16位アラベスがパブロ・マチン監督を解任

2021.01.12 21:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アラベスは12日、パブロ・マチン監督(45)を解任したことを発表した。これまで現役時代の古巣ヌマンシアや、セビージャ、エスパニョールなど母国スペインクラブの監督を歴任してきたマチン氏は、昨年8月、アシエル・ガリターノ前監督の後任として白羽の矢が立った。昨シーズンの16位からの巻き返しが期待されたが、リーグ戦18試合を消化した時点で4勝6分け8敗で16位に沈んでいた。

クラブは解任発表に際し「パブロ・マチンの仕事とクラブへの貢献に感謝し、将来の成功を祈っています」と声明を発表。同時に、コーチのハビエル・カベージョ氏が暫定監督を務めることも伝えている。マチン氏はこの4年半で7人目の指揮官だった。

なお、スペイン『マルカ』は、正式な後任にアベラルド・フェルナンデス氏(50)の招へいを予想。現役時代にバルセロナで8年プレーした経歴を持つ同氏は、監督としてはアラベスやスポルティング・ヒホンを歴任した。直近では2019年12月末にエスパニョールの監督に就任したが、半年後のリーグ戦残り7試合という状況で解任された。
コメント
関連ニュース
thumb

マドリー、ベンゼマのドブレーテの活躍などでクラブ創設100周年のアラベスに完勝! 指揮官不在の中で公式戦4戦ぶりの白星《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第20節、アラベスvsレアル・マドリーが23日にエスタディオ・デ・メンディソローザで行われ、アウェイのマドリーが1-4で勝利した。 首位のアトレティコ・マドリーを勝ち点7差で追う2位のマドリー(勝ち点37)は、後半戦初戦で17位のアラベス(勝ち点18)と敵地で対戦した。 ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ3回戦で3部のアルコヤーノに延長戦の末に敗れる大失態を演じ、公式戦3戦未勝利と不振に陥るチームでは、さらにジダン監督が新型コロナウイルスの陽性反応が出て今節での指揮が不可能に。そのため、急遽アシスタントコーチを務めるダビド・ベットーニが暫定で指揮を執ることになった。ヒザに問題を抱えるセルヒオ・ラモスを欠く中、代役にミリトンを起用することになったが、それ以外では直近のベストメンバーが起用された。 この日がクラブ創設100周年のメモリアルとなったホームのアラベスが良い入りを見せたが、時間の経過と共にマドリーが押し返していく。 14分にモドリッチの絶妙なスルーパスに抜け出したベンゼマに絶好機が訪れるが、巧みなファーストタッチからボックス右で放ったシュートはGKパチェコにうまくコースを消される。さらに、こぼれ球をすかさず蹴り込みに行ったが、今度は戻ったDFに触られてボールは右ポストを叩いた。 この絶好機を逸したマドリーだが、この流れから続けて得た右CKの場面でキッカーのクロースが右足インスウィングの正確な浮き球のボールをゴール前に入れると、DFルジューヌをうまくブロックして上から叩いたカゼミロのヘディングシュートがゴール右隅に決まった。 勝負強いブラジル代表MFの先制点によって良い流れで試合を運べるようになったマドリーは、失点後も相手がやや腰の引けた戦い方を継続したことで、圧倒的にボールを握りながらストレスなく試合を運んでいく。 リスクを冒さないバランス重視の戦いを継続する中、ベンゼマやアザールが要所で個の力を見せつけて惜しい場面を創出。すると、41分には右サイドに張ったルーカス・バスケスからの斜めのグラウンダーのパスをボックス手前右に走り込んだアザールが絶妙なフリックで中央のスペースに流すと、ここに入り込んできたベンゼマがスムーズな流れから豪快に右足を振り抜きゴール左上隅の完璧なコースに突き刺した。 さらに、前半終了間際の46分にはクロースが右サイドの高い位置で相手DFからボールを奪って背後の広大なスペースへ浮き球のパスを出すと、オフサイドぎりぎりで飛び出したアザールが右足でのワントラップから最後は飛び出したGKのポジションを見極めて左足の丁寧なシュートを流し込んだ。 前半終盤の連続ゴールによって3点リードで試合を折り返したマドリーは、後半はやや流し気味にプレー。これに対してハーフタイム明けに3枚替えを敢行し、ルーカス・ペレス、ボルハ・サインス、マヌ・ガルシアを投入したホームチームが前半とは打って変わってアグレッシブなプレーを見せ始める。 立ち上がりのホセル、ボルハ・サインスの続けざまの枠内シュートはGKクルトワが好守で凌ぐが、セットプレーからゴールをこじ開けられる。60分、自陣右サイドで与えたFKの場面でキッカーのルーカス・ペレスに左足アウトスウィングの鋭いボールをゴール前に入れられると、これをホセルに打点の高いヘディングで合わせられた。 このゴールによって息を吹き返したアラベスの攻勢に晒され始めたマドリーは63分、アザールを下げてヴィニシウスを最初の交代カードとして投入。この交代直後の65分にはボックス手前でボールを持ったモドリッチが鋭いグラウンダーのミドルシュートを枠に飛ばすが、これはGKパチェコの守備範囲。 その後は一進一退の攻防が続くが、マドリーの見事なカウンターから試合を決定づけるゴールが生まれる。 70分、自陣中央でボールを受けたモドリッチが左サイドに流れて浮いていたベンゼマへ絶妙なミドルパスを通す。そのままボックス付近まで運んだベンゼマがカットインから左斜め45度の得意の角度から正確な右足のシュートをファーポストに突き刺した。なお、これでドブレーテ達成のベンゼマは今季のリーグ戦ゴール数を2桁の大台にのせた。 これで勝利を確信したマドリーベンチはモドリッチ、アセンシオを直後の77分にベンチへ下げてオドリオソラ、イスコの投入で試合を締めにかかる。 試合終盤にかけては互いにゴールチャンスがあったものの、このままスコアは変わらずにタイムアップ。ベンゼマのドブレーテの活躍で指揮官、主将不在の逆境を撥ね退けたマドリーが公式戦4試合ぶりの白星を手にした。 2021.01.24 06:53 Sun
twitterfacebook
thumb

マチン監督解任のアラベス、アベラルド監督の復帰を発表

アラベスは12日、アベラルド・フェルナンデス氏(50)を新指揮官に任命したことを発表した。 アラベスでは同日、ラ・リーガ18試合を消化した時点で4勝6分け8敗で16位に沈んでいたことを受け、パブロ・マチン前監督(45)を解任していた。 現役時代にバルセロナで8年プレーした経歴を持つアベラルド氏は、2017年12月から2019年5月にかけてアラベスを指揮。2017-18、2018-19シーズン、アラベスは1部残留を果たしていた。 直近では2019年12月末にエスパニョールの監督に就任したものの、2020年6月にリーグ戦残り7試合という状況で解任されていた。 2021.01.12 23:40 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、10人のアラベスに一時追いつかれるもスアレスの劇的弾で5連勝を飾る!《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは3日、ラ・リーガ第17節でアラベスとアウェイで対戦し2-1で勝利した。 前節、シメオネ政権下500試合目を勝利で飾った2位アトレティコ(勝ち点35)は、その試合からスタメンを2人変更。フェリックスとサビッチに代えてコレアとホセ・ヒメネスが先発で起用された。 今季わずか4勝の13位アラベス(勝ち点18)に対し、前節のヘタフェ戦と同じ[3-5-2]で試合に臨んだアトレティコは6分、スアレスのパスで左サイドを抜け出したカラスコがボックス左からシュートを放ったが、これは相手GKが難なくキャッチ。 押し気味に試合を進めるアトレティコは、何度もアタッキングサードまでボールを運ぶも集中した守りを見せるアラベス守備陣を前になかなかシュートまで持ち込むことができない。 それでもアトレティコは、得意のカウンターから先手を取る。41分、相手のミスパスを中盤で奪ったスアレスがドリブルで持ち上がると、右サイドを並走したM・ジョレンテに繋ぐと、ペナルティアーク内まで切り込みシュート。これが相手DFに当たり、そのままゴール右隅に吸い込まれた。 後半も主導権を握るアトレティコだが、アタッキングサードでの判断ミスが目立ち、最後のフィニッシュまでいけずにいた。 そんな中60分、アトレティコが数的優位となる。カラスコのワンツーに反応したレルマがラグアルディアと交錯。ラグアルディアの危険なスライディングタックルがレルマの足を直撃しており、VARの末にレッドカードが提示され、退場処分となった。 10人となったアラベスに対し、アトレティコは62分にフェリックスを投入。すると70分、カラスコのパスでボックス左に抜け出したスアレスが決定機を迎えたが、右アウトで狙ったシュートはゴール右に外れた。 追加点の遠いアトレティコは84分に失点する。L・ペレスのパスで左サイドを抜け出したホセルにクロスを入れられると、これがフェリペに当たりゴールネットを揺らした。 不運なオウンゴールで同点を許したアトレティコだったが、すぐに反撃に出る。すると90分、サウールのパスでボックス左深くまで抜け出したフェリックの折り返しをスアレスが流し込み、勝ち越しに成功した。 結局、これが決勝点となりアトレティコが2-1で勝利。5連勝を飾ったアトレティコが首位をキープしている。 2021.01.04 02:23 Mon
twitterfacebook
thumb

乾先発のエイバル、アラベスとの下位対決を逆転負け《ラ・リーガ》

エイバルは23日、ラ・リーガ第15節でアラベスとのアウェイ戦に臨み、1-2で逆転負けした。エイバルのMF乾貴士は60分までプレーし、FW武藤嘉紀は負傷欠場となった。 前節レアル・マドリー戦を1-3と敗戦して3試合勝利がない14位エイバル(勝ち点15)は、武藤が負傷欠場となった中、乾が[4-2-3-1]のトップ下で先発となった。 17位のアラベス(勝ち点15)に対し、エイバルは開始5分に先制する。左CKからペドロ・レオンが直接蹴り込んだ。 さらに16分には追加点のチャンス。相手のバックパスをカットしたキケ・ガルシアがGKと一対一に。しかしシュートを決めきれない。さらに21分、乾がボックス左からカットインシュートを狙ったが、枠を捉えきれなかった。 すると前半終盤、アラベスの反撃を受ける。まずは41分、ロングカウンターを受けてE・メンデスに同点弾を奪われると、追加タイムにはデイベルソンにゴールを許して1-2と逆転されて前半を終えた。 迎えた後半、反撃に出たかったエイバルだったが、流れを引き寄せられずに時間が過ぎる。60分に乾がピッチを後にして以降も、なかなかチャンスを作れずにいたエイバルは79分にピンチ。 だが、ホセルのシュートはポストを叩いて助かった。しかし、後半にゴールに迫るシーンを生み出せなかったエイバルは1-2で逆転負け。4戦勝ちなしとなった。 2020.12.24 07:56 Thu
twitterfacebook
thumb

アラベスのブラジル人DFエリーが左ヒザ前十字靭帯断裂

アラベスは21日、ブラジル人DFロドリゴ・エリー(27)が左ヒザ前十字靭帯を断裂したことを発表した。 エリーは20日に行われたラ・リーガ第14節セルタ戦で先発していたが、40分に交代していた。 2017年にミランからアラベスに加入し、主力センターバックとして活躍しているエリー。今季はラ・リーガ8試合に出場して1ゴールを記録していた。チームは現在17位と残留を争うことが濃厚だが、重要な戦力を失うこととなった。 なお、全治までの期間は発表されていないが、一般的には半年程度かかることが見込まれる。 2020.12.21 23:30 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly