完全復活のイブラヒモビッチ、テコンドー仕込みの“後ろ回し蹴り”パスも披露

2021.01.19 18:31 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが完全復活を果たした。

イブラヒモビッチは今シーズン開幕からゴールを量産し、得点ランキングトップに立っていたが、第8節のナポリ戦で負傷してから8試合を欠場。第17節のトリノ戦でようやく復帰を果たすと、18日に行われた第18節のカリアリ戦で先発していきなりの2ゴールをマークしてみせた。


これで今シーズンのセリエA8試合で12ゴールと驚異的なペースでゴールを量産しているイブラヒモビッチだが、カリアリ戦の16分には技ありのパスも披露した。

イブラヒモビッチは、FWイェンス・ペッター・ハウゲのヘディングの落としを右足で浮かせると、そのボールを相手DFが届かない位置で、後ろ回し蹴りのような形からパスを出し、左サイドを上がっていたDFジオゴ・ダロトに通した。

イブラヒモビッチから見て、ダロトは完全に背後の位置におり、このパスはテコンドーの経験者であるイブラヒモビッチにしかできない芸当。『Eleven Sports』ベルギー版の公式インスタグラムでも、「これがイブラヒモビッチの参考書」と難度の高いパスを難なくこなす”神”を伝えている。

試合後のインタビューでミランのスクデットに問われたイブラヒモビッチは「スクデット獲得を信じているかって? 俺はズラタンを信じている」と答えており、まさに絶好調だ。

◆”完全復活”イブラヒモビッチが見せたテコンドー仕込みの“後ろ回し蹴り”パス


関連ニュース
thumb

ミラン、DFトモリを完全移籍で獲得希望?チェルシーに36億円支払いか

ミランが、チェルシーからレンタル移籍で獲得したイングランド代表DFフィカヨ・トモリ(23)に関して完全移籍での獲得を画策しているようだ。 トモリは、チェルシーのアカデミー出身で、ファーストチーム昇格後は武者修行を続けていた中、2019-20シーズンはフランク・ランパード監督の下でチャンスを手にし、プレミアリーグで15試合に出場し1ゴールを記録するなど出場機会を得ていた。 しかし、今シーズンはDFチアゴ・シウバが加入した影響もあり出場機会を失うと、1月にミランへとレンタル移籍。ミランでは、セリエAで4試合、ヨロッパリーグで2試合、コッパ・イタリアで1試合とコンスタントに出場している。 イタリア『スカイ・スポーツ』によると、ミランはトモリをチームに留まらせたいと考えており、レンタル期間が終わるシーズン終了後に完全移籍での獲得を申し出るとのこと。2800万ユーロ(約36億円)をチェルシーに支払うようだ。 トモリがミランへ移籍した後、チェルシーはランパード監督を解任しており、後任のトーマス・トゥヘル監督の下で構想に入るかは不透明な状況だ。 2021.03.02 09:55 Tue
twitterfacebook
thumb

負傷のイブラは古巣ユナイテッド戦含め、今後4試合を欠場か

ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが今後の公式戦4試合を欠場するようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 イブラヒモビッチは2月28日に行われたセリエA第24節のローマ戦に先発。後半11分に交代していたが検査の結果、左足内転筋を痛めていた。 『フットボール・イタリア』によればイブラヒモビッチは今後、セリエAのウディネーゼ戦、ヴェローナ戦、ナポリ戦、ヨーロッパリーグの古巣マンチェスター・ユナイテッド戦を欠場すると報じている。 39歳となったイブラヒモビッチは今季のセリエAで14ゴールを記録。2位に位置するチームを牽引しているが、昨年11月から今年1月にかけてハムストリングとふくらはぎの負傷により長期離脱していた。 また、MFハカン・チャルハノールに関しては左足太ももの内側屈筋を負傷し、3日に行われるセリエA第25節ウディネーゼ戦を欠場する見通しとのことだ。 2021.03.02 01:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン、レビッチは大事に至らず次節出場へ

ミランのクロアチア代表FWアンテ・レビッチは大事に至らなかったようだ。 ミランは2月28日に行われたセリエA第24節のローマ戦で主力の攻撃陣3人が負傷交代していた。そのうちの一人であり、ローマ戦で決勝ゴールを決めたレビッチは股関節を痛めてピッチを後にしていたが、イタリア『スカイ』によれば3日に行われるセリエA第25節ウディネーゼ戦の出場に問題はないとのことだ。 一方で左足内転筋を痛めたFWズラタン・イブラヒモビッチ、箇所は不明なものの足の筋肉を痛めたMFハカン・チャルハノールに関してはウディネーゼ戦での起用は不透明だとしている。 2021.03.02 00:00 Tue
twitterfacebook
thumb

イブラ、レビッチ、チャルハノールが相次いで負傷交代…ミラン指揮官「3人とも筋肉系のトラブル」

ミランに負傷者が相次いだ。 息切れ気味のミランだが、2月28日に行われたセリエA第24節のローマ戦を2-1で勝利。2連敗を止める白星を掴み、首位のインテルを追走した。 しかし、先発したFWズラタン・イブラヒモビッチ、FWアンテ・レビッチ、MFハカン・チャルハノールがそれぞれ負傷交代を強いられてしまった。 ローマとのビッグマッチを制した勢いを今後の戦いに繋げたいステファノ・ピオリ監督は試合後、3選手の交代理由として筋肉系のトラブルを明かしている。 「3人全員とも筋肉系のトラブルがあった。ちょっとした疲れによるもののように感じるが、明日の検査でわかるだろう。今はシーズンを占う時期であり、大事に至らないのを願うばかりだ」 ミランは今後、3日に本拠地で行われる第25節でウディネーゼと対戦。週末にヴェローナとの第26節を戦ったあと、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・1stレグのマンチェスター・ユナイテッド戦に臨む。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、左足内転筋を痛めたイブラヒモビッチはベンチでアイシングに努める様子も確認されたが、軽傷の模様。ただ、ウディネーゼ戦に出場するか否か不透明だという。 2021.03.01 18:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ファーサイドに突き刺す!全盛期の“英雄”シェフチェンコがミランで見せた強烈ゴール/2003-04【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコ氏がミラン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆強烈グラウンダーシュートがネットに突き刺さる!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJYeElHZEtLdiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 1994年にウクライナの名門ディナモ・キエフでプロデビューし、大活躍を果たしたシェフチェンコ氏は、スーパースターたちが顔を揃えるミランに1999年加入。ここでも存在感を発揮し、世界屈指の名手に名を連ねる程の評価を受けた。 スピードを活かした突破と高い技術を持った点取り屋としてゴールを量産したシェフチェンコ氏だが、2004年1月6日に行われたセリエA第15節のローマ戦では、強烈なゴールを決めている。 1-1で迎えた63分、カウンターからミランがチャンスを作ると、MFマヌエル・ルイ・コスタからのパスをシェフチェンコがボックス内左で受ける。ゴール左の角度の厳しい位置から左足を振りぬくと、強烈なグラウンダーのシュートが一直線にゴール右のネットに突き刺さった。 これで勝ち越しに成功したミラン。シェフチェンコの活躍で2-1の勝利を収めている。 <span data-sg-movie-id="867" data-sg-movie-title="【ファーサイドに突き刺す!】全盛期の“英雄”シェフチェンコがミランで見せた強烈ゴール"></span> 2021.03.01 18:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly