去就不透明のエジル、移籍先と目されるフェネルバフチェへの愛語る「ファンとして育った」

2021.01.12 16:04 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナル所属の元ドイツ代表MFメスト・エジル(32)が移籍の噂されるフェネルバフチェへの愛を語った。

長年にわたり、アーセナルの司令塔に君臨してきたエジルだが、2019年12月から指揮を執るミケル・アルテタ監督の信頼を掴めず、今季に入ると、プレミアリーグとヨーロッパリーグ(EL)の登録メンバーからも外され、完全なる構想外に。自身がファンであるのを公言するフェネルバフチェや、アメリカのDCユナイテッドといったクラブが移籍先候補として取り沙汰されている。

そんなエジルが自身のツイッター(@MesutOzil1088)を介して、ファンとのQ&Aを実施。「なぜフェネルバフチェを好きになり、ファンになったのはどうして?」という質問に対して、自身のルーツが関係していると語った。

「僕はドイツで、子供の頃からフェネルバフチェのファンとして育った。ドイツ系トルコ人は皆、ドイツで育つと、トルコのチームを応援する。僕の場合はそれがフェネルバフチェだったんだ。フェネルバフチェはスペインのレアル・マドリーのようなものなんだ。国内最大のクラブだよ」

また「アーセナルでプレーするのは楽しい?」という質問にも「もちろんだよ」と返答。良いプレーをできていたが、昨シーズンの新型コロナウイルス流行による中断期間で多くが変わってしまったと語った。

「これまでにも多くの浮き沈みはあったが、全ての面でアーセナル加入の決断を後悔したことはない」

「そして正直なところ、去年2月と3月のコロナブレイク前最後の2、3試合は本当に楽しかった。しかし、コロナブレイク後は残念ながら状況が変わってしまったんだ」

コメント
関連ニュース
thumb

前回大会王者のアーセナルが早くも敗退…セインツがウルブス待つ5回戦へ《FAカップ》

FAカップ4回戦、サウサンプトンvsアーセナルが23日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、1-0で勝利したサウサンプトンが5回戦進出を決めた。 前回大会王者のアーセナルは3回戦で同じプレミアリーグ勢のニューカッスルを破って順当に4回戦へ駒を進めた。現在、公式戦5勝1分けと好調を維持するチームは直近のリーグ戦から先発7人を変更。GKレノ、ホールディング、セドリック、ジャカが継続起用も、前線はウィリアン、マルティネッリ、ペペ、エンケティアとフレッシュなメンバーが起用された。 3日後にリーグ戦での対戦を控えるリーグ中位同士の対戦。立ち上がりは前から圧力をかけたホームチームが押し込む入りをみせ、続けてセットプレーから相手守備をけん制。さらに、14分にはウォルコットのパスに抜け出したチェ・アダムスがボックス右からシュートを放つが、これはGKレノの好守に阻まれた。 その後はアーセナルがやや盛り返して拮抗した展開となるが、サウサンプトンが一瞬の隙を突いて先制に成功する。24分、相手陣内中央でウォード=プラウズがキープして右サイドを駆け上がるウォーカー=ピータースにボールを繋ぐと、元スパーズDFの鋭いグラウンダーのクロスがDFガブリエウのオウンゴールを誘った。 幸先よく先制に成功したサウサンプトンはこの勢いのままアーセナルを押し込んで再三のシュートチャンスに繋げていくが、イングスやウォード=プラウズのシュートは枠を捉え切れない。 一方、ホームチームの強度の高い守備に手を焼くアーセナルはなかなか相手の深い位置までボールを運ぶことができず、シュートチャンスはセットプレーの流れに限られた。 結局、サウサンプトンの1点リードで折り返した試合は後半もホームチームが優勢に試合を運んでいく。 なかなか流れの中で決定機まで持ち込めないアウェイチームは58分、マルティネッリとエルネニーを下げてトーマスとサカの主力を同時投入。この交代で攻撃にリズムが出始めると、68分にはペペのスルーパスに抜け出したエンケティアにボックス内で絶好の同点機も、ここはGKフォースターの好守に遭う。 その後、ベジェリンに代えてラカゼットを投入し、サカを左サイドバックでプレーさせる攻撃的な布陣に変更したアーセナルは、過密日程で足が止まり始めたホームチームを完全に押し込む。 だが、スミス=ロウら一部主力の不在で最後のアイデア、精度を欠くアーセナルの攻撃は専守防衛の構えを見せるサウサンプトンの堅守をこじ開けることができず。試合終了間際にはボックス内で再びエンケティアにシュートチャンスが訪れたものの、ここでもシュートを枠に飛ばせず。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、公式戦7戦ぶりの敗戦を喫した前大会王者のアーセナルが早くも4回戦で姿を消すことに。一方、リーグ戦前哨戦を勝利で飾ったサウサンプトンは、ウォルバーハンプトンが待つ5回戦進出を決めた。 2021.01.23 23:19 Sat
twitterfacebook
thumb

アルテタ監督、エジルらの退団方法に「2度とこの立場にはなりたくない」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、構想外となった選手の退団方法について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 アーセナルは、今季プレミアリーグとヨーロッパリーグ(EL)の登録から外れ、完全なる構想外となった元ドイツ代表MFメスト・エジルが早期契約解除によるフェネルバフチェ移籍が決定的な状況にある。さらに、同様に戦力外となっていたギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスとも20日に契約解除に至っている。 以前にもアーセナルでは、MFアーロン・ラムジーが契約満了でユベントスへのフリー移籍を許し、半年後に契約切れを迎えるFWアレクシス・サンチェスとMFヘンリク・ムヒタリアンをトレードをした過去がある。アルテタ監督は今回のエジルの件も含めて、こうした状況は今後避けるべきだと述べた。 「2度とこの立場にはなりたくない。それは確かだ。選手のためにも、クラブのためにもならない。しかし、こういった状況はどのクラブでも起こっている」 「それを可能な限り防ぐためにコミュニケーションをオープンにしておく必要があると思う。もしも起こってしまった場合は、直ちに決断をして、うまくいっていない状況を先延ばしにしてはいけない」 2021.01.23 17:04 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ティアニーのバックアッパー探しへ 本命はセインツのバートランドか

アーセナルが、スコットランド代表DFキーラン・ティアニーのバックアッパーを探し始めたようだ。 ティアニーは2019年夏にスコットランドから加入。1年目はケガの影響で真価を発揮できなかったが、万全の状態で臨む今季は、ここまで半分を終えたリーグ戦では欠場した2試合を除いて17試合で先発出場しており、不動の左サイドバックとしての地位を築いている。 しかし、今冬の移籍市場でDFセアド・コラシナツが古巣シャルケにレンタル移籍したチームには純粋な左サイドバックはティアニーしかおらず、昨季はMFブカヨ・サカが不在をカバーしていたが、今季は本来の1列や2列前で活躍中で、攻撃的な選手をサイドバックで起用するのはもったいないというのが正直なところ。 イギリス『talkSPORT』は、そんなアーセナルが新たな左サイドバックの補強に動いていると報道。その候補の一人となっているのが、サウサンプトンのイングランド代表DFライアン・バートランド(31)だ。チェルシーから加入したバートランドは、クラブで公式戦224試合に出場する主力中の主力。セインツには売却の意思はないと見られているが、契約切れが半年後に迫っていることが弱点になるのではないかと推測されている。 また、その他にクリスタル・パレスのイングランド人DFテイリック・ミッチェルにも触手を伸ばしている模様。同クラブの下部組織出身で、今季はリーグ戦10試合に出場中。『Transfermarkt』によると、現行契約は2021年6月までとなっているが、イギリス『イブニング・スタンダード』は、実際はより長い契約を結んでいると予想しており、他クラブからの関心もあることから、簡単な交渉にはならないと見ている。 2021.01.23 16:22 Sat
twitterfacebook
thumb

移籍要求のウーデゴール、アーセナルにレンタル加入へ!

レアル・マドリーのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(22)のアーセナル移籍が決定的となったようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えている。 昨シーズンににレンタルで加入したソシエダで輝きを取り戻し、今季はマドリーでの挑戦を決めたウーデゴールだが、ここまでラ・リーガ7試合、チャンピオンズリーグ2試合の出場に不満を募らせ、再レンタルを希望していると報じられていた。 移籍先として古巣のソシエダが有力候補として挙げられていたが、同じくアプローチをかけていたアーセナルにレンタルで加入することになりそうだ。 以前にオファーを一度失敗していたというアーセナルだが、この度、半年契約でマドリーと合意に漕ぎ着けた模様。マドリーは将来的にウーデゴールがトップチームに定着することを望んでいるため、今回の移籍には買い取りオプションは付かないようだ。 2021.01.22 20:55 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルがオーストラリア代表正守護神のGKライアンをブライトンからレンタル

アーセナルは22日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンのオーストラリア代表GKマシュー・ライアン(28)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 レンタル期間はシーズン終了まで。背番号は「33」をつける。 ライアンはセントラルコースト・マリナーズから2013年7月にベルギーのクラブ・ブルージュへ完全移籍。その後、バレンシアやヘンクでプレーした。 2017年7月にブライトンへと完全移籍で加入。ブライトンでは公式戦123試合に出場していた。 プレミアリーグでも121試合に出場しているライアンは、今シーズンも11試合に出場。しかし、12月13日のレスター・シティ戦を最後にメンバーから外れて欠場していた。 また、オーストラリア代表としても58試合に出場。2014年のブラジル・ワールドカップ、2018年のロシア・ワールドカップと2大会で6試合に出場していた。 ミケル・アルテタ監督はライアンについて「最近のシーズンのブライトンでのパフォーマンスをよく知っている。彼はチームにさらにあるクオリティをもたらすだろう」とコメント。「プレミアリーグでの経験が非常に豊富で、リーグで100試合以上プレーしている。ピッチ内外で大きなメリットがある。マットをアーセナルに歓迎し、今シーズン彼と共に働くことを楽しみにしている」と歓迎した。 2021.01.22 20:17 Fri
twitterfacebook