3位ローマと2位インテルは痛み分け! これで直近の対戦6戦連続ドロー決着に《セリエA》

2021.01.10 22:35 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第17節、ローマvsインテルが10日にスタディオ・オリンピコで行われ、2-2のドローに終わった。

現在、3位のローマ(勝ち点33)は前節にクロトーネを相手にマジョラルのドッピエッタの活躍などで3-1の快勝を収めた。今季初の4連勝での2位浮上を目指すホームでのビッグマッチではクロトーネ戦で温存したジェコ、ペッレグリーニ、ヴェレトゥが先発に戻ったほか、負傷明けのスピナッツォーラが4戦ぶりの復帰を果たした。


一方、前節サンプドリアに1-2で競り負けてリーグ連勝が8試合でストップした2位のインテル(勝ち点36)は、前日に首位のミランが勝利したことで勝ち点差が「4」に開いており、悲願のスクデット獲得に向けて勝ち点3奪取が至上命令となった。前節からはガリアルディーニ、ヤング、サンチェスに代えてビダル、ダルミアン、ルカクを起用し、対戦相手同様にベスト布陣で臨んだ。

ボランチの一角のヴェレトゥをアンカーのブロゾビッチにマンマーク気味に付けるなど、ホームのローマが人を掴みに行く形の守備でインテルの後方からのボール回しに強く制限をかける攻撃的な入りを見せる。また、ビルドアップの局面ではボランチの一枚を3バックに落とす形で変化を付けた。9分には右サイドのスペースに飛び出したカルスドルプから際どいクロスが上がるも、ここはGKハンダノビッチの対応に遭う。

一方、様子見の入りとなったインテルだが、機動力のある2トップを背後に走らせる形の攻めで徐々に攻撃の形を作り出す。12分、ハキミからの縦パスに抜け出したラウタロ・マルティネスがボックス右で仕掛けてニア下を狙う右足のシュートを放つ。このプレーで得た右CKの二次攻撃からラウタロのクロスをゴール前でフリーのルカクがヘディングシュートも、ここはGKパウ・ロペスの圧巻のワンハンドセーブに阻まれる。さらに、相手GKのミスパスを奪ってのショートカウンターから再びルカクにシュートチャンスも、ここはDFスモーリングのブロックに阻まれた。

この連続での決定機をキッカケにインテルが一気にペースを掴みかけるが、直後にローマの見事なカウンターが発動する。17分、自陣左サイドでバレッラからボールを奪ったヴェレトゥがそのままドリブルで相手ボックス付近まで運ぶ。ここでムヒタリアンを経由した短いパスがペナルティアーク右のペッレグリーニに渡ると、ペッレグリーニの右足のシュートがDFバストーニの足にディフレクトしゴール左下隅の完璧なコースに決まった。

ホームチームの早い時間帯の先制点により、試合はここからよりオープンな展開に。先制して勢いに乗るローマは以降も得意のカウンターを繰り出すと、23分には波状攻撃からヴェレトゥが強烈なミドルシュートを枠に飛ばすが、ここはGKハンダノビッチがビッグセーブ。対するインテルは27分にハキミとのパス交換でボックス中央に侵入したビダルに絶好機も、ここは右足のシュートを枠の右に外してしまう。

その後、30分過ぎに足を痛めたダルミアンがプレー続行不可能となり、ヤングの緊急投入を余儀なくされたインテルは前半終盤にかけて押し込む展開に持ち込む。だが、最後の場面で精度や連携の問題を抱え、39分にルカクのヘディングパスに抜け出したラウタロのゴールもオフサイドによって認められず。前半のうちに追いつくことはできなかった。

それでも、インテルは後半の立ち上がりから攻勢を強めて完全にペースを握る。52分、左サイドを突破したルカクの絶妙なグラウンダークロスにゴール前のラウタロが飛び込んでスライディングシュートを枠に飛ばすが、ここはGKパウ・ロペスのビッグセーブに遭う。

後半最初のビッグチャンスをモノにできなかったが、56分には右CKの場面でキッカーのブロゾビッチが右足アウトスウィングで入れた絶妙なクロスをファーで競り勝ったシュクリニアルが頭で合わせ、ようやくローマのゴールをこじ開けた。

さらに、このゴールで勢いづくインテルは以降もルカクを筆頭に前半は五分五分だったデュエルで優位性を保って畳みかける攻撃を仕掛けていく。すると、63分には中央で完全に浮いたブロゾビッチから正確なパスをボックス手前右で受けたハキミがカットインから左足を一閃。このシュートがクロスバーの内側を掠めてゴール左隅の完璧なコースに決まった。

一方、運動量の低下によって前半機能していたプレスが嵌らず、全体が間延びしたところをインテルの個の力で打開される、先日のアタランタ戦の再現のような拙い試合運びとなったローマは、攻撃になかなかパワーを出せず。最前線のジェコの収まりも悪く、前半のように効果的な攻めを見せられない。

その後は逆転に力を使ったインテルの運動量も落ち始めたことで試合は拮抗した展開に。ようやく相手陣内深い位置まで攻め込めるようになったローマは、74分にムヒタリアン、78分にカルスドルプとボックス内で続けてシュートチャンスを得るが、インテルの集中した守備を崩し切れない。

試合終盤にかけて互いに交代カードを切っていく中、息を吹き返したローマが猛攻を見せると、土壇場でゴールをこじ開ける。86分、右CKの場面でショートコーナーからビジャールが左足インスウィングで入れたクロスをボックス中央で競り勝ったマンチーニが頭で合わせ、ゴール左隅に流し込んだ。

後半アディショナルタイム5分を含めた試合最終盤は追いついたローマがやや押し込む形となったが、互いに3点目を奪うまでには至らず。この結果、首位ミランを追う上位対決は痛み分けに終わり、両者の対戦は直近6戦連続ドローとなった。

関連ニュース
thumb

6連勝で首位快走のインテル、コンテは「13回の決勝戦が残っている」と油断せず

インテルのアントニオ・コンテ監督が首位を快走するチームを称えた。イタリア『スカイ』が伝えている。 セリエA5連勝で首位の座を固めつつあるなか、4日に行われたセリエA第25節でパルマと対戦したインテル。降格圏に沈む相手に対して、後半にFWアレクシス・サンチェスが2ゴールを記録した後、1点を返されたものの、リードを守り抜いて2-1のスコアで勝利した。 この結果、インテルはリーグ6連勝を記録。2位ミランとの差は「6」まで広がっており、スクデット獲得に向けて順調な成績を残し続けている。コンテ監督も現在の状況には満足しつつ、まだ油断はできないと強調した。 「昨年と比較して、我々は非常に良い順位にいる。重要な改善も見られているが、リーグはまだ13試合残っているんだ。今夜を見てもわかるように、このリーグではすべての試合が戦いであり、ポイントを落とす可能性はある」 「だからこそ、我々はどのチームも過小評価してはいけないんだ。13回の決勝戦が残っており、皆で頑張っていきたい。最終的に、我々が1位になれば短期間で信じられないステップを踏んだことになる。きっと幸せで、誇らしく思うだろう」 また、コンテ監督はこの日2ゴールのサンチェスや、好プレーを見せたDFアクラフ・ハキミを称賛。その上で、チームで出場機会を得るためには組織第一の姿勢を示す必要があると語っている。 「アレクシス(・サンチェス)は今までになく良い精神状態だ。彼が働けているのは良いことだし、我々が忍耐強く待ったのも良いことだと思う。アレクシスはハードワークだけが自分を一定のレベルに戻したと分かっているはずだ。(ロメル・)ルカクやラウタロ(・マルティネス)にとっての競争相手になるし、そうした環境を作ることが大事だろう」 「私は(アクラフ・)ハキミの頭を掴んで『ブラボー!』と言ったよ。彼のリカバリーは非常に良かった。序盤は守備を怠りがちで、苦労した部分もあった。しかし、彼は成長している。もちろん、(マッテオ・)ダルミアンは前回ハキミの代わりにプレーして、ピッチ上で最高の選手の1人だったことを忘れてはならない」 「私は非常に民主的な監督だ。そして選手たちはチーム強化のため、個人は後回しにして組織を重視する必要があると知っている。自分のことではなく、皆のことを考えなければならないんだ。私に評価されたいなら、彼らはそうした姿勢を見せる必要がある」 2021.03.05 12:54 Fri
twitterfacebook
thumb

殊勲のサンチェス、調子上向く自身は「プレーしたがるライオンのよう」

インテルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスは調子がチームとともに良好のようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 セリエA首位を走るインテルは4日に行われた第25節でパルマとアウェイで対戦。2点をリードしてから反撃を許したが、逃げ切り、2-1の勝利を収め、リーグ6連勝を成し遂げた。 2得点の活躍を披露したサンチェスは試合後、イタリア『スカイ』のマイクを通じて、チームに対する自信とともに、ターニングポイントにも言及した。 「タフなゲームだったが、このリーグはそういうものさ。勝ちたいなら戦わないとね。今は良い方向に向いている。ミスしないようにすることじゃなく、自分たちのことだけを考えれば良い」 「(セビージャと対戦した昨季の)ヨーロッパリーグ(EL)決勝で負けてから、グループ全体、特に若手が大きく変わった。監督の素晴らしい仕事ぶりのおかげで、次のステップに進んだのさ」 2試合連続ゴールを記録した殊勲のチリ人アタッカーはまた、自身の調子にもコメント。充実ぶりを口にしている。 「僕はいつだってプレーしたい。プレーしたがるライオンのようだが、自分の経験を監督に還元しようともしている」 「このスポーツが好きで、プレーがしたいという気持ちをピッチ上で表現できているとも思う」 「今日の試合に関しては満足だ。誰もが犠牲を払い、コーチングスタッフたちとともによく準備してきた」 2021.03.05 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

サンチェスのドッピエッタで逃げ切ったインテルが首位を快走!《セリエA》

インテルは4日、セリエA第25節でパルマとアウェイで対戦し、2-1で勝利した。 リーグ戦5連勝中の首位インテル(勝ち点56)は、直近のジェノア戦から先発を2人変更。ラウタロ・マルティネスとダルミアンに代えてサンチェスとハキミが先発に名を連ねた。 19位に沈むパルマ(勝ち点15)に対し、インテルは15分にピンチ。右サイドを持ち上がったエルナニのクロスをクルティッチが頭で合わせたが、これはGKハンダノビッチの好セーブで難を逃れた。 ルカクとサンチェスを起点に攻め込むインテルは、ボールを保持するもソリッドな守備を見せるパルマを崩せず、決定機のない時間が続く。それでも30分、ボックス右深くまで切り込んだハキミから際どい折り返しがゴール前に出ると、エリクセンが飛び込むがわずかに合わない。 さらにインテルは、33分にセットプレーのこぼれ球からシュクリニアルが、39分にはドリブルで切り込んだルカクがシュートを放ったが、パルマの牙城を崩すことはできず。前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、立ち上がりから攻勢に出たインテルは54分にボックス手前でルカクのロストしたボールがゴール前にこぼれると、これに反応したサンチェスが左足でシュート。GKセペの弾いたボールをカバーに戻ったガリオーロがクリアしたが、ボールはゴールラインを越えており、インテルのゴールが認められた。 待望の先制点を奪ったインテルは、62分にもドリブルで持ち上がったルカクのラストパスをボックス内で受けたサンチェスが冷静にゴール右隅に流し込み、追加点を奪った。 立て続けのゴールで主導権を握ったかに思われたインテルだったが、71分に失点する。クルティッチのパスでボックス左に侵入したペッゼッラのクロスをファーサイドから走り込んだエルナニがボレーシュートで流し込んだ。 1点を返されたインテルは、76分にサンチェスを下げてL・マルティネスをを投入。さらに84分には、ペリシッチを下げてダルミアンをピッチに送り出した。 試合終盤にかけてパルマの猛攻を受けたインテルだったが、粘り強い守りでこれをシャットアウト。サンチェスの決勝点を守り抜いたインテルが6連勝で首位を快走している。 2021.03.05 06:51 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル、中盤支えるバレッラの契約更新に着手

インテルがイタリア代表MFニコロ・バレッラ(24)との契約延長に動いているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が伝えた。 2019年夏にカリアリからレンタル移籍で加入したバレッラは、加入直後からアントニオ・コンテ監督の信頼を掴むと、2019-20シーズンは公式戦41試合に出場。この活躍が認められ、昨夏に完全移籍。今季もここまで公式戦全試合に出場し3ゴール10アシストの成績を収め、セリエAで首位に立つチームを支えている。 現行契約は2024年夏までとなっているものの、早い段階でバレッラの慰留を決めておきたいコンテ監督の願いを叶えるため、インテル年俸450万ユーロ(約5億8000万円)の新契約を準備しているとのこと。新たな契約期間は2026年までと伝えられている。 2021.03.04 00:01 Thu
twitterfacebook
thumb

「大したサッカーはしていない」リーグ首位に立つインテルをカッサーノが辛辣批判「CLでのパフォーマンスは本当に馬鹿げたもの」

元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ氏は、現在リーグ首位に立つインテルを評価していないようだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。 インテルはアントニオ・コンテ監督の指揮の下、セリエAで今シーズン24試合を消化した時点で首位に立っている。現在はリーグ5連勝中であり、2009-10シーズン以来のスクデット獲得が期待されている状況だ。 しかし、カッサーノ氏は『Twitch』を介して、現在のインテルに対する否定的な考えを発信。コンテ監督が「(グループステージ最下位に終わった)チャンピオンズリーグ(CL)で我々がまだ残っていたら、大きな存在になっていただろう」と発言したことに対しても、辛辣に批判している。 「コンテは自分が(ジョゼップ・)グアルディオラではないと理解しているのだろうか。CLの場で発言権があると思っているのだろうか。勘弁して欲しい。私は馬鹿ではないんだ。セリエAが平凡である一方で、ヨーロッパは別物であり、そこで彼らは支配できていない」 「彼らはプレーに違いを作れるエリクセンのフィットにより、さらに強固となったように見えるが、別に大したサッカーはしていない。その辺はアタランタの方が優れている。インテルは深い位置で相手の動きを待ち、ロングボールを(ロメル・)ルカクに届けるだけだ」 「インテルはタイトルを獲得しなければならないし、彼らも勝ち取るつもりではあると思う。とはいえ、良いプレーをしているとは思わないね」 「もしもコンテが深刻なミスを犯したとしたら、それは彼の責任でしかないだろう。インテルのCLでのパフォーマンスは本当に馬鹿げたものだった。シャフタールにも遅れをとっていたんだからね」 2021.03.02 13:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly