今オフに本気度を示した清水、選手背番号を発表! Jリーグ復帰の日本代表GK権田修一は「37」

2021.01.15 13:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
清水エスパルスは15日、2021シーズンの選手背番号を発表した。昨季、明治安田生命J1リーグで例年であれば降格危機の16位に終わった清水。新シーズンからの新指揮官として昨季までセレッソ大阪を率いたミゲル・アンヘル・ロティーナ氏を招き入れたほか、レンタルバック組を含めて総勢14選手を獲得する積極補強で今季に対する本気度を示した。


そのなかで、3年ぶりのJリーグ復帰となる日本代表GK権田修一が「37」を着用するほか、サガン鳥栖から加入の東京五輪世代であるMF原輝綺が「4」に。ギラヴァンツ北九州から移籍のFWディサロ燦シルヴァーノは「19」に決まり、大分トリニータはDF鈴木義宜は「50」を背負う。

また、コリチーバから加入のDFウィリアム・マテウスが「3」、サンタ・クララから入団のFWチアゴ・サンタナが「9」に。なお、既存戦力だと、GK大久保択生が「1」に変更され、高卒2年目のMF鈴木唯人も新たに「23」を背負ってプレーすることが決まった。

◆選手背番号一覧
GK
1.大久保択生※背番号変更
25.永井堅梧←松本山雅FC/完全
37.権田修一←ポルティモネンセ/期限付き

DF
2.立田悠悟
3.ウィリアム・マテウス←コリチーバ(ブラジル)/完全
5.ヴァウド
7.片山瑛一←セレッソ大阪/完全
18.エウシーニョ
21.奥井諒
29.福森直也
34.ノリエガ・エリック←FC町田ゼルビア/復帰
50.鈴木義宜←大分トリニータ/完全

MF
4.原輝綺←サガン鳥栖/完全
6.竹内涼
8.石毛秀樹
11.中山克広←横浜FC/完全
13.宮本航汰
16.西澤健太
17.河井陽介
20.中村慶太
22.ヘナト・アウグスト
23.鈴木唯人※背番号変更
26.滝裕太←カターレ富山/復帰
30.金子翔太
40.成岡輝瑠←清水エスパルスユース/昇格

FW
9.チアゴ・サンタナ←サンタ・クララ(ポルトガル)/完全
10.カルリーニョス・ジュニオ
14.後藤優介
19.ディサロ燦シルヴァーノ←ギラヴァンツ北九州/完全
27.指宿洋史←湘南ベルマーレ/完全
36.栗原イブラヒムジュニア←アスルクラロ沼津/復帰

監督
ミゲル・アンヘル・ロティーナ
関連ニュース
thumb

昨年の躓きを糧に、開幕からの躍進を誓う鹿島・ザーゴ監督「開幕で良いスタートが切れれば」

26日に2021シーズンの開幕を控える明治安田生命J1リーグ。その開幕を前に、全20チームの監督と代表選手がオンラインでのメディア取材に応じた。 例年であれば、選手や監督が一堂に会して開幕前に「Jリーグキックオフカンファレンス」が行われる中、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響も踏まえてオンラインで実施。開幕カードごとに監督、選手が登場して取材に応対した。 鹿島アントラーズの監督就任後2年目のシーズンを迎えるアントニオ・カルロス・ザーゴ監督。昨シーズンはシーズン序盤で大きくつまづいたが、最終的には5位で終えていた。 今シーズンの手応えは「去年に比べたら選手たちは私が求めるものを理解して取り組めたので、スムーズに準備ができたのではないかと思う。開幕で良いスタートが切れればと思う」と語り、良い準備をして開幕に臨めると語った。 その鹿島は清水エスパルスと開幕戦を戦うことにある。ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が新たに就任し、大型補強を敢行。ザーゴ監督は「エスパルスに関しては移籍市場をうまく活用して、素晴らしい補強ができたと思う。他のJリーグクラブも良い補強ができていると思う」と警戒。しかし「我々もしっかりとそれに対策を取りながら試合ができればと思う」とし、清水への警戒を怠らなかった。 コロナ禍で迎えられる開幕戦については「コロナウイルスの影響で悲しみや暗い気持ちの中で、我々はスポーツを通じて人々に喜びを与えるという、興行という世界にいる」とコメント。「両チームが素晴らしいサッカーを見せて、そこで勝敗が試合が終わった時に分かる」と語り、「両チームとも良いサッカーを見せるだろうし、お客さんがJリーグに興味を持ってスタジアムに足を運んで、日本のサッカーを通じて、世界に喜びや勇気を伝えることができればと思う」と難しい状況下での開幕で良い結果を残したいと語った。 2021.02.25 08:17 Thu
twitterfacebook
thumb

新たに清水を率いるロティーナ監督、チーム作りは「非常に順調」、変化があると語る

26日に2021シーズンの開幕を控える明治安田生命J1リーグ。その開幕を前に、全20チームの監督と代表選手がオンラインでのメディア取材に応じた。 例年であれば、選手や監督が一堂に会して開幕前に「Jリーグキックオフカンファレンス」が行われる中、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響も踏まえてオンラインで実施。開幕カードごとに監督、選手が登場して取材に応対した。 昨シーズンまではセレッソ大阪で指揮を執り、今シーズンからは清水エスパルスの監督に就任したミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が合同記者会見に出席した。 開幕戦の相手は昨シーズン5位の鹿島アントラーズ。印象については「鹿島の印象に関しては強いチームという印象がある。昨年の当初こそ変化があって少し苦しんだと思うが、そのあとはさすがアントラーズというところで、しっかりと巻き返して強いチームに復活していったと思う」と昨シーズンの復調ぶりについてコメント。「今年もそれは同じように強さは続くだろうし、タイトルを狙えるだけの力のあるチームで、アジアを代表するチームになっていくと思う」と、鹿島を高く評価した。 今オフに大型補強を敢行した清水。ここまでの手応えについては「我々は、ここまで非常に順調に積み上げができていると思っている。キャンプでも大きなケガはなく、積み上げることができた」と語り、新チームながらも自信を見せた。 一方で、「去年から体調の問題を抱えているヘナト・アウグスト、エウシーニョはしっかりと合流できていないが、シーズンスタートしてからチーム全体としては良い積み上げができていると思う」と全ての選手が揃ってはいないとコメント。また、大量にいる新戦力については「新しい選手も入ってきて、そして私、我々としては1年目となる。チームの中には変化もある」と新たな側面を出すと語った。 2021.02.25 06:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「感謝しかありません」清水の新戦力MF原輝綺に第一子が誕生

清水エスパルスは22日、MF原輝綺に第一子が誕生したことを発表した。 クラブの発表によると、原の第一子は21日の午前3時56分に誕生。2500gの男の子とのことだ。 原はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、第一子となる男の子が産まれました。頑張って産んでくれた妻、産まれてきてくれた息子には感謝しかありません。2人を支えていけるよう、この先も頑張っていきたいと思います!」 原はサガン鳥栖から今シーズン清水に加入。新天地で新たな家族を迎え、開幕に備えている。 2021.02.22 14:45 Mon
twitterfacebook
thumb

“スピードスター”村田和哉が現役引退…「心から最幸すぎる10年間だった」

柏レイソルとレノファ山口FCは22日、FW村田和哉(32)の現役引退を発表した。 村田は野洲高校、大阪体育大学を経て、2011年にセレッソ大阪でプロキャリアをスタートさせたスピードスターで、2013に清水エスパルス入り。2019年から柏に移ったが、出番に恵まれず、シーズン途中からアビスパ福岡にレンタル移籍した。 その後、昨季からは再びのレンタルで山口に活躍の場を求めたが、明治安田生命J2リーグ13試合に出場してノーゴールに終わり、昨季限りで退団。保有元の柏とも契約満了となり、無所属の状態だった。 10年間のキャリアに終止符を打つ村田。同日12時から自身のインスタグラムにてライブ配信を控えるなか、柏と山口の公式サイトを通じて現役引退の決断を報告するとともに、感謝の思いを綴った。 ◆柏レイソル 「このたび、村田和哉は現役引退を決意致しました。22歳からプロサッカー選手としてキャリアをスタートさせていただき、10年間を一つの目標としてプレーしてきました。自分が取り組んできた活動に何の未練もありませんし、後悔もありません」 「心から最幸すぎる10年間だったと思います。5つのクラブで出会えたサポーターの皆様、監督、選手、チームスタッフの関係者の方々、各スポンサー企業様、マネージメントをしていただいたJSP様、村田和哉後援会の皆様、家族を含めて仲良くしてくださった地域の皆様、関わってくださった全ての方々と同じ時間を共有できたことが人生の大切な財産になりました」 「最後にこれまで一番のサポーターであり、一緒に戦ってくれた妻と2人の息子たち、どこにでも応援に駆けつけてくれた母、いつも天国から見守り続けてくれた父に心から感謝しています。人生第2章は、滋賀県にJリーグクラブを創設するという夢に挑戦し、愛する故郷に夢と希望と元気を与えていきます。32歳でその壮大な夢に挑戦できることに今はワクワクしています」 「滋賀県の未来のため、日本の未来のために頑張りますので、今後とも引き続き夢への挑戦を応援していただけると嬉しいです。プロサッカー選手だったから華があったのではなく、村田和哉が居る限り花を咲かせ続けられるように頑張ります。10年間本当にありがとうございました。人生最幸!!」 ◆レノファ山口FC 「この度村田和哉は現役引退を決意致しました。プロサッカー人生を歩んできた中でレノファ山口が最後のクラブになりました。山口で過ごした一年は価値観が大きく変化し、山口の地で学んだこと、感じたことはたくさんあり自分自身も成長出来たと思っています」 「宇部市のご当地シャレン選手として活動させて頂き、小学校での夢授業や選手会活動を通して子どもたちやサポーターの皆さんに喜んで頂けたことを嬉しく思います」 「自分を温かく受け入れてくださりありがとうござました。今後も将来を担う若手選手たちの活躍とクラブの発展を応援しています。これから始まる村田和哉の第2章を引き続き応援していただけると嬉しいです。人生最幸!!」 2021.02.22 11:35 Mon
twitterfacebook
thumb

清水が今季のキャプテンを発表! 権田修一、鈴木義宜、竹内涼が就任

清水エスパルスは21日、2021シーズンのキャプテンを発表した。 ミゲル・アンヘル・ロティーナ新監督の下で今季をスタートさせる清水。新加入のGK権田修一とDF鈴木義宜のほか、4年連続の拝命となるMF竹内涼の3選手が主将としてもチームをリードすることになった。 3選手はクラブを通じて、それぞれ意気込みを語っている。 ◆権田修一 「キャプテンが何かするというよりも、まずはそれぞれが責任感を持ってやることが大事だと思うので、そういった部分をチームメイトに要求していきたいと思っています。個人的にはポルトガル語を理解することができるので、チームに多く在籍するブラジル人と日本人が上手くコミュニケーションとる懸け橋となり、皆が一つになれるような手助けをしたと思います」 ◆鈴木義宜 「まずは自分が持っているものをしっかりとチームに還元し、皆のお手本になれるよう取り組み、チームを引っ張っていきたいと思います。キャプテンはこれまでも経験したことがありますが、3人体制は初めてとなります。2人を支えることも大切な役割だと思うので、権田選手、竹内選手の助けになれるよう、しっかりサポートしていきたいと思います」 ◆竹内涼 「キャプテンとして4シーズン目となりますが、チームとして結果を出すために、できることを、やらなければいけないことをやり続けたいと思います。これまでも仲間に助けられながらやってきているので、自分がよりチームメイトを助けることができるよう、ピッチの中だけでなく、ピッチ外でも懸命に取り組んでいきたいと思います」 なお、明治安田生命J1リーグは26日に行われる第1節の川崎フロンターレvs横浜F・マリノス戦を皮切りに開幕。清水は27日に予定する開幕節で鹿島アントラーズとのアウェイ戦に臨む。 2021.02.21 16:55 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly