千葉がDF下平匠、FWアラン・ピニェイロとの契約満了を発表

2021.01.14 12:46 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ジェフユナイテッド千葉は14日、DF下平匠(32)、FWアラン・ピニェイロ(28)との契約満了を発表した。下平はガンバ大阪の下部組織出身で、G大阪の他、大宮アルディージャ、横浜F・マリノスでプレー。2018年途中に期限付き移籍で千葉に加入すると、2019年から完全移籍で加入していた。

2020シーズンは明治安田J2で14試合に出場。千葉ではJ2通算59試合2得点を記録していた。

アラン・ピニェイロは、川崎フロンターレや東京ヴェルディでプレー。2019シーズンから千葉に加入した。

2020シーズンは明治安田J2で25試合に出場し3得点、千葉ではJ2通算51試合5得点を記録していた。

両選手はクラブを通じてコメントしている。

◆DF下平匠
「2020シーズンをもってジェフユナイテッド市原・千葉を退団する事になりました。在籍した間にJ1昇格の目標は達成出来ませんでしたが、これからもジェフの事を応援しています。2年半ありがとうございました」

◆FWアラン・ピニェイロ
「ジェフユナイテッド市原・千葉に関わる皆様へ短くて濃い2年でした。まず、ジェフの目標であるJ1昇格が達成出来ずにここを去る事が本当に悔しいです」

「ただ、千葉の地で経験した事が私のこれからの人生の糧になるでしょう。皆様に心の底から感謝しています」

「最後にサポーターの方々の熱い応援に感謝したいです。声こそ出せる状況ではなかったのですが、熱気はしっかり伝わりました。本当にありがとうございました。また会えるのを楽しみにしてます」
コメント
関連ニュース
thumb

千葉がブラジル人FWマテウス・サウダーニャを期限付き移籍で獲得、今季はブラジル1部で2ゴール

ジェフユナイテッド千葉は19日、ブラジルのバイーアからFWマテウス・サウダーニャ(21)を期限付き移籍で獲得することを発表した。 なお、サウダーニャ日本政府による新型コロナウイルス感染症に関する新規入国制限措置に伴い、入国でき次第メディカルチェックを実施し、正式に契約となる見込とのことだ。 サウダーニャは、バイーアの下部組織出身。センターフォワードのほか、ウイングやセカンドトップでもプレーする。 これまでバイーアでは公式戦24試合に出場し2ゴール1アシスト。今シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは17試合に出場し2ゴールを記録していた。 サウダーニャはクラブを通じてコメントしている。 「ジェフユナイテッド市原・千葉サポーターの皆様、こんにちは。マテウス・サウダーニャです。ポジションはフォワードです。J1昇格という目標を成し遂げる為に、戦う準備は出来ています。個人的にも、グループとしても大きなチャレンジになりますが、みんなで必ず昇格しましょう!」 2021.01.19 21:14 Tue
twitterfacebook
thumb

千葉がヴィスワ・クラクフへ期限付き移籍していたDFエベルトとの契約満了を発表

ジェフユナイテッド千葉は15日、ポーランドのヴィスワ・クラクフへ期限付き移籍していたブラジル人DFエベルト(29)との契約満了を発表した。 エベルトは、ヴァスコ・ダ・ガマの下部組織で育ち、ポルトガルのトロフェンセやブラガ、ポーランドのピアスト・グリヴィツェでプレー。2018年1月にピアスト・グリヴィツェから千葉へ加入していた。 千葉では2シーズンを過ごし、明治安田生命J2リーグで42試合に出場し4得点を記録。2020年1月にヴィスワ・クラクフへ期限付き移籍したが、7月で退団していた。 ヴィスワ・クラクフでは、エクストラクラサ(ポーランド1部)で10試合に出場し1ゴールを記録し、中断明けは7試合連続でフル出場を果たしていたが、期限付き移籍期間で合意に至っていなかった。 2021.01.15 10:35 Fri
twitterfacebook
thumb

オーストラリア人DFゲリアが千葉を退団「僕の事を温かく受け入れてくれて本当にありがとう」

ジェフユナイテッド千葉は13日、DFゲリア(27)が契約満了で退団することを発表した。 オーストラリア代表歴もあるジェイソン・ゲリアは、2013年にプロデビューしたメルボルン・ビクトリーで5年過ごした後、2018年に千葉へ加入した。 1年目はJ2リーグ14試合、2年目は21試合、そして3年目の昨季は22試合に出場し、第16節のアビスパ福岡戦ではJ初ゴールも記録した。 3シーズンでJリーグ通算57試合2ゴールの成績を残したゲリア。退団に際し、クラブ公式サイトを通じて別れの言葉を残した。 「まず初めに、サポーターの皆さん、スタッフ、チームメイト、このクラブの存在が人生の一部である全ての方々に感謝の気持ちを伝えたいです。僕の事を温かく受け入れてくれて、本当にありがとう。1人のプレーヤーとしてチームの力に充分になれず、昇格という目標を達成出来なかった事は、申し訳ございませんでした」 「ジェフで過ごしたこの3年、思い返すと一瞬です。決して順風満帆とは言えない時間でした。しかしどんな時期、どんな瞬間を切り取っても私自身にとってかけがえのない経験をした事に間違いはありません」 「この退団をもって、僕は同じ1人のジェフサポーターとなります。信じる事だけは、何があっても辞めちゃいけません。来シーズンもその先も、僕は皆さんと一緒の気持ちでジェフを応援していきます」 「3年間本当にありがとうございました。WIN BY ALL.!Jason」 2021.01.13 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

千葉退団のMF工藤浩平が関東1部の栃木シティに完全移籍「JFL昇格という結果にこだわり頑張ります」

ジェフユナイテッド千葉は13日、MF工藤浩平(36)が関東サッカーリーグ1部の栃木シティに完全移籍することを発表した。 工藤は千葉の下部組織出身で、2003年にトップチーム昇格。2010年までプレーすると、その後は京都サンガF.C.、サンフレッチェ広島、松本山雅FCと渡り歩き、2018年7月に千葉に復帰していた。 千葉では通算222試合に出場し13得点を記録。2020シーズンは明治安田J2で6試合の出場に留まっていた。 工藤は栃木シティを通じてコメントしている。 「栃木シティに関わる全ての皆さまこんにちは。この度、加入することになりました工藤浩平です。オファーして頂き感謝しています」 「自分としても初めてのリーグではありますが、やりがいを持って、サッカーが出来る喜びを1日1日噛み締めながらサッカーを楽しみ、JFL昇格という結果にこだわり頑張ります。皆さま宜しくお願いします」 2021.01.13 15:21 Wed
twitterfacebook
thumb

岐阜、千葉退団のGK大野哲煥が加入! 「岐阜のために自分の力を全て出し切りたい」

FC岐阜は11日、ジェフユナイテッド千葉を退団したGK大野哲煥(27)の完全移籍加入を発表した。 サンフレッチェ広島ユース出身の大野は、2016年に城西国際大学から千葉へ入団。昨季は栃木SCへレンタル移籍をするも出場機会はなく、昨年12月に千葉からの契約満了が発表されていた。 新天地が岐阜に決まった大野は、クラブ公式サイト通じて全力を尽くすことを誓っている。 ◆FC岐阜 「FC岐阜に関わる全ての皆様、初めまして。大野哲煥です。今回オファーを頂き、感謝しております。FC岐阜のために、自分の力を全て出し切りたいと思います。応援、よろしくお願いします!」 2021.01.11 18:30 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly