マチン監督解任のアラベス、アベラルド監督の復帰を発表

2021.01.12 23:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アラベスは12日、アベラルド・フェルナンデス氏(50)を新指揮官に任命したことを発表した。アラベスでは同日、ラ・リーガ18試合を消化した時点で4勝6分け8敗で16位に沈んでいたことを受け、パブロ・マチン前監督(45)を解任していた。


現役時代にバルセロナで8年プレーした経歴を持つアベラルド氏は、2017年12月から2019年5月にかけてアラベスを指揮。2017-18、2018-19シーズン、アラベスは1部残留を果たしていた。

直近では2019年12月末にエスパニョールの監督に就任したものの、2020年6月にリーグ戦残り7試合という状況で解任されていた。
関連ニュース
thumb

トリンコンとメッシがドブレーテの共演! バルサがリーグ7連勝でPSG戦へ《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第23節、バルセロナvsアラベスが13日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが5-1で勝利した。   その中で来週にCLラウンド16初戦を戦う3位のバルセロナ(勝ち点43)、4位のセビージャ(勝ち点42)の2チームの戦いに注目したい。   現在、ラ・リーガ6連勝で3位に付けるバルセロナ(勝ち点43)は17日にチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16初戦で因縁の相手であるパリ・サンジェルマン(PSG)とのホームゲームに臨む。その重要な一戦を控えるチームは今節、残留争い中の16位アラベス(勝ち点22)と対戦した。   今週ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ準決勝1stレグではセビージャ相手に敵地で0-2と完敗。今季最も獲得の可能性が高いコパのタイトル獲得に黄色信号が灯る中、CLに向けて白星を取り戻したい一戦では先発4人を変更。ユムティティ、ジョルディ・アルバ、ペドリ、デンベレに代えてラングレ、トリンコン、リキ・プッチ、これがプリメーラデビューとなる18歳MFイライクス・モリバを起用した。   この試合、スタートは[3-5-2]を採用したバルセロナは開始直後に流れるようなパスワークからボックス内のグリーズマンにいきなり決定機が訪れるなど、良い入りを見せた。   その後はミンゲサを3バックの右から右サイドバックに配置転換し、本来の[4-3-3]の形で試合を進めていく。ただ、[5-4-1]に変化したアラベスの明確な堅守速攻のスタイルに手を焼きなかなか決定機まで持ち込めない。逆に、26分にはバッタリアに強烈なミドルシュートを枠に飛ばされるが、ここはGKテア・シュテーゲンが好守で凌いだ。   すると、この直後にオランダ人指揮官が抜擢した若き才能が先制点をもたらす。29分、右サイドで高い位置を取ったミンゲサの鋭いクロスがファーに流れると、これを回収したイライクスがシュートではなく冷静に中でフリーの味方へのパスを選択。これをトリンコンが左足ダイレクトで蹴り込むと、ゴールカバーに入っていたDFの股間を抜いてゴールネットを揺らした。   イライクスの初アシストからトリンコンにリーグ2試合連続ゴールが生まれたバルセロナは、勢いづいて2点目を奪いに行く。36分にはブスケッツの背後を狙ったミドルパスに抜け出したグリーズマンがボックス内でGKと一対一となる絶好機を迎える。左足のシュートはGKに阻まれるが、こぼれ球をメッシが右足で流し込む。しかし、VARのレビューの結果、グリーズマンの抜け出しのタイミングで微妙なオフサイドを取られてゴールは取り消しに。   それでも、ハーフタイム突入寸前の前半アディショナルタイムにはボックス手前右でカットインの仕掛けを見せたメッシが強烈な左足のミドルシュートを放つ。これが右ポストの内側を叩いて逆のサイドネットに突き刺さった。   メッシの3試合連続となる見事なゴラッソによって2点リードで試合を折り返したバルセロナは、ブスケッツに代えてユムティティをハーフタイム明けに投入。この交代でデ・ヨングがセンターバックから本来のピボーテにポジションを上げた。   後半に入って決定機こそ作れないものの、危なげない試合運びを見せていたバルセロナだったが、後半頭に2枚替えを敢行して攻守にアグレッシブな姿勢を強調してきたアラベスにミスを突かれて1点を返される。   57分、自陣左サイドのイライクスが不用意に出した中央への横パスを途中出場のリオハにかっさらわれてボックス内まで運ばれると、左足のシュートをきっちり決められた。   この失点で少し嫌な空気が漂うバルセロナだが、引いて受けに回ることなく積極的に3点目を奪いに行く。62分にはグリーズマンからの絶妙なスルーパスに抜け出したトリンコンがボックス内でGKと一対一の絶好機を迎えるが、ここはGKパチェコの好守に遭う。続く66分にはジュニオル、メッシ、グリーズマンと見事なダイレクトプレーが繋がるも、グリーズマンの右足のシュートはわずかに枠の右へ外れた。   その後は相手のカウンターに晒されるが、これを何とか耐えたホームチームは圧巻のゴールラッシュで一気に試合を決めた。   まずは74分、ペドリのスルーパスに完璧なタイミングで抜け出したメッシとGKとの一対一はファインセーブに阻まれるが、こぼれ球をトリンコンが冷静に流し込んでドブレーテを達成。すると、直後の75分にはボックス手前中央でグリーズマンからパスを受けたメッシがこの試合2本目の見事なミドルシュートをゴール左隅に突き刺してこちらもドブレーテ。   さらに、80分にはメッシの浮き球パスに抜け出したグリーズマンのボックス右からの折り返しをファーでドフリーのジュニオルがきっちり流し込み、こちらは今季初ゴールを挙げた。   そして、6分間に3ゴールを奪って一気にアラベスを引き離したバルセロナが終わってみればマニータの快勝でラ・リーガ7連勝を達成。来週に行われるCLのPSG戦に大きな弾みを付けた。 2021.02.14 06:59 Sun
twitterfacebook
thumb

アラベスが元U-21スペイン代表FWコルドバをアスレティックからレンタル

アラベスは1日、アスレティック・ビルバオの元U-21スペイン代表FWイニゴ・コルドバ(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間はシーズン終了までとなる。 コルドバは、ビルバオの下部組織出身で、バスコニアなどでプレー。2017年7月からファーストチームでプレーしていた。 アスレティックでは公式戦通算96試合に出場し、2ゴール11アシストを記録。今シーズンはここまで3試合の出場に終わっていた。 左ウイングを主戦場としているコルドバは、ラ・リーガでも80試合で2ゴール10アシストを記録しており、大きな戦力となるだろうか。 2021.02.02 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、昨夏獲得したウルグアイの新鋭ペリストリがアラベスにレンタル移籍!

マンチェスター・ユナイテッドは1月31日、ウルグアイ人FWファクンド・ペリストリ(19)が今シーズン終了までアラベスにレンタル移籍することを発表した。 ペリストリはウルグアイの名門ペニャロールでプロキャリアをスタートさせたサイドアタッカー。マンチェスター・シティや、レアル・マドリー、バルセロナ、そしてリヨンの関心も取り沙汰されたなかで、昨夏のデッドラインデイにユナイテッド入りを決めた新鋭だ。 しかし、ユナイテッド入りからハーフシーズンが経った現時点でいまだトップチームデビューを果たせておらず、ベンチ入りもチャンピンズリーグ(CL)の2試合のみ。U-23チームでのプレーがメインとなっているのが現状だ。 そのU-23チームの一員としてはここまで公式戦8試合の出場で3得点1アシストを記録していた。 2021.02.01 02:25 Mon
twitterfacebook
thumb

久保先発のヘタフェはアラベスとほぼ見せ場なしのドロー…布陣変更で無失点も攻撃停滞《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第21節、ヘタフェvsアラベスが1月31日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、0-0のドローに終わった。なお、ヘタフェのMF久保建英は79分までプレーした。 13位のヘタフェ(勝ち点23)は前節、アスレティック・ビルバオを相手に開始20秒の先制点を奪ったものの、そこから5点を奪われて1-5の大敗。久保にとっては新天地での初の黒星となった。18位のアラベス(勝ち点18)を相手にバウンスバックを図ったこの一戦で久保は3試合連続スタメンを飾ったが、センターバックに離脱者が多いチーム事情によって並びが[3-4-2-1]に代わって久保は2シャドーの右に役割を変えた。 立ち上がりから球際でのバトルが強調される展開の中、中盤での潰し合いが続く。久保は守備時に[5-4-1]の中盤の右サイド、攻撃時はより中間ポジションでボールを引き出しながら起点となろうとするが、チーム全体の攻撃がいま一つ噛み合わず、なかなか見せ場が訪れない。 それでも、前半半ば過ぎの32分にはゴール前に飛び出して相手に寄せられながらも左足のシュートを放つ。その後、チームは39分、セットプレーの二次攻撃からボックス右のマタに決定機も、右足のシュートはDFの決死のゴールカバーに阻まれた。 結局、ゴールレスで折り返した後半も決定機の少ないクローズな展開が続く。アレーニャと共に攻撃面で違いを生むことが期待される久保だが、ファウルを辞さない相手のタイトな守備を前に封じ込まれる。 フィニッシュの数よりもファウルの数ばかりが目立つ中、ヘタフェベンチは79分に久保とアレーニャを下げてポルティージョ、アンヘルをピッチに送り込んだ。対するアラベスは引き分け良しとする守備的な交代カードを切り、こう着状態の維持に務めた。 その後、ややヘタフェが押し込んだ試合終盤にはセットプレーからアランバリに2度の決定機が訪れるが、ヘディングシュート、直接FK共に枠を捉えることができなかった。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、互いに見せ場を欠いた睨み合いの一戦は0-0のドローに終わった。 2021.01.31 23:58 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー、ベンゼマのドブレーテの活躍などでクラブ創設100周年のアラベスに完勝! 指揮官不在の中で公式戦4戦ぶりの白星《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第20節、アラベスvsレアル・マドリーが23日にエスタディオ・デ・メンディソローザで行われ、アウェイのマドリーが1-4で勝利した。 首位のアトレティコ・マドリーを勝ち点7差で追う2位のマドリー(勝ち点37)は、後半戦初戦で17位のアラベス(勝ち点18)と敵地で対戦した。 ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ3回戦で3部のアルコヤーノに延長戦の末に敗れる大失態を演じ、公式戦3戦未勝利と不振に陥るチームでは、さらにジダン監督が新型コロナウイルスの陽性反応が出て今節での指揮が不可能に。そのため、急遽アシスタントコーチを務めるダビド・ベットーニが暫定で指揮を執ることになった。ヒザに問題を抱えるセルヒオ・ラモスを欠く中、代役にミリトンを起用することになったが、それ以外では直近のベストメンバーが起用された。 この日がクラブ創設100周年のメモリアルとなったホームのアラベスが良い入りを見せたが、時間の経過と共にマドリーが押し返していく。 14分にモドリッチの絶妙なスルーパスに抜け出したベンゼマに絶好機が訪れるが、巧みなファーストタッチからボックス右で放ったシュートはGKパチェコにうまくコースを消される。さらに、こぼれ球をすかさず蹴り込みに行ったが、今度は戻ったDFに触られてボールは右ポストを叩いた。 この絶好機を逸したマドリーだが、この流れから続けて得た右CKの場面でキッカーのクロースが右足インスウィングの正確な浮き球のボールをゴール前に入れると、DFルジューヌをうまくブロックして上から叩いたカゼミロのヘディングシュートがゴール右隅に決まった。 勝負強いブラジル代表MFの先制点によって良い流れで試合を運べるようになったマドリーは、失点後も相手がやや腰の引けた戦い方を継続したことで、圧倒的にボールを握りながらストレスなく試合を運んでいく。 リスクを冒さないバランス重視の戦いを継続する中、ベンゼマやアザールが要所で個の力を見せつけて惜しい場面を創出。すると、41分には右サイドに張ったルーカス・バスケスからの斜めのグラウンダーのパスをボックス手前右に走り込んだアザールが絶妙なフリックで中央のスペースに流すと、ここに入り込んできたベンゼマがスムーズな流れから豪快に右足を振り抜きゴール左上隅の完璧なコースに突き刺した。 さらに、前半終了間際の46分にはクロースが右サイドの高い位置で相手DFからボールを奪って背後の広大なスペースへ浮き球のパスを出すと、オフサイドぎりぎりで飛び出したアザールが右足でのワントラップから最後は飛び出したGKのポジションを見極めて左足の丁寧なシュートを流し込んだ。 前半終盤の連続ゴールによって3点リードで試合を折り返したマドリーは、後半はやや流し気味にプレー。これに対してハーフタイム明けに3枚替えを敢行し、ルーカス・ペレス、ボルハ・サインス、マヌ・ガルシアを投入したホームチームが前半とは打って変わってアグレッシブなプレーを見せ始める。 立ち上がりのホセル、ボルハ・サインスの続けざまの枠内シュートはGKクルトワが好守で凌ぐが、セットプレーからゴールをこじ開けられる。60分、自陣右サイドで与えたFKの場面でキッカーのルーカス・ペレスに左足アウトスウィングの鋭いボールをゴール前に入れられると、これをホセルに打点の高いヘディングで合わせられた。 このゴールによって息を吹き返したアラベスの攻勢に晒され始めたマドリーは63分、アザールを下げてヴィニシウスを最初の交代カードとして投入。この交代直後の65分にはボックス手前でボールを持ったモドリッチが鋭いグラウンダーのミドルシュートを枠に飛ばすが、これはGKパチェコの守備範囲。 その後は一進一退の攻防が続くが、マドリーの見事なカウンターから試合を決定づけるゴールが生まれる。 70分、自陣中央でボールを受けたモドリッチが左サイドに流れて浮いていたベンゼマへ絶妙なミドルパスを通す。そのままボックス付近まで運んだベンゼマがカットインから左斜め45度の得意の角度から正確な右足のシュートをファーポストに突き刺した。なお、これでドブレーテ達成のベンゼマは今季のリーグ戦ゴール数を2桁の大台にのせた。 これで勝利を確信したマドリーベンチはモドリッチ、アセンシオを直後の77分にベンチへ下げてオドリオソラ、イスコの投入で試合を締めにかかる。 試合終盤にかけては互いにゴールチャンスがあったものの、このままスコアは変わらずにタイムアップ。ベンゼマのドブレーテの活躍で指揮官、主将不在の逆境を撥ね退けたマドリーが公式戦4試合ぶりの白星を手にした。 2021.01.24 06:53 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly