“神”であり続ける秘訣はこの柔軟さ? イブラヒモビッチ“らしい”ウォームアップに注目集まる

2021.01.12 19:01 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
9日に行われたセリエA第17節のトリノ戦で、約2カ月ぶりの実戦復帰を果たしたミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチだが、完全復活と言っていいようだ。イブラヒモビッチは、昨年11月22日に行われたセリエA第8節のナポリ戦で左太ももを負傷。12月中旬には一度全体練習に合流したものの、その際にヒラメ筋を痛め、再び戦列を離れていた。


◆9年前のイブラヒモビッチがミランで決めたFK (アップは記事下部)

トリノ戦では、85分からの途中出場となったイブラヒモビッチだが、出場前のウォーミングアップでは、故障明けということもあり、入念に体を温めていた。

『beIN SPORTS』のカメラが抜いたのは、74分あたりにピッチサイドでアップを始めたイブラヒモビッチの姿。近くにいたスタッフの左肩に手を置くと、スタッフには何も言わずに右足を思い切り上げ、スタッフの頭の上を通した。

さらに、スタッフが異変に気が付くも、イブラヒモビッチは反対側からもう一発。スタッフが特に怒ったりしないことからも、こういった光景は日常茶飯事なのだろうか。

イブラヒモビッチはテコンドー経験者ということもあり、以前からその柔軟性に定評があったが、39歳になっても衰えていないようだ。

イブラヒモビッチはここまでセリエA得点ランキング4位の10ゴールを記録。セリエA首位に立つミランのなかで抜群の存在感を放っている。

◆イブラヒモビッチの柔軟すぎかつ怖すぎるウォーミングアップ
関連ニュース
thumb

ミラン加入も負傷で戦列を離れていたマンジュキッチ、3月分の給料返上

ミランの元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチが、3月分の給料を返上したようだ。イタリア『ANSA』が報じている。 アル・ドッゥハイルを退団後、1月にミランに加入したマンジュキッチだったが、足の筋肉を痛めて2月下旬から4月の頭まで欠場が続いていた。 『ANSA』によればマンジュキッチは負傷によりチームに貢献できなかったため、給料の返上を申し出たとのことだ。ミランはこのマンジュキッチの申し出を受け、その給料を慈善団体に寄付することを明かしている。 ミランは公式サイトにて「マンジュキッチの倫理観やプロ意識、ミランへのリスペクトを示すものだ。クラブとしては経済的に脆弱な状況にある若者を支援するため寄付することにした」と声明を発表している。 2021.04.17 00:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランが今季で契約の切れるインテルDFダンブロージオを獲得か

ミランがインテルのイタリア代表DFダニーロ・ダンブロージオ(32)の獲得に動いているようだ。イタリア『SportItalia』が報じている。 今季でインテルとの契約が切れるダンブロージオ。そのダンブロージオに対し、インテルは1年延長のオファーをする準備があるようだが、ミランは2年契約を提示することで獲得に迫ろうとしているとのことだ。 2014年1月にトリノからインテルに加入したダンブロージオは、左右のウイングバック、センターバック等、複数ポジションをこなせるユーティリティ性を武器に、これまでインテルで公式戦229試合に出場して20ゴール17アシストを記録している。 2021.04.16 23:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ボローニャ冨安健洋にミランが再び?

ボローニャの日本代表DF冨安健洋(22)に対して、再びミランの関心が浮上した。 これを報じたのはイタリア『カルチョメルカート』。ミランは来季に向けて、ボローニャでプレーする3選手を注視しており、MFマティアス・スベンベリ、FWリッカルド・オルソリーニとともに、冨安にも興味を示しているというのだ。 冨安は2018年1月にアビスパ福岡からシント=トロイデンに移籍後、2019年夏からボローニャでプレー。移籍2年目の今季もセンターバックだけでなく、サイドバックもこなしてみせ、シニシャ・ミハイロビッチ監督からの信頼も厚い。 そんな冨安を巡っては昨夏にもミランの関心が…。昨年9月にスポーツディレクター(SD)を務めるパオロ・マルディーニ氏がアプローチを試み、うまくいかなかったとされるミランだが、今夏に再びアタックする可能性があるという。 マルディーニSDはボローニャのリッカルド・ビゴンSD、幹部のマルコ・ディ・ヴァイオ氏と数週間のうちに会談できるよう調整を図っている模様。冨安とスベンベリの獲得にそれぞれ少なくとも移籍金2000万ユーロ(約26億円)が必要とされる。 ミランにとっても決して安くない買い物になるため、MFイェンス・ペッター・ハウゲら若手をボローニャに貸し出すという案が浮上しているようだ。 なお、ミランは現在、セリエA2位につけており、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場も視野に。冨安にとっても、ミラン行きとなれば、キャリアのステップアップになるが、果たして。 2021.04.16 14:45 Fri
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチに人種差別的な侮辱発言、ツルヴェナ・ズヴェズダに罰金と無観客試合の処分

ツルヴェナ・ズヴェズダが、人種差別的な侮辱行為と新型コロナウイルス(COVID-19)のプロトコル違反により欧州サッカー連盟(UEFA)から処分を受けることとなった。イタリア『スカイ』が報じた。 事件が起こったのは2月にベオグラードで行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・1stレグのツルヴェナ・ズヴェズダvsミランの一戦。この試合で、スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチに対し、人種差別的な侮辱があったとされている。 この試合ではベンチスタートとなったイブラヒモビッチは、スタンドで試合を観戦。この試合は無観客で行われていたが、試合中に何者かがイブラヒモビッチに対して侮辱的な発言をすることが確認されたとのことだ。 イブラヒモビッチの両親は、ボスニア・ヘルツェゴビナとクロアチアの出身であり、セルビアと同じバルカン半島出身の両親のルーツをめぐる差別発言があったとのことだ。 UEFAの懲戒委員会は、この件に関して人種差別的な侮辱と、挑発的で攻撃的な詠唱があったことを確認したとのことだ。 なお、これによりUEFA主催の次のホームゲームが無観客試合になるほか、1年間の執行猶予付きでもう1試合が密室になる可能性が残るとのこと.。罰金も2万5000ユーロ(約325万円)を科す事に決定した。 さらに、一部のファンを受け入れ、ソーシャル・ディスタンスを徹底しなかったこともあり、新型コロナウイルスのプロトコル違反として5000ユーロ(約65万円)の罰金が科されることとなる。 2021.04.15 18:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ミランのCL復帰に意気込み見せるレオン「ベストを尽くせば目標達成に貢献できる」

ミランのU-21ポルトガル代表FWラファエル・レオンが、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目指している。イタリア『スカイ』が伝えた。 ミランは今シーズン序盤から好調を維持しており、開幕15試合無敗を達成。一時は10シーズンぶりのスクデット獲得も期待されていたが、年明けから失速すると現在は首位インテルに11ポイント差を付けられている。 スクデット獲得こそ難しくなった一方で、現在リーグ2位のミランは開幕前に目標としていた来シーズンのCL出場権獲得に向け有利な立場に。しかし、5位ナポリとの勝ち点差は「4」となっており、油断できない状況が続いている。 こうした状況で18日に行われるセリエA第31節のジェノア戦では、大黒柱のFWズラタン・イブラヒモビッチが出場停止。今シーズン公式戦33試合出場7ゴール5アシストを記録しているレオンには、エースの穴を埋める活躍が期待されている。レオン本人も『スカイ』のインタビューに応じた際、チームを助ける働きがしたいと意気込みを見せた。 「ピッチの内外問わず、イブラ(ズラタン・イブラヒモビッチ)が僕らにとって非常に重要な選手であることは皆が知っている。そして、彼は確かに日曜日の試合にはいない。でも、違いを生み出すことができる選手は他にもたくさんいるんだ」 「僕にとって大事なのはチームを助けること、そしてベストを尽くすことだ。できれば、ゴールやアシストをしたいね。それが僕のいつも心がけていることだ。プレーする機会があれば、常にベストを尽くすようにしているよ」 また、レオンはチームがトップ4確保を目指すのに全力を尽くしているとコメント。同時に、ミランはCLでプレーするのに相応しいクラブだとも語っている。 「僕らはトップ4に入りたいと思っており、そのためこのシーズン終盤が非常に重要になるのは明らかだ。僕もベストを尽くせば、なんとかミランの目標達成に貢献できると思う」 「僕たちは皆、高い目標を持っている。なぜならミランは素晴らしいクラブであり、CLに復帰するに値すると思うからだ」 2021.04.14 17:50 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly