ポグバ豪快ボレー弾でバーンリー撃破のユナイテッドが3年4カ月ぶりの首位浮上! 最下位ブレイズが待望の今季初勝利!《プレミアリーグ》

2021.01.13 07:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第1節延期分、バーンリーvsマンチェスター・ユナイテッドが12日にターフ・ムーアで行われ、アウェイのユナイテッドが0-1で勝利した。

リーグ戦10戦無敗で首位のリバプールと同勝ち点の2位に浮上したユナイテッドが、今季初の首位浮上を懸けて臨んだ16位バーンリーとの第1節の延期分。


EFLカップ準決勝で宿敵マンチェスター・シティに敗戦も、直近のFAカップでは格下ワトフォードを退けてバウンスバックを達成したスールシャール率いるアウェイチームは、その試合で温存したGKデ・ヘア、ブルーノ・フェルナンデスやポグバを復帰させたほか、SNSの人種差別的投稿で3試合の出場停止を強いられたカバーニ、ワトフォード戦で頭部を打って負傷交代したバイリーがスタメンに名を連ねた。

今季アウェイゲームで圧倒的な強さを見せるユナイテッドだが、試合の入りはインテンシティで勝るバーンリーに押し込まれる状況が続く。

それでも、15分を過ぎて相手を押し返したホームチームは17分にB・フェルナンデスがファーストシュートを放つと、20分過ぎにはマルシャルがアクロバティックなボレー、ボックス手前左の得意の角度からミドルシュートと際どい場面を作り出した。

その後も拮抗した展開が続く中、前半半ばを過ぎると、微妙な判定が試合の流れに影響を与える。

28分、バーンリーのCKの流れからショーとグズムンドソンが交錯もそのままプレーが流されると、その流れからユナイテッドのロングカウンターが発動。ボックス付近に抜け出したカバーニがブレイディからアフターチャージを見舞われ、このファウルでブレイディにイエローカードが掲示される。

だが、VARでショーとグズムンドソンの交錯場面までプレーが遡ると、足裏を見せたショーのチャレンジがファウルと判断され、ブレイディのイエローカードが取り消され、逆にショーにイエローカードが掲示される。

さらに、36分にはユナイテッドのCKの二次攻撃からボックス手前左でショーが上げたクロスをファーで競り勝ったマグワイアが頭でゴール左隅に流し込むが、ここはマグワイアのDFピーテルスへのファウルが取られてゴールは認められず。その後はユナイテッドが押し込む展開となったが、45分にボックス手前左でマルシャルが放った決定的なシュートはGKポープのビッグセーブに遭い、試合はゴールレスで折り返すことになった。

迎えた後半、立ち上がりから攻撃のギアを上げたユナイテッドが完全に試合の主導権を掴む。52分にはポグバの豪快な中央突破からボックス左のマルシャルにパスが繋がり、そこからゴール前のカバーニを狙った折り返しが入るも、ここはウルグアイ代表FWがうまくミートできず。さらに、56分、60分と相手を押し込んだ状態でB・フェルナンデスが鋭いミドルシュートを続けて放つが、いずれもGKポープの守備範囲。

押し込みながらも最後のところで相手の堅守をこじ開けられないユナイテッドだったが、個の力でゴールをこじ開ける。71分、中盤でルーズボールを回収したB・フェルナンデスから右サイドのラッシュフォードにパスが繋がる。ここでタメを作って味方の攻め上がりを促したラッシュフォードがペナルティアーク付近へ浮き球のパスを入れると、ポグバが右足のダイレクトボレー。ゴール前でDFロートンにディフレクトしたボールがGKの反応の逆を突く形でゴールネットに突き刺さった。

ポグバの見事なダイレクトボレーで均衡を破ったユナイテッドはリスクを冒して2点目を奪いに行くことはせず、ゲームコントロールを優先しつつ逃げ切り態勢に入る。

試合終盤にかけてはバーンリーのパワープレー気味の攻撃に押し下げられる中、B・フェルナンデスを下げてマクトミネイをピッチに送り込むなど、割り切った戦い方で虎の子の1点を守り抜く選択を取る。

85分を過ぎると、完全に自陣深くに押し込められた中、ブラウンヒル、ヴィドラとボックス内で再三のシュートを浴びる。さらに、89分にはバーンリーのCKの場面で競り合ったマグワイアの上げた腕にボールが当たってあわやPK献上という場面もあったが、ここはVARのレビューの結果お咎めなしに。

その後、マルシャルが絶好のカウンターチャンスを逃したことで最後まで冷や冷やの展開が続いたものの、何とか逃げ切りに成功したユナイテッドがリーグ3連勝を達成。

この結果、リバプールを抜きモウリーニョ体制以来、3年4カ月ぶりの首位に立った。そして、次節はリバプールとの首位攻防戦に臨む。

また、同日行われたプレミアリーグ第18節、ウォルバーハンプトンvsエバートンは、アウェイのエバートンが1-2で勝利した。

試合は開始直後にイウォビのミドルシュートでエバートンが先制も、ウルブスも直後の14分にセットプレーの流れからネヴェスが鮮烈なボレーシュートを叩き込み、両者譲らず1-1のスコアで試合を折り返す。

後半も一進一退の攻防が続いたが、エバートンは77分にセットプレーの二次攻撃からアンドレ・ゴメスの左クロスをキーンが豪快なヘディングで合わせ、勝ち越しに成功。その後、ホームチームの反撃を凌ぎ切ったエバートンが4位に浮上している。

同じくシェフィールド・ユナイテッドvsニューカッスルは、ホームのシェフィールド・ユナイテッドが1-0で競り勝ち、今季18戦目にして待望の今季初白星を手にした。

開幕から15敗2分けと大不振に陥っていたブレイズだが、この試合では前半終了間際に続けて2枚の警告を受けた相手MFフレイザーが退場となり数的優位を手にした。

そして、後半半ばにはボックス内での競り合いの際に微妙な判定ながら相手DFフェルナンデスのハンドでPKを獲得。これをシャープがきっちり決めてブレイズでのリーグ通算100点目とした。

その後、1人少ないニューカッスルの反撃を凌ぎ切ったブレイズが待望の今季初勝利を手にした。なお、開幕18試合目での初勝利はイングランドのトップカテゴリーにおいて1902-03シーズンのボルトン(22試合目)に次ぐワースト2位の記録だ。

関連ニュース
thumb

「見れば見るほど、クレイジー」 キックオフ早々にPK献上のジェズスをロイ・キーンが斬る

マンチェスター・ユナイテッドOBであり、元アイルランド代表MFのロイ・キーン氏がマンチェスター・シティのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスを酷評した。 公式戦21連勝で7日に行われたプレミアリーグ第27節のユナイテッド戦を迎えたシティ。リーグ戦でも15連勝中と向かうところ敵なしの強さを見せつけ、2位ユナイテッドに14ポイントの大差をつけてのダービーマッチだったが、0-2で敗れ、連勝記録に終止符が打たれてしまった。 その連勝記録ストップは開始から数十秒の自陣右サイドでスローインを受けようと中盤に下りたジェズスのボールロストがきっかけに。ミスを取り返そうと後追いしたが、ボックス内でフランス代表FWアントニー・マルシャルを倒してPKのチャンスを献上してしまい、先制ゴールを許した。 ロイ・キーン氏はイギリス『スカイ・スポーツ』で、キックオフ早々の軽率な対応でチームを苦しめてしまったジェズスに苦言を呈した。 「シティが中盤に放り込んですぐにユナイテッドを見ると、動物の群れ、飢えた動物ようだった。ユナイテッドは全員でプレスをかけた」 「ジェズスはコントロールをミスして、それを取り返そうとしたが、見れば見るほど、彼のやったことはクレイジーだ」 「完全に狂っている。愚かで、クレイジー。明らかにストライカーのタックルだった。彼は何を考えていたんだ? マルシャルはどこにも行っていない」 「しかし、ユナイテッドからしたら夢のスタートとなり、彼らも頑張る必要なく、幸運が巡ってくるなんて信じられなかっただろうね。賭けても良い」 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=33v1koktov9x1u4mvk28bkj35" async></script></div> 2021.03.08 18:35 Mon
twitterfacebook
thumb

以前に批判も…スコールズ、シティ戦のマルシャルを評価 「スールシャールが言うように良かった」

マンチェスター・ユナイテッドOBであり、元イングランド代表MFのポール・スコールズ氏が古巣のフランス代表FWアントニー・マルシャルに言及した。 昨季のプレミアリーグでキャリアハイの17ゴールを挙げる活躍を披露したマルシャルだが、フィニッシュに精彩を欠く今季はここまで4ゴールのみ。動き出しに関しても、献身性でも高い貢献度を誇るウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニと比較され、たびたび批判に晒されている。 スコールズ氏も今季のマルシャルに対して、過去に厳しい目を向ける1人だが、7日にユナイテッドが2-0で勝利したマンチェスター・シティとのプレミアリーグ第27節での働きぶりは高く評価できるものだったようだ。『Premier League Productions』で称賛した。 「今日のマンチェスター・シティ戦における彼らのカウンターアタックは素晴らしいものだった」 「インタビューで(オーレ・グンナー・)スールシャールが言うように、マルシャルは本当に良かったと私も思う」 「今日の彼はゴールを決められず、絶好機もあったが、その他の仕事ぶりで相手の脅威となり、ハードワークしたね」 「彼はクオリティがある。私はそんな彼のことが好きだ」 一方で、決定機を生かせず、最も求められるゴールという結果を残せなかったマルシャルに対して、センターフォワードとして絶対的地位を築くためのヒントを送った。 「マンチェスター・シティのような相手だと、ワンチャンスしか巡ってこないかもしれない。マイケル・(オーウェン)のような選手たちはその1つしかないチャンスの掴み方を熟知している」 「彼らには『チャンスがあれば、仕留めるぞ』っていう姿勢があるんだ。彼にはそれがない。しかし、彼もそういうものを持っていたら、シーズンに25〜30ゴールぐらい決められるだろうね」 2021.03.08 16:45 Mon
twitterfacebook
thumb

負傷交代のラッシュフォード、検査へ

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードの検査見込みを明かした。クラブ公式サイトが伝えている。 プレミアリーグ2位のユナイテッドは7日に行われた第27節でマンチェスター・シティと対戦。公式戦21連勝中のシティを相手に前後半の立ち上がりに1ゴールずつを奪って、試合を優勢に進めると、守備陣も無失点で凌ぎ切り、首位との大一番を見事に2-0の勝利で飾った。 そんな会心の1勝を掴み取ったユナイテッドだが、先発したラッシュフォードは自陣での守りに加わろうと加速時に足首を負傷。追加点をアシストするなど、随所で存在感を示したが、73分にイングランド代表FWメイソン・グリーンウッドとの交代でピッチを後にしている。 この3月にヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16のミラン戦やFAカップ準々決勝のレスター・シティ戦など、今後も大事な一戦を控えるだけにラッシュフォードの状態が懸念されるなか、スールシャール監督が試合後、口を開いた。 「素晴らしいリカバリーランで、リカバリースプリントだった。あのプレーで失点のピンチからチームを救ったが、自分を犠牲にもしてしまったんだ」 「足首に何かしらの問題があったんだと思う。私は医者じゃないが、酷くないものであるのを願っている。明日の午前中にも検査を受けさせる必要がある」 2021.03.08 14:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ブルーノ「どんなPKも同じプレッシャー。相手がシティだろうが、他だろうが、関係ない」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが喜びの心境を口にしている。 直近のプレミアリーグ8試合で2勝5分け1敗と勝ち切れないゲームが続き、2位ながら首位マンチェスター・シティを14ポイントの大差で追うユナイテッド。優勝争いの興味を繋ぐためにもう足踏みが許されないなか、7日に行われた第27節でシティとのアウェイ戦に臨んだ。 ここ公式戦3試合連続でゴールレスドローに終わるなど、攻撃の鋭さも欠いての一戦だったが、開始2分に獲得したPKのチャンスからB・フェルナンデスが先制弾。後半序盤にもカウンターからイングランド代表DFルーク・ショーが追加点を決めると、2-0の完封勝利を収めた。 先制ゴールを決めてから相手のタイトなマークもあり、なかなか決定的な仕事に絡めずにいたが、終盤の交代まで両軍トップの12km超えの距離を走り抜いて、勝利に貢献したB・フェルナンデス。試合後、クラブ公式チャンネル『MUTV』で振り返った。 「ほぼパーフェクトだったと思う。チャンスをかなり作れてもいた。ラストパスやラストショットにもっとうまく持ち込めたかもしれないけどね」 「チャンスがあるってことは良いプレーをしている証拠。違いを作り出そうとしているサインでもある」 「後半になってから少しずつ良いプレーができるようになった。カウンターが多かったが、ときにゲームの主導権を握る時間帯を作れてもいたね」 「相手の方がボールを握った。でも、チャンスで言うと、僕らの方が良い形のものを作り出したと思う」 「僕らからすれば、この試合で何より大事なのは結果だ。その結果を手にしたわけだから、完璧だ」 ポルトガル人技巧派MFはまた、PKからのゴールにも言及。今季もここまでリーグ戦で16ゴールを記録する一方で、ビッグ6相手に不発の部分が一部メディアで指摘されているが、「勝てればそれで良い」と相手にしない姿勢を示した。 「どんなPKだろうが、受けるプレッシャーは一緒。PKを蹴るときはいつだってプレッシャーを感じるものさ。相手がシティだろうが、他のチームだろうが、関係ない」 「僕自身、そういうプレッシャーは好き。良いプレッシャーさ。自分がすべきこともわかっている。ちょうど良い力加減と方向に蹴った。当然ながら決まってくれて嬉しい」 「正直なところ、僕らからしたら、試合に勝てればそれで良いんだ。人々は色々と言ってくるかもしれないけど。オープンプレーからのゴールしかカウントしないとかね」 「いずれにせよ、僕らにとって、最も大事なのは試合で勝つこと。得点の仕方は問題じゃない。得点者に関しても僕じゃなくても、誰でも良いんだ。僕はそれでハッピーさ」 2021.03.08 10:55 Mon
twitterfacebook
thumb

スールシャール、シティ撃破を誇る! 「自分たちがなりたい類のチームに戻れた」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が勝ち誇った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 直近のプレミアリーグ8試合で2勝5分け1敗と勝ち切れないゲームが続き、2位ながら首位マンチェスター・シティに14ポイントの大差をつけられてしまったユナイテッド。優勝争いの興味を繋ぐためにもこれ以上の足踏みが許されないなか、7日に行われた第27節でシティのホームに乗り込んでのダービーマッチに臨んだ。 ここ公式戦3試合連続でゴールレスドローに終わるなど、攻撃の鋭さを欠いての一戦でもあったが、開始2分に獲得したPKのチャンスからポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが先制弾。後半序盤にもカウンターからイングランド代表DFルーク・ショーが追加点を決めると、守りも無失点で抑え込み、2-0で勝利した。 今季のここまで5分け2敗だったビッグ6戦で初勝利を掴み取り、リーグ戦でのアウェイ連続不敗も22試合に伸ばしたスールシャール監督。試合後、結果を喜びつつ、らしい戦いができたとパフォーマンス内容にも満足感を示した。 「アウェイで2-0の勝利を収め、しかもクリーンシート。こうしたパフォーマンスはもちろん、喜ばしいことだ」 「この試合は挑戦だった。そのなかで生まれた最初のゴールが多くのことを決定づけたね。ハーフタイムまでリードする状況を意識し過ぎている感じがあったが、後半からもっとボールを持つようになり、2ゴール目を奪い切ったんだ。素晴らしいものだった」 「試合はそれぞれ異なるが、我々は自分たちがなりたい類のチームに戻ることができた。よりダイレクトかつよりストレートに攻撃的なプレーを積極的に繰り出して、彼らに向かっていった」 公式戦21連勝中だったシティの進撃を止めてみせたノルウェー人指揮官はまた、フランス代表FWアントニー・マルシャルにも言及。今季を通じて調子が上がらず、批判の声もあがるフランス人ストライカーだが、スールシャール監督はシティ戦での働きを評価した。 「マルシャルは絶対的に素晴らしかった。今日はこれまで目にしてきたアントニーだったね。今朝、試合の2時間前ですら出られるか疑わしく、わからない状況だったんだ。ファンタスティックだった。今日、自分を再発見できたんだじゃないかな」 2021.03.08 10:05 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly