イブラヒモビッチ、契約更新の可能性は?「すべてがオープン」

2021.01.15 20:07 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(39)が、契約延長について言及している。

昨年1月にミランに復帰し、その溢れるリーダーシップと衰えない得点能力で、かつての輝きを取り戻さんとするクラブに活力を与えたイブラヒモビッチ。今季はここまでケガで公式戦の大半を欠場しながらも、リーグ戦では7試合で10ゴールを記録し、首位を走るミランの好調を支えている。


そうなると気になるのは今季以降の去就について。現状では今年6月に契約切れとなるが、ミランとしてはプレー面以外でも影響力のあるこの男には残ってもらいたいところだろう。

少なくとも現在のレベルを維持できる限りは慰留に努めるはずだが、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』のインタビューに答えたイブラヒモビッチは、どの可能性も除外しないと話した。

「体が言うことを聞く限り、俺は先に進み続ける。6月に切れる契約についてはクラブと話し合っている。行き止まりの状況に陥りたくなかったし、クラブもそうだった。それが最初に6カ月の契約にサインし、それから更新に至った理由だ」

「俺は選択の自由を求めている。家族をミラノに連れて来るかもしれない。どんな可能性も除外しない」

関連ニュース
thumb

晴れない戦い続くも…EL16強入りのミラン指揮官「突破に満足」

ミランのステファノ・ピオリ監督がヨーロッパリーグ(EL)16強入りに満足感を示した。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』が伝えている。 ラウンド32でツルヴェナ・ズヴェズダと激突したミラン。先の1stレグを2-2で終え、25日にホームでの2ndレグに臨んだ。 結果は1-1のドロー。公式戦4試合で白星から遠ざかる結果に終わったミランだが、アウェイゴール差で突破を決めた。 ピオリ監督は試合後、晴れない戦いぶりに触れつつ、ラウンド32突破を素直に評価。26日に予定するベスト16の抽選結果を待った。 「今は明らかにベストな状態じゃない。勝ち続けているときはそれがエネルギーと自信になるもの。今はその要素を少しばかり欠いている。我々は若いチームだから、こういう状態になるのも当たり前だ。もう少しパスや選択を正確にして、状況をよりコントロールすべきだったが、2つのレグを通じて我々に問題を引き起こしてくるチームを相手にこのラウンドを突破することこそ大事だったのだ」 「このレベルだと、細かい部分が大事で、ほんのわずかな差が大きな違いになってくることもある。これまではより試合の主導権を握り、後方からのパスを起点にした攻撃で素早くチャンスを作り出せたが、今は鈍い動きが目につく。しかし、シーズンがこれで終わったというわけじゃない。シーズン序盤のようなプレーを再びする時間はまだある」 「苦しんでの突破だったが、このような試合はグループをより強固なものにする手助けとなる。終盤も苦しんだが、いくつか良いチャンスを作れてもいた。突破に満足しており、このELでより先に勝ち進みたいと思う。明日の抽選会を見守ろう。ベスト16の顔ぶれにおいて、イングランド勢が強敵だが、このレベルだと、どのチームも強い」 2021.02.26 10:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ELベスト16が決定! イングランド勢が最多3チーム突破もナポリ、レスターら強豪が敗退…

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグが25日に行われ、ラウンド16に進出する16チームが出揃った。 グループステージを勝ち抜いた24チームと、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位敗退となった8チームを合わせた計32チームで争われたラウンド32。 今ラウンド最多4チームを送り込んだイングランド勢では優勝候補筆頭に挙がるマンチェスター・ユナイテッドが、今大会で強さを見せるスペイン勢のレアル・ソシエダを順当に撃破。 アウェイ扱いとなったトリノでの初戦をブルーノ・フェルナンデスの2ゴールの活躍などで4-0の圧勝を飾り、2ndレグを待たずしてほぼ突破を確実なモノとした。ホームでの2ndレグでは積極的にメンバーを入れ替えた中、相手のPK失敗などもあって0-0のドローで終え、2戦合計4-0で突破を決めた。 オーストリアのヴォルフスベルガーと対戦したトッテナムは初戦をベイルの1ゴール1アシストの活躍で4-1、第2戦ではデレ・アリの1ゴール2アシストの活躍により4-0と控え中心の布陣で圧倒し、2戦合計8-1で余裕の突破を決めた。 また、強豪ベンフィカと対戦したアーセナルは敵地での初戦を1-1のドローで終えてアドバンテージを得たが、ホーム扱いとなったギリシャ開催の2ndレグでは一時逆転を許して敗退の危機を迎えたが、いずれもサカのアシストからオーバメヤンが決めた2ゴールによって最終的に3-2で競り勝って、2戦合計4-3のスコアで突破を決めた。 一方、イングランド勢で唯一の敗退となったのが、スラビア・プラハと対戦したレスター・シティ。今季プレミアリーグ3位チームは敵地での初戦を0-0のドローで終えると、一部主力を温存して臨んだ2ndレグではホームでまさかの0-2の敗戦を喫し、今ラウンドで無念の敗退となった。 イングランド勢と共に優勝候補に挙がるイタリア勢も明暗分かれることに。 フォンセカ監督の古巣ブラガと対戦したローマは、ジェコとマジョラルの2試合連続ゴールの活躍によって2戦合計5-1の大差を付けて順当に突破を決めた。 さらに、インテルOBのスタンコビッチ監督率いるツルヴェナ・ズヴェズダと対戦したミランは、2試合共に一部主力を温存した中で大苦戦を強いられた。それでも、2試合共に相手が退場者を出したこともあり、敵地での初戦を2-2、ホームでの第2戦を1-1のドローで終えて今ラウンド唯一となるアウェイゴール数のアドバンテージを生かして辛くもラウンド16に駒を進めた。 一方、今大会初出場のグラナダと対戦したナポリは、ここ最近の不振を引きずる形で無念の敗退に。攻守に精彩を欠いた敵地での初戦を0-2で終えると、システム変更を施して臨んだホームでの2ndレグではジエリンスキ、ファビアン・ルイスにゴールが生まれるも、モントロにゴールを決められたことで、2戦合計2-3での敗退となった。 その他ではセビージャ時代にEL3連覇を達成したエメリ監督率いるビジャレアル、CLの常連であるシャフタール、アヤックス、オリンピアコスらがベスト16進出。一方、昨季8強のレバークーゼンとホッフェンハイムのドイツ勢2チームが敗退している。 今ラウンドに日本人選手として唯一参戦したアントワープのMF三好康児は、スコットランド王者レンジャーズと対戦。2戦ともに打ち合いの展開となった中、ホームでの初戦を3-4で落とすと、敵地での第2戦は2-5で打ち負けて2戦合計5-9で無念の敗退となった。なお、三好は2試合共に後半終盤からの途中出場に終わった。 なお、ラウンド16の組み合わせ抽選会は26日に行われ、1stレグは3月11日、2ndレグは同18日に開催予定だ。 ◆ELラウンド32 2ndレグ結果 ▽2/24(水) トッテナム 4-0(AGG:8-1) ヴォルフスベルガー ▽2/25(木) アヤックス 2-1(AGG:4-2) リール アーセナル 3-2(AGG:4-3) ベンフィカ ナポリ 2-1(AGG:2-3) グラナダ レンジャーズ 5-2(AGG:9-5) アントワープ シャフタール・ドネツク 1-0(AGG:3-0) マッカビ・テルアビブ ホッフェンハイム 0-2(AGG:3-5) モルデ ビジャレアル 2-1(AGG:4-1) ザルツブルク ローマ 3-1(AGG:5-1) ブラガ ※ミラン 1-1(AGG:3-3) ツルヴェナ・ズヴェズタ レバークーゼン 0-2(AGG:3-6) ヤング・ボーイズ レスター・シティ 0-2(AGG:0-2) スラビア・プラハ ディナモ・ザグレブ 1-0(AGG:4-2) FCクラスノダール クラブ・ブルージュ 0-1(AGG:1-2) ディナモ・キエフ マンチェスター・ユナイテッド 0-0(AGG:4-0) レアル・ソシエダ PSV 2-1(AGG:4-5) オリンピアコス ※アウェイゴール数で上回っての突破 2021.02.26 07:16 Fri
twitterfacebook
thumb

1stレグに続いて数的優位となったミラン、アウェイゴール差で辛くもベスト16進出《EL》

ミランは25日、ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32・2ndレグでツルヴェナ・ズヴェズダをホームに迎え、1-1で引き分けた。この結果、2戦合計スコアが3-3となり、アウェイゴール差でミランがベスト16進出を決めている。 1週間前に敵地で行われた1stレグを2-2の引き分けに持ち込まれたミランは、4日前に行われたインテルとのミラノ・ダービーでは0-3と完敗した。そのミランはイブラヒモビッチやテオ・エルナンデス、ケアーらがベンチスタートとなった。 最前線にレオン、2列目に右からカスティジェホ、クルニッチ、チャルハノールと並べたミランは、開始6分にPKを獲得する。クルニッチのシュートがボックス内のゴベルチッチの手に当たり、VARの末にPKとなった。このPKをケシエが決めてミランが先制した。 その後、18分にCKからネットを揺らされたミランだったが、ハンドがあって助かる。しかし続く22分にベン・ナブアヌの直接FKがバーをかすめると、24分に失点する。ボックス左への抜け出しを許したベン・ナブアヌに鋭いシュートを決められた。 失点後、アウェイゴール差でリードするミランが徐々に落ち着きを取り戻す中、37分にカラブリアの右クロスにダロトがダイレクトで合わせる決定機を迎えるも、シュートはGKの守備範囲だった。 迎えた後半、レオンとクルニッチに代えてイブラヒモビッチとレビッチを投入したミランは53分にイブラヒモビッチがGK強襲のシュートを浴びせる。 その後は膠着状態に陥った中、徐々に押し込まれる流れとなると、68分に大ピンチ。FKからサノゴのボレーシュートが枠を捉えたが、GKドンナルンマが好守で凌いだ。 すると70分、ゴベルチッチに2枚目のイエローカードが提示され、1stレグに続き数的優位となったミランは74分にレビッチがネットを揺らすが、ラストパスを出したイブラヒモビッチがオフサイドでノーゴールに。 終盤、10人のツルヴェナに攻め込まれたミランだったが、何とか1-1で試合を締め、アウェイゴール差によりベスト16進出を決めている。 2021.02.26 07:05 Fri
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチ、ミランの復調に自信「多くのミスを犯したが…」

ミランに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがイタリアのテレビ番組『ストリッシャ・ラ・ノティツィア』に出演し、コメントを残した。『フットボール・イタリア』が伝えている 今回イブラヒモビッチが出演したのは、その1週間で残念な出来事に見舞われたスポーツ選手や芸能人に『タピーロ・ドーロ(金のバク賞)』というトロフィーを贈る同番組の人気コーナー。21日に行われたセリエA第23節のインテル戦で0-3と完敗を喫したことで、今週はミランのエースが選ばれてしまったようだ。 なんと残念ながら今回で6回目の受賞となったイブラヒモビッチは、敗戦したインテルとのミラノダービーについて「大変だった」とコメント。しかし、チームの復調を確信しているとジョークを交えて語った。 「オレらは多くのミスを犯したが、復調するだろう」 「次の試合ではこの金色のバクを持って行こうか。幸運を呼ぶかもしれないからな」 シーズン当初から首位をキープしていたものの、上述した敗戦も響き、2位に転落したミラン。イブラヒモビッチにはエースとして、そしてリーダーとしてチームの勢いを取り戻す活躍が期待される。 2021.02.24 14:09 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン時代のK・ボアテングが豪快アクロバティックボレーでアーセナルを粉砕!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はモンツァに所属する元ガーナ代表FWケビン=プリンス・ボアテングがミランで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆K・ボアテングが決めた豪快アクロバティックボレー<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJNZTYzU2lnQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ヘルタ・ベルリンでデビューしたボアテングは、トッテナムやドルトムント、ミランやバルセロナなど数多くのビッグクラブでプレー。今シーズンからはセリエBのモンツァでプレーしている。 ダイナミックなプレーが特長のボアテングだが、ミラン時代の2012年2月15日に行われたチャンピオンズリーグ・ラウンド16のアーセナルとの1stレグでは、豪快なゴールを決めている。 0-0で迎えた15分、MFアントニオ・ノチェリーノの浮き球のパスにボックス内で抜け出したボアテング。胸でボールをコントロールすると、ボックス内右の角度の厳しい位置から、体を強引にひねりながらジャンピングボレーシュート。パチンコ玉のような豪快な一撃はGKヴォイチェフ・シュチェスニーの守るニアポストを破り、ゴール左上に突き刺さった。 このゴールで勢いに乗ったミランは、1stレグを4-0で圧勝している。 <span data-sg-movie-id="836" data-sg-movie-title="【アーセナルを粉砕!】ミラン時代のK・ボアテングが決めた豪快アクロバティックボレー"></span> 2021.02.24 14:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly