ホッフェンハイム、グロイター・フェルトからU-21ドイツ代表DFを獲得 !

2021.01.14 02:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ホッフェンハイムは13日、ブンデス2部のグロイター・フェルトからU-21ドイツ代表DFダビド・ラウム(22)を獲得したことを発表した。2021年7月1日付での加入となるラウムは2025年6月30日までの4年契約にサインしている。

なお、グロイター・フェルトとラウムの契約は今シーズン限りで満了となるため、移籍金は発生しないとのことだ。

8歳でグロイター・フュルトの下部組織に入団したラウムは、2017年にトップチームデビュー。当初は攻撃センスに長けたサイドアタッカーとして出場を重ねていたが、2018-19シーズンにダミル・ブリッチ監督の下、サイドバックにコンバートされた。

そんなラウムはこれまで、クラブ公式戦通算79試合に出場し、5ゴール14アシストを記録。今季は左サイドバックを主戦場に公式戦全試合に出場し9アシストを記録していた。

DFBポカール2回戦でグロイター・フェルトと対戦し、ラウムのプレーを見たアレクサンダー・ローゼンSDは、「ダビドはとても才能があり、非常にスピードのある選手だ。左足も強く今シーズンの素晴らしいパフォーマンスにより、ドイツでも注目されるサイドバックの一人に成長した」と、評価している。

コメント
関連ニュース
thumb

アンデルレヒト、ホッフェンハイムからデンマーク代表FWブルーン・ラーセンをレンタル!

アンデルレヒトは23日、ホッフェンハイムからデンマーク代表FWヤコブ・ブルーン・ラーセン(22)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「11」に決定している。 母国リンビーの下部組織からドルトムントの下部組織に加入したラーセンは、2016-17シーズンにトップチームデビュー。2018年1月にシュツットガルトへの半年間のレンタル移籍を経て、2018年夏に復帰を果たすと、2018-19シーズンは途中出場を中心に公式戦30試合3ゴール3アシストの数字を残すなど、2列目や最前線のバックアッパーとして重宝された。 しかし、昨シーズンに入って出場機会を失ったデンマーク代表FWは昨年1月にホッフェンハイムに完全移籍。だが、その新天地でもポジション争いで劣勢を強いられ、今季ここまでのリーグ戦出場はわずか2試合にとどまっていた。 2021.01.24 02:16 Sun
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、バイエルンの逸材MFスティラーの来季加入内定! ヘーネス監督の愛弟子

ホッフェンハイムは18日、バイエルンからU-20ドイツ代表MFアンジェロ・スティラー(19)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。今年7月1日付けでの加入となり、2025年6月30日までの契約にサインしている。 9歳でバイエルンのアカデミーに加入したスティラーは、戦術眼と左足のキック精度に長けた攻守両面で貢献できるセントラルMF。ここまでリザーブチームのバイエルンⅡが主戦場も、昨年10月のDFBポカールのデューレン戦でトップチームデビューを飾ると、ここまで公式戦3試合に出場している。 なお、ホッフェンハイムのトップチームを率いるセバスティアン・ヘーネス監督は昨季までバイエルンⅡを率い、スティラーと共にブンデスリーガ3部優勝を分かち合った旧知の間柄だ。 2021.01.19 23:40 Tue
twitterfacebook
thumb

堂安先発のビーレフェルトは終始劣勢もホッフェンハイムとゴールレスドロー!《ブンデスリーガ》

堂安律の所属するビーレフェルトは16日、ブンデスリーガ第16節でホッフェンハイムと対戦し0-0の引き分けに終わった。堂安はフル出場した。 前節ヘルタ・ベルリンに勝利した15位ビーレフェルト(勝ち点13)が、連敗中の14位ホッフェンハイム(勝ち点15)のホームに乗り込んだ一戦。堂安は[4-1-3-2]の右MFで開幕から16試合連続スタメンとなった。 立ち上がりからホッフェンハイムにポゼッションを譲る展開としたビーレフェルトは、19分に最初のピンチを迎える。ガチノビッチとのパス交換で右サイドを突破したクラマリッチのクロスをボックス中央のダブールがダイレクトシュート。しかし、これはGKオルテガの好セーブで難を逃れた。 対するビーレフェルトは37分、ペナルティアーク右横でS・コルドバが倒されて獲得したFKを堂安が直接狙ったが、わずかに落ち切らずにバーを越えていく。 後半に入ってもホッフェンハイムに主導権を握られるビーレフェルトだが、相手のフィニッシュ精度にも救われ、膠着したまま時間が進む。 試合を通じてこれといった決定機を生み出せていないビーレフェルトは、67分にS・コルドバとヤボを下げてシプロックとゲバウアーを投入。攻撃陣の活性化を図ると、89分にヘルテルのパスでボックス右に抜け出した堂安が決定機を迎えたが、シュートはGKバウマンのセーブに阻まれた。 堂安は後半アディショナルタイムにも、ペナルティアーク内まで切り込みミドルシュート。しかし、これもネットを揺らすことはできず、試合はそのまま0-0でタイムアップ。何とか勝ち点1を積み上げている。 2021.01.17 01:40 Sun
twitterfacebook
thumb

シャルケが359日ぶりのリーグ白星! 19歳FWホッペがアメリカ人初のハットトリック達成!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第15節、シャルケvsホッフェンハイムが9日に行われ、4-0で快勝したシャルケが約1年ぶりとなるリーグ戦勝利を挙げた。 昨年1月17日に行われたボルシアMG戦での2-0の勝利以降、ブンデスリーガで30戦未勝利(20敗10分け)と泥沼の状況が続く名門シャルケ。 今季ここまでも10敗4分けの最下位に低迷する中、クラブは今年9月にデイビッド・ワグナー、今月18日にマヌエル・バウムと2人の指揮官を解任。暫定指揮官フーブ・ステフェンスを経て、前節のヘルタ・ベルリン戦(0-3)からクリスティアン・グロス新体制がスタートしていた。 グロス新体制2戦目となった今節は13位のホッフェンハイムをホームで迎え撃った。 アーセナルから今冬にレンタルで復帰したコラシナツが早速ゲームキャプテンを務めるなど、心機一転を図ったシャルケは、この試合で新たなスターが誕生する。 そのスターの名前は19歳のアメリカ人FWマシュー・ホッペ。アリゾナにあるバルセロナのアカデミー育ちの194cmの大型ストライカーは、ブンデスリーグデビュー5戦目となったこの試合で躍動。 0-0のスコアでハーフタイム突入と思われた42分にロングカウンターからアリのスルーパスに抜け出すと、ボックス内で飛び出したGKをあざ笑うかのような左足のループシュートを流し込み、ブンデスリーガ初ゴールを記録。 さらに、後半に入った57分には再びアリのスルーパスに絶妙なタイミングで抜け出すと、ボックス内で冷静にGKをかわして左足のシュートを流し込みドッペルパック。続く63分には2点目と同じような形から三度アリのスルーパスに抜け出して、アメリカ人選手として至上初となるブンデスリーガでのドライアーパックまで達成してみせた。 その後、80分にはカウンターからオチプカの左クロスをアリが右足ダイレクトで流し込み、4点目まで奪って見せたホームチームはホッフェンハイムの反撃を無失点で凌ぎ4-0の完勝を収めた。 そして、新星ホッペと1ゴール3アシストのアリの新コンビの活躍が光った中、シャルケは今季初勝利と共に359日、31戦ぶりとなるリーグ戦での白星を挙げた。 2021.01.10 02:25 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、ホッフェンハイムCBボハルデに関心! 叔父はクラブOBウィンストン氏

バルセロナがホッフェンハイムに所属するU-18オランダ代表DFメレイロ・ボハルデ(18)に関心を示しているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が主張している。 バルセロナでは元々の選手層の薄さに加え、ディフェンスリーダーを務める元スペイン代表DFジェラール・ピケの長期離脱によってセンターバックに大きな問題を抱えている。 この状況を受けて、フリーで獲得可能な元アルゼンチン代表DFエセキエル・ガライ(34)の緊急補強に加え、今冬の移籍市場において予てより獲得を熱望するマンチェスター・シティのスペイン代表DFエリック・ガルシア(19)への関心を強めているようだ。 ガライの獲得の可否は別として、財政難のバルセロナにとって今冬のタイミングでのエリック・ガルシアの獲得には2000万ユーロ(約24億6000万円)と言われる移籍金が必要とされており、主力の売却による資金調達が必要と見られている。 そういった中、ディ・マルツィオ氏によると、バルセロナは新たな補強オプションとしてボハルデの獲得を考慮しているという。 フェイエノールトのアカデミー出身で、現在はホッフェンハイムのトップチームでプレーするボハルデは、184cmの身体能力と足元の技術に優れる現代型のセンターバックだ。 ホッフェンハイムでは今年5月に行われたブンデスリーガのマインツ戦でトップチームデビューを飾り、今シーズンはリーグ戦1試合とヨーロッパリーグ1試合に出場している。 ただ、クラブとの現行契約は今シーズン終了までとなっており、現時点では退団を選択する可能性が高いという。 そして、バルセロナはより安価な金額で獲得可能で、ポテンシャルの高い18歳DFの獲得に向けて、ホッフェンハイムと接触しているという。ただ、同選手に対してはミランも関心を示しているようだ。 なお、バルセロナがボハルデを獲得するうえで大きなアドバンテージとなり得るのは、同選手の叔父である元オランダ代表DFのウィンストン・ボハルデ氏の存在だ。 ウィンストン氏はアヤックス時代にルイス・ファン・ハール監督の薫陶を受け、1997年から2000年までバルセロナでプレーしたクラブOB。さらに、現指揮官のロナルド・クーマン監督は当時、ファン・ハール監督のアシスタントコーチとしてウィンストン氏を指導していた旧知の仲だ。 2020.11.26 23:55 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly