“神”であり続ける秘訣はこの柔軟さ? イブラヒモビッチ“らしい”ウォームアップに注目集まる

2021.01.12 19:01 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
9日に行われたセリエA第17節のトリノ戦で、約2カ月ぶりの実戦復帰を果たしたミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチだが、完全復活と言っていいようだ。イブラヒモビッチは、昨年11月22日に行われたセリエA第8節のナポリ戦で左太ももを負傷。12月中旬には一度全体練習に合流したものの、その際にヒラメ筋を痛め、再び戦列を離れていた。

◆9年前のイブラヒモビッチがミランで決めたFK (アップは記事下部)

トリノ戦では、85分からの途中出場となったイブラヒモビッチだが、出場前のウォーミングアップでは、故障明けということもあり、入念に体を温めていた。

『beIN SPORTS』のカメラが抜いたのは、74分あたりにピッチサイドでアップを始めたイブラヒモビッチの姿。近くにいたスタッフの左肩に手を置くと、スタッフには何も言わずに右足を思い切り上げ、スタッフの頭の上を通した。

さらに、スタッフが異変に気が付くも、イブラヒモビッチは反対側からもう一発。スタッフが特に怒ったりしないことからも、こういった光景は日常茶飯事なのだろうか。

イブラヒモビッチはテコンドー経験者ということもあり、以前からその柔軟性に定評があったが、39歳になっても衰えていないようだ。

イブラヒモビッチはここまでセリエA得点ランキング4位の10ゴールを記録。セリエA首位に立つミランのなかで抜群の存在感を放っている。

◆イブラヒモビッチの柔軟すぎかつ怖すぎるウォーミングアップ
コメント
関連ニュース
thumb

ミラン、トリノからフランス人MFメイトを買取OPで獲得!

ミランは15日、トリノから元U-20フランス代表MFスアリオ・メイテ(26)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。期間は2021年6月30日までとなり、背番号は「18」を着用する。 オセールの下部組織で育ったメイテは、2011年7月にファーストチーム昇格を果たすと、リールやズルテ・ワレヘム、モナコ、ボルドーでプレーした後、2018年7月にトリノへ完全移籍で加わった。 加入初年度から屈強なフィジカルを活かしたボール奪取を武器に主力の座を射止め、在籍2年半で公式戦通算94試合に出場して3ゴール7アシストを記録。しかし、移籍の憶測が飛び交うようになり、今年に入ってからは欠場が続いていた。 なお、イタリア『スカイ』によれば、ミランが買い取りオプションを行使した場合は最大1000万ユーロ(約12億5000万円)の取引になると伝えている。 2021.01.16 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒが逸材CBシマカン巡るミランとの争奪戦に勝利か?

RBライプツィヒがストラスブールに所属するU-20フランス代表DFモハメド・シマカン(20)の獲得に迫っているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 ギニア人の両親の下、マルセイユで生まれ育ったシマカンは2019年7月にストラスブールでトップチームデビュー。187cmの長身に加え、右サイドバックでもプレー可能なスピードを兼備するアスリート型のセンターバックで、一対一に無類の強さを見せる若き守備者だ。また、プレー判断や左足の精度には大いに課題を残すものの、ビルドアップの局面でも貢献できるセンターバックだ。 現在、ヒザを痛めているものの、今季リーグ・アンで19試合に出場し、印象的なパフォーマンスを継続するシマカンに対しては以前からミランが強い関心を示しており、有力な新天地候補に挙がっていた。 だが、『スカイ』やフランスメディアが伝えるところによれば、ここに来てライプツィヒ移籍の可能性が高まっているようだ。 現在、ライプツィヒはストラスブールに対して公式なオファーは掲示していないが、シマカン本人と個人間で合意に至った模様。また、ライプツィヒは今冬に獲得を決めた後、シーズン終了まではレンタルバックという形でストラスブールに残留させることを検討しているという。 伸びしろ十分のフランス人DFは、来夏ライプツィヒを去ることが決定的と見られるフランス代表DFダヨ・ウパメカノの後釜に座ることになるのか…。 2021.01.16 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチ、契約更新の可能性は?「すべてがオープン」

ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(39)が、契約延長について言及している。 昨年1月にミランに復帰し、その溢れるリーダーシップと衰えない得点能力で、かつての輝きを取り戻さんとするクラブに活力を与えたイブラヒモビッチ。今季はここまでケガで公式戦の大半を欠場しながらも、リーグ戦では7試合で10ゴールを記録し、首位を走るミランの好調を支えている。 そうなると気になるのは今季以降の去就について。現状では今年6月に契約切れとなるが、ミランとしてはプレー面以外でも影響力のあるこの男には残ってもらいたいところだろう。 少なくとも現在のレベルを維持できる限りは慰留に努めるはずだが、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』のインタビューに答えたイブラヒモビッチは、どの可能性も除外しないと話した。 「体が言うことを聞く限り、俺は先に進み続ける。6月に切れる契約についてはクラブと話し合っている。行き止まりの状況に陥りたくなかったし、クラブもそうだった。それが最初に6カ月の契約にサインし、それから更新に至った理由だ」 「俺は選択の自由を求めている。家族をミラノに連れて来るかもしれない。どんな可能性も除外しない」 2021.01.15 20:07 Fri
twitterfacebook
thumb

元ミラン会長のベルルスコーニ氏が心臓の問題で緊急入院…現時点で命に別条なし

イタリアの元首相であり、かつてミランの会長も務めたシルヴィオ・ベルルスコーニ氏(84)が心臓の問題によってモナコの心臓病センターに緊急入院したことがわかった。同氏が所属する政党フォルツァ・イタリアのスポークスマンがフランス『AFP通信』に語った。 現在、セリエBのモンツァのオーナーを務めるベルルスコーニ氏は、南フランスのニース近郊のヴァルボンヌにある娘マリーナさんの自宅に滞在していた際、心臓の問題によって体調が悪化。そして、11日に主治医を務めるアルベルト・ザングリーロ医師が同氏のもとに駆け付けると、不整脈が確認されたという。 当初はイタリアで検査、治療を行うことを検討していたが、移送のリスクを考慮し、モナコの心臓病センターに緊急入院することになった。 ただ、現時点で命に別条はなくベルルスコーニ氏は数日中にイタリアに帰国し、更なる検査を受けることになるようだ。 なお、ベルルスコーニ氏は昨年9月に新型コロナウイルスに感染し、11日間の入院を余儀なくされていた。 2021.01.15 02:30 Fri
twitterfacebook
thumb

マンジュキッチ獲得に向けて首位のミランが動く

元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(34)の獲得にミランが動いているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じた。 報道によると、ミランはケガで先日まで離脱しており、39歳という年齢も気になる元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチに代わる選択肢をステファノ・ピオリ監督に与えることを検討。すでに交渉をスタートしていると報じられている。 <div id="cws_ad">◆マンジュキッチのユベントスのラストゴール!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJiZ29ZZkRDMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ディレクターのパオロ・マルディーニ氏とフレデリック・マサラ氏がマンジュキッチに給与を提示し、合意に向けて動いているとのことだ。 マンジュキッチは2020年1月にユベントスを退団。カタールのアル・ドゥハイルへと完全移籍。アル・ドゥハイルでは7試合で1ゴールの成績を残していたが7月に退団していた。 セリエAではユベントスで118試合に出場し、31ゴール13アシストを記録。ミランとしては補強できれば大きな力となるが、どうなるだろうか。 2021.01.14 20:40 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly