吉田フル出場のサンプドリア、敵地でスペツィアに敗れ連勝ならず…《セリエA》

2021.01.12 06:59 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
吉田麻也の所属するサンプドリアは11日、セリエA第17節でスペツィアとアウェイで対戦し1-2で敗戦した。吉田はフル出場している。前節、2位インテルを相手に2-1で勝利した11位サンプドリア(勝ち点20)は、その試合から先発を2人変更。吉田は4試合ぶりのセンターバック起用となった。

前節のナポリ戦で9試合ぶりの勝利を飾った15位スペツィア(勝ち点14)に対し、サンプドリアは先制を許す。20分、ショートコーナーの流れからバイタルエリア手前でパスを受けたアグメがボックス内にロングパスを供給。これをゴールエリア左手前のシャボットが頭で折り返すと、最後はゴール前のテルツィが押し込んだ。

先手を取られたサンプドリアだが、24分にロングカウンターから同点に追い付く。自陣でボールをカットしたカンドレーバがロングパスを送ると、ケイタ、ダムスゴーアと繋ぎ、最後は左サイドでパスを受けたヤンクトのクロスをファーサイドに駆け上がったカンドレーバが右足ボレーで叩き込んだ。

同点に追い付いたサンプドリアは、27分にセットプレーからピンチを迎える。エステベスの右CKからポベガにヘディングシュートを許したが、これはゴール左に外れ、難を逃れた。

1-1で迎えた後半は、一進一退の展開が続いたがサンプドリアは60分に勝ち越しを許す。右サイドを突破したビグナリのクロスをクリアしようとしたトールスビーがボックス内でポベガを押し倒してしまいPKを献上。このPKをエヌゾラに決められた。

その後、サンプドリアはクアリアレッラやヴェッレ、ガストン・ラミレスら攻撃陣を投入し反撃を試みる。すると試合終了間際の92分、左サイドで獲得したFKからガストン・ラミレスがクロスを供給。これをニアの吉田が頭で合わせたが、シュートはゴール左に外れた。

結局、最後まで同点ゴールをことができなかったサンプドリアは、そのまま1-2で敗戦した。
コメント
関連ニュース
thumb

サンプドリア、主力MFエクダルと2022年まで契約延長

サンプドリアは21日、スウェーデン代表MFアルビン・エクダル(31)と2022年6月まで契約を延長したことを発表した。 かつてユベントスに在籍していたセントラルMFのエクダルは、2018年夏にハンブルガーSVからサンプドリアに加入。移籍初年度から主力として活躍し、これまでサンプドリアで公式戦84試合に出場している。 今季もセリエAで16試合に先発し、2ゴール1アシストと欠かせない戦力となっている。 2021.01.22 01:00 Fri
twitterfacebook
thumb

“デンマークのアザール”ダムスゴーアが、単独で右サイドを攻略して決めた見事なアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はサンプドリアのデンマーク代表MFミッケル・ダムスゴーアが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ダムスゴーアの圧巻の単独突破<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJLcHZTeFhybCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> デンマークの名門ノアシェランの下部組織で育ったダムスゴーアは、2017年に弱冠17歳でファーストチームデビュー。若くしてブレイクを果たすと、2020年夏から、日本代表DF吉田麻也も所属するサンプドリアに加入している。 鋭いドリブルと繊細なボールタッチを武器としており、“デンマークのアザール”とも呼ばれるダムスゴーアだが、2021年1月6日に行われたセリエA第16節のインテル戦では、見事な単独突破からアシストを記録している。 1-0とサンプドリアリードの38分、センターサークル右でダムスゴーアにボールが入る。すると、素早く前を向いたダムスゴーアがドリブルを開始。急加速で相手を置き去りにすると、最終ラインのDFに対しても裏街道で鮮やかに抜き去る。そのままボックス右深部まで侵入し、鋭いグラウンダーのボールを入れると、FWケイタ・バルデがこのパスに右足のシュートを合わせ、見事な追加点を奪った。 試合はこの後、インテルが1点を返したものの2-1でサンプドリアが逃げ切り勝利を収めている。 2021.01.19 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表DF吉田麻也がサンプドリアと契約延長、2022年6月までサイン

サンプドリアは18日、日本代表DF吉田麻也(32)との契約延長を発表した。吉田は2022年6月30日までの契約を結んだ。 名古屋グランパスでプロキャリアをスタートさせた吉田は、2010年1月に海を渡りオランダのVVVフェンロへと完全移籍した。 オランダで着実に力をつけると、2012年8月にはサウサンプトンへ完全移籍。現在はリバプールでプレーするオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクや元ポルトガル代表DFジョゼ・フォンテなどとポジションを争う中、プレミアリーグで154試合に出場し6ゴール4アシストを記録。公式戦では194試合で9ゴール4アシストを記録した。 しかし、2019-20シーズンはなかなか出場機会が巡ってこない時期もあり、1月にサンプドリアへとレンタル移籍。自身初のイタリアでのプレーとなったが、セリエAで14試合に出場していた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmd2VXd1owcyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> シーズン終了後にレンタル期間が満了したものの、2020-21シーズンもサンプドリアに残留。今シーズンはセンターバックのほか、右サイドバックでもプレー。ここまでセリエAで15試合に出場し1アシスト。コッパ・イタリアでも2試合でプレーしていた。 2021.01.18 22:17 Mon
twitterfacebook
thumb

アタランタの躍進を支えるエース、サパタがサンプドリア時代に決めたクラブ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はアタランタのコロンビア代表FWドゥバン・サパタがサンプドリアで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆サパタのサンプドリア初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJUQnVzSWRHbSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2013年夏にナポリに加入したサパタは、ウディネーゼでのプレーを経て、2017年夏にサンプドリアに加入。その後近年躍進を見せるアタランタに移籍し、得点源として活躍している。 サンプドリアでは公式戦32試合で11ゴールという数字を残しているが、その記念すべき初ゴールは、2017年9月17日に行われたセリエA第4節のトリノ戦で決めたゴールだった。 試合開始直後の1分、カウンターからサンプドリアがチャンスを作ると、左サイドのスペースに抜け出したMFガストン・ラミレスが中央に鋭いクロスを入れる。このパスをゴール前で収めたサパタは、コンパクトな振りから強烈なシュートをニアポストに沈め、いきなりの先制ゴールを挙げてみせた。 先手を取ることに成功したサンプドリアだったが、その後打ち合いとなり、試合は2-2のドローに終わっている。 2021.01.17 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

「常に正確に対応」守備で勝利に貢献のDF吉田麻也に現地も高評価「値千金のブロック」

サンプドリアの日本代表DF吉田麻也が、現地で高く評価されている。 16日に行われた、セリエA第18節でウディネーゼをホームに迎え、2-1で逆転勝利したサンプドリア。吉田はフル出場を果たした。 2試合連続でセンターバックとして起用された吉田は、ウディネーゼの攻撃にさらされる中でしっかりとプレー。1失点を喫したものの、チームの勝利に貢献していた。 イタリア『Tuttomercatoweb』の選手採点(10点満点)では、GKエミール・アウデーロと1ゴールを記録したMFアントニオ・カンドレーバがチーム最高の「7点」を獲得した中、吉田は「6.5点」を獲得した。 吉田のプレーについては「ウディネーゼの攻撃陣に多くの仕事を与えられたが、常に正確に対応し、最終ラインから組み立ても行なっていた」と評価。またウディネーゼのFWケビン・ラザーニャとのマッチアップについても「前半はラザーニャをよく抑えていた」と評価した。 また、イタリア『カルチョ・メルカート』の選手採点(10点満点)でも「6.5点」を獲得。「至近距離のシュートを値千金のブロック」と評価。「MFロドリゴ・デ・パウルのゴールでは少しやられたが、ゴールは彼のせいではない」とし「最後に大きく立ちはだかった」と高い評価を下した。 2021.01.17 11:30 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly