鹿島が破談となっていたサントスMFピトゥカを確保、サントス社長が明言

2021.01.16 10:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
鹿島アントラーズがオファーを撤回していたサントスのMFディエゴ・ピトゥカ(28)だが、移籍が正式に決まったようだ。ブラジル『グローボ』が報じた。新シーズンに向けた補強として、鹿島はボランチを主戦場とし、左サイドでもプレーするピトゥカに対して、サントスにオファー。120万ドル(約1億2500万円)を提示したものの、サントスはオファー金額が低すぎるとして拒否。鹿島は160万ドル(約1億6600万円)に値上げして再オファーを出していた。


◆鹿島加入が決定的なピトゥカのプレー集!

しかし、コパ・リベルタドーレスを勝ち上がることを想定したオーランド・ロロ社長がピトゥカ退団を避けるため、移籍の決断を下す委員会に対して鹿島のオファーを議題としないことを決定。この行為に腹を立てた鹿島がオファーを撤回する事態になっていた。

そのサントスは14日に行われたコパ・リベルタドーレスの準決勝2ndレグでボカ・ジュニアーズと対戦し3-0で勝利。ピトゥカはこの試合でゴールを記録して勝利に貢献。パウメイラスとの決勝に駒を進めていた。

ロロ社長らは昨年限りで退任することが決定しており、自身の在任中に移籍をまとめたくないという思惑が働いたと見られるが、新たに社長に就任したアンドレス・ルエダ社長が15日に会見。ピトゥカを鹿島に売却したことを発表した。

「日本のチームからのピトゥカへのオファーは、金銭の問題を抱える選手にとって非常に良いオファーだ。我々は彼らと財政状態を考えて交渉することとなった」

「彼らが支払う金額は、ピトゥカの保有権の50%に当たる。我々はピトゥカにクラブを去ってほしくなかったが、選手はキャリアでステップアップする権利を持っている。そのため、最終的にこの話は終わった」

「我々は常に戦い、コパ・リベルタドーレスが終了した後にのみ、選手をクラブから去らせることにした」

なお、160万ドルのオファーは拒否され、鹿島はさらにオファー額をあげたとのこと。その金額は非公開となっている。

コパ・リベルタドーレスの決勝は1月30日に行われ、ピトゥカはその後の合流となる見込みだ。
関連ニュース
thumb

鹿島行きも噂されたDFガブリエウ・ジアスがコロナの影響で来日断念…国内移籍へ

一時は日本からの関心もあり、鹿島アントラーズ入りも噂されたフォルタレザのDFガブリエウ・ジアス(26)だが、日本への移籍を諦めたようだ。ブラジル『グローボ』が伝えた。 これまでパウメイラスやレッドブル・ブラガンチーノ、インテルナシオナウなどでプレーしてきたガブリエウ・ジアスは、2019年1月からフォルタレザでプレーしていた。 右サイドバックを主戦場にセンターバックでもプレーできるガブリエウ・ジアスは、今シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで31試合に出場し1ゴール1アシストを記録。フォルタレザでも公式戦通算68試合に出場し4ゴール4アシストを記録していた。 そのガブリエウ・ジアスには日本からも関心が寄せられ、鹿島アントラーズが興味を持っているとされたが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けた緊急事態宣言により新規入国が不可能な状態に。さらに目処が立たないことから、日本行きを諦めたとのこと。ブラジル国内のセアラーへの移籍を決断したようだ。 すでに両者の間では合意がなされているとされ、正式発表を待つのみの状況。2021年末までの契約を結び、2シーズンの延長オプションがついているようだ。 2021.03.05 13:05 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪の新型コロナ感染者発生でJ1第2節のG大阪vs鹿島が開催中止…

Jリーグは4日、明治安田生命J1リーグ第2節、ガンバ大阪vs鹿島アントラーズの開催中止を発表した。 今回の一戦は当初、3月6日(土)の16:00にパナソニックスタジアム吹田で開催予定となっていたが、G大坂においてトップチームの選手5名・スタッフ1名に新型コロナウイルス感染症の陽性判定が出たことを受け、同クラブが現時点で感染の影響範囲を確認できないため、開催中止を決定した。 G大阪では今月3日に実施された新型コロナウイルス感染症の検査で、選手4名・スタッフ1名に対する陽性判定、および選手1名・スタッフ1名のJリーグの基準による濃厚接触疑い者が発生。これにより、3日に開催予定だったJ1第11節の名古屋グランパス戦が開催中止となっていた。 さらに、4日に実施されたトップチーム選手・トップチームスタッフ・アカデミー選手・アカデミースタッフ・フロントスタッフ・アカデミー寮関係者・スタジアムに勤務する関係者の計225名を対象とした最新の検査では新たにトップチーム選手1名に陽性判定が出ていた。ただ、その他224名に関しては陰性が確認されている。 なお、代替日については決定次第改めて通知される予定だ。 2021.03.04 22:22 Thu
twitterfacebook
thumb

ジーコ氏や中田浩二氏ら鹿島アントラーズのレジェンド5名が聖火ランナーに

鹿島アントラーズは、クラブのレジェンドが東京2020オリンピック聖火ランナーを務めることを発表した。 2日、東京2020組織委員会が茨城県実行委員選出の東京2020オリンピック聖火ランナーを正式決定。茨城県内を走行するランナーを発表した。 鹿島からは、テクニカル・ディレクターを務めるジーコ氏のほか、クラブ・リレーションズ・オフィサーでもある元日本代表DF中田浩二氏、さらに同じ元日本代表の本田泰人氏、名良橋晃氏、鈴木隆行氏の5名が「ジーコ&レジェンズ」として、7月4日(日)に鹿嶋市内をグループ走行する予定とのことだ。 聖火リレーのランナーは、大会が1年延期されたこともありタレントや著名人で辞退者が続出していた。 2021.03.03 07:21 Wed
twitterfacebook
thumb

采配的中の新生・清水が10分間で3ゴール! 鹿島に先制許すも新助っ人FWチアゴ・サンタナの初弾などで逆転勝利【明治安田J1第1節】

27日、2021明治安田生命J1リーグ開幕節の鹿島アントラーズvs清水エスパルスが県立カシマサッカースタジアムで行われ、1-3で清水が勝利を収めた。 昨シーズンから率いるアントニオ・カルロス・ザーゴ監督が率いる継続路線の鹿島と、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を新たに迎え、多くの選手を獲得した清水の一戦となった。 クラブ創設30周年を迎えるホームの鹿島は、新加入のブラジル人2人がチームに合流できておらず。開幕戦のスタメンにはGKに沖悠哉、最終ラインは右からDF小泉慶、DF犬飼智也、DF町田浩樹、DF永戸勝也が並ぶ。中盤にはボランチにMF三竿健斗とMF永木亮太、右サイドにMFファン・アラーノ、左にMF土居聖真が入り、2トップにFW上田綺世、FWエヴェラウドが並んだ。 対する清水は、スタメンのうち7名が新加入選手となり、心機一転のスタートに。GKは日本代表の権田修一、最終ラインは右からDF原輝綺、DFヴァウド、DF木義宜、DF片山瑛一が並ぶ。ボランチにはMF中村慶太、MF竹内涼が入り、右にMF中山克広、左にFWカルリーニョス・ジュニオを起用。下がり気味のFWにディサロ燦シルヴァーノ、トップにFWチアゴ・サンタナが入った。 立ち上がりからペースを握ったのは鹿島。しっかりとパスをつなぎ、清水陣内へと攻め込む。 清水はロティーナ監督のスタイルである後方からのビルドアップでパスを繋ぐが、鹿島は前線からのプレスを掛けて上手くボールを繋がせない。 清水は24分、再三右サイドを仕掛けていた中山からのクロスを、ニアサイドでチアゴ・サンタナが合わせるが、これはオフサイドの判定となった。 30分にファン・アラーノがボックス手前からクロス。これに対してエヴェラウドがボックス内でヘッド。鋭いシュートが飛ぶがGK権田が素晴らしい反応でセーブ。こぼれ球を土居がボックス内でシュートするが、鈴木が詰めるとこれは左ポストを叩いて得点とはならない。 さらにその流れから繋ぐと、三竿がミドルシュート。DFがブロックすると、最後は犬飼が右足を振り抜くも、シュートはわずかに枠の左に外れる。 ゴールレスで終えた前半。後半に入ってからもペースは鹿島が握る。すると54分、左サイドからのグラウンダーのクロスをヴァウドがクリア。しかし、これが小さくなると、ボックス内で土居がシュート。しかし、これはクロスバーに直撃し、またしてもゴールとはならない。 62分には鹿島がチャンス。永木が縦パスを奪い取ると、そのまま中央へパス。バイタルエリアでパスを受けた上田がミドルシュートを放つが、GK権田がしっかりとキャッチする。 清水は下がったポジションでプレーを続けていたディサロに代えて後藤優介を投入。さらに中村に代えて河井陽介を投入して流れを変えに行く。 それでも先制したのは、ペースを握っていた鹿島だった。70分、左CKからのクロスをエヴェラウドがヘッド。これがクロスバーにあたり跳ね返ると、最後は途中出場の荒木がダイレクトボレーで蹴り込み、鹿島が先制に成功する。 先制に成功した鹿島だったが、清水がすぐに追いつく。78分、左サイドに抜け出た河井が左サイドからマイナスのクロス。これを中山がシュートもミートせず。それでも、ボックス内でチアゴ・サンタナがキープすると、振り向きざまにシュート。これが決まり、清水が同点に追いつく。 追いつかれた鹿島は永木を下げて古巣対決となる白崎凌兵を投入しゴールを目指す。しかし、スコアを動かしたのは清水だった。 83分、ボックス右でボールを持ったカルリーニョス・ジュニオがクロス。これに対しニアでチアゴ・サンタナがマークを引っ張ると、その後ろにお飛び込んだ後藤がダイビングヘッド。これが決まり、清水が逆転に成功する。 逆転を許した鹿島は87分に自陣のCKのタイミングで3枚替え。永戸、小泉、土居を下げ、松村優太、広瀬陸斗、遠藤康を投入する。しかし、このCKで失点を喫する。 右CKから河井がクロス。これに対してニアに飛び込んだ原がヒールでコースを変えようとするも空振り。しかし、上田に当たってコースが変わると、そのままゴールに決まり、清水がリードを2点に広げる。 その後も鹿島がゴールを目指すが、清水が守りきり試合終了。鹿島がペースを握った試合は、清水が10分間で3ゴールを奪い1-3で逆転勝利を収めた。 鹿島アントラーズ 1-3 清水エスパルス 【鹿島】 荒木遼太郎(後30) 【清水】 チアゴ・サンタナ(後33) 後藤優介(後38) オウンゴール(後43) 2021.02.27 16:57 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|開幕節:鹿島vs清水】継続路線か心機一転か、対照的な両クラブが激突

【明治安田生命J1リーグ開幕節】 2021年2月27日(土) 15:00キックオフ 鹿島アントラーズ(昨季5位・59pt) vs 清水エスパルス(昨季16位・28pt) [県立カシマサッカースタジアム] 2021シーズンの明治安田生命Jリーグがいよいよ開幕する。昨シーズンは開幕から出遅れたもののシーズン途中からの快進撃で5位に終わった鹿島アントラーズと、下位に低迷し続け、今オフに大型補強を敢行した清水エスパルスが対戦する。 ◆継続路線で真の力を発揮なるか【鹿島アントラーズ】 アントニオ・カルロス・ザーゴ監督が2年目の指揮を執る鹿島。昨シーズンは序盤戦でつまづき、クラブ史上最悪のスタートとなったが、戦い方が浸透すると一気に盛り返し、最後はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権を争うまでとなった。 その2年目、主力選手の退団を回避し、しっかりとチームとして積み上げができている状況だ。実力者であるブラジル人MFディエゴ・ピトゥカを獲得したものの、まだ合流できていないが、ベースがある今シーズンは大きな痛手とはならないだろう。 相手は新監督、新布陣で臨むチームだけに全くと言っていいほど読めないはず。しかし、常勝軍団としては相手に惑わされずに自身のサッカーを貫くことで勝利を掴む必要がある。 システムも変わらずに[4-4-2]となり、メンバーも変わらないだろう。しっかりとしたプレスを前線からかけること、そして両サイドをうまく使った攻撃の精度を上げることが勝機につながる。2トップを組むであろうFWエヴェラウドとFW上田綺世の得点力にも注目。アベックゴールが決まれ勝利は確実というデータを継続できるかに注目だ。 ザーゴ監督は「日本のサッカーを通じて、世界に喜びや勇気を伝えることができればと思う」と語り、この開幕戦での勝利を求めた。2年目の鹿島がどんなスタートを切るか。優勝候補として負けられない。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:沖悠哉 DF:小泉慶、犬飼智也、町田浩樹、永戸勝也 MF:フアン・アラーノ、三竿健斗、永木亮太、土居聖真 FW:上田綺世、エヴェラウド 監督:アントニオ・カルロス・ザーゴ ◆心機一転、近年の低調ぶりを払拭へ【清水エスパルス】 オフの移籍市場で大型補強を敢行し、話題をさらった清水。新監督の下で、ここ数年の低調ぶりを払拭したい一戦となる。 昨シーズンまでセレッソ大阪を指揮していたミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を招へい。そして、日本代表GK権田修一を始め、各クラブで主軸を担っていた選手たちを多く獲得した。 昨シーズンは攻撃スタイルに変貌を遂げたかったなか、あまりにも稚拙な守備の影響でその良さを出せず。得点を取っても失点が上回るというもったいない試合が多かった。 その中では、強固な守備をC大阪で築き上げたロティーナ監督の手腕が期待される。前述の権田に加え、大分の守備の要であったDF鈴木義宜を補強。堅い守備は構築できるだろう。 前線もギラヴァンツ北九州でゴールを重ねたFWディサロ燦シルヴァーノやポルトガルでプレーしたFWチアゴ・サンタナが加わり増強している。あとは、チームとしてどこまで機能するかがポイントだ。 ロティーナ監督は「シーズンスタートしてからチーム全体としては良い積み上げができていると思う」と語っており、手応えはある模様。ピッチの上でどんなパフォーマンスを見せるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:権田修一 DF:原輝綺、ヴァウド、鈴木義宜、片山瑛一 MF:中山克広、河井陽介、竹内涼、カルリーニョス・ジュニオ FW:鈴木唯人、チアゴ・サンタナ 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ 2021.02.27 12:30 Sat
twitterfacebook