ライプツィヒ、ベテランGKチャウナーと契約延長! 引退後のアカデミーGKコーチ就任も内定

2021.01.08 22:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RBライプツィヒは8日、ドイツ人GKフィリップ・チャウナー(35)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。また、同契約終了後にアカデミーのGKコーチ就任が内定していることも併せて伝えている。ニュルンベルクでプロキャリアをスタートしたチャウナーは、1860ミュンヘンやザンクトパウリ、ハノーファーなどを経て2019年夏にライプツィヒへ加入。ただ、ここまで第3GKの役目を担っており、加入後公式戦の出場はない。

ただ、クラブサイドは今回の契約延長オファーに引退後のセカンドキャリアを約束しており、同選手の人間性を高く評価しているようだ。

チャウナーはプロフットボーラーとして最後の契約にサイン後、クラブ公式サイトを通じて以下のようなコメントを残している。

「僕らはプロフットボーラーとしてもう1年このスカッドに残るという決断を一緒にすぐに下した。僕自身、トップコンディションにあり、若いチームに多くの経験を還元することができると思っているんだ。その先にあるものは、自分にとって新しい挑戦になるだろうけど、それはすでにとても楽しみにしていることの一つなんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

ライプツィヒとヴォルフスブルクの上位対決は痛み分け《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第16節、ヴォルフスブルクvsライプツィヒが16日に行われ、2-2で引き分けた。 前節ウニオン・ベルリン戦では10人となりながらも2-2で引き分けた6位ヴォルフスブルク(勝ち点25)は、アーノルドが出場停止となった以外はベストメンバーで臨んだ。 一方、勝利すれば首位浮上だった前節ドルトムント戦を後半の3失点で完敗となった2位ライプツィヒ(勝ち点31)は、前線にフォルスベリ、ダニ・オルモ、ハイダラと構える[3-4-3]で臨んだ。 試合は開始4分に動く。ハイダラのスルーパスをボックス左で受けたフォルスベリが丁寧にクロスを送り、ファーサイドに走り込んでいたムキエレが押し込んだ。 先制したライプツィヒが攻勢をかける立ち上がりとなったものの、ヴォルフスブルクが22分に最初のチャンスを生かして同点に持ち込む。左サイドからのゲルハルトのクロスをヴェグホルストがヘディングシュートで流し込んだ。 同点後は一進一退の攻防が続いた中、35分にヴォルフスブルクが逆転に成功する。ボックス手前左からのシュテフェンのミドルシュートがDFにディフレクトしてゴール右に決まった。 逆転されたライプツィヒは38分、CKからウパメカノのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKカスティールスのファインセーブに阻まれ、前半を1-2で終えた。 それでも迎えた後半、54分にライプツィヒが追いつく。左サイドからのFKが混戦を生んで最後はオルバンが詰めた。 追い付かれたヴォルフスブルクは62分、左CKからブルックスのヘディングシュートが左ポストに直撃。 対するライプツィヒは69分、左CKからダニ・オルモのヘディングシュートが枠を捉えたが、ゴールライン前のギラヴォギにクリアされる。 終盤にかけてはライプツィヒが攻勢に出たが、2-2のままタイムアップ。痛み分けに終わり、暫定首位に浮上することはできなかった。 2021.01.17 01:31 Sun
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒが逸材CBシマカン巡るミランとの争奪戦に勝利か?

RBライプツィヒがストラスブールに所属するU-20フランス代表DFモハメド・シマカン(20)の獲得に迫っているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 ギニア人の両親の下、マルセイユで生まれ育ったシマカンは2019年7月にストラスブールでトップチームデビュー。187cmの長身に加え、右サイドバックでもプレー可能なスピードを兼備するアスリート型のセンターバックで、一対一に無類の強さを見せる若き守備者だ。また、プレー判断や左足の精度には大いに課題を残すものの、ビルドアップの局面でも貢献できるセンターバックだ。 現在、ヒザを痛めているものの、今季リーグ・アンで19試合に出場し、印象的なパフォーマンスを継続するシマカンに対しては以前からミランが強い関心を示しており、有力な新天地候補に挙がっていた。 だが、『スカイ』やフランスメディアが伝えるところによれば、ここに来てライプツィヒ移籍の可能性が高まっているようだ。 現在、ライプツィヒはストラスブールに対して公式なオファーは掲示していないが、シマカン本人と個人間で合意に至った模様。また、ライプツィヒは今冬に獲得を決めた後、シーズン終了まではレンタルバックという形でストラスブールに残留させることを検討しているという。 伸びしろ十分のフランス人DFは、来夏ライプツィヒを去ることが決定的と見られるフランス代表DFダヨ・ウパメカノの後釜に座ることになるのか…。 2021.01.16 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ナーゲルスマンがバイエルン撃破のキール絶賛 「信じられないほどの勇気を示した」

RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督がジャイアントキリングを成し遂げたホルシュタイン・キールを称賛した。ドイツ『キッカー』が報じている。 ドイツ2部に所属するキールは13日に行われたDFBポカール2回戦でバイエルンと対戦。昨シーズン3冠を達成したバイエルンの勝利は揺るがないと予想されていたが、試合はPK戦までもつれ、最終的にキールが勝利した。この衝撃的な結果を受け、キールには多くの称賛が寄せられている。 ライプツィヒのナーゲルスマン監督もキールについて言及。前節のブンデスリーガでドルトムントとの大一番に敗れたチームに対して、「ビッグマッチでの勇気が足りない」と評した同監督はキールを引き合いに出している。 「皆は素晴らしい例を目にすることができたと思う。キールはもちろん、(バイエルンと比べて)明らかにチームも選手も劣っていた。しかし、彼らには信じられないほどの勇気があり、信じられないほどしっかりボールを持っていた」 「彼らは自信を持ち、正しい方法を用いて勝利したと思う。わざわざキールを例に出す必要はないのかもしれない。しかし、少なくとも皆は勇気を出したチームが報われる姿を見られたね」 キールを絶賛したナーゲルスマン監督は、同クラブがバイエルンを倒した戦い方から得られるものがあると語っており、これからしっかり分析していきたいと意気込んだ。 「(ビッグクラブを倒すのに)キールを参考にしてもいいね。彼らの戦い方は素晴らしかったと思うし、また試合を観たい。いつだってこういうことから何かヒントを引き出せるんだ」 2021.01.15 13:51 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムントが後半の反撃で上位対決制す、ライプツィヒは首位浮上のチャンス逸する《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第15節、ライプツィヒvsドルトムントが9日に行われ、1-3でドルトムントが勝利した。 前節シュツットガルト戦を1-0と押し切って新年初戦を白星で飾った2位ライプツィヒ(勝ち点31)は、前日の試合でバイエルンがボルシアMGに敗れたため、勝利すれば首位浮上となる中、[3-4-2-1]で臨み、前線はY・ポウルセン、ダニ・オルモ、フォルスベリが構えた。 一方、前節ヴォルフスブルクとの上位対決を2-0で制した4位ドルトムント(勝ち点25)は、ヴォルフスブルク戦と同様のスタメンで臨んだ。 立ち上がりからホームチームのライプツィヒがエンジン全快で攻め立てる。何とか水際の守備で凌ぎ、シュートには持ち込ませずにいたドルトムントだったが、28分にアクシデント。ピッチに足を取られたヴィツェルが左足首付近を痛め、ジャンとの交代を強いられた。 前半半ば以降、徐々にポゼッションを高めたドルトムントだったが、前半にシュートを打てずゴールレスで終了した。 それでも迎えた後半、開始4分にCKからジャンのヘディングシュートでゴールを脅かしたドルトムントが55分に先制する。ロイスとのパス交換で抜け出したハーランドがボックス右に侵入してクロスを送り、ロイスのヒールパスから最後はサンチョが決めた。 サンチョの2試合連続ゴールで試合を動かしたドルトムントは、ラファエウ・ゲレイロやハーランドが追加点に迫っていくと、その後も攻め立てていく。 67分のピンチではダニ・オルモのシュートが左ポストに直撃して助かると、71分にリードを広げた。ボックス左からのサンチョのインスウィングのクロスをファーサイドのハーランドがヘディングで押し込んだ。 そして84分、ロイスのスルーパスに抜け出したハーランドがこの試合2点目を決めて勝負あり。セルロートにブンデス初ゴールを献上したものの3-1で勝利し、上位との勝ち点差を詰めている。 2021.01.10 04:25 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤航フル出場のシュツットガルト、ライプツィヒにシャットアウト負けで連敗《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第14節、シュツットガルトvsライプツィヒが2日に行われ、0-1でライプツィヒが勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 2020年最終戦となった前節ヴォルフスブルク戦をシャットアウト負けした7位シュツットガルト(勝ち点18)は、遠藤が[4-3-3]の中盤アンカーで開幕から14試合連続スタメンとなった。 一方、前節ケルン戦を引き分けて首位バイエルンに2ポイント差とされた3位ライプツィヒ(勝ち点28)は[4-3-3]で臨み、3トップにはフォルスベリ、ハイダラ、アンヘリーニョが構えた。 互角の攻防で立ち上がった中、ミドルシュートで牽制していたライプツィヒが21分にPKを獲得する。フォルスベリがボックス内に侵入したところでシュテンツェルに倒された。しかし、キッカーを務めたフォルスベリのシュートはGKコベルの足による好セーブで止められてしまう。 先制のチャンスを逸したライプツィヒがその後も押し込む展開が続いたものの、ハーフタイムにかけては好機を生み出せず、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、開始2分にライプツィヒに決定機。カンプルのスルーパスでGKと一対一となったハイダラがシュートに持ち込んだが、枠を外してしまった。 その後もライプツィヒが攻め立てたが、徐々にトーンダウンしていったことから66分にカンプルに代えてY・ポウルセンを投入した。 すると1分後、ライプツィヒに先制ゴールが生まれる。左サイドからのアンヘリーニョのクロスがファーサイドに流れ、ダニ・オルモがボレーで蹴り込んだ。 終盤にかけても劣勢が続いていたシュツットガルトだったが、85分に同点のチャンス。だが、GKとの一対一を迎えたアントンはグラーチの好守に阻まれてしまう。 このままシュツットガルトは0-1で敗戦。2戦連続でのシャットアウト負けとなっている。 2021.01.03 06:33 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly