磐田が昨季10得点のFWルキアンと契約更新を発表

2021.01.14 15:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ジュビロ磐田は14日、ブラジル人FWルキアン(29)との契約更新を発表した。ルキアンは母国ブラジルのクラブの他、韓国の富川FC1995や釜山アイパーク、FC安養でプレー。その後、タイのパタヤ・ユナイテッドFC、チョンブリーFCでプレーしていた。

磐田にはチョンブリーFCから2019年に加入。2019シーズンは明治安田J1で13試合で1得点を記録していた。

2020シーズンは明治安田J2で31試合に出場し10得点を記録していた。
コメント
関連ニュース
thumb

磐田に選手や監督として在籍したアジウソン氏が心臓発作で緊急手術、一命を取り留める

現役時代にジュビロ磐田でもプレーし、後に監督も務めたアジウソン・バティスタ氏(52)が心臓発作を起こしていた。ブラジル『グローボ』が報じた。 ブラジル国内のクラブでプレーしていたアジウソン氏は、1997年にルイス・フェリペ・スコラーリ監督に連れられ磐田に加入。加入1年目にはチームの優勝に貢献していた。 引退後はブラジルで監督を務めていたが、2006年には関東に就任。若手選手を起用してチームを立て直した一方で、黄金期を支えるベテランが相次いで退団するなどしていた。 そのアジウソン氏は14日に心臓発作を起こし救急搬送。集中治療室に運ばれ、2度のカテーテル手術を受けたとのことだ。 現在のところ命に別状はなく、意識もあり会話もできる状態とのこと。集中治療室からこの週末にも一般病棟へ移る可能性があるようだ。 なお、今後2週間は経過を観察する必要があるという。 2021.01.17 12:53 Sun
twitterfacebook
thumb

磐田、コロンビア人MFファビアン・ゴンザレスを獲得! 「強い抱擁を」

ジュビロ磐田は15日、アトレティコ・ナシオナル(コロンビア)に所属するコロンビア人MFファビアン・ゴンザレス(28)の完全移籍加入内定を発表した。 同選手は日本政府の新型コロナウイルスに関する新規入国制限措置を受け、入国可能になり次第来日。メディカルチェックを経て、正式契約を結ぶ。 母国コロンビアやペルーのクラブを渡り歩くファビアン・ゴンザレスは2020年からアトレティコ・ナシオナルでプレー。カテゴリア・プリメーラAで15試合2ゴール2アシストの記録を収めた。 Jリーグ初挑戦が決まったファビアン・ゴンザレスはクラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「こんにちは、ファビアン・ゴンザレス・ラッソです。この偉大なクラブ、ジュビロ磐田に加入することができて非常に幸せです。クラブに関わる全ての方々、そしてサポーターの皆様よろしくお願いいたします。皆さんとお会いできることを楽しみにしています。強い抱擁を送ります」 2021.01.15 16:15 Fri
twitterfacebook
thumb

昨季で引退の藤田義明が磐田U-15コーチに就任「子供達の成長を助けられるように」

ジュビロ磐田は15日、2020シーズン限りで現役を引退していた藤田義明(37)がU-15のコーチに就任することを発表した。 藤田は栃木県出身で、宇都宮白楊高校から順天堂大学を経て、2005年にジェフユナイテッド市原・千葉へ入団。2006年7月からは大分トリニータへ期限付き移籍をすると、2008年に完全移籍。2011年に磐田へ加入していた。 磐田ではJ1で130試合に出場し2得点、J2で97試合に出場し1得点を記録。2020シーズンは20試合に出場していた。 藤田はクラブを通じてコメントしている。 「この度、ジュビロ磐田U-15コーチに就任することになりました。指導者としてより成長できるように、子供達の成長を助けられるように頑張ります。よろしくお願いします」 2021.01.15 16:04 Fri
twitterfacebook
thumb

元日本代表FW大津祐樹、横浜FMから磐田に完全移籍! 「必ずJ1昇格を」

ジュビロ磐田は15日、横浜F・マリノスに所属する元日本代表FW大津祐樹(30)の完全移籍加入を発表した。 2試合の日本代表歴を持ち、ロンドン・オリンピックの世代別代表でもプレーした大津は2008年に柏レイソルでプロキャリアをスタート。ボルジアMG、VVVフェンロでのプレーを経て、2015年に柏復帰を果たした。 その後、2018年から横浜FMに活躍の場を移して、2019シーズンに明治安田生命J1リーグ制覇に貢献。しかし、昨季は加入後最少となる12試合の出場にとどまり、無得点に終わった。 新シーズンから磐田で心機一転を図る大津は両クラブの公式サイトを通じてコメント。磐田で意気込みを語り、横浜FMに感謝の言葉を残している。 ◆ジュビロ磐田 「ジュビロ磐田の皆様、このたび加入することになりました大津祐樹です。『すべてはジュビロのために』 選手、クラブ、ファン、サポーターで力を合わせて必ずJ1昇格を成し遂げましょう。応援をよろしくお願いします」 ◆横浜F・マリノス 「このたび、横浜F・マリノスからジュビロ磐田へ移籍することになりました。『すべてはマリノスのために』これまで常に、この思いを胸にプレーしてきました。F・マリノスでプレーをする中で、日に日にクラブのことが好きになり、自分にとってこのクラブがかけがえのない存在になりました」 「F・マリノスの社長、監督、強化部をはじめクラブから、大きな評価とリスペクトをとても感じる話をいただきました。そんな中、このオフシーズンにジュビロ磐田から正式な獲得オファーをいただき、2021年シーズンにかけるジュビロ磐田のビジョンやクラブの本気度、覚悟、かなりの熱を感じました」 「このまま引退するまでF・マリノスでプレーをし続ける選択肢か、オファーを受けジュビロ磐田へ移籍する選択肢。決め切ることができずにとても悩み、なかなか答えを出すことができませんでした」 「ただ、1人のサッカー選手としてこれまでもそうしてきたように『常に挑戦をし続けたい』。 この思いからジュビロ磐田に移籍する事を決断しました。これまで応援し続けてくれたF・マリノスのファン、サポーターの皆様、ここまでF・マリノスを好きになれたのも、ファン、サポーターのおかげです。良い時も悪い時も1つになりこんなに選手とファン、サポーターが繋がっている感覚は人生初めてでした」 「『すべてはマリノスのために』共に闘ってきた3年間、本当にありがとうございました」 2021.01.15 15:29 Fri
twitterfacebook
thumb

元日本代表FW前田遼一が現役引退、J1歴代5位の通算154得点…古巣磐田のU-18コーチに就任

FC岐阜は14日、元日本代表FW前田遼一(39)が現役を引退することを発表した。 前田は暁星高校から2000年にジュビロ磐田へ入団。4シーズン目から出場機会を得ると、2009年は20得点、2010年は17得点を記録し、2年連続でJ1得点王に輝いていた。 2015年にFC東京へ完全移籍すると、2019年にFC岐阜へ完全移籍していた。 J1通算429試合出場154得点、J2通算71試合出場22得点、J3通算35試合4得点を記録。リーグカップでも75試合で21得点を記録していた。 タイトルとしては、J1でステージ優勝3回、天皇杯1回、ナビスコカップ1回で優勝を果たしていた。 また、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で14試合に出場し、4得点を記録していた。 日本代表にも2007年に招集。2013年までプレーし33試合に出場し10得点を記録。しかし、ワールドカップに出場することはなかった。 なお、前田は古巣である磐田のU-18コーチに就任する。前田はクラブを通じてコメントしている。 「僕にプレーする機会を与えてくれたジュビロ磐田、FC東京、FC岐阜に関わる全ての皆さん、そして21年間僕を支え、応援してくれた全てのファン、サポーターの皆さん。皆さんのおかげで本当に幸せなサッカー人生でした!本当にどうもありがとうございました!」 「この度ジュビロ磐田で指導者としてのスタートをきるチャンスをいただくことができました!ゼロからのスタートになりますが、指導者としてこれから頑張っていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします!」 2021.01.14 17:50 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly