブルで持ち上がったクンデがスソに一度預けそのままボックス付近まで駆け上がってリターンパスを受け直す。そして、ブスケッツ、ユムティティを鮮やかなドリブルでかわしてボックス内に侵入し、右足のシュートをゴール左隅に突き刺した。 やや軽い守備対応から先手を奪われたバルセロナは攻撃のギアを上げて相手を押し込んでいく。だが、リーグ屈指の堅守を誇るホームチームを前になかなか決定機まで持ち込むことができない。 前半終盤にかけてはホームチームが得意の堅守速攻の形から幾度かバルセロナの守備を引っくり返して追加点に迫るシーンを作り出す。前半終了間際の46分にはボックス手前左でフリーとなったエスクデロが抑えの利いたミドルシュートを枠に飛ばすが、ここはGKテア・シュテーゲンの見事なワンハンドセーブにはじき出された。 1点リードで試合を折り返したセビージャは後半も立ち上がりの52分にエン=ネシリがボックス内に抜け出す決定機を作るなど、良い入りを見せる。 一方、後半もなかなか決定機まで持ち込めないバルセロナだったが、55分にはメッシの個での打開でボックス付近まで迫り、最後はF・デ・ヨングの落としをメッシが左足で蹴り込むが、枠の左隅を捉えたシュートはGKブヌの好守に遭う。 後半半ばから終盤にかけては完全にボールを握るバルセロナが相手陣内でのプレー時間を増やしていくが、積極的に交代カードを切って守備の強度を全く落とさないホームチームが守護神ブヌを中心にメッシらの決定機をことごとく撥ね返していく。 すると85分、前がかりなアウェイチームに対して虎視眈々と背後を狙い続けていたホームチームの狙いが追加点という形で結実する。ハーフウェイライン付近左のオリベル・トーレスの浮き球パスに反応したラキティッチが絶妙な動き出しでラインを上げようとしたユムティティと完璧に入れ替わる。そのままボックス内に持ち込んだバルセロナの元背番号4が冷静に古巣のゴールへ右足のシュートを右隅に叩き込んだ。 痛恨の2失点目を喫したバルセロナはホームでの2ndレグに望みを繋げるため何とか1点を返そうと攻勢を仕掛けたが、メッシの決定的なシュートがGKブヌの好守に阻まれ、最後までゴールをこじ開けることはできなかった。 この結果、バルセロナとの好調対決を制して公式戦8連勝を飾ったセビージャが決勝進出に王手をかける先勝となった。 2021.02.11 07:09 Thu
twitterfacebook
thumb

昨季ファイナリストのアスレティックがPKの末にベティス撃破で4強入り! 後半ラストプレーで追いつく劇的勝ち上がりに《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ準々決勝、ベティスvsアスレティック・ビルバオが4日にベニート・ビジャマリンで行われ、1-1のスコアで120分間の戦いが終了。その後、PK戦を2-4で制したアスレティックが準決勝進出を決めた。   4回戦で昨季ファイナリストのレアル・ソシエダを破ったベティスと、3部のアルコヤーノを退けたアスレティックによるプリメーラ勢同士の一戦。試合はアウェイのアスレティックがラウール・ガルシアとビジャリブレという屈強なターゲットマンを使ったシンプルな攻めを見せ、押し込む入りを見せる。その流れから制空権を握ったセットプレーでベスガらがフィニッシュに絡んでいくが、なかなか枠を捉え切れない。   一方、時間の経過と共にボールの主導権を握ってカナレス、フェキルを起点に相手守備を揺さぶる攻撃を仕掛けるベティス。30分付近にはいずれも右サイドを破ってのフェキル、ルイバルの絶妙な折り返しからカナレス、ミランダに決定機が訪れるが、こちらもシュートを枠に飛ばせず。   互いに決定機をモノにできず、0-0で折り返した試合は後半も球際でのぶつかり合いが強調される展開が続き、決定機の数よりもカードが目立つ。それでも、徐々に流れを掴んだアスレティックは71分、ユーリの左クロスに大外から飛び込んだデ・マルコスにビッグチャンスが訪れる。だが、これを枠に飛ばせない。   その後、互いに交代カードを切って試合の流れに変化を加えていく中、ベティスの交代策が先に実を結ぶ。84分、ボックス手前左でドリブル突破を仕掛けたフェキルが相手DFに引っかけられて浮き球のルーズボールがボックス中央のフアンミに向かうと、途中出場のフアンミが抑えの利いた左足のボレーシュートをゴール右隅へ流し込んだ。   試合終盤のゴールで準決勝に近づいたホームチームはボルハ・イグレシアス、フェキルを下げてグアルダード、シジネイと守備的な選手を投入して逃げ切り態勢に入る。   そして、冷静な試合運びで時計を進めていくが、昨季ファイナリストが最後の最後に勝負強さを発揮した。94分、左サイドで高い位置を取ったイニゴ・マルティネスが絶妙なアーリークロスを供給すると、DF2枚の間でうまく浮いたラウール・ガルシアが見事なヘディングシュートをゴール右隅の完璧なコースに流し込んだ。   そして、昨季ファイナリストの驚異的な粘りによって延長戦に入ると、立ち上がりにはモルシージョの強烈なミドルシュートでアスレティックが勝ち越しに迫るが、これはGKロブレスの守備範囲。一方、主力アタッカーをすでにベンチに下げてより難しい立場に立たされたベティスも、延長から投入されたホアキンが延長前半終了間際にボックス内で決定的なシュートを放つなど、防戦一方の展開にはさせなかった。   結局、延長戦では決着がつかず、ベスト4進出の行方はPK戦に委ねられることになった。そのPK戦では先行のアスレティックが4人全員成功したのに対して、後攻のベティスは2人目のカナレス、3人目のフアンミがGKウナイ・シモンの連続セーブに遭い、昨季ファイナリストが4-2でPK戦を制した。   そして、後半ラストプレーで追いつきPK戦の末にベティスを退けたアスレティックが劇的な形でベスト4進出を決めた。 2021.02.05 07:48 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly