3位ローマと2位インテルは痛み分け! これで直近の対戦6戦連続ドロー決着に《セリエA》

2021.01.10 22:35 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第17節、ローマvsインテルが10日にスタディオ・オリンピコで行われ、2-2のドローに終わった。
 
現在、3位のローマ(勝ち点33)は前節にクロトーネを相手にマジョラルのドッピエッタの活躍などで3-1の快勝を収めた。今季初の4連勝での2位浮上を目指すホームでのビッグマッチではクロトーネ戦で温存したジェコ、ペッレグリーニ、ヴェレトゥが先発に戻ったほか、負傷明けのスピナッツォーラが4戦ぶりの復帰を果たした。
 
一方、前節サンプドリアに1-2で競り負けてリーグ連勝が8試合でストップした2位のインテル(勝ち点36)は、前日に首位のミランが勝利したことで勝ち点差が「4」に開いており、悲願のスクデット獲得に向けて勝ち点3奪取が至上命令となった。前節からはガリアルディーニ、ヤング、サンチェスに代えてビダル、ダルミアン、ルカクを起用し、対戦相手同様にベスト布陣で臨んだ。
 
ボランチの一角のヴェレトゥをアンカーのブロゾビッチにマンマーク気味に付けるなど、ホームのローマが人を掴みに行く形の守備でインテルの後方からのボール回しに強く制限をかける攻撃的な入りを見せる。また、ビルドアップの局面ではボランチの一枚を3バックに落とす形で変化を付けた。9分には右サイドのスペースに飛び出したカルスドルプから際どいクロスが上がるも、ここはGKハンダノビッチの対応に遭う。
 
一方、様子見の入りとなったインテルだが、機動力のある2トップを背後に走らせる形の攻めで徐々に攻撃の形を作り出す。12分、ハキミからの縦パスに抜け出したラウタロ・マルティネスがボックス右で仕掛けてニア下を狙う右足のシュートを放つ。このプレーで得た右CKの二次攻撃からラウタロのクロスをゴール前でフリーのルカクがヘディングシュートも、ここはGKパウ・ロペスの圧巻のワンハンドセーブに阻まれる。さらに、相手GKのミスパスを奪ってのショートカウンターから再びルカクにシュートチャンスも、ここはDFスモーリングのブロックに阻まれた。
 
この連続での決定機をキッカケにインテルが一気にペースを掴みかけるが、直後にローマの見事なカウンターが発動する。17分、自陣左サイドでバレッラからボールを奪ったヴェレトゥがそのままドリブルで相手ボックス付近まで運ぶ。ここでムヒタリアンを経由した短いパスがペナルティアーク右のペッレグリーニに渡ると、ペッレグリーニの右足のシュートがDFバストーニの足にディフレクトしゴール左下隅の完璧なコースに決まった。
 
ホームチームの早い時間帯の先制点により、試合はここからよりオープンな展開に。先制して勢いに乗るローマは以降も得意のカウンターを繰り出すと、23分には波状攻撃からヴェレトゥが強烈なミドルシュートを枠に飛ばすが、ここはGKハンダノビッチがビッグセーブ。対するインテルは27分にハキミとのパス交換でボックス中央に侵入したビダルに絶好機も、ここは右足のシュートを枠の右に外してしまう。
 
その後、30分過ぎに足を痛めたダルミアンがプレー続行不可能となり、ヤングの緊急投入を余儀なくされたインテルは前半終盤にかけて押し込む展開に持ち込む。だが、最後の場面で精度や連携の問題を抱え、39分にルカクのヘディングパスに抜け出したラウタロのゴールもオフサイドによって認められず。前半のうちに追いつくことはできなかった。
 
それでも、インテルは後半の立ち上がりから攻勢を強めて完全にペースを握る。52分、左サイドを突破したルカクの絶妙なグラウンダークロスにゴール前のラウタロが飛び込んでスライディングシュートを枠に飛ばすが、ここはGKパウ・ロペスのビッグセーブに遭う。
 
後半最初のビッグチャンスをモノにできなかったが、56分には右CKの場面でキッカーのブロゾビッチが右足アウトスウィングで入れた絶妙なクロスをファーで競り勝ったシュクリニアルが頭で合わせ、ようやくローマのゴールをこじ開けた。
 
さらに、このゴールで勢いづくインテルは以降もルカクを筆頭に前半は五分五分だったデュエルで優位性を保って畳みかける攻撃を仕掛けていく。すると、63分には中央で完全に浮いたブロゾビッチから正確なパスをボックス手前右で受けたハキミがカットインから左足を一閃。このシュートがクロスバーの内側を掠めてゴール左隅の完璧なコースに決まった。
 
一方、運動量の低下によって前半機能していたプレスが嵌らず、全体が間延びしたところをインテルの個の力で打開される、先日のアタランタ戦の再現のような拙い試合運びとなったローマは、攻撃になかなかパワーを出せず。最前線のジェコの収まりも悪く、前半のように効果的な攻めを見せられない。
 
その後は逆転に力を使ったインテルの運動量も落ち始めたことで試合は拮抗した展開に。ようやく相手陣内深い位置まで攻め込めるようになったローマは、74分にムヒタリアン、78分にカルスドルプとボックス内で続けてシュートチャンスを得るが、インテルの集中した守備を崩し切れない。
 
試合終盤にかけて互いに交代カードを切っていく中、息を吹き返したローマが猛攻を見せると、土壇場でゴールをこじ開ける。86分、右CKの場面でショートコーナーからビジャールが左足インスウィングで入れたクロスをボックス中央で競り勝ったマンチーニが頭で合わせ、ゴール左隅に流し込んだ。
 
後半アディショナルタイム5分を含めた試合最終盤は追いついたローマがやや押し込む形となったが、互いに3点目を奪うまでには至らず。この結果、首位ミランを追う上位対決は痛み分けに終わり、両者の対戦は直近6戦連続ドローとなった。

コメント
関連ニュース
thumb

低調インテル、格下ウディネーゼにゴールレスドロー《セリエA》

インテルは23日、セリエA第19節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 前節ユベントスとのイタリア・ダービーに完勝する最高の試合を見せた2位インテル(勝ち点40)は、ユベントス戦と同様のスタメンで臨んだ。 15位ウディネーゼ(勝ち点16)に対し、徐々に押しこむ展開としたインテルは23分に決定機。ベカンの軽率なミスパスをカットしたラウタロがボックス中央に侵入してシュート。だが、ムッソのファインセーブに阻まれた。 続く29分にはバレッラのボレーシュートでゴールに迫ったインテルだったが、ハーフタイムにかけてはチャンスを作れずゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半もインテルが押し込む展開としたものの、引き続き好機を生み出すことができない。 70分には3枚替えを敢行し、サンチェス、ペリシッチ、センシを投入した。しかし、終盤にかけてもウディネーゼの堅い守備をこじ開けることができずにゴールレスで終了。首位ミランとの勝ち点差を2に縮めるにとどまった。 2021.01.24 04:11 Sun
twitterfacebook
thumb

レスター指揮官、移籍取り沙汰されるエリクセンの獲得を否定「現実性がなければ」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、インテルのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(28)の獲得を否定した。『フットボール・イタリア』が伝えた。 昨年1月にトッテナムから推定2000万ユーロ(現レートで約25億円)の移籍金でインテル入りしたエリクセン。ネッラズーリの新たな司令塔としての活躍が期待されたが、今季も公式戦14試合の出場にとどまり、今冬の移籍が頻繁に取りざたされている。 そのエリクセンの新天地として、古巣のトッテナムやマンチェスター・ユナイテッドの他に浮上しているのが、プレミアリーグで3位に位置するレスターだ。 だが、ブレンダン・ロジャーズ監督は攻撃的MFの獲得に動いていることを示唆しつつも、「我々は常に楽観的だが、現実性がなければいけない」とエリクセンの獲得は否定した。 「このウインドウで攻撃的MFを獲得できれば、それは素晴らしいことだ。我々はデニス・プラートという攻撃的MFをケガで失い、4月まで欠場する。それは大きな痛手だ」 「より攻撃的な選手を獲得することが理想だが、とても困難だ。予算から外れている選手は無理だ。この時期に我々を救ってくれる選手がいるのであれば、その人を探したい」 「クラブの予算に見合った移籍市場でなければならない。だからと言って素晴らしい選手を獲得しないわけではない」 2021.01.23 20:49 Sat
twitterfacebook
thumb

首位ミランを追走する2位インテル…コンテ監督、ウディネーゼを警戒「組織が整ったチーム」

セリエAで前節のユベントス戦に勝利したインテルだが、アントニオ・コンテ監督はウディネーゼ戦に向けて気を引き締め直した。クラブ公式サイトが伝えている。 セリエAで2試合未勝利だった2位インテルは、17日に行われた第18節のユベントス戦で2-0の完勝を収め、3試合ぶり勝利。昨季王者との大一番を制し、首位ミランとの勝ち点差を「3」に留めた。 23日の第19節では敵地でウディネーゼと対戦する。相手は15位に沈み、直近8試合勝ちなしの現状だが、コンテ監督はカウンター攻撃を警戒しつつ、難しい試合になると予想した。 「どんな相手に対しても我々は表面的にアプローチしてはいけない。特にウディネーゼはフィジカルが強く、組織が整ったチームで、カウンターに優れた質の高い選手が揃っている」 「ウディネーゼはどのチームにとっても困難をもたらす可能性を持ったチームだ。過小評価せず、可能な限り最高の準備をする必要がある。どの観点からみても難しい挑戦になるだろう」 インテルは直近リーグ戦3試合でダブルエースのFWロメル・ルカクとFWラウタロ・マルティネスにゴールなし。DFとMFがゴールを決めている状況だが、コンテ監督は心配していないようだ。 「FWの得点だけではないのは、私のチームが非常にまとまっているからだ。昨季も多くの選手が攻撃に参加した結果、得点者がもっとも多いチームの1つだった。2人のFWは全チャンスのフィニッシュ面を担っている分、得点するチャンスは多いが、このチームの特徴は、全ての選手が関与することで生まれる変幻自在の攻撃だと私は思っている」 2021.01.23 20:08 Sat
twitterfacebook
thumb

アルバレスがゴール前の密集を切り裂くクロスで長友のインテル最後のゴールをアシスト!【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はアルゼンチンのベレス・サルスフィエルドに所属する元アルゼンチン代表MFリカルド・アルバレスがインテル時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆アルバレスが長友をアシスト<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI1UlhRekEwTCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2011年夏にベレス・サルスフィエルドからインテルに移籍したアルバレス。公式戦90試合に出場し、14ゴール17アシストを記録した。 恵まれた体格と優れたテクニックを武器に活躍したアルバレスだが、2014年1月13日に行われたセリエA第19節のキエーボ戦では、見事なアシストを記録している。 試合開始早々にキエーボに先制を許して迎えた12分、インテルが反撃に出る。右サイドのスペースでアルバレスがパスを受けると、ドリブルでボックス内に仕掛けていく。縦への急加速で相手のマークを一瞬引きはがしたアルバレスは、中央にマイナスのクロスを上げる。 グラウンダーのクロスは、ゴール前の密集を上手く抜けていくと、ファーポストから中に入ってきたDF長友佑都が見事に合わせ、すぐに同点に追いついてみせた。 試合はそのまま1-1で終了。ちなみに長友のこのゴールは、インテルでの最後のゴールとなっている。 2021.01.22 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! 冷静すぎるレコバの驚愕50m級ロングシュート!

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月22日にご紹介するのは、今から23年前に元ウルグアイ代表MFアルバロ・レコバ氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆レコバの驚愕50m級ロングシュート!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJWY3I2cnRGcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 1点ビハインドで迎えた試合終盤、ハーフウェイライン付近でボールを持った時に相手GKが少し前に出ていたら、臆せずゴールを狙うことができるでしょうか。レコバ氏は迷いなく左足を振り切りました。 ◆“左足の独奏者” その左足から予測不可能なプレーを連発したレコバ氏は“左足の独奏者”と評され、卓越したテクニックと強烈な左足のシュートで名を馳せました。1998年1月25日に行われたセリエA第17節のエンポリ戦でのゴールもその一つです。 インテルが1点ビハインドという展開の中で、レコバは70分から途中出場を果たします。死に物狂いで同点を目指す中、82分、インテルは最後尾からボールをつないでいきます。 一度は相手のタックルでルーズボールとなるものの、そのこぼれ球はハーフウェイライン付近のレコバの元へと転がると、相手GKの位置を確認したレコバは助走もなく左足を一閃。相手GKが前に出ているのを見逃さずに、ゴールまで約50メートルの位置から驚愕のゴールを叩き込みました。 シュートはもちろん、驚くべきはレコバ氏の冷静さ。焦ってもおかしくない場面でしっかりと自信をコントロールしてゴールを決めるレコバ氏に驚きです。 2021.01.22 07:00 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly