PK戦で4本のセーブを見せ大活躍の控えGK、ブライトンが契約延長を発表!

2021.01.13 13:04 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブライトン&ホーヴ・アルビオンは12日、元U-21イングランド代表GKジェイソン・スティール(30)との契約を2023年6月まで延長したことを発表した。スティールはミドルズブラ(イングランド2部)のアカデミー出身。2008年7月にトップチームに昇格してからは、2014年9月に退団するまで、公式戦128試合に出場していた。その後ブラックバーン(イングランド2部)やサンダーランド(イングランド3部)を経て、2018年7月にブライトンに加入。しかし昨シーズンまでは控えGKとして目立った活躍を残せず、出場もわずか1試合に留まっていた。

そんなスティールが注目を浴びたのが、10日に行われたFAカップ3回戦のニューポート・カウンティ(イングランド4部)戦だ。久々の出場を果たしたスティールは、PK戦までもつれ込んだ一戦でPKを4本ストップするという離れ業を見せ、見事チームを4回戦進出に導いた。

ブライトンのグラハム・ポッター監督は、公式サイトを通じて、今回の契約延長についてコメント。ニューポート戦にも言及しつつ、スティールを称賛した。

「彼はグループの中でも素晴らしい存在で、チームに帯同していない時でも選手たちをサポートしてきたし、それは彼の性格のおかげだ」

「彼はゴールキーパーの競争に多くの要素を与えてくれている。ニューポート戦でのPK戦のパフォーマンスがそれを証明した」
コメント
関連ニュース
thumb

【プレミア注目プレビュー】宿敵同士の首位攻防戦! アウェイ15戦無敗のユナイテッドが67戦無敗の要塞攻略に挑む!

プレミアリーグ第19節、リバプールvsマンチェスター・ユナイテッドが日本時間17日25:30にアンフィールドでキックオフされる。近年、リバプールの後塵を拝してきたユナイテッドが首位チームとして乗り込む要塞アンフィールドでの首位攻防戦だ。 2020年を首位で終えたリバプール(勝ち点33)だが、前節のサウサンプトン戦での0-1の敗戦により、直近1敗2分けの低迷で2位に陥落。8日に行われたFAカップではユースのメンバーを送り込んだアストン・ビラを4-1で破り、2021年の初白星を挙げたが、リーグ連覇に向けては今節の勝利が必須だ。 一方、序盤戦の低迷、チャンピオンズリーグ(CL)敗退によって一時はスールシャール監督解任の可能性が盛んに報じられたユナイテッド(勝ち点36)。しかし、昨年11月1日のアーセナル戦での敗戦以降は9勝2分けの11戦無敗という圧巻の戦績を残しており、前節にバーンリーを破ったことでジョゼ・モウリーニョ前体制以来、3年4カ月ぶりの首位に浮上。さらに、17節消化時点での首位はサー・アレックス・ファーガソンのラストシーズンまで遡る快挙だ。そのため、2012-13シーズン以来のリーグタイトル獲得への期待が日増しに高まっている。ただ、今季の対ビッグ6の対戦成績は2敗2分けと結果が出ておらず、リーグ制覇に向けては不振の昨季王者撃破と行きたいところだ。 なお、今回の首位攻防戦においてはリバプールのホームゲーム、ユナイテッドのアウェイゲームの好成績に注目が集まっている。リバプールはアンフィールドでのプレミアリーグで67試合無敗を継続中。これに対してユナイテッドは、アウェイ15戦無敗(12勝3分け)を継続している。 そして、ユナイテッドが最後にアウェイで敗れたのは、2020年1月19日に行われたリバプール戦(0-2)。クロップ監督が再び赤い悪魔に土を付けるか、あるいはスールシャール監督が要塞アンフィールドを攻略し、対リバプール初勝利を手にするのか…。 ◆リバプール◆ 【4-3-3】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210116_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:アリソン DF:アレクサンダー=アーノルド、マティプ、ファビーニョ、ロバートソン MF:チアゴ、ヘンダーソン、ワイナルドゥム FW:サラー、フィルミノ、マネ 負傷者:DFファン・ダイク、ジョー・ゴメス、マティプ、ツィミカス、MFナビ・ケイタ、FWジョタ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはファン・ダイクら長期離脱組が引き続き欠場となる一方、マティプが戦列に復帰できる見込みだ。 スタメンに関してはマティプが間に合わない場合、リース・ウィリアムズ、フィリップスの若手2選手、あるいはヘンダーソンをファビーニョの代役に据えることになる。中盤ではチアゴに代わってカーティス・ジョーンズを起用する可能性もある。 ◆マンチェスター・ユナイテッド◆ 【4-3-1-2】 ▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210116_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:デ・ヘア DF:ワン=ビサカ、バイリー、マグワイア、ショー MF:マクトミネイ、フレッジ、ポグバ MF:ブルーノ・フェルナンデス FW:カバーニ、ラッシュフォード 負傷者:DFリンデロフ、FWマルシャル 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはリンデロフ、マルシャルが軽傷を抱えているが、招集メンバーには入る見込みだ。 システムに関しては[4-2-3-1]、[3-5-2]の布陣も考えられるが、キーマンの1人であるポグバをより生かしやすい[4-3-1-2]を予想。スタメンに関してはシステム次第ではあるが、前述のメンバーを起用するとみる。変更点があるとすれば、マルシャル、リンデロフの起用ぐらいか。 ★注目選手 ◆リバプール:MFチアゴ・アルカンタラ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210116_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> リバプールの注目プレーヤーは待望のアンフィールドデビューが期待されるスペイン代表MF。第3節のチェルシー戦で途中出場45分間においてプレミアリーグ新記録のパス成功75本を記録する鮮烈なデビューを飾ったチアゴだが、以降は新型コロナウイルス感染やヒザのケガにより長期離脱を余儀なくされ、昨年末のニューカッスル戦でようやく復帰。先発復帰したサウサンプトン戦ではチームは敗れたものの、フル出場を果たして完全復活に一歩近づいた。 奇しくもここまでの公式戦出場5試合はすべてアウェイゲームとなっており、今回の一戦では先発か途中出場かは不明も、アンフィールドデビューを飾る可能性が濃厚となっている。痺れる首位攻防戦においては正確無比な繋ぎに加え、得意とする相手を食い付かせるパス、ボールキープで相手守備を崩すクサビを打ち込む役割が期待される。また、ヘンダーソンら中盤の相棒と共に相手のキーマンでB・フェルナンデスをケアする守備面の仕事も求められるところだ。 ◆マンチェスター・ユナイテッド:FWエディンソン・カバーニ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210116_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ユナイテッドの注目プレーヤーはようやく違いを生み始めた“エル・マタドール”。昨夏の移籍市場終盤にユナイテッドに加入した元パリ・サンジェルマンのエースストライカーは、コロナウイルス感染やマッチフィットネスの問題もあり、ややスロースタートのシーズンとなっている。 だが、第8節のエバートン戦で待望のプレミアリーグ初ゴールを挙げると、途中出場から2ゴール1アシストを記録して3-2の逆転勝利に貢献したサウサンプトン戦をキッカケに本領を発揮。以降はケガやSNSでの人種差別投稿もあってリーグ戦ではゴールから遠ざかっているが、マルシャルら若手アタッカー陣に欠ける動き出しの質、駆け引きの妙でB・フェルナンデスと共に単調だった攻撃に新たな彩りを加えている。敵地で劣勢が見込まれる今回のビッグマッチにおいてはチャンス数が限られる中、持ち味の決定力、勝負強さを発揮したい。また、経験不足の相手センターバックコンビに対して積極的に揺さぶりを懸けたいところだ。 2021.01.17 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

「フィニッシュは本当に素晴らしかった」ロジャーズ監督、暫定2位浮上に導いたマディソンを称賛

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、決勝点を記録したイングランド代表MFジェームズ・マディソンを称賛した。クラブ公式サイトが伝えた。 レスターは16日に行われたプレミアリーグ第19節でサウサンプトンと対戦。38分にマディソンが先制ゴールを奪うと、試合終了間際にMFハーヴェイ・バーンズが追加点を記録して2-0の勝利を収めた。 5試合無敗を含む2連勝で暫定2位に浮上したレスター。ロジャーズ監督は立ち上がりの内容を反省しながらも、修正に成功した試合中盤からのパフォーマンスを評価した。 「非常に厳しい戦いでの勝利だった。勝利に値していたが、試合に入るのが遅すぎた」 「最初の20分から25分はアグレッシブでFWにボールを集めるチームに対して少し受け身になってしまったよ」 「セカンドボールを回収できず、十分なプレスもかけられていなかった。前半の最後の15分から20分は我々の方が良かったね」 「我々は攻撃をより良く持続し、セカンドボールの対応が良くなった。後半はるかに優れたチームになっていた」 また、角度のないところから右足を振り抜いて先制点を記録したマディソンの一連の動きを称賛。アシストを記録したMFユーリ・ティーレマンスも評価している。 「ジェームズのフィニッシュは素晴らしかったが、その5分から10分くらい本当に良いプレーをしていたからこそ、相手のボックスに入ってカウンターするためのプレスをかけていた」 「ユーリは素晴らしいパスを出し、ジェームズは本当にそれが得意だ。18ヤード離れたボックス付近でディフェンダーをいなして、あのような難しい角度からのフィニッシュは本当に素晴らしいと思ったよ」 2021.01.17 11:00 Sun
twitterfacebook
thumb

4試合ぶり勝利のランパード監督、決勝ゴールのマウントを称賛「若手選手のお手本」

チェルシーのフランク・ランパード監督が、勝ち切ったチームを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 チェルシーは16日に敵地で行われたプレミアリーグ第19節でフルアムと対戦。主導権を握りながらも、ゴールが奪えない状況が続いたが、78分にDFベン・チルウェルのアシストからMFメイソン・マウントが決勝ゴールを奪い、0-1で勝利を収めた。 4試合ぶりの勝利を手にしたランパード監督は、苦戦を強いられながらも、勝ち切ったチームを評価。そして、今後に控えるレスター・シティや、ウォルバーハンプトンとの一戦に向けて前進したいと意気込んだ。 「選手たちはパフォーマンスが向上している相手に対して、とても上手くアプローチをしてくれたよ」 「前半の最後に少し雑になってしまったが、試合をコントロールすることができていた。課題は10人になった相手に対して、これを利用し、敵陣で素早くボールを動かすことだった。彼らはキャンプをして、自分たちが何をすべきか理解していたから簡単でなかったね」 「冷静になることがとても重要だったんだ。最近のリーグ戦のパフォーマンスは我々が望んでいたものではなく、首位から離れてしまっていた」 「低いブロックに直面した時は、ライン間を通すちょっとした魔法のようなパスが必要なんだ。メイソン(・マウント)がゴールするまではそういったものが無かったが、忍耐力とボールの動かし方は良かったと思う」 「メイソンがゴールを決めたのは当然だ。彼の全体的なパフォーマンスは素晴らしかったが、チームスピリットも素晴らしかったよ」 「今日はリーグ戦で軌道に乗るという点では小さな一歩だったが、今月中に何試合かのビッグゲームが予定されているから、それに向けて前進することだけが重要だ」 また、ランパード監督は決勝ゴールを記録したマウントについても言及。自身の若手時代を引き合いに出し、絶賛している。 「彼は我々にとって非常に良い選手だ。先週22歳になったばかりだが、若手選手のお手本だね。私は22歳でチェルシーに移籍してきたが、加入初年度は世界を吹き飛ばすような活躍をしたわけではなく、足元を見つめていた。メイソンはすでに多くの試合に出場している。彼の努力と姿勢は素晴らしい」 2021.01.17 09:52 Sun
twitterfacebook
thumb

ストークのマクレーンがスウォンジー相手に決めた強烈30ヤード弾【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はストーク・シティのアイルランド代表MFジェームズ・マクレーンが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マクレーンが決めた強烈30ヤード弾<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJRWmNiZWVEdSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> マクレーンは、サンダーランド、ウィガン、WBAなど、プレミアリーグのクラブを渡り歩いた後、2018年にストークに加入。チームの主力として活躍している。 豊富な運動量で攻守に活躍するマクレーンだが、2019年4月9日に行われたチャンピオンシップ(イングランド2部)第41節のスウォンジー・シティ戦では、見事なロングシュートを決めている。 0-2とストークのビハインドで迎えた前半追加タイムの48分、相手陣内中央でマクレーンがボールを受ける。相手からのプレスを避けながらスペースを作ると、ゴールからまだ距離のある位置からロングシュートを放つ。左足で放たれた鋭いシュートは、低い軌道でゴールへ飛んでいき、GKの手前でバウンドしながらゴール右に決まった。 このゴールで後半の逆転に望みを繋げたストークだったが、試合の流れを掴めず終盤にさらに失点。1-3で敗れている。 2021.01.17 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

サウサンプトンとの上位対決を制したレスターが暫定2位浮上!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第19節のレスター・シティvsサウサンプトンが16日にキング・パワー・スタジアムで行われ、2-0でレスターが勝利した。 リーグ戦4試合負けなしの4位レスター(勝ち点32)は、直近に行われたFAカップ3回戦のストーク・シティ戦からスタメンを2人変更。アジョセ・ペレスとプラートに代えてヴァーディとマディソンをスタメンで起用した。 一方、中12日と休養十分な7位のサウサンプトン(勝ち点29)は、前節のリバプール戦からスタメンを3人変更。イングス、ジェネホ、GKフォースターに代えてアダムス、スモールボーン、GKマッカーシーをスタメンで起用した。 一進一退の展開が続く中、レスターは19分にボックス右まで持ち上がったオルブライトンの折り返しをヴァーディがスルーすると、走り込んだバーンズがダイレクトシュート。しかし、これは好反応を見せたGKマッカーシーのセーブに阻まれた。 その後、中盤での攻防が長らく推移していく中で、レスターは37分に先制のチャンスを迎える。ティーレマンスのスルーパスでボックス右に抜け出したマディソンが縦に深く切り込みシュート。これがGKの逆を突き、ニアサイドに突き刺さった。 先制を許したサウサンプトンは41分、ウォード=プラウズのスルーパスでボックス左に抜け出したバートランドが左足で強烈なシュートを放ったが、これはGKシュマイケルが弾き出す。さらに1点のビハンドで後半開始早々の46分にも、カウンターからスモールボーンがチャンスを迎えたが、このシュートもGKシュマイケルのセーブに阻まれた。 その後は膠着状態が続く中、再びゴールに迫ったのはサウサンプトン。73分、バイタルエリア左でパスを受けたアームストロングがカットインから右足一閃。しかし、個のミドルシュートはクロスバーを直撃。 ピンチを凌いだレスターは84分、カウンターから左サイドを持ち上がったジャスティンのラストパスを受けたヴァーディに決定機が訪れたが、シュートはGKマッカーシーの好セーブに弾かれた。 追加点のチャンスを逃したレスターだったが、試合終了間際の95分に中盤でパスカットしたティーレマンスのパスからカウンターを仕掛けると、裏抜け出したバーンズがGKとの一対一を制した。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。上位対決を制したレスターがリーグ戦連勝で暫定2位に浮上した。 2021.01.17 07:11 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly